ウォーターサーバーが災害時にも頼れる理由とは?備蓄水としての役割も!

最終更新日:

自然災害の多い国、日本。どこに住んでいても、いつ災害は我が身に降りかかるかわかりませんよね。

特にここ数年、立て続けに大きな災害が発生しているため、備蓄食品もたくさんの種類が発売されています。

その中でも、最も重要なのが水です。水の備蓄に、今ウォーターサーバーが注目されています。

本記事では、今まで贅沢品と思われていたウォーターサーバーが、災害時にどのように役立つのか、詳しくご紹介いたします。

災害時の水確保は重要な課題

災害でライフラインが遮断されてしまった場合、一番困るのは水です。

復旧までの時間が長引けば長引くほど、水のない生活は本当に苦痛なもの。

生活用水はなんとか確保できても、その水を口にできるかどうかもわかりません。

数日後に水の配給が始まっても、いくらでも使えるわけではありません。

一世帯につき使える量が限られている場合や、飲料用として飲めない水である場合もあります。

災害時、特に飲料用の水を確保することは想像しているよりもずっと難しいことなのです。

飲料水や調理用として多めにストックしておこう

災害用の水をストックする場合は、飲料水はもちろん調理用も含め多めに確保しておきましょう。

災害用のレトルト食品も、水を使って調理するものが多いです。

大人1人が1日に必要な飲料水は、約2~3Lと言われています。

飲料用に3L×人数分、生活用水として3L×人数分を約3日分用意しておきましょう。

断水時、災害時の生活用水としてもウォーターサーバーは活躍

今ウォーターサーバーが、災害時の水確保として注目を集めています。

1タンクで12L入っているものもありますので、ウォーターサーバーは水の備蓄に最適なんですね。

一般的にウォーターサーバーは電気式ですが、停電時でも使用できるようなウォーターサーバーも登場。

災害時でもきれいな水が飲めますし、また食器を洗ったり非常食を作ったりするための生活用水としても十分確保できるタンク容量。

ペットボトルよりも多くの水が確保できて、いざという時にとても役立ちます。

ウォーターサーバーは定期配送でいつでも新鮮な水が飲める

災害用の水を確保しておく場合、鮮度が気になりますよね。

消費期限が近づいてきたら、新しいものと交換しなければいけません。ついつい面倒になって、買い足さずにそのままになってしまっては意味がありません。

その点、ウォーターサーバーは毎日使う水を定期配送で購入しているため、いつでも新鮮な水を確保していることになります。

備蓄の中でも、このように普段使用しているものを多めに確保しておくことを、「ローリングストック法」といいます。

災害用のために消費期限の長いものを準備する必要がないので、便利で確実ですね。

まとめ:ウォーターサーバーが災害時にも頼れる理由とは?備蓄水としての役割も!

本記事の内容をまとめると

  • 災害時、水の確保は思っているよりも難しい
  • 水の備蓄は、飲料用3L×人数分、調理用3L×人数分が必要
  • ウォーターサーバーが災害時の水確保ツールとして再注目されている
  • 定期配送なので消費期限を気にすることなく自然災害に備えられる

という事でした。今回の記事が皆様の参考になりますと幸いです。

まるっとウォーターはコック式のサーバーで災害時でも使用可能

まるっとウォーターは、コック式のサーバーを採用しているので電気がなくても水が出ます。停電時や災害時でも、新鮮できれいな水がいつでも使えて安心です。

また、まるっとウォーターは未開封の状態なら消費期限は約6か月あります。数本最初に保管しておき、期限が近づいてきたら定期配送分と入れかえるだけで備蓄完了。

自宅まで配送してくれるので、重たい水を自分で運んでくる必要もありません。

毎日使うお水のためだけでなく、災害時のことも考えるならまるっとウォーターのウォーターサーバーがぜひおすすめです。

\ SNSでシェア /