低圧電力って何?お得にご利用できる方法はないの?

2016年4月に低圧電力や高圧電力などの動力に関係なく全面的に「電力自由化制度」が開始されて以降、家庭用や法人用の電力会社を見直す方は増加しました。しかし、東京電力や関西電力、東京ガスなどをはじめ様々な企業が電力の小売りを行っているため、どの電力会社と契約すれば良いのか分からずに悩んでいる方も少なくありません。中には「どの電力会社と契約しても違いはないのでは?」と疑問を抱いている方もいます。

その中でも業務用の冷蔵庫や大型エアコンなどを使用している商店や工場などに適応されている「低圧電力」の料金プランや電力会社見直しに悩む方は少なくありません。電力会社によっては低圧電力の基本料金や電力量料金の単価を高めに設定している企業もあるためです。このため、「安易に電力会社の見直しをできない」と悩んでしまい、従来の電力会社の低圧電力料金を契約したままの方もいます。

そのため、この記事ではそもそも低圧電気とはどのようなものなのか、通常の電力と低圧電力の違いについて詳しく解説していきます。低圧電力の違いが分からず使用する電力会社の決め方に悩んでいる経営者の方は、ぜひ参考にしてください。

低圧電力って何?

低圧電力とは原則「契約電力が50KW未満で動力を使用する場合に適応される電気料金」のことです。具体的には、主に工場や小規模な商店などで大型エアコンや業務用冷蔵庫、工場用機器など通常よりも高い電力を使用する機器を使用する場合に低圧電力の料金プランが適応されています。

2つの計算方法により低圧電力が利用できるのかが決まる

低圧電力は個人の希望で適応される訳ではありません。それぞれの場所に適応する契約電力の決め方は、2つの算出方法を用いて決定されています。

具体的には、以下の2つです。

・負荷設備契約:使用する全ての契約負荷設備の容量を基に算出する方法
・主開閉契約:最大電流を制限できる契約主開閉器の容量(出力)を基に算出する方法

上記の計算方法で算出した電力が50KW未満の場合、低圧電力の料金プランが適応される仕組みです。ただし、需要場所(小売電気事業者から供給された電気を使用する場所のこと)で一般家庭向けの従量電灯と併せて契約する場合は「最大需要容量又は契約容量と契約電力との合計が50KW未満であること」が条件となっていることを覚えておいて下さい。

通常の電力とは何が違うの?

低圧電力(動力プラン)と通常の電力となる「従量電灯」の違いは「使用する電気機器の電気量(電圧)に応じて電気料金を設定している」点です。具体的には、「従量電灯」は「1ヶ月間に電気を使用した電気量に従ってきまる料金プラン」となっており、一般家庭用の冷蔵庫やパソコンなどの比較的電力を使用しない電気機器に対してかけられている電気料金プランとなっています。

一方で、「低圧電力」は「従量電灯よりも多くの電気を消費する業務用機器向けの料金プラン」です。主に、業務用のエアコンや大型冷蔵庫、モーターなどのような一般化家庭よりも電力を多く使用する電気機器を使用する場合にこのプランが適応されています。

ちなみに、商店や一般家庭で低圧電力を使用する場合「自分で変圧などをせずに設置している電気機器を使用する」ことが適応されるための条件です。仮に電圧を変える「変圧器」を通して低圧電力を使用すると契約違反となり、契約解除や違約金を請求される可能性もあるため注意が必要となります。

電力の自由化で低圧電力も安い料金で利用できる!

前述した通り、2016年に全面的に開始された電力自由化により、安い電気料金が設定された小売電力会社を選ぶことで、低圧電力にかかるコストを抑えることができます。電力自由化が開始されたことで新電力会社が自由に電気料金を設定できるようになったため、電気を提供している企業によっては月々の基本料金や従量電灯を低く設定している会社もあるためです。

ただし、低圧電力に限らず小売電気事業者が設定している基本料金や料金プランにあまり大きな差はないため、「キャンペーン」や「特典」にも注目するようにしてください。従来の大手電気会社にはなかった特典などを活用することで、月々の電気料金の負担を軽減できるように工夫されているため、料金プランに差はなくても全体的に見たら月々の電気代の負担を軽減することが可能です。

業務用の電気を契約するならハルエネでんきがお得!?

低圧電力にかかる電気代を軽減したいと考えているのであれば、毎月の電気代を節約できると定評のある「ハルエネでんき」がおすすめです。ハルエネでんきは、都道府県別に最大8種類の料金プランを用意しているうえに、契約前に担当者があなたの状況や希望を精査したうえで最適な料金プランを提案してくれるため、月々の電気代を抑えることができます。

そんなハルエネでんきの主な特徴は、下記を確認してください。

・離島を除く全国に対応している新電力会社
・豊富な料金プランが用意されているため、電気の見直し・節約ができると定評がある
・対象電力は従量電灯と低圧電力
・料金プランなどを担当者に相談することが可能
・ハルエネガスや動力と併せて契約するとより電気代の削減が見込める
・契約や申し込み時の手続きは分かりやすく簡単に進められる

ハルエネでんきでは「5ヶ月間分の電気代基本料金を振り込む」という特典を用意しているため、対象期間の電気代(基本料金)を実質的に無料にすることが可能です。さらに「乗り換えた(契約)翌月」には、自身の口座に振り込まれる仕組みとなっており、すぐに電気代の支払いにあてることもできます。

電気の乗り換え特典やキャンペーンを行っている新電力会社の中には、一定期間契約を継続した場合に振り込むと定めている企業も少なくありません。中には、手続き方法を複雑にして契約者が特典の存在を忘れることを望んでいる電気会社もあります。その点、ハルエネでんきは手続き方法が簡潔になっているうえに、翌月に指定した口座に振り込んでくれるため、すぐに電気代の節約を講じることが可能です。

低圧電力にかかる電気代の削減以外にも充実したサポート体制が整っている電飾会社を探している方は、ぜひハルエネでんきの利用を検討してみてください。

現在の電気を切り替えることで現金5000円キャッシュバック特典

ハルエネでんきが用意している乗り換え特典は、基本料金の現金付与だけではありません。それに加えて、現在使用している動力を切り替えることで「現金5,000円のキャッシュバックキャンペーン」も行っています。具体的には、ハルエネでんきの代理店経由で申し込み(契約)を行い以下の条件を満たすことで、現金5,000円を受け取ることが可能というキャンパーンです。

【適応条件】

・低圧電力プランを契約
・ハルエネ電気未契約

上記の条件を満たすことで、現金5,000円のキャッシュバックを受けることができるため、さらに電気代を削減することができます。工場や商店などの法人は一般家庭よりも多くの電気量を使用する必要があるため、毎月の電気代の負担が重くなりやすいです。

しかし、このような少しでも電気代を補填できるキャンペーンや特典が用意されていると、コストを抑えることができるため、店舗や工場などの経営者の方にとって大きなメリットだと言えます。

まとめ:低圧電力を契約するならハルエネ電気がおすすめ!

2016年4月初旬に全面的に電力の自由化が開始されたことで、低圧電力(動力プラン)の見直しや乗り換えを検討する経営者の方が増えました。しかし、新電力会社は自由に基本料金を設定できるようになったことで、基本料金や電力量料金の単価を高く設定している企業もあるため、「どの電力会社を選べば良いのか分からない」と悩む経営者の方も多いです。

このため、この記事では比較的安い低圧電力の料金プランが用意されている「ハルエネでんき」をおすすめしました。ハルエネでんきは法人向けの低圧電力プランを提供しているうえに、従来の大手電力会社よりも安い基本料金を設定している6〜8種類の料金プランを用意しているため、毎月の電気代を削減することを期待できます。

さらに、ハルエネでんきは「5ヶ月間分の基本料金を実質0円」とする特典や「現金5,000円のキャッシュバック」キャンペーンを行っている点も魅力です。これらの特典やキャンペーンを活用することでさらにお得に電気を使用することができるため、月々の電気代の高さに悩まされている経営者の方にとって非常に大きなメリットだと言えます。

今よりも安い電気会社への乗り換えを検討している方や他社の低圧電力プランに不満を感じている方は、ぜひ「ハルエネでんき」の利用を検討してみてください。

\ SNSでシェア /