水道料金の仕組みについてわかりやすく解説!「基本料金・従量料金」

水道料金について請求された分を支払いはするが、料金の仕組みについてあまり深く知らない方が多いかと思います。

そこでこの記事では、

  • 水道料金の算出方法
  • 基本料金
  • 自治体ごとの水道料金と減免制度

について項目ごとに詳しくご説明いたしますね。


  • LINEで送る

水道料金の仕組みについて

水道料金は「基本料金+従量料金」で算出されます。

基本料金は水道を使わなくても毎月かかるお金で、メーターの大きさによって金額が変動します。

従量料金とは使用した水道量に単価をかけて計算した、使用料金のことです。

自治体によっては生活用水は単価を安くしているところもあります。

水道料金は2ヶ月ごとにメーター検針され、使用量などが履歴として残ります。

水道料金の基本料金はいくら?

水道料金の基本料は、メーターの口径によって変わります。

また、同一の口径でも住んでいる自治体によって基本料金は変動しますので、お住まいのエリアや引越し先の市区町村の水道局で料金をご確認ください。

例として、東京23区の場合はこのような基本料となっています。

【メーター口径(一般用)の場合】

13㎜:860円

20㎜:1,170円

25㎜:1,460円

30㎜:3,435円

40㎜:6,865円・・・

上記の金額に使用した分の料金が加算されます。

市によって水道料金は異なる

記事中で何度かお住まいの市区町村によって水道料金が変わると解説いたしましたが、その料金の差はかなり大きくなります。

全国の自治体のなかでも特に水道料金が安いのは以下の市区町村です。

1位 山梨県 富士河口湖町:835円

2位 兵庫県 赤穂市:853円

3位 静岡県 長泉町:1,120円

 

反対に、全国でもトップレベルに料金が高い自治体もあります。

1位 北海道 夕張市:6,841円

2位 青森県 深浦町:6,588円

3位 北海道 羅臼町:6,360円

なんと同じ使用量でも、およそ8倍もの違いがあるのだから驚きです。

これには地理・整備・人口など複数の要素が関係しているため、一概にどの地域がいいとは言えないのですが・・・。

人口が多い(100万人以上)の街で水道料金が安いのは大阪市の2,016円、高いところだと札幌市の3,585円と、先ほどのランキングよりは差が大分縮まったものの毎月1.5倍も違うのは大変ですよね。

※単位はすべて家庭用で20ⅿ3あたりで計算しています。

https://suumo.jp/journal/2016/03/07/107101/

水道料金の減免制度について

各自治体では、特定の居住者を対象に減免制度を設けています。

減免制度が適用されるのは以下のような方です。

  • ひとり親家庭
  • 要介護4・5
  • 身体障がい 1級・2級
  • 知的障がい 知能指数の制限あり
  • 特別児童扶養手当受給世帯

など、この条件は世帯主以外にも世帯内に上記の方がいれば適用されます。

自動的に減免されるわけではないので、事前の申請が必要です。

なお、この条件はお住まいのエリアによって変わる可能性もあります。

本記事では参考に横浜市の規定を引用いたしました。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/suido-gesui/suido/ryokin/sikumi.html

まとめ:水道料金の仕組みについてわかりやすく解説!「基本料金・従量料金」

いかがでしたか?今回は、水道料金の仕組みについて分かりやすくご説明いたしました。

  • 水道料金は「基本料金+従量料金」で計算される
  • 基本料金は設置されているメーターの大きさで変わる
  • 水道料金は地域差が大きく最大で8倍違うことも
  • 減免制度が利用できる世帯もある

上記4点が今回のポイントでした。

これまで内訳を良く知らなかったという方も、水道料金について分かれば節約もしやすいはず。

今後の参考になれば幸いです。

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る