モバイルWi-Fiルーターとテザリングは実際どっちが良いの?

モバイルWi-Fiルーターとテザリングはどっちが使いやすく、費用面でも負担が少ないのでしょうか?
どちらもパソコンやタブレットを使用するときにネットが気軽に使える便利なサービスですが、仕組みや特徴が異なります。

そこで本記事では、モバイルWi-Fiルーターとテザリングの違いやそれぞれの特徴について詳しくご紹介していきます。
記事の最後にはおすすめのサービスもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

モバイルWi-Fiルーターとテザリングの違いをおさらいしよう!

まずは、モバイルWi-Fiルーターとテザリングの違いについて確認していきましょう。

テザリングとは

テザリングとは、スマホの通信機能を他の端末にシェアする機能です。
設定ページでテザリングをONにすると、パソコンやゲームなど他の端末にもスマホの電波を飛ばしてネットが使えるようになります。
テザリングで通信する方法としては、Wi-Fi・Bluetoothなどの接続方法があります。

パスワードも設定できるので、他の誰かに勝手に使われることはありませんし、テザリング機能を使わない時は機能をオフにできます。
契約しているキャリアや機種によって無料でできたり、有料オプションの場合があります。

モバイルWi-Fiルーターとは

モバイルWi-Fiルーターは、データ通信専用の端末を用いてネットを使う方法です。
光回線を利用して無線接続をする家庭用のWi-Fiとは違って、SIMカードを端末に入れて通信を行います。

モバイルWi-Fiルーターの接続方法は、Wi-Fiが主流です。
データ通信専用なので、モード選択ができたり通信量がすぐ確認できたり、周波数を切り替えるなど専用の機能に特化しています。
最近ではスマホアプリと同期して操作することも一般的です。

テザリングは手軽に通信共有が行えるのがメリット

テザリングを使用するメリットとして大きなポイントは、その手軽さが挙げられるのではないでしょうか?
スマホ1台あれば簡単に接続できるので、荷物も少なくていいですしわざわざ契約を行う手間も省けます。

ただその一方で、
・データ通信の制限がある
・追加購入の金額が高い
・通信速度が遅い
・電池の消費が早い
というデメリットも存在します。

テザリングは緊急時の対処法として使い、日常的に外でネットワーク環境が必要な人は別の方法も視野に入れるとよいでしょう。

コスパや使用感を求めるならモバイルWi-Fiルーターがおすすめ!

モバイルWi-Fiルーターは、専用の端末を選んで契約手続きを行う手間はあるものの、通信がしやすい点がメリットです。
データ通信専用の機器なので無制限プランも選べますし、スマホの料金と比べても割安で使えることがほとんどです。

また、速度もテザリングより速い事が多く動画などもサクサク見られます。
仕事で必要だったり、通勤電車の中で動画を見たりという方は、モバイルWi-Fiルーターが費用・使用感の両方の面からおすすめです。

まとめ:モバイルWi-Fiルーターとテザリングは実際どっちが良いの?

モバイルWi-Fiルーターとテザリングには、様々な違いがあることが分かりました。
テザリングはスマホがあればその場で通信をシェアできる手軽さが魅力ですが、日常使いをするのには向いていない面もあります。

動画や音楽など、大きなデータをよく使う方はモバイルWi-Fiルーターが利用しやすいでしょう。

コスパ良くネットを使うならまるっとシリーズにおまかせ!

まるっとシリーズのモバイルWi-Fiルーターは、1ヶ月300GBとほぼ無制限の通信が利用可能です。
スマホでデータを追加購入すると1GBあたり1,000円くらいが相場ですので、それを考えるとかなりコストパフォーマンスが優れていることが分かります。

また、3日で10GB以上利用すると一時的に低速通信になるという事もないので、自分の好きなペースで動画や音楽が楽しめます。
気になった方は、ぜひサービスをご紹介しているページもご確認くださいませ。

※2020年4月13日にリリースいたしました「まるっとWi-Fi」ですが、現在の新型コロナウイルスの世界的な蔓延の状況下で、在宅ニーズが日々急速に加速している事実により、全ユーザー様の利用状況によっては、通信速度低下の現在の基準である300GBの制限を止むを得ず下げる変更をする可能性があります。 お申込みのご検討をしていただける皆様におかれましては、あらかじめご理解の上ご検討していただきますよう何卒よろしくお願いいたします。