ウォーターサーバーの解約時には違約金はある?どれぐらいかかるものなの?

「ウォーターサーバーを解約する際に違約金はあるのかな」
「ウォーターサーバーを契約する前にしっかり違約金について知っておきたい」
という方はいらっしゃいませんか?
ウォーターサーバーには、解約時に違約金が発生するものもあります。
この違約金は契約期間や利用する会社によって大きく異なるので、契約前の確認が大切です。

そこで今回は、ウォーターサーバーの解約金について詳しく解説していきたいと思います。

ウォーターサーバーにも解約金が発生することがある

解約時の違約金というと、ネット回線やスマホの契約などが思い浮かびますが、実はウォーターサーバーを利用した時にも存在します。

ウォーターサーバーの場合は2年ごとの更新ではなく、最低利用期間が決められている場合が多いです。
また、解約するタイミングによって違約金の金額に差が出るケースもあります。

参考データは以下の通りです。
・A社
1年未満の解約時:15,000円
2年未満の解約時:9,000円

・B社
スタンダート機種2年以内の解約:10,000円
プレミアムプラン2年以内の解約:20,000円

・C社
2年未満の解約:9,000円

このように、利用期間と違約金の設定はバラバラです。
平均的な目安としては、10,000円~20,000円ほどかかることが多いようです。

また、同じ会社を利用していてもプランによって違約金の金額が異なるケースも。
解約金がない会社もありますが、その分送料やサーバーレンタル料金が発生することもあります。

契約前にチェックしておこう

ウォーターサーバー解約時に違約金がかかるのか、最低利用期間はどのくらいなのかを必ず事前に確認しておきましょう。
公式サイトに記載されているはずですが、分かりにくい場合は直接お問い合わせするのが確実です。

また、違約金が発生するからといって必ずしも損をするとは限りません。
送料やレンタル費の支払いをしなくてはいけないサービスと比較した場合、違約金を支払うほうがトータルで安く済む場合もあります。

会社によっては、期間限定でお試しキャンペーンを行っているところもあるので、そういったサービスを上手に活用するのもおすすめです。

解約金以外にも品質やサポートもチェックしよう

解約時に違約金が発生すると聞くと、すこしネガティブな印象を受けてしまいますが、ウォーターサーバーを選ぶポイントは他にもあります。
・基本プラン内容
・月額料金
・注文ノルマや送料の有無
などにかかる金額もきちんと事前に確認しておきましょう。
また、違約金が必要でもサポートやオプションが充実していて使いやすいため、人気が高いサービスもあります。

もっと大切なことは、契約するお水の種類や品質です。毎日飲む水は自分やご家族の体を作る大切なものなので、妥協せず選びたいものですね。

まとめ:ウォーターサーバーの解約時には違約金はある?どれぐらいかかるものなの?

今回は、ウォーターサーバー解約時に違約金は必要なのか?というテーマでした。
・ウォーターサーバーでも解約時に違約金がかかる所は多い
・違約金は大体10,000円~20,000円くらいが相場
・違約金の有無やその他の要素を契約前に確認しておくのが大切
という3点が本記事のポイントでした。

なんとなく契約して後悔しないよう、サービスや製品にこだわっている会社を選ぶとよいでしょう。
最後におすすめのウォーターサーバーのご紹介と、サービスの特徴をご説明します。

長く使うならまるっとウォーターがおすすめ

ウォーターサーバーを長期間使うなら、「まるっとウォーター」をおすすめします。
プラン変更や追加注文ができるので、その時に合わせた臨機応変な使い方も可能。

まるっとシリーズの他サービスとの併用で割引も適用されますので、お得にずっと使いたい方に最適なサービスとなっております。