引越し希望者必見!賃貸契約の流れを解説!

進学や就職、転職などで引越しを検討している方もたくさんいますが、引越しに不慣れだと何から始めればいいかわかりませんよね。

引越しのオンシーズンは忙しいので、不動産会社や引越し業者に聞くのもはばかられてしまうかも・・・。

そこで今回は、引越しを検討している方に向けて物件を賃貸契約する流れと、契約を成功させるカギをご紹介いたします。

引越し契約成功のカギ1:引越し先の希望条件を考える

引越しを成功させる最初のカギは、「自分が希望する物件を明確にする」ことです。

特に都市部に引っ越す場合などは、どのような部屋に住みたいかを最初に決めておかないと、絞り込みが難しくなることも。

「家賃」や「駅からのアクセスの良さ」などの実用性を重視するか、住環境やインテリアを大切にするかは人それぞれ。

引越しを検討し始めた時は、まず自分がどのような部屋に住みたいかをリストアップすると良いでしょう。

全て理想通りにいかなくとも、当てはまる項目が多い部屋を見つけられたり、自分がどんな条件を重要視するかを俯瞰することができます。

引越し契約成功のカギ2:複数の賃貸物件に目星をつける(間取りは?エリアは?)

物件の希望が決まったら、それにあてはまる物件を複数候補に挙げて比較しましょう。

1つの物件だけしか見ていないと、後々トラブルに繋がったり、「思ったよりいい部屋じゃなかった・・・」ということにもなりかねません。

似た条件の物件をいくつか目星をつけて、より詳細に比較していきましょう。

物件の間取りや、アクセスの良さ、建物の設備や周辺の環境など、実際に自分が暮らすことをイメージすると選択しやすくなるはず。

実際に店舗で情報を集めてもいいですが、効率を重視するのであれば、インターネットで調べておくと、より多い選択肢から物件が選べますよ。

内見・申し込み

そもそも内見とは、入居を考えている部屋を実際に見に行くことです。

不動産会社にもよりますが、それほど離れていなければ車で移動することが殆ど。

内見でチェックしたいポイントは、写真や資料と比べて実際の物件はどうか?という点がまず挙げられます。

掲載されている写真は素敵でも、実際に訪問してみたら陽が当たらなくて暗かった・・・。という事例もありますし、その逆もしかりです。

お風呂やクローゼットの広さ、建物自体の雰囲気もきちんと確認しましょう。

また、不動産会社の人は周辺エリアについての情報も詳しいので、

  • 駅は近いか
  • 買い物をするところはあるか
  • 周辺にどのような施設があるか

など、気になることがあれば遠慮なく聞くようにしましょう。

内見をして、気に入った物件があれば申し込みをします。

一度不動産会社のオフィスまで戻って、必要書類を記入します。

入居審査・契約手続き

その後、不動産会社や管理会社の審査が行われます。

入居審査には3日~1週間ほどかかることが多いですが、物件によってはそれ以上かかることもあります。

入居審査は職業や年収を判断される傾向があります。
進学による引越しの場合は、合格通知書や新社会人の場合は内定証書などを提示しておくといいでしょう。

無事審査をパスしたら、契約に進みます。

  • 住民票
  • 連帯保証人の住民票など
  • 収入証明
  • 身分証明書

などの必要書類を用意して提出します。

書類に不備がない場合は、即日で契約が終了するので、入居予定の日をあらかじめ決めておきましょう。

まとめ:引越し希望者必見!賃貸契約の流れを解説!

いかがでしたか?今回は、引越しの流れや契約のコツについて解説しました。

物件を決める時は、何よりも情報収集が大切です!

引越しシーズンは物件が早く埋まってしまうので、引越しを考え始めたら、なるべく早く候補を絞っておくといいでしょう。