なぜアパートの空室が埋まらないのか?原因と対策をご紹介

アパート経営をする上で、できるだけ空室を埋めたいと思うのは当然のこと。あなたのアパートには空室はありませんか?

『空室があるけれど、何をしたらよいのかわからない』。なんてお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここでは、アパートの空室が埋まらない原因と対策についてご紹介します。

アパートが空室になってしまう原因は?

アパートは必ず入居者が決まる。なんて思っていませんか?実は、せっかくアパートを所持していても、空室になってしまうことには原因があります。

アパートが空室になってしまう原因については以下のようなものが考えられます。

  • 相場よりも家賃が高い
  • 管理会社があっていない
  • 募集計画が不十分
  • 供給が多い地域の場合、選ばれるための魅力が少ない

など…。

場合によっては新築であっても入居者が決まらないことも考えられることから、原因を見極め、しっかりとした対策をとることが必要となります。

空室を埋めるための対策

空室がある場合、『放っておいたら入居者が決まる』なんて簡単に考えていませんか?

対策を取らない限り、いつまでたっても空室のまま。それではもったいないですし、アパート経営が成り立ちません。

では、アパートに空室がある場合、空室を埋めるための対策についてみてみましょう。

 

管理会社の切り替え

アパート経営をしていても、実際に入居希望者に対する募集活動を行うのは契約している管理会社です。

そのため、知名度の低い管理会社であったり、良好な関係を築くことができなければ募集活動自体に影響が出てしまいます。

 

アパートの空室が埋まらない場合、何かしらの工夫やアクションを考えてくれる、あるいは相談してくれる管理会社であれば問題ありませんが、コミュニケーションがとれない、何もしないといった場合には管理会社を切り替えることも一つの手です。

一時金を減らす

賃貸物件の場合、家賃以外に敷金や礼金などの一時金を徴収するのが一般的です。ただし借りる側としてはこういった一時金ができるだけ低い方が嬉しいのは当然のこと。そのため、敷金を相場よりも低くする、礼金をなくすなどをアピールポイントとして募集をかける場合が多いです。

募集条件を緩める

募集条件が厳しいと、空室になりやすくなるので、空室を埋めたい場合には緩和するのも一つの方法です。契約時関連で言うと連帯保証人不要にしたり、クレジットカード決済可能にするなど入居希望者のニーズに合わせましょう。

 

その他にも、ペット可やルームシェア可、DIY可など可能な範囲で入居者に求める条件を下げると、選ばれやすくなります。

設備投資をする

セキュリティや水回り、収納、宅配ボックスなどの設備投資をするのも一つの方法です。やはり、設備がないあるいは古い物件よりは、設備が整っている、新しい物件が選ばれるのは言うまでもありません。

 

オーナー側としては費用がかかるので、どの程度行うかは予算との相談になるかと思いますが、入居者の需要が高いものを優先的に取り入れましょう。

近年はネットやセキュリティが重視される傾向

近年アパートを選ぶ際に重視されるのがインターネット環境やセキュリティです。もともとWi-Fiや光回線などのインターネット環境が整っている物件は選ばれやすいです。

また、オートロックなど防犯システムが充実化されていると、安心して住むことができるので、女性やファミリーなど幅広い世代に選ばれる傾向にあります。

 

常に満室にするためには、時代に応じたバージョンアップが必要となります。

まとめ:なぜアパートの空室が埋まらないのか?原因と対策をご紹介

アパートの空室が埋まらない場合の原因と対策についてご紹介しました。せっかくアパートを経営しているのであれば、目指すはやはり常に満室ですよね。

空室が埋まらないのは何かしらの原因があります。原因をつきとめて時代に応じて変更やバージョンアップをしていきましょう。

まるっとIoTマンションで設備を一括導入!

アパートをもっていれば、必ず入居者が入るというわけではないのがアパート経営の難しいところです。

満室にするにはどうすればよいかが明らかになり自分で工夫できれば問題ないかもしれませんが、なかなか全てを自身で…というのは難しいところ。

 

そこでおすすめなのが、まるっとIoTマンション。まるっとIoTマンションであれば、ニーズのある設備投資を低コストで実現することができるので、空室対策が可能です。

アパート経営を知り尽くしたプロがサポート!まるっとIoTマンションで空室0を実現しましょう。