ガス・電力の自由化はどのようなメリットをもたらしてくれる?

ガス・電力の自由化について皆さんはご存知ですか?

「”自由化”という言葉に馴染みがない」「制度がわかりにくい」といった理由から、自由化の恩恵を受けていない方も多いかもしれません。

 

しかし、自由化は私達消費者に大きなメリットを与えてくれます。

このページではガス・電気の自由化について解説しますので、皆さんも自由化でお得に生活しましょう。


  • LINEで送る

ガス・電気の自由化とは?

自由化とは、価格やサービスを吟味して「自由にガス・電気の会社を選んで決定できる」ことです。

2016年4月から電力自由化、2017年4月から都市ガス自由化が始まっています。

 

そもそも、戦後の日本では法律に基づいて、電力・ガスはそれぞれ地域の会社が一貫して管理・販売する「地域独占体制」がとられていました。

 

この「地域独占体制」によって、日本のガス・電力の供給網は効率的・合理的に整備が進められ、ガス・電気は安定的に供給されていました。

その一方で、「地域独占体制」の弊害として、価格競争が起こらないため、ガス・電気料金が世界的にみて高水準となっていました。

ガス・電気自由化の目的

ガス・電気の自由化は、経済産業省、資源エネルギー庁の「エネルギーシステム改革」の考えに基づいて行われています。

 

「エネルギーシステム改革」とは、自由化によって総合的なエネルギー市場を創り、エネルギー産業のさらなる発展とイノベーションの創発、消費者利益のさらなる向上を目的とした改革です。

ガス・電気自由化のメリット

ガス・電気自由化には主に3つのメリットがあります。

ガス・電気会社を自由に選択できる

ガス・電気の自由化により私達には選択する自由が生まれました。

つまり、安さを重視した会社を選ぶことはもちろん、地元企業を応援したい人は地元のガス・電気会社を選択することも可能です。

 

再生可能エネルギーなど、環境に配慮したガス・電気会社からのみ購入するという選択もできるようになりました。

ガス・電気のサービスや料金体系が多様化する

自由化以前は、ガスも電気も「総括原価主義」に基づいて販売されていました。

つまり、ガス・電気会社の利益を上乗せした金額がガス・電気料金として定められ、それは世界的にみても高コストの料金だったのです。

 

しかし、ガス・電気の自由化により、それらの料金は需要と供給のバランスに組み込まれることになりました。

つまり、自由化による企業間での競争によって、ガス・電気代の値下げが起こるのです。

 

ガス・電気が、電話やインターネットとまとめることで安くなるというサービスも、ポイントがついてお得といったサービスも、これらは全て自由化による競争の結果です。

ガス管が整備され、都市ガスの使える地域が広がる

日本における都市ガスの普及率は46%(平成26年度末、経済産業省)であり、東京や大阪など都市圏のみの普及に留まっています。

そのため、都市ガスが普及していない地域では、都市ガスよりも値段の高いプロパンガスをやむを得ず使用しています。

 

しかし、ガスの自由化に伴い都市ガス市場が拡大すると、さらなるユーザー獲得のためにもガス管の整備が進められます。

つまり、都市ガスが使える地域が増えることが期待されるのです。

まとめ:ガス・電気の自由化はどのようなメリットをもたらしてくれる?

ここまでの内容をまとめると、ガス・電気の自由化には以下のような3つのメリットがあります。

  • ガス・電気会社を自由に選択できる
  • ガス・電気のサービスや料金体系が多様化する
  • ガス管が整備され、都市ガスの使える地域が広がる

これらのメリットを上手に利用して、より便利に、お得にガス・電気を利用していきましょう。

まるっとシリーズを使えば簡単にガス・電気代を値下げできます

まるっとシリーズは面倒な手続きをせずに簡単にガス・電気料金をお得にすることができます。

また、まるっとシリーズに切り替えても、ガス・電気の品質は落とすことなくご利用可能です。

 

さらに、ガス・電気だけでなくインターネットやウォーターサーバーなどのサービスも併せてご利用いただくことで、さらなる割引が適用されます。

わかりやすい料金体系も特徴となっています。この機会に是非、まるっとシリーズの利用をご検討ください。

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る