飲食店の防犯カメラは防犯以外にも活躍?設置するメリットとは

最終更新日:

飲食店等の店舗に防犯カメラを設置することは、防犯以外の用途にも役立ちます。
この記事では、飲食店に防犯カメラを置くことのメリットについて項目ごとにご説明していこうと思います。

防犯カメラの設置を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。


  • LINEで送る

防犯カメラを飲食店に設置するメリットとは?

まずは、防犯カメラを飲食店に置くことのメリットをご紹介します。
防犯カメラを設置することで、
・防犯性が上がる
・トラブル発生時にすぐ確認できる
・集客データを分析してマーケティングできる
・社内管理にも役立つ
といった利点が挙げられます。

防犯・安全性が上がる

防犯カメラを設置する最大の目的は、カメラがあることで防犯や安全性を高めることではないでしょうか?
出入口や客席、駐車場にカメラを設置しておけば「監視の目があること」のアピールにもなります。また、カメラの機種によってはスピーカーやマイクが付いていてリアルタイムで注意喚起することも可能です。

犯罪などのトラブルが発生してもカメラで映像を記録していれば証拠にもなりますし、そもそもカメラがあることは抑止力にもなります。

トラブル発生時にすぐ確認できる

犯罪とまではいかなくても何かトラブルが起きたり、お客様からのクレームが来たりした場合にも防犯カメラのデータが役立つこともあります。
例えば、レジでのおつりの受け渡しについて何かお問い合わせが来たら、カメラの映像で確認すれば正確に状況把握して対応できます。
そのため、レジ付近には高画質やズームができる防犯カメラを設置するのがおすすめです。

また、飲食店ならではのトラブルとして、「異物混入」などがあります。
特にバイキングやビュッフェ形式のお店の場合、悪意あるイタズラが起こりうる可能性も。
このようなトラブルを未然に防ぐためにも、店内に防犯カメラを設置するのは効果的だと言えます。

集客データの分析にも

意外な防犯カメラの使い方として、マーケティングに使用するという方法があります。
時間帯ごとにどのような客層が多いかが分かれば、ターゲットとなる層へより効果的なアプローチが可能になるからです。

例えば同じカフェでも、
・オフィス街にあるから夕方以降のアルコールメニューを充実させる
・都心部の繁華街にあるから休日に若年層を集客できるメニュー開発をする
・学校に近いので食事メニューにも力を入れる
というようにアピールの方法が異なります。

社内の管理にも使える

事務所内に防犯カメラを設置すれば、従業員全員がより緊張感を持って仕事ができます。
例えば、
・調理場に設置して調理や衛生管理をしっかりと行っているか?
・バックヤードの金庫周辺や勤怠管理システム周辺に防犯カメラを設置して適切な処理が行われているか?
というチェックができるようになります。

防犯カメラを設置する時の注意点

防犯カメラを設置することにはメリットがたくさんあることが分かりましたが、設置には注意が必要です。
あまりたくさん設置していたり、設置位置がお客さんと近かったりすると圧迫感があってくつろげなくなります。
少ない台数で広いエリアを見渡せるように、天井付近などの高い位置に防犯カメラを設置するのが一般的です。

また、防犯カメラを設置していること自体がクレームとならないために「防犯のためにカメラを設置している」ということが分かる説明やステッカーを見やすい場所に貼っておくのもよいでしょう。

まとめ:飲食店の防犯カメラは防犯以外にも活躍?設置するメリットとは

小規模な飲食店では、防犯カメラを設置していないところも少なくありません。
しかし、本文でもご紹介した通り防犯効果以外にも、トラブルの予防やマーケティングにも役立ちます。
防犯カメラのタイプにもいろいろあるので、まずは設置が簡単で操作しやすい機種から初めてみるといいかもしれません。

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る