空室対策にはリフォーム!効果的な方法とは?

「住宅リフォームが空室対策になる」

物件オーナーさんの中には、リフォーム・リノベーションによって新規入居者を獲得した。なんて話を耳にしたことのある方も多いかと思います。

ですが、一体どんなリフォームを行えば空室対策に繋がるのでしょうか?

そこで本記事では、住宅リフォームによる空室対策効果について解説します。

また、空室対策効果をより高める為の、リフォームにおけるポイントについても合わせてご紹介します。

リフォームで空室対策が可能!

借り手市場である賃貸業界において、他の物件より多くの入居者を取り込むために重要な要素の1つが「差別化」です。

新築物件を建てるよりも比較的低コストでこの差別化を行えるリフォームは、有効な空室対策です。

2DK/3DKの物件を1LDKにリノベーションする、部屋の収納率を重視する入居者向けにクローゼットを新設する、壁紙や浴室だけをワンポイントでリフォームする等々…。

1口にリフォームと言ってもまとまった資金を活かした大規模なものから、ローコストで行える簡単なものまで、そのやり方は様々です。

また最近では、サブリース付きのリノベーション会社や、外観専門のリノベーション会社も存在します。

リフォーム後は賃料をアップできる

部屋の間取りや雰囲気を、時代に適した形で明るくするリフォームは、入居者を確保するだけでなく、その物件自体の価値を上げる事にも繋がります。

その為にも、空室対策としてリフォームを行う際には、リノベーションに成功した物件の事例や専門業者の意見を参考に、入居者層のニーズを正確につかむ事が重要となります。

ただし、空室対策としてリフォームを行う際には、費用対効果を考える事を忘れてはいけません。

「これだけお金をかけてリフォームしたんだから家賃もそれなりに上げないと」といった考え方では、新しい入居者を確保する事は難しいでしょう。

賃料を上げる事を見越してリフォームを行う際には、リフォーム費用やリフォーム代を家賃からどの位で回収できるのかについて、試算を入念に行う様にしましょう。

リフォームと合わせてIoT設備を導入すると効果的

では、ここからは空室対策として、リフォームを行う上でのポイントについてご紹介します。

空室対策に効果的なリフォームの1つが、IoT設備の導入です。

音声操作可能な家電製品や、防犯機器のネットワーク管理等といったIoT(モノのインターネット化)設備を導入することで、入居者にとって生活が便利になります。

他にもセキュリティ面の強化や、部屋に設置したカメラで、留守番中のお子さんやペットの様子を外出先から確認出来るなどのメリットがありますよ。

不動産業界におけるIoT化は今後も進んで行くと予想されるので、大規模なリフォームを予定されている方はこうした最新設備を導入してみるのも良いでしょう。

特に重要なのはセキュリティとインターネット

空室対策としてリフォームを行う際に特に重要となるのが、「セキュリティ面はしっかりしているか?」「インターネット環境は整っているか?」の2点です。

アパートはオートロックや共用エントランスのあるマンションと比較すると、セキュリティ面で劣っているので、門扉に簡易オートロック機能を付けたり防犯カメラやセンサーライト設置するといった様に、セキュリティ対策をしっかりと行っておきましょう。

特に近年は物件のセキュリティ性を重視する入居者の方が多いので、防犯をしっかりと行う事が空室対策にも繋がります。

インターネット環境の整備に関しては、光回線が使用出来る環境を整える方法が、物件の利便性を高める意味でも有効です。

ただし、光回線の導入には電柱から共用スペースに光ファイバーを引いて、各部屋まで光回線の設備を整えるといった、大掛かりな工事が必要となります。

まとめ:空室対策にはリフォーム!効果的な方法とは?

空室対策としてのリフォームには、間取りの大胆な変更からDIYによるワンポイントリフォームまで様々な方法があります。

そして、こうしたリフォームを行う上で最も重要なのは、入居者のニーズを掴む事です。

1人暮らしの女性入居者が安心して暮らせる様にセキュリティ面を強化したり、ファミリー層向けのIoT設備としてモニターを設置する等、想定した入居者層のニーズに適したリフォームを行う様にしましょう。

まるっとIoTマンションなら人気の設備を一括導入!

本記事をきっかけに、IoT設備の導入に興味を持たれた物件オーナーの方々に、ぜひ知っていただきたいのが、人気のIoT設備を格安で導入してもらえる「まるっとIoTマンション」です。

「まるっとIoTマンション」では防犯カメラや宅配ボックス・電子ドアロックといった人気の設備を一括で導入できる「IoTマンションプラン」を取り扱っており、このプランを利用するだけでIoT設備の整備による空室対策を行う事が出来ます。

お見積もりをHPより受け付けていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。