ハルエネでんきは店舗や法人だと安くなる!?特徴やプランを紹介

最終更新日:

「毎月の電気代が高い、安くならないの??」店舗を運営していると、どうしても電気代が高くなってしまいますよね。

電気代は支出の中で占める割合は少ないかもしれませんが、それでもかさんでしまうと、資金繰りが大変になることも。
かといって「電気をこまめに消す」などといった電気代の節約は、労力の割に金額が見合わないのも正直なところです。
しかし電気代は、今利用している電力会社を乗り換えるだけで、簡単に節約できます。
電力自由化に伴い電力会社は数多くありますが、店舗や法人経営されている方にオススメなのが、「ハルエネでんき」です。
ハルエネでんきは従量電灯もしくは低圧電力を利用している法人様向けの電力会社であり、乗り換えるだけで毎月の電気代が安くなります。

そこでこの記事では、ハルエネでんきを導入するメリットと、乗り換え方法を解説します。
ハルエネでんきへの切り替えで電気代を節約しましょう。



  • LINEで送る

ハルエネでんきに切替えると安くなる理由

ハルエネでんきに切り替えることで電気代が安くなる理由は、電力自由化により、自分自身で好きな電力会社を選べるようになったことにあります。
そこでここからは、電力自由化の仕組みについて解説します。

電力自由化で好きな電気サービスを選べるように

電力自由化が2016年に小規模商店・オフィスおよび一般家庭でも解禁されたことで、私たちユーザーは好きな電力会社の電気サービスを選べるようになりました。
電力自由化に伴い電力サービスを提供する業者を「新電力会社」と呼び、新電力会社は競合他社よりも安く、お得なサービスを提供するようになります。
その一方で新電力会社に対して疑問を持つ方が一定数いることも事実です。

新電力会社が提供する電気の質は良いのか?

提供する電気に対して、「電気の質は良いのか?」と疑問を持たれる方は少なくありません。
ですが電気の質はハルエネでんきを含め、どこの電力会社を選んでも同じなので、ご安心ください。
「電力自由化」といっても、自由化されたのは、電力小売りの部分に限られます。
地域の電力会社や新電力会社などの電力小売業者に届けられるまでに、発電所で発電されてからは、以下のプロセスを経ることになります。

 1. 発電所にて発電
 2. 送電線を通って、各地へ送電
 3. 変電所および変圧器を経由して各世帯へ使える電圧に変換
 4. 電力小売業者が各家庭へ電気を提供

つまり発電所から変電所へ送電されるまでの工程は、これまでと同じであるため、電力会社切り替え前と何も変わらないのに電気代だけ節約ができるのです。

新電力会社が倒産したらどうなるのか?

「これまでの大手の電力会社なら心配ないだろうけど、新電力会社だと倒産しそう…」「新電力会社が倒産したら電気が止まるのでは??」と懸念される方も少なくありません。
確かに新電力会社が倒産するリスクは、大手の地域電力よりも高いかもしれません。
しかし新電力会社が倒産するようなことがあった場合、新たな供給会社が見つかるまでの間は、自動的に大手電力会社が電気を供給してくれる仕組みになっています。
そのため新電力会社が倒産しても、ユーザーの電気代が上がることはあっても、電気の供給が止まる心配はしなくても大丈夫なのです。

従量電灯と動力・低圧電力とは?

ハルエネでんきが対象となる条件は、すでに使われている電気プランが

 ・従量電灯
 ・低圧電力(動力プラン)

のいずれかである必要があります。

ここで従量電灯および低圧電力(動力プラン)について解説します。

両者の大きな違いはコンセントの種類です。

低圧電力 従量電灯
電源の種類 三相200V 単相100V
使用例 業務用エアコン
冷蔵庫
エレベーター他業務用機器
家庭用電化製品全般

三相200Vの電源を使えるところは低圧電力、そうでないところは従量電灯と判断していいでしょう。
判断材料がそれだけで不安な人は、毎月電力会社から送られる検針票を確認してみましょう。
電気代だけでなく、契約しているプランも記載しているはずです。

<従量電灯>

従量電灯とは、毎月の電気代が電気の使用量に応じて決められる料金プランのことで、一般家庭・小規模オフィスではこちらに該当します。
後述する低圧電力が三相200V電源に対応しているのに対し、従量電灯では家庭でも見られるような、普通のコンセントで動かせる機械のみ対応しています。
使用している機器が家庭用電化製品で事足りるような小規模オフィスであれば、従量電灯で問題ありません。

<低圧電力(動力プラン)>

一方で低圧電力とは、「小規模ながら業務用機械を扱う業者」向けのプランです。
三相200Vのコンセントを使えるため、業務用エアコンをはじめ、大型の機械も使用できます。
ちなみに三相200Vのコンセントを使えるプランは他にも「高圧」「特別高圧」があり、それらの違いは以下の通り。

 ・特別高圧:直流・交流とも7000V超の電圧。大規模な工場やデパートなどが属する
 ・高圧:直流で750V超、交流で600V超の電圧。中小工場や商業施設、オフィスビルなどが属する
 ・低圧:直流で750V以下、交流で600V以下の電圧。小規模な商店やオフィス、一般家庭などが属する

もし今お使いの電圧区分が分からない人は、キュービクルの有無で判断できます。
キュービクルがある世帯は高圧電力、無い世帯は低圧電力です。

ハルエネでんきってどんなサービス?

ハルエネでんきとは、株式会社ハルエネが提供している新電力サービスです。
店舗やオフィスなどの法人様向けの電力サービスで、乗り換えるだけで電気代がお得になります。

日本全国対象の法人向け新電力会社

ハルエネでんきは法人向けの電力サービスであるため、残念ながら個人・一般家庭の方は対象外です。
電気代が高額な法人様ほどお得になる料金プランになっており、目安として地域の電力会社で毎月8,000円以上であれば、ハルエネでんきへの切り替えで電気代が下がります。
また切り替え方法も非常に簡単で、申し込み手続きを済ませるだけで、工事もなく切り替えが完了します。
対象エリアは全国であるため、「私の地域って対象外かな?」という心配も必要ありません。

ハルエネでんきは低圧電力17ヶ月実績№1

業務用冷蔵庫など大型の機械を使ったり、照明を朝から晩まで常時点灯していたりと、オフィスや店舗の電気代は一般家庭とは比べ物にならないくらい高いはずです。
そこでハルエネでんきに乗り換えれば、電気代の大幅な節約が見込めるようになるでしょう。
ハルエネでんきは低圧電力17ヶ月実績№1を誇るため、安心して利用できる電力会社です。
「本当に乗り換えるだけで安くなるの?」と疑問に思われる方もいるかもしれません。
そんな方に向けて、ハルエネでんきへ問い合わせをすれば、電気代がどれだけ安くなるかシミュレーションします。
毎月の電気代にお悩みの方は、まずは一度ハルエネでんきへ相談してみませんか。

ハルエネでんきは店舗や事務所など法人向けの電気サービス

ハルエネでんきは店舗や事務所をはじめとした、法人向けの電気サービスです。
そのため他の電力会社と違って、個人・一般家庭の方は利用対象外となっています。

プラン紹介

ハルエネでんきのプランは8つ設定されており、法人様の経営スタイルによって適したプランが変わってきます。

 ・シンプルプランHプラス
 ・法人スマートプランHプラス
 ・ハルエネ動力プランHプラス
 ・動力店舗サポートプランH
 ・動力オフィスサポートプランH
 ・法人バリュープランH
 ・店舗応援プランH
 ・法人ライフプランH

あなたの会社に適したプランを吟味したうえで、選ぶようにしましょう。
ここからは各プランの特徴を解説します。
なお以下紹介する料金体系は、東京電力供給エリア内に準ずるため、お手数ですが他エリアの方は各自でご確認ください。また記載の金額は2020年12月時点のものになります。価格の詳細については公式HPにてご確認ください。

<シンプルプランHプラス>

「シンプルプランHプラス」は、確実に安くしたい人向けのプランです。
地域の電力会社と比べて、基本料金が安めに設定されているのが特徴です。
そのため契約電流が大きい法人様ほど、電気代が節約できます。

【東京電力供給エリア内における比較】

東京電力 ハルエネでんき
基本料金 30A 858.00円 772.20円
40A 1,144.00円 1,029.60円
50A 1,430.00円 1,287.00円
60A 1,716.00円 1,544.40円
6-50kVA 286.00円/1kVA 257.40円/1kVA
電力量料金(1kWh) ~120kWh 19.88円 19.88円
121-300kWh 26.48円 26.48円
300kWh- 30.57円 30.57円

<法人スマートプランHプラス>

お店や会社の電気代をさらに安くしたい人向けのプランが、「法人スマートプランHプラス」です。
先述した「シンプルプラン」と違って、電気使用量が多い人ほどお得になる料金設定になっています。

【東京電力供給エリア内における比較】

東京電力 ハルエネでんき
基本料金 30A 858.00円 858.00円
40A 1,144.00円 1,144.00円
50A 1,430.00円 1,430.00円
60A 1,716.00円 1,716.00円
6-50kVA 286.00円/1kVA 286.00円/1kVA
電力量料金(1kWh) ~120kWh 19.88円 19.88円
121-300kWh 26.48円 26.48円
300kWh- 30.57円 29.65円

<法人ライフプランH>

「法人ライフプランH」では、契約から初回の料金と、1年ごとの料金を割引してくれるプランです。
それに加えて「法人スマートプランHプラス」と同様、電気の使用量が多いほどお得になる料金設定になっています。

【料金体系】

料金体系は「法人スマートプランHプラス」に準ずる
契約より1ヶ月目、13ヶ月目、25ヶ月目に最大5,000円の割引
契約期間は3年間、更新月以外に解約する場合は解約手数料として19,800円掛かる
割引を受けられる料金プランですが、解約手数料が高く設定されているため、その点には要注意です。

店舗応援プランH「店舗応援プランH」でも、電気の使用量が多い場合に安くなる料金設定になっています。
安くなると言っても、「法人スマートプランHプラス」ほどではないのですが、「店舗応援プランH/Q」という、店舗運営にかかわる様々なサポートが受けられます。

【東京電力供給エリア内における比較】

東京電力 ハルエネでんき
基本料金 30A 858.00円 858.00円
40A 1,144.00円 1,144.00円
50A 1,430.00円 1,430.00円
60A 1,716.00円 1,716.00円
6-50kVA 286.00円/1kVA 286.00円/1kVA
電力量料金(1kWh) ~120kWh 19.88円 19.88円
121-300kWh 26.48円 26.48円
300kWh- 30.57円 30.42円

【店舗運営サポートH/Qの内容】

  かけつけサポート:手持ちの通信端末の不明点やトラブルに対して、リモート操作で解決してくれる
  通信端末修理費用保険:手持ちの通信端末が故障した際の費用を一部負担してくれる

電気代が最安値になるプランではありませんが、店舗を運営されている方には、心強いサービスが付いてきます。
通信端末の操作に不安がある法人様は、こちらを選ばれてみてはどうでしょうか。

<ハルエネ動力プランHプラス>

大型エアコンなどの動力を使われる店舗であれば、「ハルエネ動力プランHプラス」が用意されています。

【東京電力供給エリア内における比較】

東京電力 ハルエネでんき
基本料金 1kWごと 1,065.90円 1,088.34円
電力量料金 夏季 17.37円 17.37円
その他 17.37円 15.80円

<動力オフィスサポートプランH/動力店舗サポートプランH>

「動力オフィスサポートプランH」および「動力店舗サポートプランH」では、「ハルエネ動力プランHプラス」にオフィスサポートパックのオプションが付いたプランです。
料金体系は先述の「ハルエネ動力プランHプラス」よりも高めに設定されていますが、通常3,980円するオフィスサポートパックが、3,000円で利用できます。

【料金体系】

基本料金 1kWごと1,122.00円
電力量料金(1kWh) 夏季
(7月1日~9月30日)
17.37円
その他 15.80円
上記に加えて、オフィスサポートバック代が3,000円加算された金額が請求されます。

【オフィスサポートパックの内容】

オフィスサポートパックでは、6種類の専門家に相談できるサポートサービスです。

  社労士
  税理士
  公認会計士
  行政書士
  司法書士
  弁護士

<法人バリュープランH>

お店や会社の電気代を安くしたい人向けのプランが「法人バリュープランH」です。
料金体系は「法人スマートプランHプラス」と同様ですが、相違点は以下の二つ。

 ・基本料金は40Aから、30A以下は対象外
 ・契約期間内での解約時、請求されるのは契約解除料のみ

契約解除時に掛かる金額が、他のプランよりも安いため、店舗をたたむなどの際に解約に踏み切りやすいメリットがあります。

【東京電力供給エリア内における比較】

東京電力 ハルエネでんき
基本料金 40A 1,144.00円 1,144.00円
50A 1,430.00円 1,430.00円
60A 1,716.00円 1,716.00円
6-50kVA 286.00円/1kVA 286.00円/1kVA
電力量料金(1kWh) ~120kWh 19.88円 19.88円
121-300kWh 26.48円 26.48円
300kWh- 30.57円 29.65円

その他手数料について
ハルエネでんきでは電気使用時には上記のプランに沿った料金が請求されるのに加え、以下の料金が加算されます。

 ・事務手数料
 ・解約事務手数料
 ・契約解除料

事務手数料は契約時に請求され、解約事務手数料および契約解除料は契約期間内に解約した場合に請求されます。
金額はプランによって異なるので、各プランの項をご確認ください。

どれくらい安くなるのか?

地域電力会社でのご契約で毎月8,000円以上の電気代を支払っている法人であれば、ハルエネでんきに切り替えるだけで安くなります。
実際に切り替えを行わなかった場合とハルエネでんきの「シンプルプランHプラス」および「法人ライフプランH」に切り替えた場合で比較してみました。

プラン切り替え前
40,578円

ハルエネでんき切り替え後 差額
シンプルプランHプラス 40,296円 282円/月(3,384円/年)
法人ライフプランH 39,662円 916円/月(10,992円/年)

※10kVA、東京電力供給エリア内の料金プランで試算
※使用電気量は1,300kWhの場合

適用するプランによりますが、乗り換えるだけで1万円以上安くなる見込みがあるのです。
実際にハルエネでんきを導入したことで、電気代が安くなった事例は多々あります。
とはいえ「うちの店舗の場合、どれくらい安くなるのかイメージが湧かない」「どのプランを選べばいいのか分からない」という方が多いと思います。
そんな電気代にお悩みの法人様に向けて、電気の専門家が無料で診断させていただきます。
気になる方は、こちらよりお問い合わせください。
ハルエネでんきで電気代の診断をしてみる

切り替えまでの流れ

今利用している電力会社からハルエネでんきへ切り替えるまでの流れを解説します。
申込みから切り替えまでの手順は、たったの4ステップ。

 1. お問い合わせフォームより申込み
 2. 担当者からの電話が来て、シミュレーションしてもらう
 3. 申込み手続き開始
 4. 切り替えまでは待つだけ

それぞれ一つずつ解説します。

1.お問い合わせフォームより申込み

まずはハルエネでんきの申し込みページより、「お問い合わせはこちら」をクリックします。
その後、以下の項目を入力して送信します。

 ※名前(担当者)
 ※電話番号
 ※メールアドレス
 ※住所
  会社名・店名
  現在利用している電力会社
  現在の電気代
 ※は必須項目

「現在の電力会社」と「電気代」の入力は必須項目ではありませんが、可能であれば入力しておきましょう。
担当者から返信が来たときに、オススメのプランおよび節約できる具体的な金額を掲示してもらいやすくなります。

ハルエネでんきのお問い合わせフォームはこちら

2.担当者から電話ハルエネでんきの担当者から電話で連絡が来ます。

その際に現在の利用状況を基に、法人様に適したプランを提案してくれます。
手元に電気代の明細表などがあると、よりスムーズに話を進められるでしょう。

3.申し込み手続き

担当者との話でハルエネでんきのプランに納得いただけるようであれば、契約手続きに進みます。
この時にハルエネでんきへ切り替わる日程を教えてくれるので、それまではしばらく待ちましょう。
切り替えにあたって、法人様の方で準備していただくことはありませんので、ご安心ください。

4.切り替え完了

指定日になれば、ハルエネでんきへ切り替えが完了です。
切り替えにあたって工事の立合いも必要ありません。
いつも通り企業活動に励んでいただければと思います。

より一層お得に活用する方法

ハルエネでんきへ乗り換えるだけで電気代が安くなりますが、それ以上にお得に活用する方法があります。
それが以下の二つ。

 ・ハルエネガスと合わせて契約する
 ・キャッシュバックキャンペーンを活用する

それぞれ一つずつ解説します。

ハルエネガスと合わせて契約する

電気だけでなくガスもまた、会社を乗り換えることで節約が見込めます。
株式会社ハルエネでは、電気だけでなくガスも提供しており、セットで契約すれば、よりお得になります。
ただしハルエネでんきが日本全国対象エリアであるのに対して、ハルエネガスでは関東・関西・中部の3エリアと、限定的です。
上記3エリア以外の法人様は利用できませんが、該当エリアで経営されている法人様は、ぜひガスも併せて検討してみてはいかがでしょうか。
ハルエネでんきお問い合わせの際に、ガスのことも聞いてみてくださいね。

キャッシュバックキャンペーンを活用する

ハルエネでんきでは公式HPよりも代理店経由で申し込んだ方が、お得に利用できます。
例えば当代理店では、契約した法人様に「現金5,000円キャッシュバック」キャンペーンを実施しています。
キャッシュバックを受けられる条件は、以下の二つ。

【キャッシュバックの条件】

 ・ハルエネでんきを利用していない
 ・低圧電力のプランを利用する

これらを満たせば、現金5,000円がキャッシュバックされます。
もし既に他社電力会社の低圧電力を利用している方や、低圧電力への切り替えを検討している方は、ハルエネでんきを契約すれば、さらにお得になります。

まとめ

電力自由化の解禁に伴い、電力会社を乗り換えるだけで毎月の電気代が安くなります。
数ある新電力会社の一つであるハルエネでんきは、法人向けの電力会社ということで、それぞれの経営スタイルに適した料金プランを設定しています。
ハルエネでんきの特徴は、以下の通り。

【ハルエネでんきの特徴】

 ・法人向けの電力会社、個人・一般家庭の方は契約不可
 ・従量電灯もしくは低圧電力が対象
 ・経営スタイルに応じて8つの料金プランを用意

実際にハルエネでんきに乗り換えたことで、年間10万円以上も安くなった事例もあります。
毎月の電気代にお悩みの経営者の方は、まずハルエネでんきに問い合わせてみて、どれだけ安くなるのか聞いてみませんか。
乗り換えた場合の電気代をシミュレーションし、最適なプランを提示させていただきます。

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る