電気の解約手続きを忘れて引っ越したらどうなる?解約忘れの対処法を紹介!

電気は基本的に引っ越し時に解約するものですが、もし忘れてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?

この記事の中では、電気の解約手続きを忘れてしまった場合の対処法についてご紹介したいと思います。

電気の解約をせずに引っ越すとどうなる?

引っ越す時に、電気を解約するのを忘れてそのままにしてしまったらどうなるのでしょうか?

あらゆる可能性を考慮して考えていきたいと思います。

電気の解約忘れに気づいたらすぐに電力会社に連絡を

電気や水道、ガスなどは通常引っ越しをする前に解約手続きを行うものですが、うっかり忘れてしまって引っ越しをした後に気づいた時にはどうすればいいのでしょうか?

まず行うべきは電力会社への連絡です。

解約をした月の電気料金は日割りで計算されるため、早く解約手続きをしないとその分余計に電気料金を支払わなければいけなくなるからです。

うっかりしていて何ヶ月も余計にお金を支払っていた…ということにならないように気をつけましょう。

解約し忘れた電気料金の請求は誰に来る

解約し忘れの電気料金は、誰が支払うべきなのでしょうか?

事例を交えて解説していきます。

基本的には契約者に請求が来る

電気契約は、基本的に個人と電力会社の間で結ばれます。

そのため、退去後であっても解約していない電気料金は契約した人が支払うのが原則です。

時々こういった事例があるようで、退去してからの電気料金は大家さんや管理人が支払うべきでは?という意見も見ます。

しかし、電気料金の契約には大家さんなどは関係していないため、こういったトラブルがあっても解約し忘れた前居住者が支払うことが基本。

ただ、法律的に定義されているわけではないので、管理会社によっては大家さんが支払うべきであると判断されることも。

賃貸物件の場合は、引っ越し後に前居住者が支払う必要はありません。

新しい入居者が電気を使っていた場合は?

非常に珍しいケースですが、引っ越した後の部屋で新しい入居者が前居住者の名義で電気料金を使っていたらどうすればいいのでしょうか?

まずは大家さんや管理会社に相談し、新しい入居者に確認してもらいましょう。

予期せぬトラブルが生まれる可能性もあるので、間違っても自分が住んでいた部屋に乗り込むなどの行動はしないでくださいね。

第三者が利用している確認が取れたら電力会社に既に退去した旨を伝え、すぐに解約してもらいましょう。

退去後も電気料金を支払っていた証拠として、通帳やクレジットカードの明細を用意しておきます。

大抵の場合は新しい入居者が返金してくれるはずですが、悪質な人だったら支払いを拒否されるかもしれません。

万が一そのような場合になったら、余計に支払っていた分の電気料金を取り返すのは難しいかもしれません。

このように、少額であっても金銭関係のトラブルは尾を引くので、引っ越しを決めたら余裕を持って解約手続きを行いましょう。

まとめ:電気の解約手続きを忘れて引っ越したらどうなる?

今回は引っ越し時に電気の解約を忘れてしまった場合の対処法について解説いたしました。

この記事のポイント

CHECK!
  • あくまでも電気料金は会社と個人で契約するため、支払義務は契約者にある。

  • 退去後に支払っていた電気料金を大家さんや管理会社に負担してもらうことはほぼ不可能。

  • 新しい入居者が電気を勝手に使っていた場合はすぐに管理者と電力会社に連絡するべし!

まるっとでんきなら電気の解約もサポート!

まるっとでんきでは、忙しい引っ越しの時にも対応可能。

引っ越し先での利用を申請すれば、前に住んでいた部屋の電気契約の解約もサポートしてくれます。

自分だけではこまごまとした手続きを忘れてしまいそう!という場合にもおすすめです!