プロパンガスと都市ガスはどちらが安いの?ガスは切り替えるべき?

ガスには、プロパンガスや都市ガスなどの種類があり、料金のシステムも異なります。

ガスなどの光熱費は家計に負担を占める割合も大きいので、できれば安いものを使いたいですよね。

そこで今回は、プロパンガスと都市ガスはどちらが安く使えるのか?という点について迫っていきたいと思います。

プロパンガスと都市ガスのどちらが安いの?

プロパンガスと都市ガスでは、料金のシステムが大きく変わることもあります。

というのも、元々プロパンガスは自由料金で取引されていました。

つまり、会社が原料を輸入して諸経費を計算し、会社ごとに価格を決めることができるのです。

そのため、利用する地域や販売店によって料金の差が大きく、とても安い料金で使える会社もあれば1ヵ月あたりの料金が高いところもあります。

一方、都市ガスは長年国の認可を得てから料金を決める「規制料金」という制度で料金を定めていました。

プロパンガスと都市ガスを同じ量(20ⅿ3)使ったと仮定して、

プロパンガス・・・12,520円

都市ガス(東京ガス)・・・3,601円

と、料金を比較してみると3倍近く差が出ます。

※プロパンガスの価格は関東地方の平均価格を参考にしています。

都市ガスの方が安い理由とは?

なぜこれほど都市ガスとプロパンガスには価格の差が出てしまうのでしょうか?

それにはいくつかの理由があります。

  • プロパンガスはエネルギー量が違う
  • プロパンガスは配送コストが高い
  • 料金が比較しにくい

プロパンガスは、都市ガスの2倍以上のエネルギー量があります。

ただ、このエネルギー量の差を考慮しても都市ガスの方が安くなるのですが・・・その原因として、

プロパンガスはその都度作業員がガスの充てんに行かなければならないので、配送にコストがかかります。

また、料金を比較するシステムが整備されていないため、消費者が契約前に料金を知りにくいなどの理由もあります。

都市ガスに切り替えるメリットについて

都市ガスに切り替えるメリットには、

  • 料金が安くなる
  • 設備設置のスペースが不要
  • 監視システムにより安全に使える

などがあります。

先ほども解説した通り、都市ガスはプロパンガスと比べてとても安く利用できます。

また、ボンベなどの設置場所を確保しなくてもガス管で送られてくるので、省スペースで使えます。

都市ガスは24時間監視されているので、ガス漏れなどの異常が起こった時も迅速に対応できるのも利用者にとっては安心ですよね。

目的や地域によって異なりますが、ご家庭で利用する分には、都市ガスの方が利便性が高いと言えるでしょう。

アパートやマンションでは、都市ガスを利用していることが多いです。

ガス代をお得にするには会社の選択も

2017年から始まったガスの自由化によって、ガス会社を自由に選べるようになりました。

「まるっとガス」では、従来通り高品質な都市ガスをご利用いただけます。

切り替えの手続きも簡単で、特別な工事などもなく乗り換えられます。

まるっとシリーズでは、複数のサービスをご契約いただくとまとめて割引が適用されます。

ガス以外でも、電気や光回線、ウォーターサーバーなど暮らしに必要なサービスをたくさんご用意しておりますので、毎月の光熱費や通信費を抑えてお得に使えます。

プロパンガスと都市ガスはどちらが安いの?ガスは切り替えるべき?

今回は、プロパンガスと都市ガスはどちらが安いのか?という点について解説いたしました。

本文で解説したようにコストの面で考えると、都市ガスに軍配が上がります。

都市ガスの中でも、さらにお得な会社を選びたい!という方には、まるっとガスがおすすめです。

毎月の料金やお知らせは専用のアプリでいつでも確認でき、何かご不明な点があるときはLINEですぐにお問い合わせいただけます。

毎月のガス料金を安くしたい方は、まずはお問い合わせくださいませ。