電気料金を安くする方法はあるの?電力自由化で格安に!

日々を生活するために欠かすことのできない電気ですが、塵も積もれば山となる…思っていたよりも高い!なんて経験はありませんか?

知らず知らずのうちに高くなってしまう電気料金を安くする方法はあるのでしょうか?話題の電力自由化についてもご紹介します。

知っておくべき電気料金の内訳

電気料金は、1か月で利用した電気の量によって決まる。ということはわかっていても、電気料金の具体的な中身については知らないという方が多いでしょう。

一般的に大手と言われる電力会社の料金体系内訳について見てみると、

基本料金or最低料金+電気量料金単価(従量料金単価)×電気使用量+燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金の合計額

になります。

日ごろあまり見かけないワードが並んでいますが、最も違いが出るのがアンペア制か従量料金制かということ。

アンペア制の場合、契約アンペア数によっても電気料金の差があるので、今お使いのアンペア数がいくつなのか確認してみましょう。

電力自由化を活かしてコスト削減格安に

2016年から本格的にスタートしたのが、電力自由化。

これまでは地域ごとに契約する電力会社が決められていましたが、電力自由化によって地域の壁を超えて自分で自由に契約する電力会社を選ぶことができるようになりました。

さらに、大元となる電力会社だけでなく小売電気事業者からの配給を受けることができるようになったので、大幅な電気料金削減が可能になっています。

ガスや携帯、その他のサービスとセットに電力を販売する電力会社が登場したことにより、ポイントが貯まったり割引を受けられたり…とコスト削減することができます。

「電気=〇〇」と決められていた時代ではなく、自分の生活スタイルや趣向に合わせて電気も自由に選ぶことができる時代なのです。

電気料金は条件によっても変わる(家族か単身か?)

電気料金は、自分の生活スタイルに合ったものを選ぶことが一番のコスト削減になります。

例えば、家族と一緒に住むのか、あるいは単身(一人暮らし)なのか…など条件によって大きく異なります。

そもそも一般的な電力会社の場合、契約するアンペア数によって基本料金が異なり、電力の料金単価も使用量に応じて3段階に分かれているなどとても複雑…。

さらに、24時間ずっと同じ料金のプランもあれば、夜間などの時間帯によって安くなるプランもあります。

日中自宅にいて電力を使うのであれば前者の方が良いですし、日中は出かけていて夜間電力を使うのであれば、後者の方が安くなります。

どこで契約するかはもちろんのこと、家庭ごとに電気を使用する人数や時間など生活スタイルは異なるはず。

電気を契約する前に一度生活を見直してみましょう。生活スタイルに合った電力会社・プランを選択する必要があるといえます。

まとめ:電気料金を安くする方法はあるの?電力自由化で格安に!

生活に必要な電気ですが、できるだけ電気料金を抑えたいと思うのは皆さん同じですよね。

ご紹介したように、実は電気料金を安くする方法があります!ただ何も考えずに電気料金を払い続けるのが、一番もったいないですよね。

是非、この機会に電気体系を見直し、格安を目指しましょう。

ファミリー層なら使用量で料金の変わらないまるっとでんきがお得

生活スタイルに合った電力会社を利用することが一番のコスト削減に繋がるとご紹介しましたが、ファミリー層で電力をよく使うご家庭に特におすすめしたいのがまるっとでんきです!

まるっとひかりであれば使用量に関わらず単一の料金なので、人数が多くて電気をよく使うご家庭にも安心です。

さらに、電気を使えば使うほど今までよりお得に。最大20%も電気代を節約することができちゃうのです!

その上初期費用ゼロ、解約手数料ゼロとお財布にとっても優しい点も選ばれるポイント。

まるっとでんき、是非ご検討ください。