光回線・ネット回線が不安定になる原因は?対処法を解説!

ネットを利用している時にスピードが遅かったり、接続が不安定になることってありませんか?もしかしたら周辺機器や光回線に不備があるかもしれません。

 

本記事では、

  • 光回線のネット接続が不安定になる原因

  • 光回線が繋がりにくい時の対策

  • 光回線を早くしたい時のおすすめサービス

をご紹介していきますね。

光回線・ネット回線が不安定になる原因と対策は?

そもそも、なぜ光回線の接続が不安定になってしまうのでしょうか?

考えられる原因はたくさんありますが、実は接続機器や回線自体に問題があることがほとんど。

インターネット接続機器が原因

インターネットに接続するためには回線の他に、モデム・ルーター・ONU(回線終端装置)などの機器が必要です。

光回線になってからはモデムがあまり使われなくなり、ルーターとONUがメインで使われています。

 

ちなみに、ONUは光ファイバーから送られてくる光信号をデジタル変換するためのもの。ルーターはネットを複数のパソコンで接続したり、Wi-Fiを飛ばすために必要なものです。

ずっと使用していると、これらの接続機器が不備を起こして接続が不安定になることがあります。

 

本体の熱を冷ましたり、電源を入れ直したりすると接続状況が改善される事もあるようです。

こうした対策をとっても接続が不安定な場合は、機器が劣化・破損しているかもしれません。

プロバイダや通信会社に問い合わせをして、新しくしてもらいましょう。

光回線(ネット回線)が原因

接続機器を新しくしても接続が不安定な場合は、回線に問題があるかもしれません。

 

特にアパートやマンションなどの集合住宅では、1つの回線を複数の部屋で共有したりすることも。

 

そのため夜間などの利用者が多い時間帯に混雑して、接続が不安定になってしまいます。

また、マンションの建物によっては設備にかなり差があることも知っておきましょう。

 

光回線設備が整っているマンションであれば接続は安定していますが、VDSL方式やLANケーブルで接続するタイプのマンションもあり、通信速度に大きな違いがでます。

これを機会に光回線を乗り換える~v6プラスのすすめ~

何年も前に契約した光回線をそのまま使っているという人は、ルーターのモデルが古く接続しにくくなっている可能性が高いです。

 

ルーターの性能は日進月歩で上がっているため、定期的に新しくするのがおすすめ。

中でもv6プラスルーターは、接続が安定してネットが使いやすいとユーザーからも高い評価を得ています。

 

複数の通信規格に対応していたり、接続スピードが安定する仕組みが採用されているため、これから広く普及していくと予想されます。

まとめ:光回線・ネット回線が不安定になる原因は?対処法を解説!

今回は、光回線のネット接続が不安定な時の原因と対処方法をご紹介しました。

 

  • ネットの接続が不安定な時は接続機器や光回線に原因があることが多い

  • 長時間使っている場合は再起動やケーブルを入れ直すと接続状況が改善することも

  • 通信を安定させたいならv6プラスルーターがおすすめ

 

以上3点が接続状況を安定するために必要なポイントです。

ずっと同じ設備を使っている人はこれを機に見直すことをおすすめします。

まるっとひかりは安定した高速通信で工事費無料

光回線の乗り換えを検討している人におすすめなのが「まるっとひかり」のサービスです。

 

料金プランも分かりやすく、初期工事費も無料なのでこれから光回線を開通する人や引っ越しを機に乗り換えたい人におすすめ。

v6プラスルーターで高速通信が可能なので、映像配信やオンラインゲームもサクサク楽しめちゃいます!