ウォーターサーバーはもうやめた!その理由とは?

家庭にあると便利なウォーターサーバーですが、実は導入後に利用をやめる方も多いです。

ウォーターサーバーは確かに利用価値の高いものなのですが、人によっては不要になることもあります。

 

今回は、ウォーターサーバーの利用をやめた方の理由についてご紹介します。

「どのような理由でウォーターサーバーの利用をやめたのか?」を知っておき、利用するかどうかの参考にしてみてください。

ウォーターサーバーの利用をやめる理由

ウォーターサーバーをやめる理由は人それぞれ違いますので、その理由を見ていきましょう。

月々の利用料金が負担になる

ウォーターサーバーを利用するには、月々の利用料金が必要になります。

いわゆるランニングコストと呼ばれるものですが、これが家計を圧迫してしまうことを懸念する方がいるのです。

水を頻繁に利用しない人にとっては、やはりコストは気になる点となるようです。

 

水を一定以上使う家庭なら、ウォーターサーバーは便利なものとなります。

しかし、一人暮らしの方や水の利用が少ない方は、供給された水を余らせて無駄にしてしまうことも多いため、結果的に費用が大きくなってしまうのです。

定期的な注文がある

ウォーターサーバーには、メーカーによって定期的な注文量があります。

そのため、最初は水を使っていても、途中から家庭の状況の変化などで使わなくなると、水が家に溜まってしまうことも多いのです。

 

水が家に溜まりすぎると、部屋のスペースを圧迫してしまうことにもつながります。

この状態が続くと困ることも多いので、結局はウォーターサーバーの利用をやめてしまう方も多いのです。

水素水に切り替えた

ウォーターサーバーで使える水は、日本各地の天然水を使ったものが多いです。

しかし世の中には、水素水などの健康飲料水も販売されており、それを利用するためにウォーターサーバーの利用をやめてしまうこともあります。

 

実は、ウォーターサーバーに装置を取り付けて水素水を利用することもできます。

しかし、費用がかかるという理由で、ウォーターサーバーだけをやめることもあるようです。

 

使いたい水の種類によっては、ウォーターサーバーの利用をやめる理由になることを覚えておきましょう。

ボトルが重い

ウォーターサーバーを利用するには、専用のボトルを取り付ける必要があります。

しかし、ボトルはそれなりに重さがあるため、人によっては重たくて運びにくいと感じることもあるのです。

そのため、ボトル交換を嫌がってウォーターサーバーの利用をやめることもあります。

 

ボトルが重たいときは、持ち上げなくてもボトル交換ができるウォーターサーバーを利用するという手もあります。

しかし、1度不便に感じたウォーターサーバーを再度利用したいと考える方は、少ない傾向にあるのが現状だといえるでしょう。

ウォーターサーバーはやめなくても何とかなる

ここまで、ウォーターサーバーの利用をやめた理由をご紹介しました。

しかし、場合によってはウォーターサーバーをやめなくても済む場合があります。

特に、ランニングコスト以外の理由なら解決できることも多いでしょう。

 

先程ご紹介した理由でも、水素水に切り替えたいなら専用の機械を取り付ける、ボトルが重いなら持ち上げなくてよいタイプを選ぶ、などの解決策があります。

定期的な水の注文量に関しても、水を上手に活用すれば解決できるのです。

 

ある程度コストがかかるのは仕方ないですが、工夫によって解決できることも多いことを覚えておきましょう。

まとめ:ウォーターサーバーはもうやめた!その理由とは?

今回は、ウォーターサーバーをやめた理由についてご紹介してきました。

やはり、利用料金や水の利用が少なくなったなどが、特に大きな理由になっているようです。

 

しかし、工夫をすればある程度解決できる問題でもあるため、うまくやりくりをしてウォーターサーバーを活用してみてください。

コストを下げるならまるっとウォーターサーバー

ウォーターサーバーのコスト面が心配なら、まるっとシリーズのウォーターサーバーを利用してみましょう。

まるっとシリーズは、電気・ガス・光回線などと連携してウォーターサーバーを利用できるサービスです。

 

連携する数が増えればそれだけ割引率も高くなるため、ウォーターサーバーのコストを下げることも可能です。

おすすめのサービスなので、ぜひ活用してみてください。