都市ガスとプロパンガスの違いとは?どちらを選ぶべき?

「都市ガスとプロパンガス、一体どっちがおトクなの?」
「都市ガスとプロパンガスの違いって何?」

こうした疑問にお答えするべく本記事では、都市ガスとプロパンガスの違いについてご紹介した上で、どちらのガスを選ぶべきかについて考えてみましょう。

都市ガスとプロパンガスの違いとは?

では早速、都市ガスとプロパンガスの違いと特徴を見てみましょう。

都市ガスの特徴

都市ガスの特徴は、メタンを主成分としたガスを、地下に存在するガス導管を通して各家庭に供給する点です。
従って、ガス導管が自宅近くに通っていない家庭では、都市ガスを利用する事が出来ません。
そのため、都市ガスの利用を検討する際には、まずガス導管が自分の住んでいる地域に通っているのかを、確認する必要があります。

2017年4月の都市ガス自由化以降、それぞれの都市ガス会社で、ライフスタイルの違いや家族構成・月々のガス使用量に応じた、様々なガス料金プランが提供されています。
都市ガスの利用料金は、1ヶ月のガス使用量に応じて段階的に変動する仕組みとなっており、1㎥当たりの単位料金は原材料調整制度に基づく調整を受けて、毎月変動するのが特徴です。

都市ガスは、ガス導管からのガス供給によって人件費が節約出来る為、プロパンガスを利用する場合より、ガス料金が安く済む傾向にあります。
その代わり、プロパンガスから都市ガスを利用する際には初期工事費用と、1~2ヶ月ほどの工事期間が必要となります。

プロパンガス(LPガス)の特徴

プロパンガスはその名の通り、プロパンやブタンが主成分の、液化石油を原料としたガスです。
プロパンガスが持つ強みとしては、都市ガスの様に利用地域に関する制限を受ける事無く使用可能である点や、大きな初期費用がかからない点、そして災害時の復旧が早い点があります。

また、プロパンガスを使用する上で特筆すべき点としては、入居時にプロパンガス会社に対して保証金を預ける必要がある事が挙げられます。
これは、入居者がガス料金を未納のまま退去した際に、プロパンガス会社側に発生する損失を補てんする為に誕生した制度です。
しかし、あくまで各プロパンガス会社が定めている取り決めであって、法的な支払い義務はありません。

プロパンガスは、長い間自由料金制となっており基準となる値段が存在しなかった事から、ガス料金は都市ガスを利用するケースと比べて、高めに設定されているケースが一般的です。
更に賃貸物件の場合、契約するプロパンガス会社は大家さんにより決定されます。
そのため、都市ガスの様に自分が気に入った料金プランを持つガス会社と契約する、といった選択肢が取れない点がネックであると言えます。

都市ガスとプロパンガスの違い

都市ガス・プロパンガス双方の特徴について確認終えた所で、両者の違いを以下の表で簡単にまとめておきます。

都市ガス プロパンガス
原料 天然ガス 液化石油ガス
供給方法 ガス導管による供給 ガスボンベによる供給
ソフトバンク 安い 高い
契約の自由度 高い 低い

都市ガスとプロパンガス、どちらを選ぶべき?

都市ガスとプロパンガスのどちらを選ぶのが正解なのかは、ガスサービスに対して何を求めるのかによります。
「様々な料金プランの中から自分に最適なものを探したい」「出来る限り月々のガス料金を抑えたい」と考えておられる方には、都市ガスの利用がおすすめです。

逆に、「ガスの火力を重視したい」「災害が起こった場合でもガスが問題なく使える環境を整えたい」といった方は、プロパンガス会社と契約するのが良いでしょう。

まとめ:都市ガスとプロパンガスの違いとは?どちらを選ぶべき?

都市ガスとプロパンガスの違い、そしてどちらのガスを選ぶべきかについて、ご理解いただけましたでしょうか?
賃貸物件の場合には、プロパンガスにするか都市ガスにするかは選べない事が殆どですが、2つのガスが持つ特性を理解しておく事で、物件選びの手助けとなる場合もあります。

本記事の内容と各ガス会社が提供している料金プランを確認しつつ、自分のライフスタイルや、希望に合ったガスサービスを利用する様に心がけましょう。

「まるっとガス」で月々のガス料金支払いをもっとおトクに

「まるっとガス」とは、株式会社ラストワンマイルが提供するライフラインサービス「まるっとシリーズ」の1つで、今まで使用してきたガスの品質をキープしたまま、特別な工事を行う事無く利用する事が可能です。

また、他のまるっとシリーズのサービスを「まるっとガス」と併用する事で、契約サービス数に応じた様々な会員特典や割引制度を受けることが出来ます。

「ガス料金を含めたライフラインサービス全般の料金体系を見直したい」と考えておられる方は、「まるっとガス」を始めとした、まるっとシリーズの利用を検討される事をおススメします。