Wi-Fi不要の防犯カメラの種類は?ネットなしで使える防犯カメラについて

最終更新日:

防犯カメラはWi-Fiに接続して使うモデルも増えています。
しかし、店舗によってはネット環境や安全面、費用的な面などからネットなしで使える防犯カメラが良い!というケースもあるかもしれません。
そこで今回は、インターネット不要で使える防犯カメラについて詳しく解説いたします。


  • LINEで送る

Wi-Fi不要の防犯カメラを使うメリット

Wi-Fi不要の防犯カメラを使うことには、以下のメリットがあります。

通信費を節約できる

Wi-Fiや有線接続して使うタイプの防犯カメラは、常時ネットワークに接続する必要があります
店舗でそれほどネットを使わない場合でも、防犯カメラのためにネット整備をしなければなりません。
設置工事不要で自分で付けられるカメラを選べば、さらにコストが節約できます

ネット環境がなくても使える

地域や店舗の場所によっては、ネット接続が不安定なところもあるでしょう。
市街地や都心部であっても、地下や建物の素材によっては思うようにネットが繋がらないというケースも
Wi-Fi不要の防犯カメラなら、そのような状況でも店舗内外に異変がないか確認できます。

セキュリティ面に強い

ネットワーク接続して使うカメラは、ハッキング被害にあう可能性もあります。
データを暗号化するなど対策は取られていますが、多少なりともリスクは存在しているのが実情です。
Wi-Fi不要の防犯カメラなら、外部から不正にアクセスされることはありません。

Wi-Fiいらずで使える防犯カメラには種類がある

Wi-Fiなしで使える防犯カメラには、複数の種類があります。
以降では、それぞれのタイプごとに解説していきたいと思います。

AHDカメラ

AHDはアナログハイビジョンの頭文字から取られた名称です。
カメラを電源に接続して使うタイプで、ネット不要の防犯カメラの代表的なものです。
名称の通りアナログ配線でありながらハイビジョン画質で録画できるので、証拠映像として十分使用できます。

屋外に設置する場合は設置工事が必要ですので、セルフセッティングは難しいでしょう。
複数の配線が必要となりますが、見た目をすっきりさせる配線ボックスなどもあるので施工業者に相談することをおすすめします

トレイルカメラ

トレイルカメラ電池を入れて使うタイプで、電源などが不要なので設置する場所を選ばないのが特量です。
太陽光電池を搭載したモデルもあり、キャンプなど屋外でも使えます。

一般的なトレイルカメラは常時撮影するのではなく、センサーなどで人の体温を感知した時だけ作動するといったものが多いです。

屋外にトレイルカメラを設置する場合は、ただ置いておくだけでは盗難のリスクもあるためベルトや鍵付きのチェーンなどで固定するとよいでしょう。
外に置く際は、カメラの端末が十分な防水規格を満たしているか確認してください。

モニター付きのカメラ

ネット不要で、屋外に設置したカメラの映像をモニターで確認できる機種もあります。
親機(モニター)とカメラがあらかじめペアリングされて配送されるので、設置すればすぐに使用開始できます。
ネット環境がない店舗や、ケーブルを屋外に引きのばすのが面倒な時にも使えます。

まとめ:Wi-Fi不要の防犯カメラの種類は?ネットなしで使える防犯カメラについて

Wi-Fi不要の防犯カメラは通信費の削減に繋がる不正アクセスされないといったメリットを持つことが分かりました。
種類もAHDや電源不要のトレイルカメラなど色々とあるので、ネットがなくても店舗の防犯性を高めることができるでしょう。

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る