集合住宅のWiFiが遅い!遅い理由と改善方法をご紹介

マンションやアパートなどの集合住宅では、「WiFiの通信速度が遅い」ことに不満を抱いている方は少なくありません。

また、上記のような不満を抱いている方の中には、「なぜ集合住宅のWiFiが遅いのか原因が分からない」などと悩んでしまい、対処できずに困っている方も数多くいます。

では、なぜ集合住宅では、「WiFiの通信速度が遅い」と感じる方が多いのでしょうか?

集合住宅に設置されているWiFiは、1本の配線を建物内の全住民の部屋に分配される仕組みになっていることで、WiFiの通信速度が低下しやすい傾向にあるためです。

しかし、集合住宅のWiFiの通信速度を遅くしている原因がそれだけとは限りません。

建物内の構造や各部屋に配線が分配されているからだけでなく、プロバイダ側に問題があったり、WiFiの機器自体が故障しているなど様々な要素が考えられます。

したがって、現在「集合住宅で使用しているWiFiの通信速度が遅い」と不満を感じており、WiFiの通信速度を改善した場合は、まず「集合住宅のWiFiが遅い原因」を把握したうえで、状況に合った改善方法を見極めることが重要です。

そのため、この記事では「集合住宅のWiFiが遅い原因」や「集合住宅のWiFiが遅い場合の改善方法」について、詳しく解説していきます。
集合住宅で使用しているWiFiの通信速度が遅いことに不満を抱いている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

集合住宅でWiFiが遅くなりやすい3つの理由

集合住宅で使用しているWiFiの通信速度が遅くなりやすい原因は、主に以下の3点が原因だと考えられます。

・集合住宅内のネット環境が共有型になっていることで遅い
・光回線でもWiFiが遅い場合はVDSL方式になっている
・プロバイダ側の問題により回線の通信速度が遅い

それぞれ詳しく解説していくので、WiFiの通信速度が遅い原因を見つける際の参考にしてみてください。

集合住宅内のネット環境が共有型になっていることで遅い

集合住宅で使用しているWiFiの速度が遅い理由は、「集合住宅内のネット環境が共有型になっている」ことが原因である可能性が高いです。

冒頭でも述べた通り、基本的に集合住宅に引かれているWiFiの回線は、1本の配線を各部屋に分配する仕組みになっており、1つの回線を全ての入居者で分け合う必要があるため、利用者が多ければ多いほど通信速度が低下しやすくなります。

実際に、タワーマンションなどの大規模な集合住宅は、インターネットを共有する方が多いことで満足にWiFiを使用できない状況が続きやすいため、「WiFiの通信速度が遅い」と不満を持つ方が多いです。

上記のような原因によりWiFiの通信速度が遅くなっている場合は、あなた自身で通信速度を改善するのは困難であるため、「利用者が少ない時間帯にWiFiを使用するなど」の対策を講じるようにしましょう。

例えば、集合住宅内で利用する方が少ない時間帯に利用することで、WiFiの通信速度を気にせずにインターネットを使用することができます。

一方で、マンションやアパートなどで設備としている「無料のインターネット回線」が遅い場合は、「契約しているネットの契約内容に問題がある」可能性も否めません。

通常、集合住宅の設備となる「無料のインターネット回線」は、住宅のオーナーさんや大家さんが契約した通信会社のネット回線が引かれているため、「ネット回線自体が低速なもの」を契約している可能性もあります。

近年主流になっている「光回線」以外のインターネット回線が契約されている場合は、契約内容に限らず通信速度が遅くなりやすいため、あなた自身で根本的な対策を講じる必要があることを覚えておいてください。

光回線でもWiFiが遅い場合はVDSL方式になっている

現在普及されているインターネット回線の中でも、「光回線」と呼ばれる「光ファイバーを活用してデータの通信を行う回線」は、通信速度が安定しているため、WiFiが遅くなると言った不満を抱かずに利用できます。

しかし、集合住宅に引かれている場合は、光回線でもWiFiが遅くなる場合があるのも事実です。

具体的には、光回線が「VDSL方式」になっている場合は、通信速度がかなり遅くなります。
「VDSL方式」とは、「光回線と電話回線を活用してデータの通信を行うインターネット回線」のことで、電柱から集合住宅内にある共有スペースまでは「光回線」、共有スペースから住宅内には「電話回線」に切り替えてネットに接続する仕組みになっているため、通信速度が遅くなってしまうのです。

しかも、「VDSL方式」は、通信速度が最大100Mbpsになっており、通常の光回線の最大速度(最大1bps)の10分の1程度の速度しかでないため、集合住宅内の共有型で使用するとかなり速度が低下しやすくなってしまいます。


このため、マンションやアパートなどの集合住宅の光回線が遅い場合は、オーナーさんや大家さんの許可を得たうえで、別の回線に乗り換えるなどの対策を講じるようにしてください。

プロバイダ側の問題により回線速度が遅い

マンションやアパートなどの集合住宅で使用しているWiFiの通信速度が遅い理由の一つに、ネット回線の接続サービスを提供している「プロバイダ側に問題がある」という点が挙げられます。

例えば、「プロバイダの通信設備機器が弱い」などです。
プロバイダの通信機器が万全な状態でないと、通信速度に悪影響を及ぼし、WiFiの速度が遅くなってしまいます。

また、「プロバイダが対応している通信方法」が原因で、通信速度が遅くなっているケースも珍しくありません。
具体的には、契約しているプロバイダが「IPv4」のみしか対応していない場合です。

インターネット回線には、以前まで主流になっていたデータの通信方法の規格である「IPv4」と最新のデータ通信方法となる「IPv6」の2種類があり、それぞれ以下のように特徴が異なります。

・「IPv4」:「2の32乗=約42億9,500万個までIPアドレスを割り当てられるインターネットプロトコルト(インターネットを接続する際の基本的なルールのこと)の一種」で、「PPPoE方式」という「NTE(網終端装置・ネットワーク終端装置)という設備を通過してインターネットに接続」しているのが特徴

・「IPv6」:「2の128乗個(およそ340澗(かん))のIPアドレスを割り当てられる最新のインターネットプロコルトの一種」で、「IPoE」という「インターネットに直接アクセスする接続」しているのが特徴

集合住宅で使用しているプロバイダが「IPv4」のみ対応だった場合、「インターネットに接続する際にNTEを経由してインターネットに接続する」必要があります。
しかし、この装置が1度に処理できる数には上限があるため、多くの人が同時にネットを利用すると装置自体が処理できず、ネット回線の通信速度を低下させやすくなってしまうのです。

一方で、「IPv6」は、「ネットワーク終端装置を経由せずに直接インターネットに接続できる方法」になっているため、装置が混雑していることで通信速度が遅くなることはありません。

このように、それぞれの通信方法には違いがあるため、集合住宅内のWiFiの通信速度が遅く上記で解説した2つの原因に当てはまらない場合は、「プロバイダがIPv4とIPv6のどちらに対応しているのか」を契約書などで確認してみてください。

仮に、あなたが住んでいる集合住宅のプロバイダが「IPv4」だった場合、「IPv6」対応のプロバイダに乗り換えるなどの対策を講じることで、通信速度の改善を図ることを期待できます。

集合住宅のWiFi速度が遅いときの改善方法

アパートやマンションなどの集合住宅で使用しているWiFiの通信速度が遅い場合、以下の4つの改善方法を活用してみてください。

・混雑する時間外を利用する
・光回線ならIPv6方式になっているか確認する
・VDSLタイプからファミリータイプへ変更する
・利用しているWiFiのネット回線を乗り換える

それぞれについて、詳しく解説していきます。

混雑する時間外を利用する

マンションやアパートなどの集合住宅で使用しているWiFiの通信速度が遅い場合、「混雑する時間以外の時短帯」にインターネットを利用してみてください。

通常、集合住宅で使用されているインターネット回線は、家に滞在している住民が多い「夜間や休日」が混みやすい傾向にあるため、混雑しやすい時間帯を避けることでスムーズにネット回線を利用しやすくなります。

また、大容量のデータ通信を行いたい時も、上記の時間帯を避けて行うのがおすすめです。

例えば、動画や音楽などをダウンロードしたい場合、YahooやChromなどのwebサイトを閲覧するよりも多くのデータ通信を行う必要があるため、混雑する時間帯を避けることで時間をかけずにファイルなどを読み込むことができます。

ただし、混雑しやすい夜間や休日を避けたからと言って、必ずしもスムーズにWiFiを使用できるとは限りません。
近年、世界中に蔓延した新型コロナウィルスにより、在宅ワークを行うことが増えていることで、平日や昼間であってもネット回線が混雑しやすくなっています。

このため、混雑する時間帯や曜日を避けてもWiFiの通信速度が改善されない場合は、契約しているネット回線を乗り換えるなどの根本的な対策を講じることを検討してみてください。

光回線ならIPv6方式になっているか確認する

集合住宅が契約しているインターネット回線が「光回線」で、WiFiの通信速度が遅い場合、「契約しているプロバイダがIPv6方式になっているのか」を確認してみてください。
上記でも解説した通り、プロバイダが「IPv4方式」になっている場合、終端装置が混雑していることで、集合住宅内のWiFiが遅くなっている可能性があるためです。

仮に、集合住宅が契約している「光回線」が「IPv4方式」になっていた場合、今後もWiFiの通信速度の遅さに悩まされることになってしまうため、できるだけ早く対策を講じる必要があります。

このため、まずは契約しているプロバイダに「現在どちらの通信方法が適応されているのか」を問い合わせてみてください。
その際に、「IPv4方式」になっているのであれば、「IPv6方式」のプランへ変更できるのかも確認するようにしましょう。

プロバイダによっては、「IPv4方式」とは別に「IPv6方式」のプランを用意している通信会社もあるため、あなたに適応されているプランを変更してもらえるかもしれません。

VDSLタイプからファミリータイプへ変更する

集合住宅のネット回線がVDSLタイプでWiFiの通信速度が遅い場合は、「VDSLタイプからファミリータイプへ変更する」のがおすすめです。

VSDLには、「マンションタイプ」と「ファミリータイプ」の2つの料金プランが設けられており、「マンションタイプ」は速度が遅くなりやすいといった特徴があるため、ファミリータイプの光回線へ切り替えることで通信速度が改善されることを期待できます。

ただし、全ての集合住宅の方が「ファミリータイプ」に切り替えられる訳ではないことを覚えておきましょう。
分譲マンションやタワーマンションなどの高層階などの集合住宅の場合は、建物の状況によっては、ファミリータイプの工事ができない可能性があります。

このため、現在使用しているネット回線がVDSLの「マンションタイプ」で、「ファミリータイプ」へ切り替えたいと考えている方は、「光回線の代理店窓口」などに相談を行ってみてください。
こういった窓口に相談を行うことで、あなたが住んでいる集合住宅の構造や規模などを精査したうえで、工事の有無を見極めてくれます。

利用しているWiFiのネット回線を乗り換える

上記3つの改善方法を行なっても集合住宅内のWiFiの通信速度が遅いのであれば、「利用しているWiFiのインターネット回線を乗り換える」ことをおすすめします。

例えば、「IPv6方式」のプランを用意している「光回線」に乗り換えを行うことで、利用する時間帯を気にかけることなく、いつでも安定した速度でインターネットを利用することが可能です。

ただし、一口に「IPv6方式」のプランを用意している「光回線」と言っても、様々な業者が提供を行なっているため、それぞれの特徴を把握したうえで、「あなたが住む集合住宅に合った通信事業者を選ぶ」ことが重要になります。

闇雲に「光回線」を導入してしまうと、あなたが住む集合住宅に適さないネット回線を導入してしまい、「せっかく乗り換えを行なったのにWiFiの通信速度が改善されない」などの不満を抱きかねません。

このため、慎重に各業者を見比べて、契約するネット回線を見定めるようにしてください。

なお、あなたが住む集合住宅に適した「光回線」がどれなのか、あなた自身で見極められないという方は、下記のページから「光回線の代理店窓口」に問い合わせるのがおすすめです。

こちらの窓口では、「どの光回線が適しているのか」などの相談を受け付けているため、あなたが住む集合住宅に適した通信会社やプロバイダを見極めることができます。

しかも、下記の窓口では、インターネット回線の乗り換え時の申し込みも同時に行うことも可能です。
簡単な申し込み手続きを行うことで、インターネット回線に関する契約手続きなどを代行してもらえるため、手間をかけずに快適に利用できるネット回線を導入することができます。

ぜひ、下記のページからお気軽にお問い合わせください。

インターネット・WiFiの乗り換えの相談・お申し込みはこちら

通信速度が遅い状況が改善されない場合は戸建用の光回線を引くのがベスト?

ここまで、集合住宅で使用しているWiFiの通信速度が遅い場合に効果的な改善方法について、詳しく解説してきました。
上記で紹介した対策は、集合住宅内のWiFiの通信速度を改善できることを期待できる方法であることは間違いありません。

しかし、「IPv6方式」に接続したり、ルーターなどの無線機器のメンテナンスを行なうなどの対策を講じてもWiFiの通信速度が改善されない場合があるのも事実になります。

具体的には、集合住宅のネット回線が「マンションタイプ」のプランになっている場合です。
「マンションタイプ」は、「電柱からマンションの共有部分までインターネット回線を引き込み各住民宅に配線する」仕組みになっているため、上記で紹介した方法を行なってもWiFiの通信速度を改善できないケースが存在します。

このため、上記に該当する場合は、「戸建て用の光回線(ファミリータイプ)を引く方法」が改善策として最適解だと言えます。
戸建て用の光回線は、「電柱から直接あなたの部屋に配線する」仕組みになっているため、ネットの集中混雑などの影響を受けずに、スムーズにネット回線を使用することが可能です。

もちろん、集合住宅であっても「戸建て用の光回線」を引けるので、オーナーさんや大家さんに確認を行ったうえで、プランの変更・切り替えを検討してみてください。

ファミリータイプの光回線を使用するメリットと注意点

「ファミリータイプ(戸建て用)の光回線」を使用するメリットは、「通信速度が速い」点です。
上記でも解説した通り、ファミリータイプのプランは「電柱からあなたの部屋に直接配線される仕組み」になっているため、光回線をあますことなく利用することができます。

「マンションタイプ」を使用していた場合、集合住宅内の他の住民が同時にインターネットを利用してしまうと回線が混雑し、ネット回線を満足に利用することが困難な状況に陥りやすいため、このようにフルで光回線を使用できるのは非常に大きなメリットです。

ただし、そんな魅力的な「ファミリータイプの光回線」にも注意しなければならない点があります。
ファミリータイプの利用を検討する際に注意する必要がある点は、下記の通りです。

・集合住宅によっては、工事ができない場合がある
・料金がマンションタイプよりも1,000〜2,000円高く設定されている
・ネット回線を開通するまでに1ヶ月前後かかる

このように、「ファミリータイプの光回線」は、工事の有無や料金、開通日までに日数がかかると言ったデメリットが存在するため、これらの内容を把握したうえで切り替えを検討するようにしてください。

集合住宅で使用する回線を乗り換える場合の注意点

集合住宅で使用するネット回線の乗り換えを行う場合、以下の3つに注意する必要があります。

・現在契約しているWiFiのネット回線の解約金がかかるか確認する
・プロバイダのメアドが変わる
・集合住宅が属する地域が対応エリアかどうか確認する

それぞれ詳しく解説していくので、乗り換えを検討する際の参考にしてください。

現在契約しているWiFiのネット回線の解約金がかかるか確認する

集合住宅で使用するWiFiのインターネット回線を乗り換える場合、「現在契約中のネット回線の解約金がかかるのか」を確認することが必要です。

基本的に、どの通信事業者も「長期間自社が提供するネット回線を使用してもらいたい」と考えていることで、最低利用期間を設けているため、この期間内に解約をしてしまうと違約金を請求される可能性があります。

このため、インターネット回線の乗り換えを行う際は、事前に「現在契約中の通信事業者に問い合わせて解約金の有無を確認」するようにしてください。

ちなみに、光回線を提供している事業者の中には、「他社からの乗り換えで発生する違約金を10万円まで負担する」キャンペーンを行なっている業者があります。
光回線を提供する通信事業者が行なっているキャンペーンや特典を利用することで、乗り換え時の違約金の負担を無くすことが可能です。

このため、乗り換えを検討している方は「キャンペーンなどを利用して負担なしで乗り換えを行えるのか」について、先ほど紹介した下記の窓口を利用してみるのも良いでしょう。

インターネット・WiFiの乗り換えの相談・お申し込みはこちら

プロバイダのメアドが変わる

現在使用しているインターネット回線から光回線に乗り換えを行う場合「プロバイダのメールアドレスが変更」になります。
通常、インターネット回線を解約する場合、同時に契約中のプロバイダも解約することになり、現在利用しているメールアドレスも自動的に消失してしまうためです。

このため、現在プロバイダのメールアドレスを使用している方は、事前に「gmailやYahooなどのフリーアドレスを新規作成する」などしておくようにしてください。
乗り換えを行なっておく前にメールアドレスを作成しておくことで、アドレス変更の連絡のやりとりがしやすくなります。

集合住宅が属する地域が提供エリアかどうか確認する

乗り換えを行う光回線を選ぶ際は、「集合住宅が属する地域が提供エリアなのか」を確認する必要があります。
インターネット回線を提供している通信事業者の中には、対応していないエリアも存在するためです。

実際に、全国広範囲のエリアに光回線を提供しているNTTの「フレッツ光」であっても、人口が少ない地域や山奥の地域など、未対応のエリアが存在しています。

このため、集合住宅で使用する光回線を選ぶ際は、まず「その通信会社がどのエリアに対応しているのか」を公式ホームページなどで確認するようにしてください。

まとめ:集合住宅で使用するWiFiが遅い場合は光回線の乗り換えるのがおすすめ!

この記事では、マンションやアパートなどで使用しているWiFiの通信速度が遅くなる原因について、効果的な対策方法を交えて詳しく解説しました。

今回紹介した対策方法を活用することで、WiFiの通信速度を改善でき、「集合住宅内のWiFiの通信速度が遅い」という不満を解消できるはずです。

とはいえ、改善方法を行なっても、通信速度が変わらないケースも稀にあります。

例えば、集合住宅で使用しているネット回線が「マンションプラン」の場合などです。
上記のケースは、プラン自体の配線の仕組みに問題があるため、別のプランに切り替えるなどの根本的な対策を講じないと通信速度を改善に導けません。

こういった、全ての改善方法を行なっても集合住宅内のWiFiの通信速度が改善されなかった場合は、「光回線へ乗り換え」を行うのがおすすめです。
様々なインターネット回線の中でも、光回線は基本的に安定した速度で利用することができるため、WiFiの通信速度が遅くなるといった不満を解消することが期待できます。

しかも、光回線に乗り換えた場合のメリットはそれだけではありません。

選んだ通信事業者によっては、現在契約中のネット回線の解約金を負担してもらうことができます。
通信事業者の中には、「乗り換え時の解約金を10万円まで負担する」といったキャンペーンを行っている業者もあるため、解約金が発生する方はそういった業者を探してみてください。

なお、下記の「光回線の代理店窓口」では、インターネット回線の乗り換えに関する相談と申し込み手続きを行なっています。
簡単な手続き方法で乗り換えの受付や申し込みを行うことができるため、手間をかけずにインターネット回線を導入することが可能です。

さらに、「自身の状況に合った光回線はどの通信事業者?」や「キャンペーンを利用してインターネット回線を乗り換えるにはどの通信事業者を選べば良いの?」などの相談にも乗ってくれます。

集合住宅のWiFiの通信速度が遅いことに不満を抱いている方やインターネット回線の乗り換えを検討したいと考えている方は、ぜひ下記のページからお問い合わせください。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /