光回線契約でトラブルにならない為の確認事項!

最終更新日:

「今より安い値段で光回線を利用出来ます」

「今光回線をご契約いただければ○○円のキャッシュバックが受け取れます」

このような巧みなセールストークを信用して光回線契約を結んだ結果、今まで以上に通信料金が高くなったり、解約時に高額な解約金を要求された、などのトラブルが後を経ちません。

特に光回線契約の内容は条件が複雑だったりする傾向があるので、契約する際に注意を怠ると思いもよらないトラブルに巻き込まれてしまうリスクがあります。

そこで本記事では、光回線契約を利用する上でトラブルに巻き込まれない為のポイントについて、分かりやすくご紹介します。

光回線の契約に関する説明が不十分でトラブルに?

光回線契約に関するトラブルの原因として最も多いのが、「光回線契約内容や条件を契約者側が十分に理解していなかった」といったものです。

 

<トラブルになり得る事例>

  • 光回線契約を結ぶに当たって、現在利用しているネット回線を解約しなければいけない事を知らなかった
  • キャッシュバックには複雑な手続きを行う事を十分に確認していなかった

こうした事情から、光回線契約の直後に内容を巡ってトラブルになるケースも。

光回線の契約をする際には、業者側の説明や条件を細かくチェックしておきましょう。

 

ちなみに、悪質な光回線業者が「インターネット回線の契約はクーリングオフの対象外なので契約を解消する事は出来ない」と主張することもありますがそれは誤りです。

※クーリングオフに似た制度を利用することが可能です。

2016年に導入された「初期契約解除制度」を利用することで、8日以内であれば光回線などのインターネット回線が解約金なしで解約できます。

※契約解除をするまでの利用料や事務手数料、工事の費用は負担。

参考URL:https://www.soumu.go.jp/main_content/000422692.pdf

通信の速度はどれぐらいか?解約金はあるのか等を確認

悪質な光回線業者には、「現在の通信プランよりも通信速度が速くなる」などの理由で契約を迫ったり、高額な解約金について説明不足な会社も少なからず存在します。

後々のトラブルを避ける為にも、通信速度や解約金の有無といった契約上の重要事項については口頭での説明のみを受けるだけではなく、必ず書面上でチェックする様にしましょう。

契約時の話をしっかり聞く事が大事

光回線契約におけるトラブルを回避する上で何よりも重要なポイントは、契約時に事業者側の説明をしっかりと聞き、その内容を理解するという点です。

光回線契約を結んでしまった後に工事費用や端末代金を取り戻すのは難しいので、疑問点や不安な点があれば契約締結前の段階で、解消しておく様に心がけましょう。

わからない部分は質問する

光回線契約の内容は複雑なものが多く、口頭での説明だけでそのすべてを理解する事は難しいと言えます。

通信速度や料金体系など、契約内容の中で少しでも分からない点があればすぐに質問し、本当に契約するべきかをじっくりと考える事が大切です。

不安な点があれば聞いてみる

光回線契約を結ぶ際に最も懸念すべき事項は、余計なオプション費用や高額な解約金により想定外の出費が発生する事です。

こうした事態に巻き込まれる事を防ぐ為にも、契約時には

  • 契約者本人が望んでいないオプション費用が発生するケースはないのか?
  • 契約内容と異なる事実が発生した場合、解約金を支払わずに解約する事は出来るのか?

といったポイントを必ず確認する様にしましょう。

まとめ:光回線契約トラブルでよくある事例を紹介!

いかがでしたか?光回線契約では契約内容を十分に理解していなかったり、或いは回線業者側による説明が不十分である為に、様々なトラブルが全国で起こっています。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /