ダミーの防犯カメラはばれる?メリットとデメリットはいかに?

最終更新日:

店舗やマンションなどで利用する監視・防犯カメラ選ぶ際に、「ダミーの防犯カメラ」の設置を検討する方は少なくありません。
通常の録画などの機能が搭載された防犯カメラは、機種によって設定されている値段が異なるうえに、選んだ設置方法によっては高額な費用がかかってしまうカメラが存在することから「ダミーの防犯カメラの方が安く設置できるし、本物のカメラを設置しなくても犯罪やいたずらをしようとする者を抑制できるのでは?」などと考えてしまう方が多いためです。

たしかに、最近のダミーの防犯カメラの中には本物そっくりの形状をしているうえに、偽物だとバレないようにセンサーやライトなどが点滅・点灯するカメラが登場しているため、犯罪行為やいたずらしようとする方を抑制する効果を期待できるのは間違いありません。
しかし、ダミーの防犯カメラは安価な費用で導入でき犯罪者などを抑制する効果を期待できるなどのメリットがある反面、ダミーだとバレてしまった時に犯罪行為を犯そうとする者に狙われやすくなってしまうなどのデメリットも存在します。そのため、事前にどのようなリスクが存在するのか、把握したうえで導入することが重要です。
ダミーの防犯カメラを設置するメリットやデメリットを把握して、取り付け予定の場所にダミーの監視・防犯カメラを設置しても問題ないのかを見極めるようにしましょう。

この記事では「ダミーの防犯カメラを設置することで生じるメリットやデメリット」、「ダミーの防犯カメラの選び方」について、「おすすめの防犯カメラの特徴や導入費用」なども含めて詳しく解説していきます。ダミーの防犯カメラや通常の防犯カメラのどちらを設置すれば良いのか分からずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダミー防犯カメラのメリットは??

マンションやアパート、店舗などにダミーの防犯カメラを設置するメリットは、以下の2点です。

・設置費用を安く抑えることができる
・犯罪やいたずらしようとする者を威嚇することが出来る

それぞれについて、詳しく解説していきます。

設置費用を安く抑えることができる

ダミーの防犯カメラを利用するメリットは、「設置費用や購入費用を安く抑えられる」点です。ダミーの防犯カメラは、本物の防犯カメラと比較すると安価な値段設定がされているものが多いため、導入時にかかる費用を抑えることが出来ます。

また、購入費用だけでなく、設置時にかかるコストも安く抑えられる点もダミーの防犯カメラの魅力です。ダミーの防犯カメラによって設置方法は異なりますが、基本的にダミーカメラは、両面テープやネジなどを使用して取り付ける仕様になっているため、配線などを通すなどの工事を行う必要がありません。このため、屋外や屋内どちらも気軽に設置することができ、あなた自身で簡単に設置することが出来ます。

犯罪やいたずらしようとする者を威嚇することが出来る

ダミーの防犯カメラも通常の本物の監視・防犯カメラと同様に、犯罪やいたずら行為をしようとする者を抑制する効果を保有しています。このため、ダミーの防犯カメラを玄関先や屋外などに設置することで、空き巣などの被害に遭うリスクを減らすことが可能です。

ただし、ただ単にダミーの防犯カメラを設置すれば良いという訳ではありません。犯罪行為を犯そうと考える方の中には、犯行に及ぶ前にまず自宅周辺などの下見に訪れ、設置されている防犯カメラが本物かダミーなどかを入念に確認する者もいるためです。仮に、こういった行為により防犯カメラが偽物だとバレてしまうと、牽制する効果が半減してしまうどころか逆に狙われてしまう危険性があります。

このため、犯罪やいたずら行為をしようとする者に対して牽制することを目的にダミーの防犯カメラを設置するのであれば、ライトやセンサーなどが点灯しているなど、本物と同じような作りになっているカメラを選ぶようにしてください。

ダミー防犯カメラの設置費用はどれくらいかかるの?

ダミーの防犯カメラの設置費用は、カメラ毎に設定されている金額が異なりますが、大体2,000〜9,000円程度で本物と似た形状をしている監視カメラを購入・設置することが可能です。また、最近ではダイソーなどの100円均一でも本物の防犯カメラに似ているLEDライト付きのドーム型カメラが数百円で発売されているため、楽天などの通販サイトで販売されている防犯カメラを購入するよりも安く抑えられることが出来ます。

なお、これらのダミーカメラを購入する場合、設置時に必要なシールや電池などが別売りになっているカメラも多いため注意が必要です。もちろん、全てのダミー防犯カメラが当てはまる訳ではありませんが、事前に取り付け時に必要な付属品が付いているのかなどを確認するようにしてください。

ダミー防犯カメラの選び方は?

屋外や屋内にダミーの防犯カメラを導入する場合、以下の3点に注視して設置するカメラを選ぶことをおすすめします。

・センサーライトが点滅しているカメラは避ける
・極端に安い価格が設定されているカメラは選ばない
・屋外や屋内それぞれの設置場所に合う素材・形状のカメラを選ぶ

それぞれについて、解説していきます。

センサーライトが点滅しているダミーカメラは避ける

ダミーの防犯カメラだとバレるリスクを軽減したいのであれば、「ライトが点滅する仕様になっているカメラ」は避けることをおすすめします。基本的に本物の防犯カメラに搭載されているLEDランプなどは、常にライトが点灯した状態で録画映像を記録しているため、違いを把握している人が見ればすぐにダミーの防犯カメラだと見破られてしまうためです。

このため、ダミーの防犯カメラを選ぶ際は、「ライト(LED)が常時点灯しているカメラ」を設置するようにしてください。

極端に安い価格が設定されているカメラは選ばない

防犯カメラの設置費用を抑えたいからといって、極端に安い価格が設定されているダミーのカメラを選ぶことはあまりおすすめできません。ダミーの防犯カメラの相場購入価格よりも極端に安い値段が設定されているカメラは、素人が見ても偽物だと分かるような素材・見た目をしているため、すぐにダミーカメラだと見破られてしまう危険性が高いためです。

そのため、ダミーの防犯カメラを選ぶ際は、価格だけに注視せずに「ダミーの防犯カメラだと分かりにくい素材や見た目をしているカメラ」なのかも併せて確認するようにしてください。

屋外や屋内それぞれの設置場所に合った形状のダミーカメラを選ぶ

ダミーの防犯カメラを設置する場合、屋外や屋内に適した形状のカメラを選ぶことが重要になります。ダミーの防犯カメラに限らずですが、本物の監視・防犯カメラを設置する場合、屋外や屋内に適した形状のカメラを設置しないと犯罪やいたずら行為をしようとする者を牽制する効果を十分に発揮できなくなって可能性があるためです。

例えば、屋外にダミーの監視・防犯カメラを設置する場合、周囲の人に防犯カメラの存在に気づいてもらう必要があるため、誰が見ても一目でカメラの存在に気づける「バレット型」を設置するのが一般的になります。このため、屋外にダミーカメラを設置するのであれば、バレット方の防犯カメラを設置しなければなりません。

ただし、必ずしも全てのダミーのバレット型防犯カメラが屋外に設置できるとは限らないため注意が必要です。ダミーの防犯カメラの中には、防水に対応していないカメラが存在しており、仮に防水対応ではないダミーの防犯カメラを設置した場合、雨などに濡れてしまうとセンサーライトが点灯しなくなってしまい、偽物だとバレるリスクが高くなってしまいます

ダミー防犯カメラのデメリットは??

ダミーの防犯カメラを設置することで生じるデメリットは、以下の2点です。

・ダミーの防犯カメラだとバレてしまう可能性が高い
・犯罪やいたずらが発生した際に証拠として活用することが出来ない

それぞれについて、詳しく解説していきます。

ダミーの防犯カメラだとバレてしまう可能性が高い

ダミーの防犯カメラを設置することで生じるデメリットは、「いくら本物にそっくりなダミーの防犯カメラを設置してもすぐにバレてしまう可能性が高い」点です。最近のダミーの防犯カメラは偽物だとバレないように、一見本物のカメラに近い作りをしていますが、プロの犯罪者は常に最新の防犯カメラの特徴を研究しており、少しでも動きや素材などに違和感を感じるような監視カメラを設置してしまうと、すぐにダミーだとバレてしまいます。

仮に、ダミーの防犯カメラだとバレてしまった場合「この家はダミーの防犯カメラ以外に防犯対策を行なっていない」などと思われてしまい、逆に空き巣などの被害に遭うリスクが高くなってしまうかもしれません。このため、防犯カメラが持つ「犯罪やいたずら行為をしようとする方を抑制する効果」を十分に発揮したいのであれば、「安い価格で利用できる本物の防犯カメラ」を設置した方が賢明です。

犯罪やいたずらが発生した際に証拠として活用することが出来ない

ダミーの防犯カメラを設置した際に、設置場所で犯罪やいたずらなどが発生した場合、カメラを証拠として活用することが出来ません。当然ですが、ダミーの防犯カメラには周辺の状況などを録画するための機能が搭載されていないためです。このため、万が一自宅などの室内を荒らされてしまうなどの被害が発生した場合、犯人を特定することができず、捜査が難航する可能性も十分に考えられます。

もちろん、犯罪行為などを牽制することを目的にダミーの防犯カメラを設置するのであれば、録画機能がなくても問題ありません。しかし、ダミーカメラに限らず防犯カメラを設置したからといって、必ずしも全ての有事が発生するリスクを無くせる訳ではないため、こういったトラブルにも備えた防犯対策を行いたいのであえば「録画機能が搭載された本物の防犯カメラ」を設置した方が安全です。

初期費用無料のNTTの監視・防犯カメラとは?

ダミーの防犯カメラの設置を検討している方の中には、「本物の防犯カメラは設置や購入費用が高額だから気軽に利用することが出来ない」などの理由で、ダミーのカメラの導入を決める方は少なくありません。たしかに、本物の防犯カメラは、選んだ設置方法や機種によって設定されている設置価格が異なり、高額なカメラも存在するため、このように思う気持ちは十分に理解できます。

しかし、ダミーの防犯カメラには設置費用を抑えて気軽に導入できるといったメリットがある反面、有事の際の証拠として活用できないうえに、選んだダミーカメラによってはすぐに偽物だとバレてしまうデメリットが存在するため、防犯対策として活用するのであれば避けるのがおすすめです。仮にダミーカメラだとバレてしまった場合、「この家はしっかりと防犯対策を行なっていない」と判断され、犯罪者の標的になってしまう危険性があります。犯罪行為を行おうとする人の中には、ダミーカメラと本物の防犯カメラの違いを熟知している者がいるうえに、犯罪者同士のネットワークで防犯対策が軟弱な場所だと情報を共有する方もいるため、ダミーの防犯カメラを設置したことが裏目にでてしまうことも想定しておかなければいけません。

では、どのような防犯カメラを設置すれば、設置費用の負担を軽減し犯罪者に狙われるリスクを軽減できるのでしょうか?

設置時にかかる費用の負担を軽減し、犯罪者に狙われるリスクを減らせる防犯カメラを設置したのであれば、NTTが提供している「本物の監視・防犯カメラ」の設置を検討することをおすすめします。具体的には、初期費用の負担なしで月々低価格で運用できる「ギガらくカメラ」を設置するのがおすすめです。NTTが提供しているギガらくカメラは、初期費用0円で月々3,300円からと低価格な値段設定をしているうえに、防犯性に優れた豊富な機能が搭載されているため、設置費用にかかるコストを気にせずに屋外や屋内の防犯対策を強化することが出来ます。

本当に低価格で本物の監視・防犯カメラを利用することができるの?

本物の防犯カメラの中には、高額な価格を設定しているカメラが存在するため、「本物の防犯カメラを本当に低価格で利用できるの?」と疑問を持つ方も少なくありません。「低価格な値段が設定されていると言うことは、あまり機能性に優れたカメラではないのでは?」などと不安を抱く方もいます。

しかし、NTTが提供している「ギガらくカメラ」なら、そのような心配をする必要はありません。ギガらくカメラで提供している防犯カメラは、「スピーカーやマイク」、360度周囲を監視できる「ズーム」機能などが搭載されているうえに、バレット型やドーム型、小型の置き型など豊富な形状のカメラが用意されているため、屋外や屋内どこに設置しても防犯カメラが持つ効果を最大限発揮することが出来ます。

もちろん、ギガらくカメラは、月々の利用料金や設置費用に関する負担も本当に低価格です。具体的には、バラエティ豊かな防犯カメラがセットになっている「端末セットプラン」と呼ばれる料金プランが設けられており、記録した映像データの保管期間毎に月々3,300〜8,470円(税込)設定されているため、コスト面を気にせずに本物の防犯カメラを屋外や屋内にすることが出来ます。

このように、ギガらくカメラが用意している監視・防犯カメラは、本物の防犯カメラの設置を検討する際に抱かれやすい懸念材料を払拭できるカメラです。このため、コスト面を気にしてダミーカメラの導入を検討している方におすすめの防犯カメラだと言えます。

スマホでいつでも映像確認!!

ダミーカメラの設置よりもギガらくカメラの設置をおすすめする理由は、初期費用や利用料金による負担を軽減して本物の防犯カメラを設置できる点だけではありません。その他にも、ギガらくカメラが用意している本物の防犯カメラは、すべてスマホやタブレットなどの通信機器で映像を確認できる「マルチデバイス対応カメラ」になっていることもおすすめだと言える理由の一つです。

ギガらくカメラが用意している本物の防犯カメラは、あなたが使用しているスマホやタブレットなどに「専用のアプリ」のインストールや初期設定を行うことで、モニターなどを用意せずにいつでもカメラ周辺の状況を確認することが出来ます。このスマホなどで視聴可能な機能が搭載されていることで、例えば自宅周辺で不審な動きをする人がいた場合、家の中から一部始終を監視することができるため、身の安全を守りながら被害の拡大を抑えることが可能です。

ダミーの防犯カメラの設置を検討している方の中には、「高額な費用をかけて本物の防犯カメラを設置しても、モニターで映像を確認するのは手間だからダミーで十分だ」と考えている方もいるため、このように手軽に映像を確認できる仕様になっているのは大きな利点だと言えます。

有事の際にすぐに気づける防犯性に優れた機能が搭載されている

ギガらくカメラが用意している本物の防犯カメラは、有事が起こった際にすぐに気づける防犯性に優れた機能が搭載されているため、被害が拡大する前に警察に通報するなどの対策を講じることが可能です。例えば、ギガらくカメラに用意されている本物の防犯カメラには、人やものなどの動きをセンサーが検知した際にあなたのスマホなどに知らせてくれる「動体検知機能」が搭載されているため、犯行中に警察に通報しその場で逮捕してもらうなどの対策を講じることが出来ます。

とはいえ、ギガらくカメラに限らずですが、動体検知機能のセンサーが検知できる範囲は限られているため、「センサーの範囲外で犯行に及ばれたら検知できず、結局は被害の拡大を抑えるのは難しいのでは?」と疑問を抱く方は少なくありません。しかし、ギガらくカメラなら、その心配も不要です。ギガらくカメラが提供している本物の防犯カメラには、動体検知機能とは別に、音や声などをセンサーが検知して知らせてくれる「音声検知機能」が搭載されているため、動きなどを検知するセンサーだけでは検知できない箇所の異常も感知することが出来ます。

このように、ギガらくカメラが用意している本物の防犯カメラは、設置場所の防犯性や安全性を高めるための機能が豊富に搭載されているため、防犯カメラとしての効果や性能は十分です。

NTT東日本のクラウド保存

ダミーの防犯カメラの設置を検討している方の中には、「本物の防犯カメラを設置してもカメラを壊されたら録画データを証拠として活用できないから、無駄なお金をかけるならダミーカメラで良い」と考える方が少なくありません。従来までメジャーになっていた監視・防犯カメラは、専用の録画機器がなければ記録した映像を保管することができない仕様になっており、カメラや録画機器自体を壊されたりしてしまうと、録画データ自体も消失しまうリスクが存在していたことが原因です。

しかし、ギガらくカメラが用意している本物の防犯カメラを設置した場合、記録した録画映像を証拠して活用できないなどのリスクを心配する必要はありません。ギガらくカメラが用意している本物の防犯カメラは、インターネットを活用してクラウドシステムに記録したデータを保存する仕様になっているため、万が一何者かにカメラを壊されてしまっても録画映像を守ることが出来るためです。

なお、ギガらくカメラが用意している本物の防犯カメラで記録したデータは、すべて「NTTが管理しているクラウドシステム」に自動で転送・保管される仕組みになっています。NTTが管理を行なっているクラウドシステムは、高度なセキュリティ体制が整っているため、データの損失・破損だけでなく第三者による不正アクセスなどの被害に遭うリスクも大幅に減らすことが可能です。一般的にネットワークを活用した防犯カメラを導入する場合、不正アクセスを懸念して部屋の中にカメラを取り付けることを避けたり、こういったサイバー犯罪に対する対策を講じる必要がありますが、このように事前に高度なセキュリティ環境が用意されていると、どなたでも安心して屋内や屋外問わずに気軽に取り付けていただくことが出来ます。

安心、安全の防犯効果を発揮できる監視カメラ

防犯カメラの設置を検討する際に、設置費用や利用料金などの負担を懸念してダミーの防犯カメラを導入する方が数多くいます。中には、ダミーの防犯カメラを設置することで生じるデメリットを把握せずに、購入価格だけに着目して、すぐに偽物だとバレてしまうようなダミーカメラを設置してしまう方も少なくありません。

もちろん、子供のいたずらなどを防止することを目的にダミーの防犯カメラを設置するのであれば、監視カメラが持つ効果を発揮できることを期待できるため、ダミーカメラでも問題ありません。しかし、ダミーの防犯カメラを設置していることが犯罪行為を犯そうと考える方にバレてしまった場合、逆に犯罪者の標的になってしまう危険性が高くなってしまうため、防犯対策として活用するのであれば避けた方が賢明だと言えます。犯罪行為を犯そうとする方の中には、「ダミーの防犯カメラを設置している場所は、防犯対策が軟弱だから狙いやすい」と考える方がいるため、ダミーの防犯カメラを設置したことが裏目に出てしまう可能性があるためです。

このため、この記事では初期費用の負担無しで月々低価格で利用できる「ギガらくカメラが用意している本物の監視・防犯カメラ」の設置を検討することをおすすめしました。ギガらくカメラが用意している防犯カメラは、初期費用の負担なしで月々1,870円からと低価格な料金設定がされているうえに、防犯性を高めることができる機能が豊富に搭載されているため、費用面を気にせずに機能性に優れた本物の防犯カメラを設置することが出来ます。

しかも、ギガらくカメラのおすすめポイントがそれだけではありません。

ギガらくカメラが用意している本物の防犯カメラは、「録画映像を守る仕組み」になっていることも、おすすめだと言えるポイントです。ギガらくカメラが記録した録画なら、高度なセキュリティ体制が整っているNTTのクラウドシステムに保管される仕組みになっているため、有事が発生した際に欠かせない大切なデータを守ることが出来ます。

「本物の防犯カメラを設置したいが、高額な設置費用や利用料金を負担できない」などの理由により、ダミーの防犯カメラの設置を検討している方は、ぜひ設置費用や利用料金による負担を軽減できるうえに、屋外や屋内問わずに防犯性を高める効果を発揮してくれる「ギガらくカメラ」の利用を検討してみてください。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /