動力の電気料金を少しでも下げるにはどうすればいいのか?

業務用のエアコンや冷蔵庫などを使用している店舗や事業所などでは、動力(低圧電力プラン)にかかる電気代の負担が重くなりやすい傾向にあるため「少しでも負担を減らすことはできないか」と悩む経営者の方は少なくありません。業務用の電気機器は一般家庭で使用する電気機器よりも多くの電力を使用することで月々の電気代が高くなりやすいため、このように悩むのは無理もありません。

また、近年では電力の自由化が開始されたことで好きな電気会社と契約することができるようになったため、動力にかかる電気代を安くしたいと考える経営者の方も増加しています。しかし、一般的な電力と動力の違いが分からず「自身に適した料金プランがどれなのか分からない」と悩む経営者の方多いのが実情です。

そのため、この記事ではそもそも動力とはどのようなものなのか、通常の従量電灯との違いについて詳しく解説いきます。動力や通常の電力の違いが分からず契約する電力会社を決められないと悩んでいる経営者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

動力とは?

動力とは「コンセント部分が4つ穴になっている三相(大量の電気が必要となる場所で使用されている電気交流のこと)200V(ボルト)の機械を動かす際に必要となるエネルギー」のことを指します。主に業務用エアコンや冷蔵庫、動力用の噴霧器や散布機などの業務用の機械、工場のモーターやエンジンなどの設備を動かす際に必要となるエネルギーとなっており、3本の線で電気が送られていることが特徴です。機械の説明書に「三相(多くの電気を使う場所で使用されることが多い電気交流のこと)200V(ボルト)」と記載されている電気機器は、全てこの動力がなければ動かすことができません。

通常の電力とはどう違うの?

動力(低圧電力)と通常の電力の違いは「使用する電気機器の電力量に応じて電力が供給されている点」です。具体的には、通常の電力はマンションや戸建てなどの一般家庭で使用されている『コンセント部分が2つ穴の単相(一般家庭などで使用される電気交流のこと)100V』や『単相200Vの3つ穴コンセントの電気機器』を使用する際に、供給される電力となっています。

一方で、動力は先ほど記述した通り、多くの電力が必要となる電気機器を使用する際に供給されるのが電力です。

ちなみに、動力を使用する際は引き込み線の工事が必要となる場合もあります。住宅などの一般家庭など用の線では動力を使用することができないためです。

さらに、動力を使用する機器が多い場合は、ブレーカーを増設する工事やブレーカー選定(分電盤)・変更なども必要となるケースがあることも覚えておいてください。

動力と電力は料金プランも異なる

動力と通常の電力の違いは供給される電気量だけではありません。設定されている料金プランも異なります。具体的には、通常の電力は『従量電灯』と呼ばれる『一般家庭向けの料金プラン』となっており比較的電力を使用しない電気機器に対してかけられている料金プランです。

一方で、動力は『低圧電力プラン』と呼ばれる『従量電灯よりも大量の電力を消費する業務用機器向けの料金プラン』で、電気量の料金単位や基本料金が安く設定されており、規定された計算方式や計算式によって契約電力が決められています。そのため、多くの電力を使用する事業所などはこちらのプランで契約するのがおすすめです。

動力も安くできる?

2016年4月1日に開始された電力自由化により基本料金や動力プラン(低圧電力プラン)の単価(単位)を安く設定している電力会社を選ぶことで、月々動力にかかる電気代を抑えることが可能です。電力自由化により小売電力会社は自社が提供する電力の基本料金などを自由に設定できるようになったため、電力会社によっては1ヶ月の基本料金や電力量の単位、従量電灯を低く設定している企業もあるためです。

しかも、電力会社によってはガスをセットにしたり一定期間分の基本料金を実質無料の特典や現金を支給している企業もあるため、より電気代を節約することができます。

ちなみに、特典やキャンペーンの活用を考慮して電気会社を決める際は、「すぐに特典とキャンペーンの品を支給してくれるのか」に注目するようにしてください。特典などを行っている電力会社によっては、お客様が手続きを忘れることを望んで手間のかかる手続き方法を取っている企業もあるため、注意が必要です。こういった手続き方法を取っている電力会社と契約してしまうと、結果的に電気代を抑えることができず損をする可能性が高いため、おすすめできません。

業務用のエアコンなどにかかる電気代の負担を軽減するなら、ハルエネでんきがお得!!

動力にかかる電気代の不安を抱えずに電気を使用したいと考えているのであれば、月々の電気代を抑えることができると定評のある「ハルエネでんき」をおすすめします。

ハルエネでんきは、大量に動力を使用する経営者の方の負担を考慮した基本料金が設定されている料金プランを豊富に用意しているうえに、担当者が契約前にあなたに最適な料金プランを提案してくれるため、毎月の動力にかかる電気代を抑えることが可能です。

そんなハルエネでんきの特徴や魅力は、下記を確認してください。

・都道府県別に最大8種類の料金プランを用意している
・料金プランや不安、希望を担当者に相談することができる・
・ハルエネガスと併せて契約することで、さらに月々の電気代が安くなる
・日本全国に対応している(離島などは除く)
・地域の活性化をを目的に地域貢献を積極的に実施している電力会社
・最安値の「シンプルプランH」の基本料金は最大1,511円(単位:1契約ごと)
・スマートメーターの交換は立ち合い不要
・法人向けの動力(低圧電力)
・今ある送配電網を使用するため、新たな電線を引き込む工事は不要
・経営自体に良い影響を与える豊富なオプションあり
・電力消費量が多いほど電気量単価が安くなる料金プランがある
・電話1本で助言やサポートが受けられる(オプション利用者のみ)

ハルエネでんきは電力の消費量が多いほど電気量の単価(単位)が安くなる料金プランが設けられているため、大量に動力を使用しても月々の電気代が高くなる心配はありません。

しかも、ハルエネでんきは「5ヶ月分の基本料金をすぐにあなたの口座に振り込む特典」を用意しているため、一定期間分の電気代(基本料金)を実質的に無料にすることも可能です。また、特典を受け取るための手続きは簡単な仕様で、特典の存在を忘れることなく手続きを完了できるため、すぐに電気代の節約を講じることもできます。

このため、動力にかかる基本料金以外でも電気代の節約を講じることのできる電力会社を探している方は、ぜひハルエネでんきの利用を検討してみてください。

条件を満たすことで現金5,000円のキャッシュバック!

ハルエネでんきが用意しているの特典は、基本料金分の現金付与だけではありません。上記で記述した特典に加えて、「ハルエネでんき未契約であり、低圧電力プランを契約した」方に「現金5,000円を還元するキャンペーン」も行っています。

これらを同時に利用することで、さらに電気代を節約することが可能です。動力にかかる料金プランは通常の電力プランより安く設定されているとはいえ、大量に電力を消費する必要があ場合の月々かかる電気代の負担は小さくありません。

しかし、このような特典やキャンペーンが用意されていると月々の電気代を補填することができるうえに、一定期間の電気代を大幅に抑えることができるため、経営者の方にとって非常に大きなメリットと言えます。

まとめ:動力(低圧電力)の電気代を抑えるならハルエネでんきがおすすめ!

動力は一般家庭よりも大量の電気を使用する必要があるため、毎月の電気代の負担の重さに悩んでいる経営者の方は少なくありません。また、電力の自由化により電力会社が自由に基本料金や料金プランを組めるようになったことで、月々の単価を高く設定している企業もあるため「安易に乗り換えを検討することもできない」と悩む経営者の方も多いです。

このため、この記事では多くの経営者の方から月々の電気代の負担を軽減できると定評のある「ハルエネでんき」の利用をおすすめしました。ハルエネでんきは、大量に消費する必要のある動力の電気代に悩まされている経営者の方の負担を考慮した料金プランが用意されているため、安心して動力を使用することができます。

しかも、ハルエネでんきは「5ヶ月分の基本料金を翌月に振り込む特典」や「現金5,000円を還元するキャンペーン」を行っている点も魅力です。これらの特典やキャンペーンはすぐにあなたに付与される仕組みとなっているため、毎月の電気代の高さに悩まされている経営者の方の負担を軽減することができます。

電気代を気にせずに大量の電力を使用したいと考えている経営者の方や電気代の節約を講じることのできる特典やキャンペーンを利用したいと考えている方は、ぜひハルエネでんきの利用を検討してみてください。

\ SNSでシェア /