【お店の集客方法】効率よく店舗の売り上げをアップさせる方法

最終更新日:

飲食店や小売店などのお店を経営している方の中には、お客様に提供するサービスやメニューに自信があるにも関わらず「お店を利用してくれる安定的な顧客数が増えない」と悩む経営者の方は少なくありません。Instagram(通称、インスタ)などのSNSを活用したり、広告チラシなどを利用して特定の商品を無料とするイベント・キャンペーンなどを打ち出すなどしても「集客効果を得られず、安定した顧客数を確保することが出来ない」と困っている方も多いです。

では、InstagramなどのSNSや広告チラシなどは効果がないのでしょうか?

これらの集客方法は一見、簡単に幅広いターゲット層にお店の情報が届くと思われがちですが、影響力や反響率を高めなければ不特定多数のユーザーの目に止まりづらいため、闇雲に投稿や広告を打ち出すだけで集客に繋げるのは難しいのが実情です。実際、SNSやホームページ、チラシなどを利用してお店の集客率を上げようと実践した方で、高い効果を望めずに失敗してしまった方が数多くいます。

そのため、今回は「どのようなお店の集客方法を活用すれば集客率を向上できるのか」や「お店の集客を成功させるためのポイント」について、詳しく解説していきます。一度にお店の情報を不特定多数の方に発信できる効果的な集客方法を探している経営者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

①お店の集客はどうやったらできる?

お店の集客率を向上させたいと考えている経営者の中には、「どのような集客方法を活用すれば良いのか分からない」と悩む方が少なくありません。一口に集客方法と言っても、SNSやブログ、ホームページや広告チラシなどを用いた方法が複数存在するためです。

特に飲食店などでは、2020年に国内で蔓延した新型コロナウィルスの影響を受けて多くの店舗が経営難に陥ってしまったうえに、安定した顧客数を確保しにくくなってしまったため、「感染拡大により休業に追い込まれる以前までの顧客数まで戻したい」などの理由により、効果的な集客方法を取り入れたいと考える経営者の方が増えました。

しかし、一言に集客方法といっても様々な集客方法が存在しており、実践した方法によっては、狙ったターゲット層にお店の情報が届かず、集客を望めなくなってしまう可能性があるため注意が必要です。例えば、若い世代をターゲットとしている店舗が新聞の折り込みチラシを活用した集客方法を活用した場合などが失敗例として挙げられます。近年、インターネットが普及したことでネットニュースなどを活用して情報を得る方が増えている一方で、新聞購読者数は若い世代を中心に減少傾向にあるため、狙ったターゲット層にチラシ自体が届かない可能性があるためです。

このため、効果的な集客方法を実践して成功に導きたいのであれば、それぞれの特徴を理解したうえで、目的にあった方法を実践することが重要になります。そうすることで、より高い効果を期待できるうえに、集客率の向上を期待することが可能です。

ちなみに、様々な店舗などで活用されている主な集客方法としては、以下が存在します。

・広告チラシ
・SNS
・ブログやホームページ
・LINEアプリ

それぞれの特徴について、解説していきます。

広告チラシ

広告チラシは、新聞などの折り込みチラシやインターネット上で閲覧できるデジタルチラシなどがあり、メジャーな集客方法となっているため、様々な店舗で活用されている手法です。

例えば、デジタルチラシを実践した場合、チラシの印刷費用を抑えることができるうえに、多くのユーザーを抱えているサイトなどにお店の情報を掲載することで、不特定多数の方に閲覧してもらえる可能性が高いといったメリットがあります。

一方で、新聞などの折り込みチラシを活用した場合は、特定のエリアを対象に配布できるうえに、地域のお客様からの信頼を得やすくなるのが特徴です。新聞の折込チラシは、特定のエリアを対象に配布できる仕組みとなっているうえに、受け取り手に「信頼できる情報だ」と安心感を与えることができるといった効果を保有しているため、地域のお客様に来店してもらいやすくなります。

ただし、たしかにどちらの方法も効果的な集客方法であることは間違いありませんが、配布するエリアが限定されていることで不特定多数の方に興味を持ってもらいにくく、店舗の認知度が高くないとお店の掲載情報を閲覧してもらえない危険性があるのも事実です。仮にこのような状況に陥ってしまうと、高い広告費が無駄になってしまい、より経営難に陥る可能性もあります。

このため、新聞やデジタルなどを活用した広告チラシの活用を検討している方は、配布されるエリアの世帯や利用するプラットフォームの特徴などを詳細に把握してから利用するようにしてください。

SNS

近年、TwitterやInstagram(通称:インスタ)などのSNSが幅広い世代の身近な存在になったことで、これらの媒体を活用した集客方法を活用する店舗が増えています。例えば、Instagramを活用した場合、自身が経営するお店のアカウントを作成しターゲット層が興味を引くような魅力的な商品の写真を投稿したり、ストーリーと呼ばれる機能やタグなどを活用することで、数多くの方にお店の情報を届けるのが目的です。

しかし、SNSでの集客は確かに効果的なケースも多いですが、SNSには毎日多くの方が投稿しているため、拡散力や影響力が身につくまで時間がかかってしまい、なかなか不特定多数の方に情報が行き渡わたらないといったデメリットがあります。

このため、できるだけ早く不特定多数の方に情報を届けたいと考えている方には、あまりおすすめできません。すみやかに発信した情報が多くの方の目に止まるようにしたいのであれば、「個別に直接情報を発信できる集客方法」を活用するのがおすすめです。

ブログやホームページ

店舗用のブログやホームページは、自社のイメージ通りにお店の特徴やサービス・商品のPRできるページを作成できるうえに、自分で運用すれば初期費用やランニングコストを抑えられるなどの特徴があるため、多くの企業が実践している人気の高い集客方法です。

例えば、閲覧者が魅力的に感じるデザイン性の高いコンテンツを整えることで、自信が経営するお店や商品に興味を持ってもらいやすくなるため、読者の来店意欲を掻き立てられることを期待出来ます。

ただし、お店のホームページやブログなどを作成する際は、しっかりとコンテンツを整えることが絶対条件です。仮にデザイン性の低いホームページをアップしてしまった場合、読者の興味を引くことができず、商品などを見てもらう前に別のサイトに移行されてしまう危険性があります。

LINEアプリ

LINEアプリとは、その名の通り通話やチャットツールである「LINE」を活用した集客方法のことです。具体的には、お店のLINE公式アカウントを作成しお客様にお友達登録をしてもらうことで、自店のアカウントを追加した全てのユーザーに簡単にイベントや新商品などの情報を発信することが出来ます。

しかも、LINEアプリは、直接それぞれのユーザー別にお店の情報を発信できる仕組みとなっていることも魅力的なポイントです。友だち追加をしてくれたユーザー毎に発信したい内容を直接届けることができるため、お店に興味をもってもらえる可能性が高くなります。

ただし、LINEアプリを活用した集客方法を実践する場合は、発信内容や配信頻度に注意しなければなりません。LINEには、特定のアカウントからの発信を拒否できる「ブロック」という機能が搭載されており、発信内容に魅力がなかったり、配信頻度が多くすぎるとブロックされてしまう可能性が高くなるためです。

仮に一度ブロックされてしまうと、その方にお店の情報を届けることができなくなってしまううえに、アカウントの存在自体が忘れ去られてしまい、集客率の向上を期待出来なくなってしまうため、事前に何らかの対策を講じるようにしてください。

②集客=お店の存在を知ってもらう事

結論から言うと、お店の集客率を向上に導くためには、「どれだけ多くの人にお店の存在を知ってもらえるのか」を考慮して効果的な集客方法を選ぶことが重要になります。例えば、100人に認知されているお店と1000人に認知されているお店を比較した場合、当然ながら認知度が低いお店の方が日々の来客数が少ないため、売り上げや来客率の向上に繋げることが困難です。

逆に、数多くの方に認知されているお店の場合では、存在を知ってくれている方が数多くいるため、毎日安定した来客数を確保することを期待出来ます。

このため、集客率の向上や安定した来客数を確保したいのであれば「多くの方に認知をさせるための有効的な広告をどれだけ打てるのか」を重要視して効果的な集客方法を選択するようにしてください。

上記で紹介したように、「FacebookやInstagramなどの無料媒体」や「公式LINEや有料サイトへの登録」など様々な集客法がありますが、数多くのお客様に自身が経営するお店の存在を知ってもらうことが目的であるため、効果が薄ければ意味がありません。

したがって、事前にどのツールならどの程度の広告効果が見込めるのかを見極めることが非常に重要です。

③お店の再来店率を上げる効果的な集客手段

上記で様々な集客方法について解説しましたが、来店率とあわせて再来店率も向上させたいのであれば、「LINEアプリ」を活用した集客法を活用することをおすすめします。LINEは、2021年11月時点で日本国内の月間利用者数8,900万人以上を獲得しており、今や子供から大人まで誰もが利用しているアプリとなっているため、高い集客効果を得ることが可能です。

例えば、お店専用のLINEアカウントを作成した場合、LINE上で予約が取れたり、お得なクーポンやイベントなどのお知らせの配信を簡単に行えるようになるため、数多くの方に自身が経営するお店を認知してもらうことが出来ます。

ちなみに、LINE公式アカウントでは、お店専用のLINEアカウントとお店のホームページやFacebook・InstagramなどのSNSをリンクさせることも可能です。これらのツールをリンクさせることで、他のwebサイトにも誘導することができるため、認知度の向上やリピーターの獲得など様々な集客効果を発揮してくれることを期待出来ます。

④LINEは特に顧客に気づかれやすい集客方法=お店の情報を知ってもらえる

LINEアプリを活用した集客方法の実践をおすすめする理由は、「様々な集客方法の中で一番顧客に発信した情報を気づいてもらいやすい」点が挙げられます。例えば、InstagramやTwitterなどのSNSを活用した集客方法を実践した場合、拡散力や影響力を身につけなければ、頻繁にお店の情報を投稿しても他のユーザーの投稿に埋もれてしまいやすい傾向にあるため、発信した情報自体に気づいてもらえないケースが珍しくありません。

しかも、SNSは、ただ単に投稿を続ければ拡散力や影響力が身に付くような簡単なツールではないのも問題です。近年、SNSでは、趣味として活用する方だけでなく、集客率の向上やビジネスに繋げることを目的に運用する個人や企業が数多く参入しているツールになっているため、プラットフォームの分析や運用方法の改善・実践を繰り返して膨大な時間を費やしていく必要があります。しかし、仮にSNSの運用や分析などに時間を費やした場合、お店の経営が疎かになってしまい、結果的に失敗に終わってしまう危険性があるため注意が必要です。

その点、LINEアプリを活用した集客方法なら、お店のLINEアカウントから発信した情報が直接それぞれのユーザーにメッセージとして届く仕組みになっているため、SNS配信と比べて圧倒的に顧客に気づいてもらいやすく効率よくアプローチをかけることが出来ます。このため、効率的に集客に繋げたいと考えている方には、LINEアプリを活用した集客方法の実践がおすすめです。

⑤お店の再来店率アップに特に強い集客方法はLINE

LINEアプリを活用した集客方法の採用をおすすめする理由は、顧客に情報を気づいてもらいやすい点だけではありません。LINEアプリは数多くの集客方法の中で「再来店率が向上しやすい」こともおすすめする理由のひとつです。

例えば、飲食店のLINE公式アカウントを作成した場合に、定期的にクーポンなどを配信することが出来ます。LINEは、「LINE限定クーポン」というLINE上で特定のメニューの割引クーポンを作成・配信することができる仕組みになっており、その情報を見たユーザーに「このクーポンを使ってお得に飲食することができるなら、もう一度お店に行こうかな」と再度お店を利用することを検討してもらうことが出来るため、非常に魅力的なツールです。

しかし、新規顧客ではなく再来店率を上げることに注力して効果はあるのでしょうか?

本気で集客率の向上を図る場合、「とにかくリピート率をどれだけ向上することができるのか」に注視して集客活動を行うことが成功に導く鍵だと言っても過言ではありません。新規の顧客を増やすことだけに注力した場合、いつか限界がきてしまい経営難に陥る危険性があります。

一方で、新規顧客の獲得と同時にリピート率の向上にも注力した場合は、一度来店したお客様を競合店舗に流れないよう囲い込むことができるようになるため、安定した売り上げを構築し続けることが可能です。

しかも、リピート顧客が増えることで、客単価の向上や口コミによる拡散効果も同時に見込めます。例えば、満足度の高いサービスやメニューを提供することで「また来たい」、「友達にこのお店をおすすめしよう」という気持ちを抱いてもらうことができるため、わざわざ口コミを書いてもらわなくてもお客様自身に拡散してもらうことが可能です。

ただし、悲しい現実ですが、「また来よう」とお客様に感動を与えられたとしても、実際に再来店してもらうことができなかったお店は少なくありません。このため、実際に再度来店してもらうための対策を講じ続けることが重要です。

飲食店などのお店の再来店率が低い主な理由

利用者が飲食店や小売店などに再来店しない理由は、「接客が良くなかった」や「料理(商品やサービスなど)が気に入らなかった」など色々ありますが、単純に「一度来店した利用者がお店の存在を忘れていた」ことが圧倒的に多いです。実際に、一度お店を利用したお客様が再利用しなかった理由の約80%が、「お店の存在自体を忘れていただけ」というデータがあります。

どのような方でも一度は経験があるかと思いますが、来店時は「また利用しよう」と思ったお店があったとしても、予定が合わず先送りにしていたことで、お店の存在自体を忘れてしまうことは珍しくありません。しかし、お店側にとっては、店舗の存在を忘れられてしまうと安定した売り上げを望めなくなってしまうため、「よくあることだから仕方がない」で済ませていい問題でもないのです。

そのため、本気で集客率の向上を図りたいのであれば、しっかりと自身が経営するお店の存在に気づいてもらえるように工夫するようにして下さい。例えば、お客様に人気のある商品を対象にした期間限定のクーポン券を配信することで、今すぐにお店に行こうと検討してもらいやすくなるため、集客率の向上を期待出来ます。

お店のリピート率の向上を図る際の注意点

上記で集客率を上げるためには、リピート率の向上に注力することが重要だと解説しましたが、1つ注意しなければならない点があります。それは、「来店したお客様に満足・納得してもらえる技術やサービスを提供し続ける必要がある」点です。

当然ですが、いくら集客率を上げても1人1人のお客様に満足してもらうためのサービスや商品を提供しなければ、「また利用したい」と思ってもらうことが出来ません。仮に質の悪い商品やサービスを提供してしまうと、再来店を期待出来なくなるだけでなく、「あのお店のスタッフは態度が悪いから利用しない方が良い」などの悪評をたてられてしまう危険性があります。

そのため、集客率やリピート率の向上だけに意識を向けるのではなく、常にサービスや技術を磨く努力をおこたらないようにして下さい。

⑥集客に大いに役立つLINE公式アカウントの機能

LINE公式アカウントでは、以下の8つの機能を活用して運用することが可能です。

・メッセージ配信
・セグメント配信
・LINE予約
・リッチメニュー
・クーポン配信
・ショップカード
・タイムライン投稿
・分析

それぞれの特徴について、解説していきます。

メッセージ配信

メッセージ配信とは、「お友達追加した顧客のLINEトーク画面に直接お店の情報を配信することができる機能」です。具体的には、以下の画像のようにお店のアカウントを追加したユーザーのLINEトーク画面に配信した情報が届く仕組みになっています。

画像挿入

セグメント配信

セグメント配信とは、絞り込み配信とも言い「配信したいユーザーを選んで情報を発信できる機能」です。セグメント配信では、下記の画像のように「友達期間」や「性別」、「年齢」や「エリア」、「OS」など目的に合わせて発信するユーザーを絞り込むことができます。

画像挿入

例えば、女性向けのお得な情報を配信したい場合、「性別」を絞って女性ユーザーだけに限定して発信することができるため、ターゲットを細かく絞ってアプローチをかけることが可能です。

このように、ユーザーに合わせた情報を配信することで、登録者の満足度の向上を期待できるうえに、ブロックされてしまうリスクを軽減することができるため、非常に魅力的な機能だと言えます。

LINE予約

LINE公式アカウントでは、LINEのトーク画面上で来店予約を受け付けられる機能が搭載されているため、営業時間外やお店の電話に出られない場合も予約を受け付けることが可能です。

この機能を活用することで、予約電話の対応などの労働コストを下げることができるうえに、スタッフが少なく電話対応を行えない状況に陥っても競合店舗に流れてしまうなどの機会損失も防ぐことができるため、集客率のアップの一手として大いに役立ちます。

リッチメニュー

リッチメニューとは、下記の画像のように「ユーザーがお店のLINE公式アカウントのトーク画面を訪れた際に、画面の下部に大きく表示されるメニュー」のことです。

画像挿入

リッチメニューでは、メニューボタン内にクーポンやお店のホームページのリンクを貼り付けることが可能です。設定したメニューボタンは、タップするだけでそれぞれのページが表示される仕組みになっているため、これらの設定をしておくことでユーザーが操作しやすくなり来店を検討してもらいやすくなります。

ちなみに、リッチメニューでは、画面下部に表示されるメニューボタンの色や画像、内容を細かく設定することが可能です。このため、お店のイメージやターゲット層に合ったデザイン性の高いメニュー表を作成することが出来ます。

クーポン配信

LINE公式アカウントでは、「お店で使用できるクーポンをLINE上で作成し、トーク画面にメッセージ配信できる機能」が搭載されています。LINE上で作成できるクーポンは、「割引」や「無料」、「プレゼント」や「キャッシュバック」、「その他」の5種類から選ぶことができ、用途に合ったオリジナルのクーポン券を作成することが可能です。

なお、LINE上では、下記の画像のようなクーポンを作成して配信することが出来ます。

画像挿入

ちなみに、LINE上で作成や配信したクーポンは、ユーザーの開封率や使用率などのデータ集計を行うことも可能です。これらのデータを活用することで、マーケティングに活かすこともできるため、より顧客のニーズに合ったクーポンを作成・配信することができ集客率やリピート率の向上に繋げることが出来ます。

ショップカード

ショップカードとは、「LINE上で発行・管理できるデジタル型のショップカード」のことです。LINEのショップカードは、ユーザーが店舗を利用した際に専用のQRコードを提示するだけでポイント貯まる仕組みになっており、再来店を促すきっかけとして活用することが出来ます。

LINE上で発行・管理できるショップカードの見本は、下記の画像をご覧ください。

画像挿入

LINEのショップカードでは、設定したポイント数を獲得したユーザーに対して提供する特典の設定を行うことが出来ます。また、有効期限やポイント数などの細かい設定も行うことができるため、業種を問わずどの企業の方でも活用していただくことが可能です。

タイムライン投稿

LINEには、「タイムライン」という「個人やお店などが近況などを知らせたい時に気軽に画像や内容を投稿できる機能」が搭載されています。タイムラインに投稿した画像や内容は、通知無しで友だち追加をしたユーザーのタイムラインページに表示される仕組みとなっているため、再度宣伝したい内容があった時などに気軽に情報を発信することが可能です。

ユーザーの中には、メッセージ配信で送信されてきた情報を何度も発信されることを嫌がる方もいるため、トークとタイムライン投稿を上手く活用することでブロックされてしまうリスクを軽減することが出来ます。

集客・運用状況の分析

LINE公式アカウントでは、日々のユーザーの反応を確認できる分析機能があります。具体的には、日付別に「お友達追加数」や「ブロックされた数」などの数値を確認することができる仕様になっているため、配信した内容に対してユーザーがどのような反応を示したのか詳細に分析することが可能です。

ちなみに、LINE公式アカウント上に表示される分析内容は、以下の画像の通りです。

画像挿入

集客を成功に導くためには、日々ユーザーの反応や需要などを詳細に把握したうえで、改善や対策を講じる必要があるため、このように分析機能が搭載されているのは非常に魅力的だと言えます。

⑦お店のLINE運用を活用した集客法を全て任せられるサービスがある

ここまで解説した通り、LINE公式アカウントは集客などに活用する際に非常に便利なサービスです。しかし、実際にお店のアカウントを開設し、「自動返信設定」や「キャンペーン配信」などの機能を使いこなすには、かなりの労力と時間がかかるため、本業と並行して行うのは容易ではありません。場合によっては、LINE公式アカウントの運用に時間を取られてしまい、本業に支障をきたしてしまう危険性があります。

では、どうすれば本業に支障をきたすことなく、効率よくLINE公式アカウントの運用を行えるのでしょうか?

手間や時間をかけずに効率よくLINE公式アカウントの作成や運用を行いたいのであれば、「LINE公式アカウントの作成から運用まで全て代行してくれる会社」に依頼することをおすすめします。こういった会社は、「LINE公式アカウントの新規作成」や「LINEメッセージの配信代行」、「LINEの運用」などを全て請け負ってくれるため、本業に支障をきたすことなくお店のLINE公式アカウントを運用し続けることが可能です。

しかも、「LINE公式アカウントの作成から運用まで全て代行してくれる会社」の中には、実際に集客や売り上げに繋げられるLINE運用の知識や経験を豊富に保有しているサービス会社もあるため、より高い集客率やリピート率の向上を期待することが出来ます。

ただし、「LINE公式アカウントの作成から運用まで全て代行してくれる会社」を利用する際は、「アカウント作成後もしっかりとサポートを行なってくれるのか」を把握したうえで依頼するようにしてください。LINE運用の代行会社の中には、初回のLINEアカウントの作成のみ対応し、それ以降のサポートは一切行わないとしている業者があるためです。仮にこのような業者に依頼してしまった場合、結局は自身でLINEアカウントを運用しなくてはならなくなってしまいます。

⑧LINEを活用してお店の集客をするならLinksがおすすめ

お店のLINE公式アカウントの新規作成や運用などを代行業者に依頼したいと考えている経営者の方は、LINE代行サービス「Links(リンクス)」というサービスを利用することをおすすめします。「Links」は、エコテクソリューション株式会社が提供している「LINE公式アカウント制作の代行や運用などをサポートしてくれるサービス」になっているため、お店のLINEアカウントの新規作成から運用後のサポートまで全ての対応を同サービス会社に任せることが可能です。

また、「Links」を導入した場合、自身のお店のアカウントにLINE運用の担当者2名が専属で付いてくれるのも嬉しいポイントだと言えます。専属で付く担当者は、LINE運用に関する豊富な知識を保有しているため、集客や売り上げの向上に繋がるようにお店のLINE公式アカウントを運用してもらうことが可能です。

前述した通り、LINE公式アカウントの運用を自身で行なった場合、膨大な手間と労力がかかってしまうため、このようにほぼ全て一任することができるのは、非常に効率的な集客方法だと言えます。

なお、「Links」を導入した場合は、毎月のLINEアカウントの運用状況に関するレポートを報告してもらえるため、どのような方が登録しているのかなどを詳細に把握することが可能です。具体的には、下記の4つの内容に関する運用状況を把握することが出来ます。

・友だち登録者の推移や内訳(内訳内容:性別・年代・出身地)
・配信代行の結果内容
・翌月の運用に関する内容
・同業種の成功事例の共有

上記のように、「Links」を導入した場合、上記に関するレポート結果を毎月受け取ることが出来ます。仮に報告を受けた月の結果が悪かった場合、当月の運用状況を踏まえて翌月のLINE運用の改善案をしっかりと考えて対策を講じてくれるため、安心して依頼し続けることが可能です。

また、補足ですが、レポート結果の報告時に、下記の画像のような自身が経営するお店と同業種の成功事例もあわせて共有されるため、経営などに役立たせることが出来ます。

画像挿入

例えば、他店の運用状況が悪かった場合、どのような対策を講じ成功したのかを詳細に報告してくれるため、自分のお店が同じような状況に陥った際や施策を考える場合に活かすことが可能です。

⑨まとめ:お店の集客にLINEを利用してみてはいかがでしょうか

お店の集客を成功に導くためには、「どれだけ多くの方に自身経営するお店の存在を知ってもらえるのか」が重要になります。当然ですが、お店の存在を知ってもらわなければ、来店を検討してもらうことすらままならなくなってしまうためです。

とはいえ、ただ認知してもらえれば集客率がアップするという訳ではありません。お店の存在を認知させることができても、お客様が「来店したい」という気持ちを抱くとは限らないためです。

このため、集客を成功に導きたいのであれば、「今すぐにお店に行く理由を作る」必要があります。例えば、期限を設けてお客様にとってメリットの大きいクーポンを作成・配信したり、一定数のポイントを獲得すれば特典を受け取れるカードを発行するなどの対策を講じることで、「すぐにお店に行こう」と思ってもらいやすくなるため、安定した来客数の確保を期待することが出来ます。

そのため、この記事ではこれらの効果的な集客方法をまとめて行うことのできる「LINE公式アカウント」を利用した集客法を検討することをおすすめしました。LINE公式アカウントは、他の広告よりも顧客の目に止まりやすく、来店を先送りにならないように「できるだけ早い内に利用した方が良い」と思ってもらえるクーポンを配信できたり、イベントやお知らせなどの情報を一斉に配信することができるため、効率よく効果的な集客に結びつけることが出来ます。

効果的な集客方法を活用してお店の集客率やリピート率を向上させたいと考えている経営者の方は、ぜひ「LINE公式アカウント」を活用した集客法の実践を検討してみてください。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /