引越しの際にハウスクリーニングを行うメリット・デメリットについて

最終更新日:

引越し業者によっては、ハウスクリーニングのオプションが選べるところもありますよね。

ハウスクリーニングはあまり一般的ではありませんでしたが、最近はぐっと身近な存在になりつつあります。

そこで今回は、引っ越し前後にハウスクリーニングを行うメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。


  • LINEで送る

人によっては引越しの際にハウスクリーニングを利用される方も

ハウスクリーニングはお掃除のプロが自分では中々できない細部まで掃除をしてくれるサービスのことです。

大掃除の時期や、家にお客様を招く前に利用するケースが一般的です。

最近ではこれに加えて、引っ越しの前後にハウスクリーニングを利用する人も増えてきているようです。

引っ越しの前後にハウスクリーニングをするのは、どのようなメリットがあるのでしょうか?

また、それぞれのケースにデメリットはないのか?次項からそれぞれに詳しく迫ってみたいと思います。

引越し前の旧居にハウスクリーニングを行うメリット

引っ越し前の急遽にハウスクリーニングをするメリットは、「敷金が返ってくる可能性が高くなる」ということです。

通常、ハウスクリーニングは大家さんや管理会社などが行うケースがほとんどです。

ただし、物件によっては退去後のハウスクリーニング代は敷金から差し引かれることがあるので、リーズナブルな価格でクリーニングできる業者を見つければ、返ってくる敷金の金額も増えるかもしれません。

特に台所・お風呂・トイレなどは汚れやすいので、自分ですべてきれいにすることは難しいかもしれません。

プロは使う道具なども違うので、短時間できれいにお掃除してくれますよ。

引越し前の旧居にハウスクリーニングを行うデメリット

引っ越し前にハウスクリーニングを依頼する前に、「すでに物件とクリーニング業者が契約している可能性」があることを考慮しなければいけません。

ハウスクリーニング業者の中には、物件単位で契約しているところもあります。

そういった場合は、他の業者の利用を認められなかったり、二重にクリーニングを行うことも考えられます。

節約のために自分でハウスクリーニング業者に依頼しても、結局敷金から引かれてしまうということに繋がりかねません。

自分で旧居のハウスクリーニングをしたい場合は、事前に大家さんに確認を取るのが確実でしょう。

引越し後の新居にハウスクリーニングを行うメリット

大体の物件では、前住人が退去したあとにハウスクリーニングをしているため、わざわざ自分で業者に依頼する必要はありません。

ただ、クリーニングを入れる頻度や程度は物件ごとに異なります。

依頼する業者も違うため、クリーニング済みでも不十分に感じるケースもあります。

ハウスクリーニングの業者は、虫除けや除菌加工などサービスが充実している会社も多いので、入居前にきれいな状態にしておきたいときにはおすすめです。

引越し後の新居にハウスクリーニングを行うデメリット

新居をハウスクリーニングするデメリットとして、先述の通りすでにクリーニングをしている物件がほとんどなので、わざわざ自分でも依頼する必要性がそれほどない点が挙げられます。

汚れが気になるところがあっても、業者を頼むより自分で清掃した方が割安になることが多いので、費用的な面でも負担が増えます。

入居前に気になる汚れがあった場合は、不動産会社や大家さんに指摘して、再度クリーニングを入れてもらえるか確認しましょう。

まとめ:引越しの際にハウスクリーニングを行うメリット・デメリットについて

いかがでしたか?今回は、引っ越し前後にハウスクリーニングを依頼するメリットとデメリットをご紹介しました。

プロの手によって、部屋をきれいにしてくれるハウスクリーニングは人気が高いですが、引っ越し時に利用する場合は、状況をよく確認してから依頼する方が無難でしょう。

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る