空室対策の方法を知って10年後も安定した賃貸経営へ

アパートやマンションを保有する方にとって、空室対策は賃貸経営の行く末を左右する大きな課題の1つです。

2025年問題や2030年問題といった形で不動産業界の不況や人口減少が心配される中、効果的な空室対策を早めに用意しておきたい、と考えておられる方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、10年後も安定した賃貸経営を行う上で押さえておくべき空室対策の内、特におすすめな方法を3つご紹介します。

今後は空室率が上がっていく?早めに空室対策をしよう

総務省が行った調査によると、2018年度における全国の空き家率は13.6%と過去最高の数字を記録しました。

昨今の人口減少に反して新築住宅の着工数が維持されている事を考慮すると、空き家率は今後も上昇していく事が予想されます。

将来的に「空室がどうしても埋まらない!」「入居者が確保出来ない!」といった事態に陥らない為にも、日頃から空室対策について考えておく事が大事なのです。

空室対策の方法1.共有部をきれいに保つことで内見でも有利に

それではここからは、空室対策の具体的な方法について見ていきましょう。

空室対策としてまず挙げられるのが、クリーニングや壁紙の貼り換えで物件をキレイにして、内覧者の印象を良くする事です。

特にアパートやマンションの場合、共有部分を清潔に保っているかどうかが入居の可否に左右します。

汚れやほこりのない共有スペースに、芳香剤や花が用意されているだけでも物件に対する印象はガラリと変わりますし、内見に訪れた方も明るい気持ちで部屋の様子を見に行けるでしょう。

空室対策の方法2.ネット設備や新しい設備の導入もおすすめ

インターネット環境やIoT機器をはじめとした様々な設備を導入するのも、空室対策として効果的です。

近年では、インターネット設備やセキュリティー対策を重視する方々が多い事から、以下の様な設備を導入している物件の人気が高まっています。

  • 無線インターネット(Wi-Fi、無線LAN等)

  • エントランスのオートロック

  • 宅配ボックス

  • 防犯カメラ

  • 浴室換気乾燥機

特に無線インターネット環境に関しては、パソコンやスマートフォンで通信容量を気にせずコンテンツを楽しみたいと考える方が多いので、導入することをおすすめします。

空室対策の方法3.退去を防ぐことも空室対策の一種

新規入居者の確保以上に空室対策として重要なのが、既存の入居者の退去を防止する事です。

更新契約を結んでくれる入居者の方を一定数確保する事は、安定した賃貸経営を実現するために必須であると言えます。

入居者に退去されにくくするためには、入居者の物件に対する満足度を向上させる事が大切です。

その為には、共有スペースの掃除や駐輪場の確保。エアコン故障時の修理対応といった賃貸管理業務を、丁寧にこなす意識を持ちましょう。

まとめ:空室対策の方法を知って10年後も安定した賃貸経営へ

今後も、空き家率は全国的に上昇していく事が予想されます。

そうした事態を乗り越える為にも、新規入居者の確保・物件としての資産価値の向上・そして退去率の減少の3つを柱として、日頃から空室対策を考えておく事をおすすめします。

まるっとIoTマンションは空室対策や資産価値向上にも

弊社ラストワンマイルが提供するライフラインサービス「まるっとIoTマンション」は、物件の資産価値向上を通して、オーナー様の空室対策をサポートいたします。

インターネット無料設備やネットワーク対応の防犯カメラ・そして宅配ボックスや集合ポストの設置等を取り扱っており、物件の資産価値向上や家賃収入アップを実現する手助けをいたします。

空室対策でお困りの方は、ぜひ一度まるっとIoTマンションの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

>>まるっとIoTマンション公式サイト