飲食店の電気代を簡単に今よりもお安くできる方法がありました!!

最終更新日:

ラーメン屋や居酒屋などの飲食店を経営している方の中には、毎月かかる水道やガス、電気などの光熱費に悩まされている方は少なくありません。

特に光熱費の中でも電気代の高さに悩まされている方は多いです。業務用エアコンや製氷機、冷蔵庫などを使用することで、電気代が高くなりやすい傾向にあるため、数多くの飲食店経営者の方の悩みの種となっています。

その一方で、飲食店経営者の方でも、「電気代が高いことを受け入れて、それ以外で経費を削減するしかない」と諦めている方が多いのも事実です。

しかし、諦めるのは時期早々といえます。電気代が高くなりやすいのは、使用している電気機器や電気の使用量が多いことだけが原因ではありません。契約している電気会社が定めている電気料金プランが高く設定されていることで、1ヶ月の電気代が高くなっている場合もあります。電気会社によっては、電気代の基本料金となる価格や電気量料金の単価を高く設定している企業も多いため、注意が必要です。

では、飲食店で使用する電気を抑えるためには、どのような電力会社と電気契約を締結すれば間違いないのでしょうか?

飲食店で使用する電気代を抑えたいと考えているのであれば、一定期間の電気料金(基本料金)を実質無料にできる「ハルエネでんき」の利用を検討することをおすすめします。ハルエネでんきは、店舗様向けの新電力会社となっており、飲食店経営者の方が抱える電気代の負担を軽減できる料金プランが設定されているため、光熱費や経費削減することを期待できるためです。

今回は、そんな飲食店の電気代による負担を軽減することを期待できる「ハルエネでんき」の特徴や飲食店の電気代がなぜ高くなりやすいのかについて、詳しく解説していきます。1ヶ月の電気代の高さに悩まされている飲食店経営者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

飲食店の電気代金の平均金額はいくら?

飲食店の電気代金の平均金額は店舗の規模や業種によって異なりますが、一般的に売上高の7%程度が目安だと言われています。例えば、1ヶ月の売上高が100万円の店舗の場合は、月々にかかる電気代は7万円程度です。しかし、この数字はあくまでも飲食店を経営するうえで理想とする目安の金額となっているため、店舗によっては1ヶ月の売上高の8〜9%の電気代が発生している店舗も少なくありません。

実際に、「飲食店リサーチ(飲食店に特化したリサーチサービス)」が飲食店経営者または運営者275名に光熱費の割合を調査したところ、水道光熱費(水道料金やガス代、電気代)が売上高の8%と答えた方が7.6%、売上高の9%と答えた方が2.9%もいることが分かりました。

なお、同データを詳しく見ると、水道光熱費の中でも特に「電気代の削減」に関心を抱いている飲食店経営者の方が多いことも書かれています。水道光熱費の中で、特に負担になりやすいのは電気代だと言われていますが、そのことが事実だと証明した形です。このため、利益を多く得るためには、電気代を削減できるように対策を講じることが重要です。

飲食店における電気代の内訳

飲食店における電気代の内訳は、主に「照明」や「空調」、「厨房機器(製氷機や冷蔵庫など)」の3つに分けられます。経済産業省が公表した居酒屋業店舗の電気使用量の例を見ると、照明が約30%厨房機器が約40%空調が約20%の比率でした。

ただし、これらの割合は季節によっても若干変化します。冬や夏はエアコンや暖房機器の使用頻度が増えるため、空調の電気使用量の割合が増加しやすくなり、通常時よりも電気代が高くなりやすいためです。

とはいえ、これらにかかる電気を無理に削減してしまうと食品が腐ったり、店の中の店舗内温度が悪くお客様に迷惑をかけてしまい、「この店舗はもう利用したくない」とネガティブな印象を与えてしまいかねないため、おすすめ出来ません。

このため、飲食店における電気代を節約する際は、お客様に迷惑をかけないように、根本的に電気代を削減できる方法を検討することが重要となります。

飲食店の電気がなぜ高いのか?

飲食店の電気代が高くなりやすい理由は、業務用の大型冷蔵庫やエアコンなどの空調設備を使用していることが原因だと言われています。前述した通り、飲食店における電気代の半分以上を厨房器機や空調が占めているためです。

例えばエアコンなどの空調設備は、設定している温度設定やメンテナンスの頻度によっては多くの電力を使用するため、電気代が高くなりやすい傾向にあります。実際に、掃除などのメンテナンスを施していないエアコンを1年間使用している場合、空調にかかる電気代が10%もアップしてしまうというデータもあるので、注意が必要です。

ただし、飲食店にかかる電気代が高くなりやすい原因は、使用している厨房器機や空調だけではありません。契約している電力会社が定める電気料金が高いことで、月々の電気代が高くなっているケースも多いです。

では、なぜ会社毎に電気料金が変化するのでしょうか?

それは2016年に開始された「電力自由化(契約する電力会社を個人や企業が自由に選べる制度のこと)」によるものです。以前は、東京電力や関西電力などの大手電力会社と契約を結ぶのが通常でした。しかし、現在は電力自由化によってお得な電力会社が存在します。

電力自由化が開始されてから参入した新電力会社と言われる電力小売業者は、自社が提供する電力の料金価格を自由に設定できるため、契約を締結する電力会社によっては電気代を削減することが可能です。

一方で、大手電力会社は、発電用の燃料となる液化天然ガスが値上がりしたことを受けて、電気代の値上げを行っています。直近では、2021年3月に東京電力ホールディングスをはじめ関西電力などの大手電気会社が電気料金の値上げすることを公表しました。このことから、従来の大手電力会社と契約したままの状況では、電気代を削減することが非常に困難な状況です。

このため、飲食店で利用する電気代を削減したいと考えている経営者の方は、電気料金を安く設定している企業に乗り換えることを検討してみてください。

ただし、その際は、飲食店は一般家庭と異なり使用する電力量が多いため、電力を多く必要な際に供給される「低圧電力(動力)プラン」を選ぶことが重要です。一般家庭に適応されている「従量電灯プラン」で契約してしまうと、逆に電気代が高くなってしまう可能性があります。

低圧電力(動力)って何?

低圧電力(動力)とは、「原則契約電力が50KW未満で動力(三相200Vの電気機器)を使用する際に適応される電気料金」のことを指します。具体的には、業務用の冷蔵庫や大型エアコン、工事用器機など一般家庭で使用する家電などに比べて高い電力を使用する場合に適応されている料金プランのことです。主にコンセント部分が4つ穴になっている機械を動かす際に、低圧電力プランが適応されています。

ちなみに、「低圧電力プラン」は、電気量の料金単位や基本料金が安く設定されているのが特徴です。多くの場合で一般家庭に適応される「従量電力プラン」よりも、多くの電気を消費する業務用器機向けの料金プランとなっています。このため、大量の電力を消費する飲食店では、低圧電力料金プランで契約した方が月々の電気代を節約できる可能性が高いです。

飲食店で使用する電気代を削減したいのであれば、契約している電気会社を見直そう

飲食店で使用する電気代を削減したいと考えているのであれば、契約している電気会社を見直すことが重要となります。前述した通り、従来の大手電気会社は定期的に電気代の値上げを発表しているためです。実際に、2021年には3月と5月の短期間で値上げを公表しているため、今後も電気代を値上げする可能性も十分に考えられます。

このため、電気代を削減したいと考えている飲食店経営者の方は、電気の基本料金や低圧電力の単価を安く設定している「新電力会社」に乗り換えることがおすすめです。新電力会社である小売電力業者の中には、基本料金や低圧電力の単価を低く設定している企業もあるため、電気代の削減・節約を期待出来ます。

とはいえ、実際に新電力会社が設定している基本料金や電気量の単価を比較してもあまり大きな差はありません。そのため、「どのような特典やキャンペーンを用意しているのか」に注目することが重要といえます。小売電力会社は、従来の大手電力会社にはなかった特典やキャンペーンを提供することで、飲食店経営者の方の負担を軽減できるように工夫しているので、ぜひ見比べてみてください。

特典やキャンペーンに注目して電力会社を選ぶ際の注意点

上記で契約する電力会社を選ぶ際に、特典やキャンペーンに注目するように解説しましたが、1つ注意する点があります。それは、「特典やすぐにキャンペーンを受け取ることができるのか」という点です。

特典などを提供している電力会社の中には、「一定期間の契約を継続した後に受け取り可能」と定めている企業が少なくありません。しかも、企業によっては特典の存在を忘れることを望んで複雑な手続き方法を取っている会社もあるため、注意が必要です。

結果的に「特典を活用している電力会社と契約しても、手続きを忘れてしまい電気代を削減できなかった」と悔しい思いをした方もいます。

このため、特典やキャンペーンに注目して電力会社を選ぶ際は、「すぐに特典などの品を支給してくれる企業なのか」も併せて注視することが重要です。すぐに特典を支給してくれるうえに手続きが簡単な企業なら、損することなく特典を電気代削減に活かすことができます。

店舗様向けの新電力のハルエネでんきとは?

飲食店で利用する電気代を削減・節約したいと考えている方は、店舗様向けの新電力会社である「ハルエネでんき」を利用することをおすすめします。ハルエネでんきは、大量に電力(動力)を使用する経営者の方の負担を考慮した基本料金が設定されている料金プランが豊富に用意されているため、月々の電気代を抑えることが可能です。

しかも、ハルエネでんきなら、契約前に担当者が自身の店舗に適した料金プランを提案してくれます。そのため、どの料金プランが適しているのか分からない方でも、問題なく電気代削減を期待できる最適な料金プランを見つけることが可能です。

そんな飲食店の店舗経営者の方におすすめなハルエネでんきの主な特徴は、下記をご確認ください。

・48都道府県別に最大8種類の料金プランを用意しているため、自身に適したプランを見つけることが可能
・法人向けの低圧電力プラン(動力)
・現在設置されている送配電網を使用するため、新しく電線を引き込む工事は不要
・国内全国に対応している(離島などを除く)
・新電力会社小売電力事業部門で17ヶ月連続低圧電力獲得ナンバーワンの実績がある
・業務に活かせる豊富なオプションサービスを提供している
・電気の専門家が最適な電気料金プランを提案してくれるため、電気代の節約や削減を実現できる可能性が高い
・ガスと電気をまとめることで、さらにお得になる
・電気設備も今までと変わらずに利用することができる
・新電力会社に乗り換えている方でも利用可能

ハルエネでんきは、使用する電力の消費量が多いほど電気量単価が安くなる料金プランが設けられています。このため、大量の電力を使用する飲食店でも月々の電気代を削減・節約することが可能です。

ハルエネでんきを利用するメリット

ハルエネでんきを利用するメリットは、電気量単価が安くなる料金プランが設けられていることだけではありません。契約を締結する前に、ハルエネでんきに乗り換えることで店舗の電気代を削減できるのかを、電気の専門家が無料診断してくれることも魅力の一つになります。

飲食店などの法人向けの電気代が設定されているハルエネでんきですが、必ずしも全ての方の電気代を削減できるとは限らないためです。そのため、ハルエネでんきの「契約前に自社に乗り換えることでお客様の電気代を削減できるのかを無料診断してくれるサービス」は非常に重要だといえます。割引や料金プラン、ガスとのまとめ割などを活用して、現在契約中の電力会社と比べていくら削減できるのか算出したうえで、契約を結ぶことが可能なため、損する心配は不要です。

このため、「乗り換えたのに電気代を削減・節約できなかった」などの不満を抱くリスクを軽減して、安心してご利用いただくことが出来ます。

ちなみに、ハルエネでんきの無料相談を利用したからといって、強引に勧誘されることはないので安心してください。「毎月の電気代の削減額次第で契約を検討したい」と考えている方からも多く問い合わせがありますが、全ての方に納得していただいたうえで契約を締結しているので、強引に契約手続きに進めることはありません。

どれくらい電気料金を削減できるのか知りたい方は、お気軽に無料診断をご利用ください。

特典!ハルエネでんきなら最大5ヶ月間基本料金無料にできる

ハルエネでんきを利用するメリットは、無料診断を受けられること以外にもあります。例えば、ハルエネでんきが「最大5ヶ月間の電気代基本料金を無料にできる特典」を行なっていることも、利用するメリットの一つです。

乗り換え月(契約月)の翌月に自身の口座に最大5ヶ月分の基本料金が振り込まれる仕組みになっているため、一定期間の電気代(基本料金)を実質的に無料にすることが出来ます。

しかも、ハルエネでんきの特典手続きは、全ての契約者の方がスムーズに受け取りをできるように簡単な仕様になっていることもうれしい点です。

ハルエネでんきの特典を受け取る際の手続き方法は、web上で完結することができ、具体的には、「社名」や「契約者の氏名」、「現在使用中の電力会社のエリア」など必要な情報を入力するだけになっています。このため、時間をかけることなく、円滑に手続きを完了することが可能です。

なお、指定口座情報については、担当者が電話でお聞きします。そのため、担当者と通話する際には指定する口座を準備しておくようにしてください。

さらに特典!動力(低圧電力)切替で現金5000円キャッシュバック

ハルエネでんきでは、上記で紹介した特典とは別に、現金を還元するキャンペーンを実施しています。具体的には、ハルエネでんきの代理店経由で申し込み、以下の2つの条件を満たした場合に「5,000円のキャッシュバック」を受け取ることが可能というキャンペーンです。

【現金還元を受け取る条件】

・現在ハルエネでんきを利用していない
・低圧電力プランで契約を締結する

上記2つの条件を満たした場合に、現金還元のキャンペーンを受けることができるため、より電気代を削減できることが期待できます。特典を提供している電力会社の中には、1つの特典しか用意していない企業も多いため、このように2つの特典やキャンペーンを利用できるのは非常に魅力的なポイントです。

まとめ:電気の申し込みで基本料金最大5ヶ月間電気代を無料にできる特典キャンペーンを実施中の電力会社がある!

飲食店では、大量の電力を消費する厨房器機や大型エアコンなどを使用しているため、1ヶ月の電気代が高くなりやすい傾向にあります。このため、電気代をはじめ水道料金などの光熱費に悩まされる経営者の方は少なくありません。

そこで、解決策として考えられるのが新電力会社への乗り換えすですが、「電力会社を乗り換えても飲食店の電気代は変わらないのではないか」と電気会社の乗り換えに対して、消極的な店舗経営者の方も数多くいます。

しかし、新電力会社の中には、飲食店経営者の方の負担を考慮して電気代(基本料金)の料金設定している企業もあるため、電気代を削減することが可能です。

反対に大手電気会社との契約はおすすめできません。従来の大手電気会社は、頻繁に電気代の値上げを行なっているためです。2021年には、短期間の内に何度も値上げを公表しているため、このままでは電気代を削減・節約するどころか、さらに電気代による負担に苦しめられてしまう事態に陥るかもしれません。

このため、この記事では飲食店で利用する電気代を削減することが可能な「ハルエネでんき」を利用するのをおすすめしました。ハルエネでんきは、地域別に最大8つの料金プランを用意しているうえに、電気の専門家が自身に適した料金プランを見極めてくれるため、飲食店の電気代を削減・節約できることを期待できる新電力会社です。

ハルエネでんきと契約することで、電気代を削減できるだけでなく、最大5ヶ月間分の電気代(基本料金)を実質的に無料にする特典や5,000円を還元するキャンペーンも利用できるため、飲食店を経営する経営者の方にとって非常に大きなメリットがあります。

飲食店で使用する電気代が高いことで悩んでいる方やこれから飲食店事業を開始する経営者の方は、ぜひハルエネでんきの利用を検討してみてください。

\ SNSでシェア /