車の盗難対策で窃盗や愛車を守れ!

自家用車を所有していたり、社用の自動車を管理している方の中には、「どのように防犯や盗難対策を行えば良いのか分からない」と悩んでしまう方も少なくありません。
近年、自動車を狙った悪質ないたずらや盗難などの事件が多発しているため、「何者かに愛車が盗まれてしまうのではない」などと懸念していることが原因です。

では、自家用車などが盗難被害に遭わないようにするためには、どのような盗難対策を講じれば良いのでしょうか?

自家用車などが盗まれない最も効果的な防犯・盗難対策を講じたいのであれば、「駐車場に防犯カメラを設置する」のがおすすめです。
あなたが利用している駐車場(ガレージ)に防犯カメラを設置することで、車を盗もうと考えている者を牽制することができるため、盗難被害に遭うリスクを大幅に軽減することを期待出来ます。

なお、最近の月極駐車場では、防犯カメラの設置が当たり前になりつつあるため、すでにカメラが設置してある駐車場を契約するのも効率的です。

あなた自身で盗難対策をしなくても自動車を守ることが出来ます。

ただし、月極などで借りられる駐車場の中には、盗難対策としては効果の薄い場所にカメラを設置している駐車場もあるため、事前にどのような防犯対策が施されているのかをよく確かめたうえで契約することが重要です。

そのため、この記事では「自動車の盗難対策を目的に駐車場を選ぶ際のポイント」や「盗難被害や車上荒らしなどを防ぐためにはどのような防犯・盗難対策を施せば良いのか」について、「盗難対策を目的に監視カメラを設置する際におすすめの機種」を含めて詳しく解説していきます。

自動車の盗難対策を万全にしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

自動車の盗難対策で窃盗や愛車を守れ!

自家用車を所有していたり、社用の自動車を管理している場合、車を守るための防犯・盗難対策を講じることが重要になります。
冒頭でも述べた通り、自動車の盗難や車上荒らし、いたずら行為などによる被害が後を絶たないためです。

特に、屋外にあるマンションやアパート、個人宅の駐車場などは、自動車を盗難しようと企む犯罪者に狙われやすい傾向にあるので要注意です。

事前に「犯罪者を牽制・抑制できるような防犯や盗難対策」を講じておくようにしましょう。

例えば、車のハンドルに「強固なバー式のハンドルロック」と呼ばれる「車の盗難防止グッズ」を装着することで、自動車が盗難される被害を防ぐことが出来ます。
「ハンドルロック」は、「自動車のハンドルを固定できるアイテム」になっており、万が一ドアのロックが解除されエンジンをかけられてしまっても、犯人が車の操作を行うことができないため、ただ車のハンドルに取り付けるだけで車体自体を盗まれるリスクを大幅に軽減することが可能です。

とはいえ、自動車に「ハンドルロック」を設置したからと言って、100%車が盗まれるリスクを無くせる訳ではありません。
最近の「ハンドルロック」は、「鍵式」や「ダイヤル式」など、盗難対策として高い効果を望める様々なタイプのグッズが発売されていますが、犯罪者の中には巧妙な手口でハンドルロックを破壊する者がいます。

このため、自動車の盗難対策を目的に何らかの対策を講じる際は、事前に「自動車の盗難被害がどのような手口」で行われているのかなどを把握したうえで、あなたの状況に適した対策方法を講じるようにしてください。

自動車盗難被害の実態とは?

駐車場などに自動車の盗難対策を講じる際は、まず「どのような盗難被害に遭うリスクが存在するのか」を把握しておくことが必要です。
実際に起きている「自動車の盗難被害の実態」を把握しておくことで、適切な盗難対策を講じることが出来るためです。

当然、適切な盗難対策を講じることが出来れば、あなたが所有する自動車が盗難やいたずら行為などの被害に遭うリスクを減らすことが出来ます。

では、実際に国内で起こっている「自動車の盗難被害」の現状を把握するために、警視庁が公表している「自動車盗難の認知件数」のデータを見ていきましょう。

まずは、下記の表をご確認ください。

こちらは警視庁が公表している自動車盗難等の発生状況について」の資料内にある「自動車盗難の認知件数」の2015年から2020年までの盗難件数を表にまとめたものです。

2015 2016 2017 2018 2019 2020
自動車盗難件数

13,821 11.655 10,213 8,628 7,143 5,210

※参照:警視庁「自動車盗難等の発生状況について」

上記の表を見ると分かる通り、国内の自動車盗難被害は、2015年をピークに年々減少傾向にあります。

しかし、自動車の盗難被害による犯罪件数が年々減少傾向にあるとはいえ、毎年5,000件以上の車が盗まれているため、決して安心できる数値ではありません。

最近の自動車盗難による被害は、ドアの鍵をかけていても盗まれてしまっているケースが多く、犯罪者の手口も巧妙化しているため、しっかりと効果的な盗難対策を行なっておく必要があります。

盗難被害に遭いやすい車種

自動車の盗難被害は、新車や高級車が狙われやすいと思われがちですが、「自家用車」や「トラック」、「トラクター」など様々な車両が被害に遭っています。

とはいえ、被害に遭いやすい車種が存在するのも事実です。

具体的ば盗難被害に遭いやすい主な車種は、下記の通りです。

・プリウス
・ランドクルーザー
・レクサス
・アルファード
・ヴェルファイア
・ハイエース
・アクア
・クラウン
・プラド

こちらは、自動車保険や火災保険などを提供している「日本損害保険協会」が、自動車の盗難や車上荒らしなどによる被害件数をまとめた「第22回 自動車盗難事故実態調査結果」を参考に、公表している主に狙われやすい車種の一覧になります。

この中でも、トヨタが発売している「ランドクルーザー」や「プリウス」を所有している方は注意が必要です。

「ランドクルーザー」が、2019年と2020年に最も盗難被害に遭っている車種1位にランキングされた一方で、「プリウス」も2015年以降ワースト1位・2位を維持しています。

海外でも人気の高い自動車になっていることから、自動車の窃盗犯に狙われやすい車種になっているようです。

もちろん、自身が所有している自動車が上記の車種でないからと言って、注意しなくても良い訳ではありません。

自動車の盗難被害の中には、「自動車を解体して違う車両の車と組み合わせて販売している事例」や「ナンバープレートを別の犯罪に悪用している事例」なども存在します。

このため、どの車種を所有しているかに限らず、自動車を駐車場などに駐車する際は、しっかりと盗難対策を行なうようにしてください。
自動車の盗難対策を行なっておくことで、自動車が盗まれたり、犯罪に巻き込まれたりするリスクを大幅に軽減できるはずです。

盗難被害に遭いやすい時間帯や場所

自動車の盗難被害は、いつどこで発生するのか、犯人以外が正確に予測することは出来ません。
しかし、実際に起こっている自動車の盗難事件の傾向を把握することで、どのような場所や時間帯に盗難被害に遭いやすいのは知ることができ、適切な防犯・盗難対策を施すことが出来ます。

例えば、自動車の盗難被害は、「夜の22時から朝の9時頃」の夜間から朝にかけて行われるケースが非常に多いです。
実際に、「日本損害保険協会」が公表した「第22回 自動車盗難事故実態調査結果」の調査結果を見ると、盗難被害に遭った方の66.5%が深夜の時間帯に自動車が盗難に遭ったことが分かりました。

自動車の窃盗に限らずですが、犯罪行為を行う者はできるだけ自身が犯人だと特定されないように、人通りの少ない時間帯を狙って犯行に及ぶケースが多いため、「夜間でもしっかりと犯行に気づいて対処できる盗難対策」を講じることが重要です。

ちなみに、自動車の盗難をしようと考える犯罪者に最も狙われやすい場所は、「屋外の自宅や契約駐車場」になっています。
「日本損害保険協会」が公表した「第22回 自動車盗難事故実態調査結果」によると、実際に自動車の盗難被害に遭った方のうち、屋外の自宅の駐車場(51.3%)や屋外の契約駐車場(22.8%)に駐車していた際に車を盗まれてしまったようです。

このため、「自宅の駐車場に停めているから車を盗まれることはない」などと過信せずに、しっかりと盗難対策を講じるようにしましょう。

どのような手口で盗難を行なっているの?

自動車の盗難行為を行なっている犯罪者は、様々な手口を用いて車を盗んでいます。

では、どのような手口を使って、車の盗難を起こっているのでしょうか?

盗難行為を行なっている犯罪者の主な手口と特徴は、下記の通りです。

・リレーアタック:スペアキー(スマートキー)などが発している微弱な電波を特殊な機器を使用して中継し、自動車のドアを解除する手口
・CANインベーダー:自動車の配線に専用の端末を直接接続して、システムに侵入しドアの解除やエンジンの始動を行う手口
・イモビカッター:自動車の点検などに使用する「OBD2端子」と呼ばれる物から直接走行できるようにする手口

上記のように、近年の自動車の盗難による被害は、しっかりとドアのロックを施錠しても盗まれてしまうケースが非常に多いです。

このため、自動車の盗難対策を講じる際は、「万が一自動車を盗まれてしまってもすぐに犯人を特定でき、事件の早期解決を望めるような対策」を講じる必要があることを覚えておいてください。

自動車の盗難や車上荒らしを防ぐためにはどのような盗難対策を講じれば良い?

自動車の盗難や車上荒らしを防ぐためには、まず「短時間であってもきちんとクルマの施錠を行う」ことが重要です。
自動車の盗難被害などは、深夜帯に限らず短時間の駐車でも狙われやすいうえに、犯人にとってドアが施錠されていない車は、犯行時間を短縮できる格好のターゲットになりやすいため、きちんとロックをかけている車よりも盗難被害に遭うリスクが高くなります。

車を降りる際は、短時間であっても「常にエンジンを切ったり、ドアのロックをかける」ようにしてください。
きちんとドアのロックをかけておくことで、自動車を盗難されてしまったり、車内に置いていた貴重品などを盗まれるリスクを減らすことが出来ます。

ただし、上記だけでは不十分なのは言うまでもありません。

上記以外にも、自動車の盗難や車上荒らしなどの被害を防止できる対策を講じておく必要があります。
近年では、常にドアのロックをかけていても、「リレーアタック」や「CANインベーダー」などの手口を用いて、自動車を盗まれてしまうケースが多いためです。

このため、上記の対策と併せて以下の防犯・盗難対策を講じることを検討してみてください。

・防犯対策された駐車場を選ぶ
・駐車場に防犯カメラを設置する
・「イモビライザ」を装着する
・簡単に壊せない「バー式のハンドルロック」をハンドルに装着する
・GPSを車に置いておく
・「タイヤガード」を装着する
・使用しない時は常に「車のカバー」を付けておく

上記の盗難対策を施すことで、自動車を盗まれてしまうリスクを大幅に軽減出来ます。

中でも、「防犯対策された駐車場を選ぶ」ことは、自動車を盗まれてしまうリスクを減らすうえで重要な要素になっているため、利用する駐車場を選ぶ際は「どのような防犯対策が講じてあるのか」に注視して契約するようにしてください。

防犯対策された駐車場を選ぶ

上記でも述べた通り、自動車を盗まれてしまうリスクを減らしたいのであれば、「しっかりと防犯対策が講じてあるのかに注視して契約する駐車場を選ぶ」ことが重要になります。
自動車盗難の約4割程度は、「月極などの契約駐車場」や「防犯カメラが設置されていない駐車場」、「暗く人通りの少ない駐車場」で発生しており、セキュリティ対策が軟弱な駐車場を契約してしまうと車や車両の部品などを盗まれるリスクが高まるためです。

もちろん、自宅の駐車場も例外ではありません。
自動車の盗難被害の多くは、屋外にある自宅の駐車場で発生しているため、何らかの対策を講じておかないと被害に遭う可能性が高いです。

例えば、自宅内に管理している自動車のスペアキーが発する電波を利用して、自宅の駐車場に停めている車を盗まれてしまう危険性があります。

このため、自動車を所有している方は、この後に詳しく解説する「契約駐車場(大型駐車場)」や「自宅の駐車場」を利用する際のポイントを理解したうえで、契約する駐車場選んだり盗難対策を講じるようにしてください。

大型駐車場

大型駐車場などの契約駐車場を利用する際は、以下のポイントに注視して契約する駐車場を選ぶことをおすすめします。

・人通りが多い
・夜間でも暗闇になりにくい
・出入り口や場内に防犯カメラが設置してある

上記の3点に注視して契約する駐車場を選ぶことで、自動車の盗難や車上荒らしなどの被害に巻き込まれるリスクを減らすことが可能です。

なお、特に重要なのは「出入り口や場内に防犯カメラが設置してある」のかに注視して選ぶことになります。
自動車を盗もうとする者にとって、防犯カメラは自身が窃盗犯だと証明する厄介な存在になっており、安易にカメラが設置してある場所で犯行に及ぼうとするものは、ほとんどいません。

このため、「気づいたら車がなくなっていた」などの事態に陥るリスクを減らせます。

ただし、防犯カメラが設置してあるからといって、必ずしも盗難被害に遭わないとは限らないことも覚えておきましょう。
自動車を盗もうとする者の中には、防犯カメラが設置してある場所でも気にせず犯行に及ぶ者も存在します。

このため、利用する駐車場を選ぶ際は、「証拠として活用できる防犯カメラが設置してある駐車場」を契約するようにしてください。

例えば、「暗闇でも問題なく状況を鮮明に記録できるカメラ」が導入された駐車場を選ぶことで、万が一夜間に盗難被害に遭っても、すぐに犯人を特定することが可能です。

自宅の駐車場

自宅の駐車場を利用する際は、以下の点に注視して自動車の盗難対策を講じることをおすすめします。

・電波を拾われないようにスマートキー(スペアキー)の管理を行う
・車のカバーをかける
・防犯カメラを設置する
・GPSを車に置いておく

上記の対策を講じることで、自宅の駐車場から自動車を盗まれてしまうリスクを減らすことが可能です。
特に、自宅の駐車場に防犯カメラを設置している世帯はそう多くはないため、事前にあなたの自宅のガレージなどにカメラを設置しておくことで、愛車が狙われる危険性を大幅に減らせます。

ただし、自宅の駐車場に防犯カメラを設置する場合は、証拠として活用できる機能に加えて「すぐに犯行に気づける機能」が搭載された機種を選ぶことが重要です。
「すぐに犯行に気づける機能」が搭載された防犯カメラを設置することで、あなたが所有している自動車が盗まれる前に対処することが出来るため、「犯人を特定できたが、自動車はすでに解体されていて使い物にならない」などの事態に陥る不安を無くすことが出来ます。

このため、自動車の盗難対策を目的に自宅の駐車場に防犯カメラを設置したいと考えている方は、「人感センサーが検知した際に、あなたの手元にあるスマホに知らせてくれる機能」が搭載されたカメラの導入を検討してみてください。
上記のような機能が搭載された防犯カメラであれば、自動車が盗まれてしまう前に犯行に気づき、警察に通報するなどの対処を施すことができるため、窃盗犯から愛車を守ることができます。

防犯カメラの設置は盗難対策の効果が高い

ここまで、自動車の盗難被害に遭うリスクを軽減できる効果的な盗難対策を解説しましたが、より高い効果を望むのであれば「機能性や防犯性に優れた防犯カメラを設置する」のがおすすめです。

あなたが所有する自動車を置く駐車場に「存在感のある形状をしている防犯カメラ」を設置することで、防犯カメラの存在をアピールすることができるため、自動車を盗もうと考える者を牽制することが出来ます。

ただし、「存在感のある形状をしている防犯カメラ」を設置したからと言って、完全に盗難に遭う被害を無くせる訳ではありません。
先ほども解説しましたが、自動車を盗もうとする者の中には、防犯カメラに自身の姿が記録されることなど気にせずに、犯行に及ぶ者も存在するためです。

このため、自動車の盗難対策を目的に防犯カメラを導入する際は、「人やナンバープレート、犯行の一部始終をしっかりと確認・記録できる防犯カメラ」を導入することが重要になります。

「人やナンバープレート、犯行の一部始終をしっかりと確認・記録できる防犯カメラ」を導入しておくと、仮にあなたの車が車上荒らしなどの被害に遭ったとしても、証拠として活用することができ、事件の早期解決に繋げることが可能です。

盗難対策を目的に防犯カメラを設置するなら、NTTのクラウドカメラがおすすめ

自動車の盗難対策を目的に防犯カメラを導入したいと考えているのであれば、NTT東日本・西日本が提供している「ギガらくカメラ」の設置を検討することをおすすめします。
NTTが提供する「ギガらくカメラ」で用意している防犯カメラなら、自動車を窃盗しようとする者を牽制できるのはもちろん、万が一盗難や車上荒らしなどの被害に遭った際も、証拠として大いに役立たせることができます。

また、NTTが提供する「ギガらくカメラ」が用意している防犯カメラは、「人感センサー」と呼ばれる「動体検知機能」や「音声検知機能」が搭載されていることも、盗難対策に効果的だと言える理由の一つです。

「動体検知機能」や「音声検知機能」は、防犯カメラ周辺で人の動きや声などを検知した際に、すぐにあなたの手元にあるスマホに知らせてくる機能になっているため、犯人が車両で逃走する前に「警察に通報したり犯人を取り押さえる」などの対処を講じることが出来ます。

このように魅力的な要素の多い「ギガらくカメラ」ですが、おすすめできる理由はこれだけではありません。

上記以外にも「ギガらくカメラ」が用意している防犯カメラが、自動車の盗難対策に最適だと言える理由は、下記があります。

・暗闇や夜間などの録画環境の悪い状況下でも鮮明に映像に記録できる
・スマホを活用して映像の確認や管理を行うことができる
・NTT東日本の専門スタッフのサポートを365日受けることが可能
・存在感のあるバレット型や小型のドーム型など様々な形状のカメラが用意されている
・逆光による白飛びや黒つぶれを防止できる
・360度監視できる「ズーム機能」や電源の確保が不要の「PoE給電」などの機能が豊富に搭載されている

上記のように、「ギガらくカメラ」では、自動車の盗難を防止できる様々な機能が搭載されているうえに、手厚いサポート体制が用意されているため、安心して運用し続けることが可能です。

自動車の盗難対策を目的に効果的な防犯カメラを設置したいと考えている方は、ぜひ検討してみてください。

月額費用は?

自動車の盗難対策を目的にギガらくカメラが用意している防犯カメラ導入する場合、初期費用の負担をかけずに、月々1,890円(税込)から防犯性に優れたカメラを運用することが可能です。

具体的には、ギガらくカメラの料金プランは以下の2パターンが設けられており、録画映像データの保存期間毎に定められた料金の中から好きなプランを選んで、盗難対策に大いに役立つカメラを運用することが出来ます。

・端末セットプラン:機能性に優れた防犯カメラがセットになっている料金プラン
・クラウドプラン:指定された防犯カメラを購入して、運用を開始する料金プラン

なお、それぞれの料金プランに定められた月額費用は、下記の通りです。
下記の価格は全て「防犯カメラ1台分」の利用料金になります。

【端末セットプラン】
録画映像データ保存期間7日間:3,300円
録画映像データ保存期間14日間:3,850円
録画映像データ保存期間30日間:4,180円
録画映像データ保存期間60日間:5,170円
録画映像データ保存期間90日間:6,160円
録画映像データ保存期間180日間:8,470円

【クラウドプラン】
録画映像データ保存期間7日間:1,870円
録画映像データ保存期間14日間:2,420円
録画映像データ保存期間30日間:2,750円
録画映像データ保存期間60日間:3,740円
録画映像データ保存期間90日間:4,730円
録画映像データ保存期間180日間:7,040円

※上記の料金は、2022年3月15日時点の価格になります。
※上記の料金は、全て税込価格になります。
※「端末セットプラン」を契約した場合、最低利用期間である24ヶ月以内に解約すると、5,500円(税込)の解約金が発生します。

ちなみに、ギガらくカメラが用意している防犯カメラの運用を開始する際は、初月の利用料の負担無しで利用を開始することが出来ます

防犯カメラの運用を開始する場合、選んだ機種によっては運用開始時にまとまった費用が必要になるケースもあるため、このように初期費用や初月利用料が無料になっているのは非常に魅力的です。

まとめ

自動車の盗難対策を目的に効果的な対策を講じたいのであれば、「機能性や防犯性に優れた防犯カメラを設置する」ことがおすすめです。
上記のような防犯カメラを設置することで、盗難や車上荒らしに遭うリスクを減らせるうえに、万が一トラブルに巻き込まれても証拠として活用することができるため、自動車を解体されてしまったり海外に送られてしまう前に早期解決に導くことが出来ます。

このため、この記事では、自動車を盗もうとする犯罪者を牽制できるうえに、駐車場の防犯性を高められる「ギガらくカメラ」のご紹介しました。
「ギガらくカメラ」が用意している防犯カメラは、駐車場で異変が起こった際にすぐにあなたの手元にあるスマホに知らせてくれるうえに、犯行の一部始終を記録することができるため、所有する自動車が犯罪行為に巻き込まれるリスクを大幅に軽減することが出来ます。

自動車の盗難対策を目的に防犯カメラを設置したいと考えている方は、ぜひ「ギガらくカメラ」の利用を検討してみてください。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /