電気代とガス代はどちらの方が安いの?お得にすることは出来る?

「電気代とガス代はどちらが安いか?」というのは、長年考えられているテーマですよね。

そこで本記事では、

  • 電気代とガス代の比較
  • 季節ごとの料金の変化について
  • ガスの種類による料金の差
  • お得に利用したい人におすすめのサービス

について解説したいと思います。

電気代とガス代はどちらが安いの?

電気代とガス代は結局どちらの方が安いのでしょうか?

家を建てる時や、引越しをする時に知っておきたいですよね。

最近はオール電化にする人も増えていますが、ガスと併用する場合との違いが知りたいという方も多いはず。

用途ごとに解説していきたいと思います。

【料理を作る時】

例えば、カレーを作るとしてどちらの方法がコストが抑えられるのでしょうか?

(調理時間30分と仮定)

電気:38円

都市ガス:17円

 

【お風呂】

300リットルのお風呂を40度にするためには、以下のようなコストがかかります。

電気:265円

都市ガス:116円

※電気代は東京電力のオール電化向けプラン、ガス代は東京ガスの料金で算出しています。

このように、電気で熱を作るよりもガスを使った方が割安にできることが分かります。

ただし、オール電化には夜間利用が安くなるプランもあり、火を使わないことで安全性も確保できるなどのメリットもあります。

参考https://enechange.jp/articles/gas-electricity-compare#i-8

季節によってそれぞれの(光熱費)料金は変わってくる

季節によって光熱費の利用量は変化します。

電気・ガスともに利用量が増えるのは冬になり、冬向けのプランを設けている会社もあります。

電気会社では時間ごとに使用料金が安くなるプランもあり、蓄熱式の家電を用いることで電気代が安い時間に電気をためておけます。

ガス会社は、床暖房などの利用者向けに冬季のガス代が割安になるプランもあり、自分の目的に合った内容のものが選べます。

また、電気もガスも地域によって基本料金や使用単価が異なります。

プロパンガス利用の場合は大抵電気代よりもガス代の方が高い

ガスにはプロパンガスと都市ガスがあり、お得に使えるのは都市ガスです。

プロパンガスは一般的にコストが高くなる傾向があり、ケースにもよりますが電気代と比較してもプロパンガスの方が高くなることが多いです。

プロパンガスは、配送コストが必要なこと、少量で多くのエネルギーが利用できることから、都市ガスよりも高くなるのは仕方がない要素もあります。

しかし、会社ごとの料金設定によるところも大きく、悪質な会社では使用料金が異常に高かったり、機器レンタル代が高く設定されているところもあります。

地域的にプロパンガスを利用するしかない場合は、料金についてきちんと説明してくれる会社を選びましょう。

お得に暮らすならまるっとシリーズで決まり!

電気代やガスの料金を抑えて、光熱費をお得にするのならまるっとシリーズがおすすめ。

まるっとシリーズでは、1つの窓口で電気・ガス・インターネットなどが管理・手続きが可能です。

まるっとでんきは、単一料金制なのでオール電化やファミリー層の方にご好評いただいております。

まるっとガスに切り替える時は、手間がかからず簡単に乗り換えられるので、初めて新会社を利用する方にもぴったり。

複数のサービスをご契約いただくと、まとめて割引がご利用できるので毎月の支払いもお得になります!

さらに、全てのサービスはアプリで一括管理できるので、それぞれ個別に確認する必要はありません。

まとめ:電気代とガス代はどちらの方が安いの?お得にすることは出来る?

いかがでしたか?今回は、電気代とガス代について比較いたしました。

CHECK!
  • 単純比較するならガス代の方が安いことが多い
  • 季節や設備によって実質負担額は変わる
  • プロパンガスだと費用が高額になる
  • サービスをまとめてお得に使うならまるっとシリーズがおすすめ

上記の4点がポイントでした。

電気もガスもそれぞれメリット・デメリットがあるので、情報収集をして色々と比較してみると自分にあった方法が選べるでしょう。