マンションにIoTの導入で空室改善!空室0に!

マンションの空室を改善するために、色々な対策を考えているオーナーさんも多いのではないでしょうか?

現在賃貸物件のオーナーさんや入居者から注目されているのが、IoT(モノのインターネット)の導入なんです。

 

IoTを導入しているマンションは毎日を快適に過ごせる、と人気が高いんだとか。

そこで、この記事で「IoT導入は空室改善に役立つのか?」について詳しく解説いたします。

マンションオーナーは空室で悩みがち?

マンションオーナーと空室の悩みは、切っても切り離せないものではないでしょうか?

空き部屋の状態が続くと家賃収入が少なくなる上に「空室には理由があるのでは?」と、マイナスの印象を持たれてしまう可能性も・・・。

 

もしそうなってしまうと、さらに部屋が埋まりづらくなるという悪循環が発生するリスクがあります。

 

マンションの経営者にとっては、空室が続く状況は死活問題に繋がるため頭を悩ませるオーナーさまもたくさんいるようです。

マンションにIoTの導入で空室改善

そんな空室の悩みを改善するには、マンションにIoTを導入するのがおすすめ。

 

マンションの空室改善には、入居者の求める物件について考える必要があります。

入居者の求める物件というのは利便性の高い物件です。

 

IoTとはInternet of Things(モノのインターネット)の略称で、家具家電など身の回りのものがインターネットに繋がっていること(またはその仕組み)を指します。

 

分かりやすいものだとスマホのアプリから操作できる掃除ロボットや、キッチン家電などがあります。

IoTを賃貸物件に取り入れる例としては、スマートキーや室内コントロールなどの技術が挙げられますね。

 

物件にIoTを導入すると入居希望者へのアピールになり、空室対策も期待されます。

IoTの導入によるマンションオーナー様のメリット

IoTマンションは、入居者だけでなくオーナー様にもメリットがあります。

 

賃貸物件におけるIoT導入金額はそれほど高くないものもあるので、あまりコストをかけずとも物件をアピールできるんですよ。

 

また、所有する物件にIoTを導入すると空室対策だけでなく、物件の価値も上がることも期待されます。

オーナー様の資産価値向上にも繋がるということですね。

IoTの導入による入居者側のメリット

IoTの導入による入居者側のメリットは、以下の通りです。

 

  • インターネット環境を無料で利用できる
  • 宅配ボックスで郵便物の受け取りが楽になる
  • 最新の防犯対策で安心してマンションに住める

 

入居者は「インターネット環境を無料で利用できるか?」を重要視している傾向があるようです。

 

株式会社リクルートが2014年に行った「賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査(首都圏版)」の中では、インターネット回線は「物件に備えつけの無料のものを使いたい」と答えた人が40.3%と最も多かったことからもその傾向が分かります。

 

ネット回線だけでなく生活が便利になるIoTマンションは、入居者側からすると、とても魅力的な物件として映るようですね。

 

参考文献: 2014年度賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査 (首都圏版)

https://www.recruit-sumai.co.jp/data/150713_chintaireserch_east-2.pdf

 

 

まとめ:マンションにIoTの導入で空室改善!空室0に!

IoTの導入は空室改善に役立つのか?という点についてご説明いたしました。

 

  • 空室改善には物件のアピールポイントを作るのが大切
  • IoT導入は入居者・オーナー双方に大きなメリットがある
  • インターネットの無料設備は入居者からも人気の設備

 

以上3点が重要なポイントでした。

入居者の利便性を向上し利用者の求める物件を作るためにも、IoTの導入は空室対策に有効でしょう。

 

「空室が埋まらない…」と悩みを抱えているオーナー様は、ぜひIoTの導入を検討してみてください。

空室改善のIoT導入はまるっとお任せください

まるっとIoTマンションなら、他社よりも低コストで「空室対策」に最適な設備が揃います。

 

  • インターネット無料設備
  • 防犯カメラ
  • 宅配ボックス
  • 電子ドアロック

 

など、人気の設備の数々からオーナー様の状況やご予算に応じて、最適な設備投資プランを格安でご提案いたします。

まずは、「カンタンな資料請求」か「気軽なご相談」からどうぞ!

>>まるっとIoTマンション 公式サイト