飲食店店舗などで防犯カメラを設置するメリットについて解説!

最終更新日:

店舗に防犯カメラを設置する目的は、防犯の為だけだと思っていませんか?
現在はカメラの技術が向上したことで防犯カメラに防犯以外の効果が期待できるのです

ここでは、飲食店などの店舗に防犯カメラを設置することで得られるメリットについて紹介します。


  • LINEで送る

店舗に防犯カメラを設置するメリット

それでは、防犯カメラを店舗に設置することで得られる一般的なメリットとあまり知られていないメリットを見ていきましょう。

店舗への不法侵入者への威嚇・犯人の特定

まず、一般的な防犯カメラの役割として挙げられるのは防犯上の役割です
防犯カメラが設置してあるだけで、犯罪を犯そうとしている人を抑止する効果が期待できます。

また、万が一何らかの犯罪に巻き込まれてしまった時には、防犯カメラの映像を使って犯人を特定することが可能です。

レジでの金銭トラブルの防止

飲食店やスーパーなどのレジ付近では、さまざまな金銭トラブルが発生すると言われています。
例えばクレジットカードの返却漏れお釣りの受け渡し間違いなどが挙げられます。
渡し忘れの発生を顧客から主張された場合、防犯カメラがなければ顧客の主張通りかどうかの確認が取れません

レジ周辺の映像を残すことで、トラブル発生時にも迅速な対応ができるでしょう。
さらに、従業員による内部不正を防ぐ役割も期待できます。

商品の安全性を証明

製造過程で商品へ異物混入が発生してしまった場合に防犯カメラの映像を確認し、その理由を判明させることが可能です。

また、「商品の製造過程を映像に残している」というような安全性への配慮を、顧客に対しアピールできます

顧客の出入りの確認

顧客の数や属性滞在時間や注文内容など細かなデータを監視カメラで確認できます。
さらに最新のカメラを使えば、顧客の目の動きを察知し店内POPが効果的に掲示されているかなどの調査も可能です。

顧客データをマーケティングに使うのは
一般的なことですが、より詳細なデータ取得ができます

遠方からも店舗の様子をリアルタイムで確認できる

店舗を複数経営している場合、監視カメラの映像を自分のスマホやパソコンで見られるようにしておけば、それぞれの店舗の状況をリアルタイムで確認できるため、移動の時間と費用が節約できます。

顧客の状況はもちろんですが、従業員の人員配置なども営業中のオペレーションを参考にすれば、効率的な店舗運営ができるでしょう。

防犯カメラを飲食店などの店舗に設置する時の注意点

顧客をカメラで撮影し、個人識別ができる場合には「個人情報の取得」をしていることになりますので、以下の内容を明示する必要があります。

設置管理者や保存データに関する責任主体
相談や質問の連絡先
・撮影することによって顧客が得るメリット

これらの情報を店舗に掲示する・店舗のホームページに掲載するなどの方法が有効ですし、従業員には社内規定で周知するのが良いでしょう。

防犯カメラが作動中であることをアピールする行為は、犯罪の防止効果も期待できますね。
また、防犯カメラ設置のための条例やガイドライン店舗のある市町村によって変わってきます

防犯カメラの設置を検討する前に、確認しておきましょう

まとめ:飲食店店舗などで防犯カメラを設置するメリットについて解説!

防犯カメラを設置すれば、防犯のためだけでなく多くのメリットが得られることをお伝えいたしました

設置を検討しているのであれば、あまり知られていない様々な効果を把握する事で、最適な場所に設置をする事ができるでしょう。

また、防犯カメラを上手に駆使できれば、店舗全体を成長させることも可能でしょう。

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る