お得なインターネット回線の選び方について

最終更新日:

「光回線とモバイル回線ってどっちがお得なの?」

「インターネット回線ごとの通信速度の違いがよく分からない」

高速インターネット通信もすっかり浸透しましたが、インターネット回線の種類や最適な選び方までしっかりと理解されている方は、それほど多くない様に感じます。

そこで本記事では、お得なインターネット回線の選び方について「通信速度」と「利便性」という2つの視点から考えてみたいと思います。


  • LINEで送る

ネットの種類は大きく分けて2つ

現在全国で利用されているインターネット回線の多くは、次の2種類のどちらかです。

1つ目は「光回線」です。

光ファイバーを利用して通信を行うインターネット回線であり、旧世代型のADSLと比較して通信速度や通信品質に優れている事から、現在のインターネット回線の主流となっています。

2つ目は「モバイル回線」(モバイルデータ通信)です。

モバイル回線とはケーブルを必要としない無線通信で、端末にデータ通信が可能なSIMカードを差し込めば、そのままインターネットに接続できるようになります。

モバイル回線はスマートフォンやタブレット、ポケットWi-Fiやモバイルルーターで利用されます。

ここからは、この「光回線」と「モバイル回線」のどちらを利用する方がよりおトクなのかについて、インターネット回線に求める機能の違いに注目しつつ、解説していきます。

安定性と速度を重視するなら光回線

インターネット回線に「通信品質の安定性」と「スピーディーな通信速度」を求めたいのであれば、光回線を利用する事をおすすめします。

光回線は通信専用のケーブルを家まで配線している為に、モバイル回線よりも通信速度が速い傾向にあります。

モバイル回線を利用していると速度制限によって再生中の動画がカクついたり、動作が重くなってしまうケースがある一方で、光回線であればよほどの混雑時でもない限り、サクサクとネットが使えるといったメリットがあります。

デスクワークやネットゲーム等といった大容量のデータ通信を頻繁に利用する方には、光回線を利用した方が作業にかかる時間を短縮出来るのでおトクでしょう。

持ち運べる利便性を重視するならポケットWiFi

インターネット環境に「持ち運びのしやすさ」や「利便性」を求める方には、ポケットWiFi(モバイル回線の一種)の利用がおすすめです。

ポケットWiFiとはY!mobileが提供しているモバイルデータ通信サービスであり、下り最高通信速度612Mbpsの高速通信が特徴です。

他社が提供しているものはモバイルルーター(モバイルWi-Fiルーター)と呼ばれ、会社により使用している回線や速度が異なります。

ポケットWiFiであれば光回線のように回線を利用しなくても、全国の殆どの地域でインターネットを利用する事が可能です。

加えて、モバイル回線の通信速度は年々上昇してきており、従来のものよりも操作性が良くなっています。

モバイル回線は、データ量の上限に達した場合に速度制限されるかもしれないというデメリットがあります。

それを差し引いても、時間と場所を選ばずインターネットに接続できるポケットWiFiは、外出先でネットを使う人にとっては便利なアイテムに違いないでしょう。

※ポケットWiFiはY!mobileが正式ですが、モバイルWi-Fiルーターとの区別(呼び名)はなくなってきています。

回線事業者とプロバイダの違い

ここまで光回線とモバイル回線の2つのインターネット回線について解説して来ましたが、合わせて「回線事業者」と「プロバイダ」の違いについても確認しておきましょう。

「回線事業者」とはNTTやKDDIのような、インターネット回線自体を提供する事業者の事を指します。

一方で「プロバイダ」とは、インターネット利用者と回線を結びつける事で、窓口のような役割を果たす事業者のことです。

まとめ:お得なインターネット回線の選び方について

いかがでしたか?どのインターネット回線がおトクかどうかは、その人がインターネット回線の、どの機能を重視しているかによります。

通信速度や通信品質の安定性を大事にしたいのであれば光回線を。

場所を問わずにいつでもインターネットに接続できる利便性を重要視する方は、モバイル回線を利用するのがいいでしょう。

通信速度と料金のバランスが良いまるっとひかりがオススメ

「通信速度もコスパの良さもどっちも大切にしたい!」という方におすすめなのが「まるっとひかり」です。

「まるっとひかり」は次世代型通信「v6プラス」の高速通信と、リーズナブルな各種料金プランを両立した、今注目の通信サービスです。

どの光回線を契約するべきか悩んでおられる方は、「まるっとひかり」の詳細な内容について一度ご覧になってみる事をおすすめします。

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る