格安でカラオケ機器をレンタルするには!?相場はどれくらい?

最終更新日:


  • LINEで送る

カラオケのレンタル費用はどれくらい?

レンタル費用相場はカラオケ機器によって金額がかわります。

カラオケリース代金相場は大体月3万円~5万円ほどですが、中には2万円台でレンタルできる格安機器もあります。

しかしそれでもカラオケレンタル代金相場が月3万円~5万円なのは、一番安い格安カラオケ機器は最低限歌えても機能が限られているから機能が充実したカラオケ機器をレンタルした方が費用対効果見込めるという側面があるためです。

カラオケ機器によって費用や機能が違う

簡単に言ってしまうと格安レンタル機器は格安な分、上記で記載したように機能が制限されます。
例えば格安レンタル機器は定番楽曲などは収録されていますが、やはり最新のカラオケ機器と比べると曲数が劣りますし何より音質や本人映像の数が別物とはっきりわかるほど違うのですよね。

やはりある程度の価格設定がされているカラオケ機器は機能充実、曲数も多く本人映像も多いです。
なにがなんでも最新のカラオケ機器をレンタルしないと!というわけではないですが、ある程度のクオリティが約束されたカラオケ機器を選んだほうがお客様の充実度も高くなるので月3万~5万円台の料金でレンタル可能なグレードがある程度高いカラオケ機器がおすすめです。

曲数も多く本人映像が充実しているカラオケ機器は来店されるお客様も楽しいというメリットは強いです。
わいわい楽しみたい場合、採点機能が豊富だとカラオケ機器を使ってのゲームも楽しめますね。
楽しいお店には通いたくなるものですから客層を見極めながらカラオケ機器をレンタルすると間違いないでしょう。

格安でレンタルするなら相談するのが一番!

カラオケ業者さんに予算など想定料金を踏まえたカラオケ機器のレンタル相談をするのも手です。

カラオケ業者さんはカラオケ導入のエキスパート、お店の目的やお客様の傾向に合わせて最適なカラオケ機器を選べますから、料金も高すぎず機能的にも満足できる格安カラオケ機器のレンタル案内をしてもらえます。
相談の際に毎月の予算もお伝えすると費用感に合った最適なカラオケ機器が最短でわかるので、格安のカラオケ機器レンタルしたいと考えるならカラオケ業者さんに相談するのが一番早く、手間がないのでおすすめです。

機器のレンタル以外の費用は?

カラオケ機器の格安レンタルを考えるなら、カラオケ機器本体以外に必要なものについても押さえておきたいですね。
お店にカラオケをレンタル導入したい時に必要な機材は7つあります。
必要な機材と用途を表にまとめましたのでご覧ください。

機材名 用途
通信カラオケ本体 楽曲配信を受信するために必要
激安品が中古の中には不正品もあり購入してもロックされ使えないこともあるのでカラオケ機器本体はレンタルまたは正規品の購入がおすすめ
液晶モニター 歌詞を表示させるためのモニター画面
家庭用の液晶テレビでも代用可能
カラオケマイク 歌うために必要
コードタイプとワイヤレスタイプがあるが最近はコードが絡まないワイヤレスが人気
アンプ 音の調整やエコーをかける
スピーカー アンプで調整した音を出す機器
デンモク/キョクナビ 楽曲を検索できるリモコン機器
楽曲配信用カラオケ用ルーター 楽曲配信・カラオケ専用のルーター

 

カラオケ本体とは別に、6つの機器が必要です。
この6つの機材はカラオケ導入には欠かせないものなので全て揃える必要があります。
レンタルカラオケ業者さんによってはレンタルプランに一式含まれていたり交渉でセットにしてもらえるたりすることもあります。

弊社のレンタルプランなら交渉しなくてもカラオケ機器本体の他に液晶モニター・マイク・アンプ・スピーカー・デンモク/キョクナビがセットで含まれているのでお得です。
別々で揃えるよりも一式セットレンタルが安いので、できるだけ格安でカラオケ機器をレンタルしたいなら、まとめて借りられるカラオケ機器レンタルがおすすめです。

カラオケ機器以外の必要な費用

カラオケ機器本体や周辺の機器の他に、楽曲配信料・JASRACへの著作権料・楽曲本発行料・インターネット通信料金が必要です。
なぜ必要なのか表にまとめましたのでご覧ください。

必要費用 なぜ必要なのか
楽曲配信料 楽曲を配信・再生するための月額でかかる情報料
新曲を歌うための機能で機種によって大体月額料金10,000円~17,000円
楽曲配信料の支払いがないとカラオケ本体にロックされるため必ず必要
JASRACへの著作権料 楽曲をカラオケ機器で使用するための著作権料
だいたい月額料金3,500円~16,000円(店舗の広さや店員で変動)
楽曲本発行料 楽曲と予約コードが掲載されているデンモク・キョクナビの本バージョン
発行料:基本版が月額料金約3,000円、新曲本が月額料金約700円
デンモクやキョクナビで十分という場合は不要
※客層を見ながら楽曲本が必要か見極めましょう。
インターネット通信料 楽曲配信を受けるために必要な費用
DAMやジョイサウンドの推奨回線はフレッツ光

 

カラオケ導入に必要な上記の経費ですが、楽曲本発行料以外はどれも必須なのでしっかり押さえておきましょう。

楽曲本発行料だけは、デンモクやキョクナビさえあれば必要ないので導入するかはレンタルの際に客層を見て判断すると良いですね。

例えばデジタルが苦手なお客様が多い店舗であれば楽曲本があったほうがいいですし、お客様の年齢層が高くてもスマホを扱える場合はデンモクやキョクナビはスマホより操作が簡単なので楽曲本は必要なくなる可能性が高いです。

スマホは使えないけどデンモクやキョクナビは扱える方もいらっしゃいますので様子を見ながら導入するかを決めましょう。

インターネット導入はキャンペーンを使うと大幅コスト削減できます

カラオケ機器導入には光回線が欠かせません。どの光回線でも使えますがDAMやジョイサウンドの推奨回線はフレッツ光です。

故障の際にフレッツ光以外の独自回線だと保証対象外になることもあるので、カラオケ機器をレンタルするならできるだけフレッツ光がいいですね。
フレッツ光なら弊社限定でありがとうの気持ちを込め「導入費が0円になるキャンペーン」を実施中です
コスト削減を狙うなら弊社のキャンペーンをご活用ください。

インターネットの導入費用はフレッツ光だと18,800円ほど、独自回線だと30,000円をこえることもあります。しかしキャンペーンを利用することで導入費用がキャッシュバックされますのでカラオケ機器レンタルの際、必要経費を抑えたい方はご活用ください。

>>光回線導入工事無料になるレンタルカラオケはコチラ

DAMとJOYSOUNDどちらが良いの?

カラオケ機器のレンタルするなら「予算の中でよりイイカラオケ機器をレンタルしたい!」ですよね。

レンタルできるカラオケ機器はおおまかに分けるとDAMとジョイサウンドの2つのメーカーに分けられます。
このカラオケ機器2メーカーの違いは何なのか、違いを表にまとめてみました。
詳細は後程解説いたしますので、まずはカラオケ機器のメーカー比較表をご覧ください。

DAM ジョイサウンド
音質 環境や機種による 環境や機種による
曲数
本人映像
マニアック度
懐かしの音楽

 

それぞれどのような違いなのか、それぞれ解説します。

>>カラオケ機器取り扱い機種一覧はコチラ

カラオケ機器の音質は環境や機種によっても変わる

DAMとジョイサウンドともにカラオケの音質というのは環境やカラオケ機器の機種によって変わるのでどちらが良いというものは実はありません。

勿論、グレードの高いカラオケ機器の方が音質をより良くするために最新技術を盛り込んでいるので最新機種の方が音質が良いのですが、カラオケは環境に左右される面が大きいので音質を考えるなら環境を考えた方が格安でカラオケ機器をレンタルするなら環境改善を図った方が良いでしょう。

音質については問合せの際に相談するとともに、現地で行う見積もりで「よりカラオケ機器の良さを最大限生かせる設置」をお願いすることで場所に合った音質改善を見込めます。

曲数はジョイサウンドの方が多い傾向がある

同じ価格帯のカラオケ機器を見た時、DAMのカラオケ機器よりもジョイサウンドのカラオケ機器の曲数が多い傾向にありますが、定番曲ならDAM・ジョイサウンドともにありますし楽曲配信でどちらも新曲を歌えますからそこまでブランドごとの曲数を考えなくても良いです。

ただし古いカラオケ機器よりも新しいカラオケ機器の方が曲数が多いので、豊富な曲数を考えているならある程度グレードの高いカラオケ機器を選びたいですね。

本人映像で盛り上がりやすいのはDAM

カラオケといえば本人映像!という人もいるくらい、カラオケでの本人映像は盛り上がりを左右する要でもあります。
そんな本人映像が多いカラオケ機器はDAMです。

ジョイサウンドにも本人映像はありますが、DAMとジョイサウンドの上位モデルと見てみると数千ほど本人映像の数に違いがあるので盛り上がりやすいのはDAMのカラオケ機器といえます。

とはいえカラオケ機器のグレードが上がるほど本人映像数が多くなりますから、どちらを選んでも後悔しないですが、より本人映像が多いカラオケ機器ならDAMです。

曲の傾向に違いアリ

曲数が多いのはジョイサウンドのカラオケ機器というお話を上記でしましたが、実はジョイサウンドはマニアックな曲も多く揃っているのでDAMのカラオケ機器よりも曲数が多い傾向にあるのですよね。

曲数が多くてもお客様が歌いたい曲が入っていなければカラオケ機器をレンタルする意味がなくなってしまいます。

好まれる楽曲の傾向がわからないという場合は最近の話題の楽曲や懐メロなどが入っているカラオケ機器なら問題ない場合が多いです。
ただマニアックな曲が入っているカラオケ機器は固定客が増える可能性を秘めていますのでやはりここは客層でレンタルするカラオケ機器を決めたいですね。

レンタルカラオケ導入までの流れ

カラオケ機器を格安レンタルする流れは4ステップです。

1. サイトのコンタクトフォームなどから問い合わせ
2. 現地調査と見積もり
3. インターネット回線工事
4. カラオケ機器の設置

「カラオケ機器を格安レンタルしたい」
そんな時、どのタイミングで相談したら良いのかなど弊社の場合に当てはめながら解説します。

カラオケ機器レンタルの流れ 1.問い合わせ

カラオケ機器をレンタルする、もしくは検討中であればまずはお問い合わせをしましょう。
サイトにコンタクトフォームがございますのでそちらから以下の内容を入力いただき送信すると問合せ完了です。

カラオケ機器レンタルの流れ 2.現地調査・見積もり

カラオケ機器レンタルのお問い合わせが終わったら電話連絡があります。
その際、簡単なヒアリングで「どんなカラオケ機器がいいのか」「希望のレンタル予算」などをまとめます。

後日現地調査・見積もりの中で最適なカラオケ機器や希望や場所に合わせた格安カラオケ機器レンタルご案内があります。
内容によっては希望商品と違うカラオケ機器レンタルの提案になる場合もありますが、相談内容や現地調査・予算を合わせた提案ですのでご安心ください。
勿論不要な機能を抜いたカラオケ機器などの相談も承りますので、わからないことがあればいつでもお問い合わせくださいね。

カラオケ機器レンタルの流れ 3.インターネット回線工事

カラオケ機器レンタルにインターネット回線工事は必ず必要です。
もし既にインターネット導入済みの場合はカラオケ機器をレンタルするだけなのでこちらははぶきます。

インターネット回線工事は申込&契約から最短2週間~1カ月、カラオケ機器レンタル導入を決めたらなるべく早めの申込をしましょう。
回線によっては半年待つ場合もありますのでご注意ください。

「エリア内か不安」「なるべく早めの導入が良い」と悩まれている方は日本で一番普及率が高くエリアも広い回線のフレッツ光がおすすめです。

また、弊社の「インターネット回線導入工事費用0円キャンペーン」は初期費用のコストカットにも繋がりますので、カラオケ機器レンタル申込の際、同時にご相談いただけるとスムーズです。

カラオケ機器レンタルの流れ 4.カラオケ機器設置

カラオケ機器設置はインターネット導入後、約10営業日前後で完了します。
カラオケ機器設置が終われば1日目からカラオケ利用が可能です。

インターネット導入が既にお済の場合のカラオケ機器設置は契約してから約10営業日前後になりますので、例えばカラオケ機器レンタルを迷っているけどインターネット導入は既に決めているという場合、インターネット導入を先に終わらせておくのも手です。

弊社ならインターネット導入のみでも工事費0円キャンペーンを適用できますのでカラオケ機器レンタルならお任せください。

まとめ

格安でカラオケ機器をレンタルするならカラオケ機器レンタル業者に相談するのが一番です。
格安カラオケ機器自体は弊社なら月額2万円台の値段でレンタルできますが、格安カラオケ機器が必ずしも店舗にマッチしているとは限りません。

店舗によって来店されるお客様は様々。
客層とうまくマッチしたカラオケ機器をレンタルすることでニーズも満たせられますのでどのようなカラオケ機器が良いのかまで含めカラオケ機器レンタルのご相談をください。

弊社なら店舗や予算、お客様の希望を第一に考えた格安カラオケ機器レンタルの提案も可能です。
勿論2021年現在の最新モデルのご案内もできますし、2020年以前のカラオケ機器の取り扱いもございます。

カラオケ機器導入に必要な機材もセットでレンタル可能ですので、カラオケ機器を格安でレンタルするなら是非ご相談を!

中古でカラオケ機器が出回ってはいますが、場合によっては不正商品で使えないことも実際あるので正規のカラオケ機器をレンタル導入する場合もお任せください。

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る