【法人向け】固定電話サービスの料金比較

法人にとって、固定電話番号は必要不可欠なものです。

しかし、法人用の固定電話回線の導入を検討している経営者の中には、「どの通信会社と契約すれば良いのか固定電話の通話料金を安く抑えられるのか分からない」と悩む方は少なくありません。

実際、「それぞれの会社が設けている固定電話サービスの基本料金や特徴などを見極めたうえで契約する会社を決めたいが、サービスの種類や料金プランの違いがよく分からない」と悩んでいる方も数多くいます。NTTやソフトバンク、auなどの大手通信会社をはじめ、様々な企業が固定電話サービスを提供しているだけでなく、NTTやドコモなどの固定電話サービスを提供している企業は、様々な料金プランを用意しているうえに、光電話や一般電話などのサービスを提供しているためです。このため、それぞれの電話回線がどのように違うのか料金プランなどを詳細に把握することが困難なのは無理もありません。

そこで、今回は「法人向け固定電話回線サービスや料金の比較」、「法人用に新規などで固定電話サービスを契約する際に通話料金を安く抑えることが出来るおすすめの通信会社」について、詳しく解説していきます。法人にとって欠かせない固定電話番号をどの会社で取得・契約すれば良いのか分からないと悩んでいる経営者の方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

法人向け固定電話回線サービスの比較

法人用に設置・加入するそれぞれの固定電話の料金を把握する前に、まず「固定電話回線サービスの種類や特徴」を知っておく必要があります。固定電話サービスは4種類に分けられており、それぞれのサービスによって特徴が異なるためです。

このため、事前にサービス内容を知っておかないと、自身が経営する会社に合った固定電話の料金プランなどを見極めることが出来ません。

では、固定電話サービスはどのような種類に分けられているのでしょうか?
具体的には、以下の表のように4つの種類に分けられており、それぞれ特徴や利用条件などのサービススペックが異なります。

光電話(ひかり電話) IP電話 一般電話 おとくライン
タイプ IP電話 IP電話 加入電話 直収電話
利用条件 光回線が必要 インターネット回線が必要 なし なし
特徴 ・光ファイバー回線を利用したIP電話サービス
・市外局番を利用することが可能
・基本通話料金が安い
・全国一律で3分/8.8円(ひかり電話同士)
・加入権無料

・インターネット回線網を利用して提供されている電話サービス
・距離に関係なく安価で利用可能
・基本通話料無料のものもある
・市外局番を使用できない
・従来のアナログ固定有線電話サービス
・アナログ回線を使用しているため、停電時でも電話回線が無事なら利用可能
・市外局番が適応される
・他の固定電話サービスと比較すると料金が高い
・施設設置負担金がかかる

・NTT東日本や西日本以外の通信会社の通信事業者が提供している固定電話サービス
・施設設置負担金が無料
・使用できるADSLが限られている
・NTTで使用していたサービスを一部利用できない場合がある

上記のように、固定電話はそれぞれのサービスによって特徴や利用条件などが異なるため、よく比較することが重要です。
比較しておかないと、思わぬデメリットに悩むことになりかねません。

例えば、法人に限らず個人でも多くの方が加入していたアナログ回線を使用する一般電話は、停電時でも利用することができるといったメリットがある反面、他の固定電話サービスと比較すると基本料金などが高く設定されているというデメリットが存在するため、毎月の電話料金が高額になる危険性があります。

このため、法人用で使用する固定電話を選ぶ際は、事前にそれぞれの違いなどを把握し良く見極めたうえで契約をするようにしましょう。

固定電話の通話料金比較

前述した通り、固定電話サービスはNTT東日本や西日本をはじめ、ドコモやauなど、様々な業者が電話回線の提供をおこなっており、それぞれ設定している基本料金や通話料金プランなどの費用が異なります。このため、全ての通信事業者の通話料金を、ご自身で比較するのは困難です。

しかし、それぞれの固定電話サービスに設定されている通話料金などを把握したうえで、加入・契約する固定電話の事業者を選ばないと、大きく損をしてしまう可能性があります。

そのため、ここでは企業だけでなく個人の多くの方から信頼を集めているNTT東日本・西日本が提供している「一般電話」や「ひかり電話」、ビジネスシーンでも利用する機会が増えている「携帯電話(ドコモ)」の通話料金を比較していきます。

まずは、下記の表をご覧ください。

ひかり電話(NTT) 一般電話(NTT) 携帯電話(ドコモ)
通話料金

(一般電話にかけた場合)
8.8円/3分
(全国一律)

22〜44円/3分
(距離によって料金が変動)
・スマホ:20円/30秒

・FOMA:8.25円〜22円(税込)/30秒

※上記の金額は、2021年12月9日時点の通話料金です。


上記のように、それぞれ設定されている通話料の金額が異なります。例えば、従来のアナログ回線を使用して通話を行うNTT「一般電話」は、発信する時間帯や距離に応じて料金が設定されており、他の固定電話サービスと比較すると通話料金が高額になりやすいです。

また、ドコモの携帯電話も同様に、スマホが20円/30秒、FOMAは8.25~22円/30秒(バリュープラン)の通話料金が設定されているため、電話代の負担が重くのしかかってしまう可能性が高いと言えます。

したがって、法人用で使用する電話料金による負担を軽減したい場合、NTTのひかり電話を利用することをおすすめします。NTTのひかり電話は、全国どこにかけても一律8.8円/3分と他の電話回線サービスの中でもお得な通話料金設定のため、業務で使用する電話代を大幅に節約することが出来ます。

NTT東日本・西日本のひかり電話がおすすめの理由

法人向けの固定電話を導入する際に、NTTが提供している「ひかり電話」を契約するのがおすすめだと言える理由は、主に以下の3点です。

・通話料金が安い
・信頼・安心感がある
・インターネット回線も同時に導入することが可能

それぞれについて、解説していきます。

通話料金が安い

前述した通り、NTT東日本や西日本が提供している「ひかり電話」は、全国どこにかけても一律8.8円/3分と低価格な通話料金が設定されており、電話代による支払いの負担を軽減することが可能です。企業は電話の使用機会が多く通話料が高くなりやすい傾向にあるため、このように通話料金が安く設定されていると経営自体にも良い影響を与えることができるため非常に魅力的だと言えます。

さらに、NTTのひかり電話を契約した場合、従来の一般電話(加入電話)で必要だった「加入権」も支払う必要がありません。このため、固定電話の取得・設置時にかかるコストを、大幅に削減することが可能です。

信頼・安心感がある

大手通信会社であるNTT東日本や西日本が提供している「ひかり電話」は、長年積み上げてきた実績や安定した通信回線を提供しているため、企業だけでなく個人の方からも信頼を得ている固定電話サービスになっています。ひかり電話の利用可能な対応エリア内は、安定した高速通信が保たれており、通話が途切れたり音質が悪くなるなどのトラブルが発生しにくいといった特徴があるためです。このため、業務に支障をきたすことなく安心してご利用いただくことが可能です。

基本的に法人で使用する電話は、業務に関する重要な内容のやり取りを行うことが大半になっているため、このように音質や速度が保たれている環境下が用意されていると、大事な会話を聞き逃す心配もなく安心して利用することが出来ます。

インターネット回線も同時に導入することが可能

NTTのひかり電話を契約した場合、会社で使用するインターネット回線も同時に導入することが出来ます。具体的には、NTT東日本・西日本が提供している「フレッツ光」と呼ばれる光回線サービスを同時に申し込むことが出来るため、電話だけでなくインターネット回線の手配を同時進行で行うことが可能です。

しかも、NTT東日本・西日本が提供している「ひかり電話」と「フレッツ光」には、低価格な金額が設定されているセット料金プランが用意されています。対応エリアによって設定されている金額は異なりますが、どちらのエリアも低価格な料金設定になっているため、固定電話と併せてインターネット回線にかかるコストも減らすことが可能です。

まとめ:法人で使用する通話料金を安く抑えたいのであれば、NTT東日本・西日本が提供するサービスに加入して固定番号を取得するのがおすすめ!

法人用の固定電話回線を導入する際は、「低価格な通話料金が設定されているうえに、安定した通信環境が用意された通信会社」を選ぶことが重要です。電話代にかかる経費による負担を軽減できるうえに、取引先や顧客などと円滑にコミュニケーションを図ることが出来ます。

このため、この記事では低価格な通信料金で安定した通信環境を提供しているNTTの「ひかり電話」を検討することをおすすめしました。NTTのひかり電話は、全国どこにかけても一律8.8円/3分で通話することができるため、通話料金をお得にすることが可能です。

また、NTTのひかり電話では、固定電話サービスの申し込みと同時にインターネット回線も併せて導入できることもおすすめのポイントです。固定電話とネット回線の申し込み・導入を同時進行できるうえに、低価格な料金プランが設定されているため、それぞれにかかるコストを減らすことが可能です。

なお、NTTのひかり電話を申し込む際は、自身の代わりに契約などを代行してくれる業者の利用を検討することをおすすめします。こういった代行業者に依頼した場合、固定電話やインターネット回線をスムーズに導入できるようにご自身の代わりに手続きなどを進めてくれるため、業務に支障をきたすことなく法人用の固定電話を導入することが可能です。

業務に支障をきたさずにスムーズに固定電話を導入したいと考えている方は、ぜひ下記のページから申し込みや依頼を行うことを検討してみてください。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /