電気料金を節約するなら3段料金の仕組みを知ろう!

最終更新日:

電気料金は会社によって計算方法が違います。

3段料金というシステムを採用している電力会社も多いですが、詳しく仕組みを知っているという方は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、

  • 電気料金の3段料金について
  • 3段料金システムで節約する方法
  • 費用を抑えるために他におすすめの方法

について解説いたします。


  • LINEで送る

電気料金の3段料金とはそもそも何?

電気料金の3段料金とは、一体どんなシステムなのでしょうか?

使用量の内訳を詳細に見たことがないという方のために、この項で詳しく解説していきます。

3段料金とは、簡単に説明すると「電気の使用量ごとに電気代の単価を変えるシステム」のことを指します。

  • 1段料金(使用量が月間120kWh未満)
  • 2段料金(使用量が月間120kWh~300kWh未満)
  • 3段料金(使用量が月間300kWh以上)

上記の3段階で下に行くほど電気料金の単価が上がっていく仕組みです。

なぜ使えば使うほどに単価が上がるのかというと、この仕組みが始まったのは石油危機がきっかけでした。

利用者の節電や省エネルギーを促す目的で、使用量が少ないほど単価が抑えられる料金体系が作られたのです。

電気料金の3段料金で節約するには?

3段料金制で電気料金を節約するためには、電気の使用料を抑えるしかありません。

1人暮らしで自分で電気の使用量がコントロールできる場合は、なるべく月間の使用量を抑える工夫が節約に繋がります。

また、消費電力が抑えられる家電などを活用するのもおすすめです。

省エネ家電を利用したり、照明を電力消費が少ないLEDに変えるのも意外と効果的。

仕事などで家にいる時間が限られる場合は、時間ごとに電気料金の単価が変わるプランに切り替えるのもいいでしょう。

あまり注目している人は多くないですが、契約しているアンペア数を見直すのもおすすめです。

高いアンペア数から変えることで、基本料金を抑えられます。

電気料金の負担が大きく費用を抑えられない場合は?

もし、節制しても電気料金が節約できない場合は、電力会社の見直しも有効な方法です。

特に家族が多い世帯や、オール電化のお家に住んでいる方は、気を付けていても電気の使用量は増えてしまうもの。

電力の自由化で、私たち個人でも自由に電力会社を選べるようになりました。

プランや料金、サービスの内容によって自分に最適な内容のものを契約できるようになったのです。

新電力会社は数も多く、規約やサービスも会社によって変わります。

自分の生活スタイルに合った内容のものを選ぶとよいでしょう。

電気をよく利用するご家庭には、「単一料金性の電力会社」がおすすめです。

まるっとでんきは単一料金なので安心

電気の使用量が多いご家庭や、オール電化を取り入れている方におすすめなのが「まるっとでんき」です。

まるっとシリーズの電気サービスなのですが、使用量に関係なく電気料金の単価が単一なので計算がしやすいのが大きな特徴です。

1ヵ月300kWh以上使用した場合は、最大20%も料金がお安くなるんです。

新電力会社では契約期間内に解約すると違約金が発生するところも多いですが、まるっとでんきでは最初から最後まで手数料などは不要です。

新電力の利用が初めての方も、お気軽に始められますよ!

まとめ:電気料金を節約するなら3段料金の仕組みを知ろう!

いかがでしたか?今回は、3段料金という電気料金についてご紹介しました。

使用量によって単価が変わると、計算が複雑になるし節約の工夫も大変ですよね。

本記事でご紹介した「まるっとでんき」のようにお得に電気が使えるサービスへ切り替えるのも、電気料金の節約に繋がりますよ。

まるっとでんきは電気代を気にするファミリー層には、ピッタリのサービスですので、電気代が気になっているご家庭は是非ご検討くださいませ。

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る