水道料金の支払い忘れで支払期限が過ぎてしまった場合どうなってしまう?

水道料金は支払い方法が何種類かあるので、自動引き落としにしている人も、毎月自分で支払いをする人もいるでしょう。

しかし、ついつい支払い期限が切れになってしまった・・・。という方もいらっしゃるはず。

そこで今回は、水道料金の支払い期限が切れた場合どうなるのか?というテーマでお届けしていきます。


  • LINEで送る

もちろん水道料金の支払いが滞ると水道は止まる

当然ながら、水道料金の支払い期限が切れると水道は止まって使えなくなります。

最初に届いた請求書を支払い忘れてもすぐに止まったりはしませんが、遅れた分をまとめて支払うのが負担になりますし、給水停止のリスクもあるため、なるべく早く支払うよう心がけましょう。

条例では各自治体により異なりますが、請求書が送付されてから、10日以内に支払う事と決められています。

期限が切れるとまた別の督促状がくるので、案内に応じて支払いをしましょう。

仕事や家事、学校が忙しくてつい支払いに行くのを忘れてしまうという場合は、自動で支払いしてもらえるようにクレジットカード払いか、口座振替に設定しておくのがおすすめです。

支払いが遅れれば支払いの延滞料を支払うことになる

支払いが遅れてしまうと、料金に延滞が付くこともあります。

月々の料金に実際には不要なお金が発生してしまうことになりますので、もったいないですよね。

延滞料金の有無や金額は、住んでいる地域によって異なります。

延滞料金がついていることを忘れてしまって、月額料金だけ支払っても支払いと見なされませんので注意してください。

水道料金は、2ヶ月ごとにメーターを検針して請求するので、2ヶ月後までに支払いを済ませないと水道が止まってしまうことも。

長期の出張や旅行など、理由があって支払いできないことが事前に分かっている場合は、早めに水道局へ連絡しておきましょう。

管轄のエリアによって対応が変わる可能性もありますが、支払い期限に融通を利かせてくれることもあります。

給水停止となると、水道代が納入されるまで開栓されない

水道料金の期限切れで給水停止になってしまうと、水道代を収めるまで開栓されません。

水道が止まってしまうと日常生活に支障をきたしてしまうので、給水停止はなんとしても避けたいところです。

ご家族と同居している場合、自分が忙しくて支払いに行けないのであれば、代わりに支払ってもらいましょう。

一人暮らしで支払うお金を工面する事が難しい場合は、給水停止を予防するためにご家族に建て替えてもらうのも1つの方法です。

どうしても何らかの事情があって期日に間に合わない場合は、水道局に事前に連絡して、相談するようにしましょう。

期限切れの納付書でも水道料金を支払うことができる?

納付書に記載された期限が切れていても、実はそれを使って支払いすることはできます。

ただし、コンビニやゆうちょでは、期限内の納付書でなければ対応してもらえないところもあるので、注意してください。

銀行の窓口であれば、受付けをしてもらえます。

まとめ:水道料金の支払い忘れで支払期限が過ぎてしまった場合どうなってしまう?

今回は水道料金の支払い期限が切れた場合、どうなるのか?という点について解説しました。

自動引き落としにしていないと、ついうっかり期限を忘れてしまいますよね。

コンビニであれば期限内に曜日や時間に関係なく支払う事ができるので、水道を止めない為にも、期限切れにならないうちに支払いましょう。

よく忘れてしまうという方は、クレジットカード払いか、口座振替に切り替えるのがおすすめです。

もちろん、口座振替の場合であっても残高不足によって引き落とされないという場合があるので、公共料金の支払い用として専用の口座を用意しても良いかもしれませんね。

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る