ウォーターサーバーはどのようなデザインを選ぶ?タイプ別に特徴を解説!

最終更新日:

ウォーターサーバー選びで必ず悩むのはデザインですよね。

機能性はもちろん重要ですが、オフィスやキッチンにドーンと存在感を発揮してしまう、無機質なウォーターサーバーは考えもの。

特に自宅に置きたい方にとっては、お部屋の雰囲気を崩さない、インテリアのようなおしゃれなデザインのウォーターサーバーをお探しの方は多いと思います。

本記事では、さまざまなシーンにピッタリ合うウォーターサーバーの特徴を、タイプ別にご紹介いたします。

ウォーターサーバーを置きたいけれど、設置場所やデザインでお悩みの方は、ぜひお読みください。

ウォーターサーバーのデザインでスタンダードなのはロングタイプ

ウォーターサーバーは大きく分けると「ロング」と「ショート」の2種類のデザインがあります。

それぞれ特徴はありますが、どこにでもあるスタンダードなデザインといえば、ロングタイプです。

ロングタイプは基本的に、サーバータンクの容量もたっぷり。

さまざまな用途で水を使うご家庭はもちろん、オフィスやショールームなど、利用シーンを選ばないスタンダードなデザインです。

ウォーターサーバーのショートタイプなら省スペースになる

一方、ショートタイプは一人暮らしのワンルームや、スペースの限られた事務所などで人気の高いデザインです。

ウォーターサーバーというと、どうしてもドカッと大きなスペースが必要と感じてしまいますが、ショートタイプならデスクの上やキッチンの空きスペースも設置が可能。

なるべく場所を取りたくない方にとても人気です。

ウォーターサーバーはインテリアの邪魔をしないおしゃれなデザインも人気

ナチュラルカラーや木目調のデザインを採用したウォーターサーバーは、お部屋のインテリアに心地よくなじみます。

リビングルームや寝室などに置いても違和感がなく、インテリアとしても楽しめるおしゃれなデザインは、とてもウォーターサーバーとは思えないほど。

リビングと寝室、それぞれ別のデザインを使ってみてもおしゃれですね。

水を設置する場所もチェックしよう

ウォーターサーバーは、お部屋になじむからといって、どこに置いてもいいというわけではありません。

お水の鮮度を保つためにも、湿度の高くなる場所や屋外、直射日光が当たる場所は避けましょう。

また、ウォーターサーバーの周りは約15㎝以上スペースを保つ事です。

他にもサーバーによって必要な条件が違いますので、ウォーターサーバーを選ぶ時は、デザインと同時に設置環境も必ずチェックしましょう。

まとめ:ウォーターサーバーはどのようなデザインを選ぶ?タイプ別に特徴を解説!

本記事の内容をまとめると

  • ロングタイプはスタンダードデザインで容量もたっぷり
  • ショートタイプは狭い部屋でも使えて省スペース
  • 北欧調や木目調などインテリアになじむデザインも豊富
  • 屋外や多湿な場所への設置は不可、必ず屋内へ設置する
  • ウォーターサーバーの周りには15cmほどの空間が必要

という事でした。

まるっとウォーターは6種類のデザインから選択可能

今回ご紹介したすべてのデザインタイプが揃っているのがまるっとウォーターです。

最もシンプルなデザインのスリムサーバープラスは、ロングタイプとショートタイプから選べる、まるっとウォーターの定番商品。

カラーが選べるスリムサーバーⅢと合わせて、オフィスでの人気も高いウォーターサーバーです。

デザイン性を重視したい方向けのウォーターサーバーの種類も豊富。

色味と形状にこだわったamadanaスタンダード、木目調の柔らかい雰囲気が人気のamadana、スタイリッシュなデザインのcado。

3つの洗練されたデザインの中から、キッチンやリビングなど置きたいお部屋に一番なじむデザインが選べるのも嬉しいですね。

まるっとウォーターなら、利用シーンや生活スタイルにピッタリあった、お気に入りのウォーターサーバーを見つけることができます。

是非チェックしてみてくださいね。

\ SNSでシェア /