フレッツ光の工事内容や工事にかかる期間について解説!

最終更新日:

「フレッツ光を導入したいが、どのようなプランがあるのか分からない・・・」
「フレッツ光の工事申し込みはいつ連絡すればよいのか?・・・」

このような疑問はありませんか?

今回はフレッツ光のプランにはどのようなものがあるのか、そして工事の内容や工事にかかる時間などについて解説いたします。

そもそもフレッツ光とは?

フレッツ光NTTが提供する光回線サービスのことを指します。
フレッツ光は商品名になりますので、光回線=フレッツ光なのではなく、その他の光回線サービスはそれぞれで商品名が付けられています。

フレッツ光以外で有名な光回線としては、auひかり、NURO光などが挙げられますが、それぞれ回線に光ファイバーを使ってインターネット接続ができるようになっています。

また、高速で通信をすることができる為、一般家庭だけでなくビジネスでも多くの企業が活用しています。

フレッツ光とあわせてひかり電話に契約することができる

フレッツ光とあわせてひかり電話を契約することができるので、ネット環境だけでなく固定電話環境も整えることができます。

もちろん、電話環境はアナログ電話でネット環境は光回線を使うという事も可能ですが、ひかり電話は従来の電話と比較して費用が抑えられているので、フレッツ光を契約して固定電話も使いたいという場合は、ひかり電話を契約することをおすすめします。

懸念される点としては、電話番号はどうなってしまうのかという点かと思います。
従来のNTT加入電話を利用している場合は、その番号を引き継ぐことができますので、電話番号を変えたくないという場合でも、安心してひかり電話を導入することができます。

光回線のメリットとデメリット

インターネット回線にはさまざまありますが、なんと言っても光回線のメリットは通信速度が速い点が挙げられます。
動画視聴が当たり前になった時代に、通信速度が遅いと満足したインターネット利用ができないでしょう。

仕事でインターネットを使うともなれば回線スピードは重要ですので、ビジネスのインターネット環境を整えたいという場合は、第一候補となるでしょう。
そして、フレッツ光は代表的な光回線となるので、光回線導入の際は選択肢の一つになることは間違いありません。

デメリットを挙げるとなれば、光回線導入の工事が必要になってくることでしょう。
電話環境も整える場合にはさらに、整える環境の規模によって費用はかさんできます。

フレッツ光のプランについて

フレッツ光のプランについて見ていきましょう。

【フレッツ光クロス】

フレッツ光クロスは、2020年4月1日より提供されはじめた、データ送受信が最大10Gbpsで最速のインターネットになります。※戸建てのみに提供。
大容量のデータをよくダウンロードをする場合におすすめできます。

【フレッツ光ネクスト】

フレッツ光ネクストは、いくらインターネットを利用しても料金が変わらない定額制になっています。
ギガファミリー・スマートタイプと、ギガマンション・スマートタイプは高速無線規格のWi-Fiルーターをレンタルすることができます。

ギガラインタイプとハイスピードタイプの違いは、ギガラインタイプが、データ送受信が最大1Gbpsに対し、ハイスピードタイプは、100Mbpsになります。

ビジネス向けのフレッツ光ネクストビジネスタイプがありますが、ビジネスで用いる場合に必ず契約する必要はなく小規模事務所・SOHOなどはビジネスタイプでなくても問題ありません。

ビジネスタイプとプライオの違いは、プライオの方には帯域優先が付いている点で、帯域優先があるとより快適なインターネットが利用できます。
<ビジネス向け>
■フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ
■フレッツ光ネクスト プライオ
<戸建て向け>
■フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ(戸建て)
■フレッツ光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ(戸建て)
■フレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ(戸建て)
<集合住宅向け>
■フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ(マンション)
■フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ(マンション)
■フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ(マンション)

【フレッツ光ライト】

フレッツ光ライトは、データ送受信が最大100Mbpsで、2段階定額となっています。
光ライトプラスは3,000MBまでと10,000MB以上の段階、光ライトファミリータイプは200MBまでと1,200MB以上の段階、光ライトマンションタイプは、200MBまでと、970MB以上の段階になっています。

インターネットをあまり使わない場合には、おすすめのプランになります。

<戸建て向け>
■フレッツ光ライト プラス(戸建て)
■フレッツ光ライト ファミリータイプ(戸建て)
<集合住宅向け>
■フレッツ光ライト マンションタイプ(マンション)

プラン変更による工事費について

「フレッツ光ネクスト」からフレッツ光ライトのプラン変更は、ファミリータイプのみ1度目は工事費用が無料になります。

「フレッツ光クロス」からフレッツ光ライトへのプラン変更は、1度目からも工事費用が発生します。

開通工事について

開通工事前に、Wi-Fiルーターの設置場所やパソコンの設置場所は事前に決めておきましょう。

工事担当者の方が、工事当日にWi-FiルーターとLANケーブルをもってきてくれますが、事前に決める事で工事がスムーズになります。

開通工事は土日も可能?工事予約はいつすればいい?

開通工事は、平日だけでなく土日祝日も指定可能です。
しかし、土日祝日希望の場合は、初期工事費にプラスして別途費用が必要になる点は注意しましょう。
店舗・事務所が営業中の時間でも、営業外の時間でも利用することができるのは嬉しい点です。

開通工事の期間・時間について

開通工事の時間は標準の工事内容であれば、着手からおよそ1時間(フレッツ光のみを申し込んだ場合)で可能になります。

工事の予約は1ヵ月前から行うことが可能ですが、引っ越しシーズンによっては込み合う可能性があるので、なるべく早めに工事日程を決める事をおすすめします。

開通工事内容について

開通工事は3ステップとなっており、
1.室内に光ケーブルを引き込む
2.光ケーブルとWi-Fiルーターを接続
3.Wi-Fiルーターと機器を接続

の以上の流れになります。

新規申し込み時の初期工事費用について

代表的な工事の場合は(屋内配線の工程がある場合)18,000円で、屋内配線がない場合7,600円になり、分割払いか一括払いが可能です。

ひかり電話を導入する場合のひかり電話設置に伴う工事費用は、その規模や付加サービスの有無によって大きく異なります。

フレッツ光の申し込みは?

フレッツ光に申し込む場合は、電話とインターネットどちらでも可能です。
電話で申し込みをする場合は0120-116-116から可能で、午前9時~午後5時までかけることができます。

インターネットから申し込みをした場合の流れは、申し込み完了メールが届き、その後メールまたは電話で連絡がきます。

申し込み自体はどちらを選んでも損得はないので、都合のよい手段を選んで問題ありません。

まとめ:フレッツ光の工事内容や工事にかかる期間について解説!

いかがでしたか?今回はフレッツ光の概要から工事に関してまでお届けしました。
今回の記事をまとめますと、
・フレッツ光にはさまざまなプランが存在し、さらに戸建てとマンションタイプでも分かれている
・代表的なフレッツ光の工事の費用は18,000円かかる
・申し込みは1ヵ月前から行うことができるが、なるべく早めに申し込む方がよい
・工事は平日だけでなく土日休日も可能

以上の内容が今回の記事のポイントでした。

フレッツ光の光回線契約と言ってもさまざまありますので、それぞれの詳細を確認してから選ぶようにしましょう。

光回線ビジネスタイプがありますが、法人だから必ずビジネスタイプを選ばなければいけないという事ではありませんので、小規模店舗・SOHOなどはスマートプランなども視野に入れて光回線を導入するとよいでしょう。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /