引越し時の不動産会社選びはどうすればいいの?

「引越しをしたいけど、どの不動産で物件を探せばいいのか・・・」

不動産会社の数も多く、最近はネットでも物件探しができるので悩んでしまいますよね。

一口に不動産会社と言っても、全国展開している大手不動産会社から、地域密着型のアットホームな不動産会社まで様々です。

そこで今回は、引越しする際に不動産を選ぶ基準についてご紹介していきたいと思います。

引越し時の不動産会社選びの基準は?

引越しをする時に不動産会社はどのように選べばいいのでしょうか。

人によって重視する点が異なることも多いですが、選び方の基準として大事にしたいポイントは以下のようなものが挙げられます。

  • 不動産や賃貸物件にまつわる知識が豊富か
  • 接客態度や相談を受ける態度が丁寧か
  • 強引に話を進めないか
  • 会話や物件の傾向が自分の要求に沿っているか
  • 物件だけでなく周辺の環境についてのアナウンスがあるか

などで、自分の希望と合っているかを、しっかり照らし合わせて判断するのがおすすめです。

1つの不動産会社だけで決めようとせず、複数の会社に相談に行って比較するのがいいでしょう。

気になる不動産会社を見つけた場合、SNSや口コミサイトで利用者の声を探すのもおすすめです。

ただし、ネットの意見が100%正しいわけではないので、あくまでも参考程度にとどめておくのがいいでしょう。

同じ物件を複数の不動産会社が情報掲載している

複数の不動産会社や、不動産紹介サイトなどで「同じ物件を紹介している・・・」と感じたことはありませんか?

これは、不正などではなく参照しているデータベースが同じだから起きることです。

国土交通大臣が指定した「レインズ」というデータベースは、登録した業者のみが閲覧できます。

物件が重複している場合は、不動産会社や仲介者がレインズを参照している、また、取り扱っているということを意味します。

特に大手の不動産会社ではレインズを契約していることが多く、店舗があるエリアだけでなく日本全国から物件を探すことも可能です。

逆に地域密着型の不動産会社では、レインズを利用していないところもあり、紹介している物件の内容が全く異なることもあります。

また、物件が同じでも不動産会社によって特典などが変わるので、キャンペーン内容などもチェックしましょう。

大手の不動産屋と街の小さな不動産屋はどちらがいい?

大手の会社と地域密着型の会社には、下記でご紹介するようにそれぞれメリットとデメリットがあります。

大手不動産会社

メリット

  • 取り扱いのある件数が多い
  • 支店とのつながりがあって広いエリアをカバー
  • 支払い方法が充実している
  • キャンペーンがたくさんおこなわれている
  • 交渉を代わりにしてくれる

デメリット

  • 物件によっては違約金が発生することも
  • 釣り物件もある
  • 営業が強引なこともある

地域密着型の会社

メリット

  • 家賃や敷金礼金の交渉がしやすい
  • 地域性に特化しているため個々の物件について詳しい
  • 掘り出しものの物件が見つかることも
  • 周辺地域の情報に詳しい

デメリット

  • 取り扱うエリアと物件が少ない
  • 初めて利用する場合は店舗にすこし入りにくい
  • 利用する店舗によって内容の差が大きい

などがあります。

それぞれの特性を理解した上で、自分に合ったタイプの不動産会社を利用するといいでしょう。

もちろん、どちらの不動産会社も同時に使って物件探しをする人も多くいます。

まとめ:引越し時の不動産会社選びはどうすればいいの?

いかがでしたか?本記事では、引越しをする際の不動産会社選びの方法について解説いたしました。

不動産会社には大手と地域密着型の2種類があり、それぞれ異なった特徴があります。

同じ物件を複数の会社で紹介しているのを見つけたら、契約やサービスの内容なども加味して判断するのがおすすめです。

自分の家となる物件探しが、できるだけ満足して進められるように、不動産会社も時間をかけて選ぶと良いでしょう。