ひかり電話オフィスタイプとは?料金や特徴をご紹介!

最終更新日:

フレッツ光の光回線にしているのであれば、ひかり電話オフィスタイプの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

本記事では、ひかり電話オフィスタイプの料金や特徴、メリットについて解説します。
導入検討の参考にしてください。

ひかり電話オフィスタイプとは?

ひかり電話とは、NTT東日本・NTT西日本が提供しているフレッツ光の光IP電話のことです。
ひかり電話にはさまざまなプランがありますが、ビジネスに最適なのが「ひかり電話オフィスタイプ」です。
ビジネスフォンを想定した企業用のオプションを付け加えることができ、多くのチャネルや電話番号を追加することができます。

ひかり電話オフィスタイプ導入の利点

ひかり電話オフィスタイプを導入すると、どのような利点があるのでしょうか。導入によって得られるメリットについて紹介していきます。

コストが削減できる

ひかり電話オフィスタイプ導入で得られる大きな利点といえば、コスト削減です。
ひかり電話は、NTTのアナログ回線に比べ通話料が安くなっています。

ちなみに、固定電話への通話料は全国一律8円/3分(税込き)で、通話を頻繁に行うオフィスであれば、大幅なコスト削減効果が期待できるでしょう。

また、オフィスタイプは3チャネル1番号で月額基本料が1,300円(税込き)と、手頃な価格で提供されているサービスです。

注意すべき点としては、別途でフレッツ光の月額利用料が必要ですので、もしインターネット環境が不要で、加入電話のみ利用していたという場合は、トータルで費用負担が増える可能性もあるので、その点は注意しましょう。

豊富なオプション

ひかり電話には、ビジネスで活用できる豊富なオプションが用意されています。

主なオプションは、次の6つです。

・電話に出る前にかけてきた相手がわかる「ナンバーディスプレイ」
・非通知であれば自動音声メッセージの対応に切り替えられる「ナンバーリクエスト」
・かかってきた電話を転送できる「ボイスワープ」
・迷惑電話をしてきた相手からの着信を自動音声メッセージで対応できる「迷惑電話おことわりサービス」
・外出先で着信確認ができる「着信お知らせメール」
・FAX受信をメールで知らせてくれる「FAXお知らせメール」 

さらに、上記のような基本的なオプションだけでなく、ビジネス利用で最適な3つのサービスも提供されています。

・事業所間の音声通話料が定額になる「グループ通話定額」
・最大8チャネルの同時通話ができる「複数チャネル」
・最大32番号まで利用できる「追加番号」

ちなみに、「0800」または「0120」で始まる電話番号にかかってきた通話料を、着信側で負担にできる「フリーアクセス・ひかりワイド」などもあります。

ひかり電話オフィスタイプが利用できないケース

ひかり電話オフィスタイプが利用できるのは、フレッツ光ネクストで契約している方のみです。
そのため、フレッツ光クロス・光ライト・ライトプラス(いずれもインターネット接続サービス)でフレッツ光の契約をしている場合は、オフィスタイプを利用することはできません。

このように、加入する光回線のプランによって、ひかり電話オフィスタイプは利用できませんので、ひかり電話オフィスタイプを導入したいのであれば、フレッツ光ネクストを選びましょう。

まとめ:ひかり電話オフィスタイプとは?料金や特徴をご紹介!

いかがでしたか?
今回の内容をまとめると、
・ひかり電話オフィスタイプを導入することでコストが削減できる場合がある
・多くのチャネルや番号を追加することができる
・オプション機能が豊富
という事でした。

ひかり電話オフィスタイプを導入することで、コスト削減などの利点があります。
しかし、すべての光回線のプランで利用できるというわけではないので、ひかり電話導入を目的にフレッツ光と契約する場合は、フレッツ光ネクストを選びましょう。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /