「引っ越し手続きめんどくさい!」そんなあなたにオススメのサービスまとめ

最終更新日:

引っ越しが決まって「引っ越しか…めんどくさいな」と悩む人も多いのではないでしょうか。

新生活にワクワクする気持ちがある一方、やらなければならない手続きや荷造りのことを考えると、「ただでさえ忙しいのに」と憂鬱になることも。

「新居を選ぶまでは楽しかったけど、引っ越しに向けた事務的な手続きや作業が始まるとめんどくさいと感じる」という人もいるかもしれませんね。

特にめんどくさいと思われがちなのは「電気・ガス・水道などライフラインの転居手続き」「荷造りと荷ほどき」「役所で住民票を移動させる手続き(転出・転入届の提出)」です。

そこでこの記事では、「引っ越しのめんどくさい手続きや作業」の負担を軽減・削減できる「オンライン手続き」や「代行サービス」について、手続き・作業別に紹介します。

「そんなことがネットでできるんだ」と驚くような便利なサービスも始まっています。

この記事を最後まで読んでいただければ、めんどくさい手続きをラクにして引っ越しにかける労力を減らす方法がわかるはずです。

めんどくさいライフラインの引っ越しをかんたんに!

ライフライン(電気・ガス・水道・インターネット)の転居手続きを「めんどくさい」と感じる人は多いです。

そこでこの章では「ライフラインの引っ越し手続きがめんどくさがられる理由」と「めんどくさい手続きをラクにする方法」を紹介します。

ライフラインの引っ越し手続きがめんどくさい理由

ライフラインの引っ越し手続きをめんどくさいと感じる理由は以下のとおりです。

  • 各事業者に個別に連絡するのがめんどくさい(旧居の解約と新居の契約手続きが必要)
  • 連絡先がわかりにくく、調べるのがめんどくさい
  • 窓口の電話が繋がりにくい
  • 窓口が空いている時間に電話できない
  • ネットで手続きするにしても、同じ情報を何度も入力するのがめんどくさい
  • 新居で使える回線や、オトクなプランを探すのがめんどくさい(インターネット)
  • ネット受付してくれない自治体がある(水道局)

電気・ガスなどそれぞれに連絡先が違うため、以下のような体験談もよく聞きます。

  • どこに連絡して、どこは連絡してないのか忘れて困った
  • 忙しくて、つい手続きを忘れる
  • 手続き方法がそれぞれ違うから混乱した

ライフラインの引っ越し手続きを一括で行えるサービス2選

ライフラインの引っ越しは、電気・ガス・水道とそれぞれに連絡しているとかなりめんどくさいです。

別々の会社に連絡しなければ行けないうえ、遠方への引っ越しですと「旧居での利用停止についての連絡先」と「新居での利用開始についての連絡先」が違うことも多いからですね。

そのため「まとめて一括で全部手続きできたらラクなのに」と思う方も多いでしょう。

そんな方のために、ライフラインの引っ越し手続きが一括でできるサービス(引っ越し手続き一括代行サービス)があります。


引っ越しする人からのニーズが高いので、さまざまな事業者からサービスが提供されていますよ。

利用者が多いおすすめの引っ越し手続き一括代行サービスを2つ紹介します。

会員登録なし!手軽で時短な「まるっと!一括引越し窓口」

手軽かつ時短でライフラインの引っ越し手続きを終えたいなら、「まるっと!一括引越し窓口」が向いています。


「まるっと!一括引越し窓口」には以下のような特徴があるからです。

メリット ・無料
・電気・ガス・水道・インターネットの引っ越し手続きが代行可能
・電話1本で代行依頼できる
・フォームでの代行依頼もOK(24時間受付)
・会員登録が必要なく、気軽に利用できる
・新電力・新ガスなどオトクなライフラインを提案してくれる
・全国規模で利用可能
・引っ越しがキャンセルになったときの対応も可能
デメリット・注意点 ・解約手続きのみの利用はできない
・水道の手続きのみの利用はできない
・オール電化やプロパンガスは代行できない
・地域によっては一部の手続きが代行依頼できない
・当日手配だと間に合わない可能性も

「まるっと!一括引越し窓口」が他の一括代行サービスと大きく違うのは、会員登録が不要ということ。会員登録がなく電話1本で依頼が済むので、かなり手軽です。

電話が繋がりやすいので、窓口に電話が繋がらなくてイライラする必要もありません。

また電気やガスはオトクな新電気・新ガスを提案してくれるため、引っ越し先での光熱費を安くできる可能性が大。

引っ越し先エリアや家族構成などに合わせてプランを提案してくれるので、「新電力・新ガスに興味はあるけど、会社が多すぎて自分で比較するのはめんどくさい」という方にぴったりです。

「もう少し詳しく知りたい」という方は、以下のバナーから詳細をチェックしてみてください。

東京電力グループで安心!関東エリアなら「引越れんらく帳」


関東エリアでの引っ越しなら「引越れんらく帳」も利用する方が多いサービスです。


東京電力グループが運営している一括代行窓口なので、安心感があるからでしょう。

引越れんらく帳には以下のような特徴があります。

メリット ・無料
・電気・ガス・水道・インターネットの引っ越し手続きが代行可能
・固定電話の引越し手続きも可能
・24時間受付可能
・必要な手続きをリスト化してくれる
デメリット・注意点 ・会員登録が必要
・手続きはインターネットのみ
・手続きできる事業者・水道局が限られている(関東エリアに偏っている)

引越れんらく帳は便利ですが、会員登録が必要で手続きはインターネットのみです。

また東京電力グループが運営していることもあり、手続きできる事業者や水道局が関東エリアに偏っていて、やや少ない印象も受けます。

具体的に、引越れんらく帳から手続きできるライフライン事業者は以下のとおりです。

電気 ・東京電力
・中部電力
・ソフトバンクでんき(ソフトバンク)
・auでんき、Pontaでんき(KDDI)
ガス ・東京ガス
・武陽ガス
・日本瓦斯
・京葉ガス
・大多喜ガス
・武州ガス
・大東ガス
・堀川産業
・東邦ガス
・都市ガス for au
水道 ・東京都水道局
・昭島市水道部
・羽村市上下水道部
・武蔵野市水道部
・神奈川県営水道(神奈川県企業庁)
・千葉県営水道(千葉県企業局)
・柏市水道部
・八千代市上下水道局
・流山市上下水道局
・長生郡市広域市町村圏組合水道部
・さいたま市水道局
・久喜市上下水道部
・つくば市水道事業
・富岡市水道局
・宇都宮市上下水道局
・豊中市上下水道局
・春日那珂川水道企業団
インターネット ・ソフトバンク光/Air
・ドコモ光
・TEPCOひかり
・@T COM
固定電話 ・NTT東日本
・NTT西日本

上記は2022年2月時点の情報であり、これから利用できる事業者が増える可能性もあります。ただ「これだと私は利用できないな」「手続きしたい事業者がないな」という方も多いのではないでしょうか。

結論をいうと、「引越れんらく帳」は関東エリアでの引っ越しで「手続きしたい事業者が全てカバーされている」という方にはおすすめです。

めんどくさい引越しの荷造り・荷ほどきをかんたんに!

引っ越しにはつきものの「荷造りと荷ほどき」も、「めんどくさい」と感じる人が多い作業です。

「食器が割れないように」「大事な服にシワがつかないように」など、気を使いながら丁寧に梱包したり開梱したりするのは、とても面倒ですよね。

「引っ越し後は必要最低限の荷ほどきだけして、他の荷物は数か月もダンボールに入ったまま」「新居の一室はダンボール部屋と化している」という人もいるかもしれません。

そこでこの章では「荷造りと荷ほどき」を代行してくれるサービスについて、メリット・デメリット・料金を比較しながら紹介します。

引っ越し時に利用できる荷造り・荷解きサービスは3種類


荷造り・荷解きを代行してもらいたい場合、主に以下の3種類のサービスが利用できます。

  • 引っ越し会社の荷造り・荷ほどきオプションプラン
  • 荷造り・荷解き専門の代行サービス
  • 家事代行サービス

一般的に「荷造り・荷ほどき代行サービス」や「家事代行サービス」のほうが、大手引っ越し業者のオプションプランより割安です。

3つのサービスの特徴を簡単にまとめておきますね。

サービス 主な業者 特徴
引っ越し会社のオプションプラン ・サカイ引越センター
・アート引越センター
・クロネコヤマトの引越サービス
・楽々荷造り引越サービス など
・地域問わず利用できる
・引越し作業との連携がスムーズ
・料金は見積もりするまでわからず、高め(通常料金の3~4割増しが相場)
荷造り・荷解き専門の代行サービス ・荷造りサービスコンポ
 など
・対応可能地域が限定されるサービスも多い
・料金がわかりやすく、安め
家事代行サービス ・キッズライン
・イプニー
・ベアーズ
・カジー など
・荷造り・荷ほどきの専門スタッフではない
・荷造り以外(掃除など)も依頼できる
・料金がわかりやすく、安め

では次から、具体的なサービスについて詳しく紹介していきます。

【引っ越し業者】楽々荷造り引越サービスの料金・特徴

「楽々荷造り引越サービス」は、関東エリアからの引越しに特化した「荷造り付きの引っ越し業者」です。

大手引っ越し業者とは異なり、荷造り付きの引っ越しをメインとしています。

大手引っ越し業者の場合、荷造り・荷ほどき付きプランの料金は見積もりするまでわからず、しかも高めになることが多くなっています(通常料金の3~4割増しが相場)。

しかし「楽々荷造り引越サービス」だと荷造り付きが基本なので、料金がわかりやすく安いのが魅力です。荷造りのみの代行も頼めます。

楽々荷造り引越サービスの料金やメリット・デメリットは以下のとおりです

料金目安 ・引越し+荷造り(ダンボール40箱程度):70,000円~
・単身者向け荷造り代行(20箱まで):20,000円~
・単身者向け荷造り代行【繁忙期】(30箱から):30,000円~
※いずれも別途出張費用が必要。
メリット ・荷造り付きのプランが基本で、料金がわかりやすく安い
・新居での荷ほどきも頼める
・新居でのエアコン取り付けも頼める
・不用品処分も頼める
デメリット ・関東エリアからの引っ越しにしか対応していない

【荷造り・荷ほどき専門業者】荷づくりサービスコンポの料金・特徴

荷造りサービスコンポは荷造り・荷ほどきの専門業者です。

荷造り・荷ほどきのノウハウをもつ女性スタッフが担当してくれるので、安心して梱包を任せられます。

荷造りサービスコンポの料金やメリット・デメリットは以下のとおりです

料金目安 荷造りコース

・1LDK/1DK:24,000円~

・2LDK/3DK:26,000円~

・4LDK/5DK:36,000円~

5LDK6DK36,000円~

荷解きコース

・1LDK/1DK:24,000円~

・2LDK/3DK:24,000円~

・4LDK/5DK:36,000円~

5LDK6DK36,000円~

メリット ・引っ越し業者と提携しており、スムーズな連携が可能
・梱包・荷ほどきに慣れた女性スタッフが担当
デメリット ・対応エリアが限られている(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一部、福岡県、佐賀県、大分県と山口県の一部)
・繁忙期は電話が繋がりにくいことがある
・重量物は扱えない
荷造りサービスコンポで荷造りにかかる時間の目安は、以下のようになっています。

1DK
ダンボール20~30箱
スタッフ2名で約3時間
2DK
ダンボール40~60箱
スタッフ3名で約5時間
3DK
ダンボール50~80箱
スタッフ4名で約5時間

上記はあくまで目安で、荷物量などにより時間は前後します。

【家事代行業者】ベアーズの料金・特徴

家事代行業者のベアーズでも、引っ越し時の荷造りや荷ほどきを代行できます。

家事代行なので、荷造りや荷ほどきだけではなく、掃除や片付けも頼めるのが特徴です。

そのため「荷造りは自分でやって、その間に代行業者には片付けやごみ捨てをしてもらう」などの使い方ができます。

ベアーズをはじめ家事代行業者の料金は時間制なので、荷物の量などによって代行料金は変動します。

料金目安 ・4,400円/時間
※別途交通費が必要
※1回あたり3時間以上から依頼可能
メリット ・料金が時間制でわかりやすい
・荷造り・荷ほどき以外の仕事も頼める
デメリット ・提供エリアが限られている(北海道、茨城県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、福岡県)

家事代行業者は各地にありますので、居住中・転居先のエリアで使える業者を探してみるといいでしょう。

自力で荷造り・荷ほどきする場合のコツ

「荷造りサービスを利用したいけど、費用の面で断念して、自力で荷造り・荷ほどきする」という方もいるでしょう。

「めんどくさいけどやらなきゃいけない」という方のため、荷造り・荷ほどきのコツを4つお伝えします。

  • 不要な物を処分してから荷造りを始める
  • 季節外れの服や使用頻度が低いものから梱包
  • 部屋ごとに荷造りする
  • ダンボールに「中身」「部屋」を書いておく

基本的には「モノを減らして部屋ごとに荷造り」しましょう。モノを減らすと荷ほどきがラクになりますし、引っ越し運賃も安くなる可能性が高いからです。

めんどくさい転出届もオンラインでかんたんに!

転居・転出・転入届の提出も「めんどくさい」と感じる人が多い手続きです。

それぞれ役所に行って手続きする必要があるからですね。

「順番が来るまで長く待たされる」「書類を手書きしないといけない」など、めんどくさいと感じるポイントがたくさんあります。

一見手間を省けそうにない「役所での引っ越し手続き」ですが、実はラクにできる可能性があるんです。

自治体によってはオンラインで転出手続きできる

自治体によっては、インターネットから転出手続きが可能になっています。

平日昼間に時間をとって役所に行くだけでも大変ですから、これは嬉しいですね。

居住地の自治体がオンラインでの転出手続きに対応しているなら、ぜひ活用して、空いている時間に家でささっと済ませてしまうのがおすすめ。

転入届についても、これからオンライン化が検討されていく予定です。

また茨城県つくば市などでは「事前に転入届の内容をWEB上で入力しておき、役所でプリントアウトする」というサービスも行っています(転入届のオンライン事前登録)。

役所に行く手間はありますが、手書きしなくていいのでラクになります。

オンラインでの転出手続きに必要なもの・手続き方法

オンラインでの転出手続きに必要なものは以下のとおりです。

  • マイナンバーカード(署名用電子証明書搭載)
  • 署名用電子証明書のパスワード
  • ICカードリーダ機能があるパソコンかスマホ
  • 新住所と電話番号


必要なものが揃ったら、以下の流れで手続きします。

  1. 各自治体の電子申請システムにアクセス
  2. 利用者登録してIDとパスワードを入手
  3. オンライン転出届の画面に進み、指示に従い必要事項を入力
  4. ICカードリーダでマイナンバーカードを読み取らせる
  5. 署名用電子証明書のパスワードを入力

オンラインで転出手続きできる自治体はどこ?


オンラインで転出手続きできる自治体には以下のようなところがあります。

北海道・東北 秋田市、山形県酒田市など
関東 西東京市、千葉市、神奈川県横浜市、神奈川県川崎市、神奈川県平塚市、神奈川県藤沢市、埼玉県志木市、埼玉県戸田市、茨城県つくば市など
中部 愛知県春日井市、愛知県安城市、富山県魚津市、石川県能美市など
近畿 大阪府富田林市、大阪府四條畷市、兵庫県宝塚市、兵庫県伊丹市、滋賀県野洲市など
中国・四国 鳥取県倉吉市、山口県宇部市など
九州 福岡市、大分市など

秋田市のように「市立小中学校の転校を伴う場合、オンラインでの手続きは不可」としている自治体もあるので注意しましょう。

その他の引っ越しのめんどくさい手続き

引っ越しには「ライフラインの手続き」や「役所での手続き」のほかにも、NHKの住所変更や郵便物の転送依頼など、さまざまな手続きが必要です。

「オンラインで済ませられる引っ越し手続き」と「代行を依頼できる引っ越し関連の作業」について、一覧で紹介します。

オンラインでできる引っ越し手続き一覧

以下の手続きはオンラインでできます。

オンラインで手続きできるもの 手続き方法
新住所への郵便物転送 e転居から
NHKの住所変更 NHKのサイトから
クレジットカードの住所変更 各カード会社のサイトから
銀行・証券会社の住所変更 ・ネットバンキングから
・オンラインサービス上で
通販サイトなどの住所変更 各サイトの会員ページから
不動産所有者の住所変更登記 法務省の登記・供託オンライン申請システムと申請用ソフトで
保険の住所変更 契約者専用ウェブサイトで

代行をお願いできる作業一覧

以下の作業は代行業者などにお願いできます。

代行を頼めるもの 依頼先
不用品の処分 ・引っ越し業者(と提携している買取業者など)
・片付け代行業者
・不用品回収業者
・家事代行業者
新居・旧居の掃除 ・家事代行業者

掃除・片付けなどの代行をお願いするともちろん料金はかかりますが、時間に余裕ができて引っ越しがラクになります。

特に一人暮らしで働きながら引っ越しの準備をする場合には、強い味方になってくれるでしょう。

また「子どもの転園・転校手続き」「新居周辺の下見」「近所への挨拶」など、自分でやらなくてはいけないことに集中できます。

まとめ:めんどくさい引っ越しをラクにする方法

引っ越しはやることが多くてめんどくさいものです。しかし今は「めんどくさいことを代行してくれる業者」も「オンラインでできる手続き」も増えています。


ライフラインの手続きをはじめ、自治体の転出手続きまでオンラインでできるのですから、助かりますよね。オンラインでできるものは、ぜひオンラインで済ませてスマートに引っ越しをしましょう。


特に引っ越し後すぐに使い始めるライフライン(電気・ガス・水道・インターネット)については、早めに無料の代行サービスを使って手続きを済ませておくのがおすすめ。

引っ越し後に「電気がつかない!」「ガスが使えない!」となると、本当に困ってしまうからです。

一括代行窓口であれば、必要情報の入力が1回で済むので、時間はほとんどかかりません。「どこに連絡して、どこに連絡していないか忘れた」というミスもなくなります。

特に「一人暮らしで忙しい人」「子ども連れの引越しでやるべきことが多く、少しでも手間を減らしたい人」にとっては、とても便利です。

一括代行窓口を利用してみたい方は、ぜひ以下のバナーをクリックして、詳細をチェックしてください。

なお引っ越しの手続きは、この記事に記載したもの以外にもたくさんあります。引っ越しの手続きについて一通り確認したい方は、コチラの記事を参考にしてください。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /