【店舗の防犯対策】手軽にできる防犯対策、注意点などを教えます!

飲食店や小売業などの店舗の中には、空き巣や万引きなどによる犯罪被害に遭うリスクを軽減するために、積極的に犯罪を犯そうとする者を牽制できる効果的な防犯対策を講じている店舗も数多く存在します。

その一方で、「店舗や事務所で起こり得る犯罪を防止できる効果的な防犯対策が分からない」などの理由で、高い効果を見込めない防犯対策を施している店舗・事務所経営者の方も多いです。

そのため、飲食店などの店舗経営者の中には、下記のような悩みを抱く方が少なくありません。

「店舗や事務所の防犯性を高めるためには、どのような防犯対策を講じればいいの?」
「店舗や事務所で起こり得る犯罪を手軽に防止できる防犯対策はある?」

上記のように、悩みを抱く理由は様々ですが、店舗では万引きや空き巣といった窃盗の被害に遭いやすく、日々不特定多数の人が店内を出入りするうえに、定休日や夜間は店内が無人になるため、どういった防犯対策が効果的なのか見極めるのが困難なことが主な原因です。

とはいえ、効果が見込めない防犯対策ばかりしていては、犯罪被害による損害で、店舗運営自体が傾いてしまいかねません。

では、店舗の安全性や防犯性を高めるためには、どのような防犯対策を施せば効果的なのでしょうか?

自身が経営する店舗の安全性や防犯性を高めたいなら、まず「店舗で起こり得る犯罪がどのようなものなのか」や「店舗における防犯対策のポイント」を把握することが重要になります。
これらを事前に把握しておくことで、最適な防犯対策を講じることが可能です。

したがって、この記事では「店舗で起こり得る犯罪がどのようなものなのか」や「店舗における防犯対策のポイント」について、「防犯性の高められるおすすめの効果的な防犯対策」について詳しく解説していきます。
自身が経営する店舗の防犯性を高められる防犯対策を講じたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

店舗の防犯対策とは

店舗の防犯対策を講じる際は、「店舗で起こる犯罪の特徴」や「店舗で起こっている犯罪がどのような手口で行われているのか」を事前に把握しておくことが重要になります。

犯罪の特徴や、どのような手口で空き巣などが行われているのかを把握しておくことで、最適な防犯対策を講じることができるためです。

では、まず店舗における犯罪の特徴を紹介していきましょう。

店舗は、住宅とは異なり、定休日や夜間など店内が無人になる時間帯が存在し、その時間帯が狙われやすい傾向にあります。

また、「侵入窃盗」と呼ばれる「店舗に侵入して金品などを盗む行為」による被害が多いため、店内や事務所内にまとまったお金や価値の高い商品を管理している企業は注意が必要です。

店内に高額な商品やお金があることが知られてしまうと、これらの金品を盗もうと考える犯罪者に狙われやすくなってしまいます。
つぎに、さまざまな店舗で起こり易い犯罪の手口と、それに対する防犯対策を紹介していきましょう。

先程紹介した「侵入窃盗」に用いられる手口で、ガラス破りがあります。

ガラス破りは、ガラスを破壊する行為のことで、ドアを施錠していたとしても侵入を許してします可能性が高いです。

しかし、店舗や事務所の窓に「防犯性能の高い窓ガラス」を採用することで、お店内に侵入されてお金や商品を盗まれる被害を防ぐことが出来ます。
ちなみに、この「防犯性能の高い窓ガラス」は、「防犯ガラス」を指し、「2枚のガラス板の間に樹脂製の中間膜を挟んで加熱・圧着したガラス」のことです。
通常の窓ガラスよりも厚みがあり破壊するのに時間がかかりたすいため、店舗の窓ガラスに採用することで店内に不法侵入されるリスクを大幅に減らすことができます。

ただし、店舗の窓ガラスに「防犯ガラス」を採用したからといって、必ずしも店内に侵入されるリスクを無くせる訳ではありません。
最近の「防犯ガラス」は、ガラス破り(ガラスを破壊する行為のこと)を防げるように壊すまでに時間がかかるガラスになっていますが、犯罪者の中には窓ガラスの破壊に時間をかけることを気にも留めない者も存在するためです。
このため、店舗に不法侵入されることを防止するために何らかの対策を講じる際は、犯罪行為が行われたことも想定して、解決するための防犯対策も講じるようにしてください。

店舗で起こりうる犯罪一覧

あなたが経営する店舗に最適な防犯対策を講じる際は、事前に「店舗で起こり得る犯罪がどのようなものなのか」も把握しておく必要があります。
実際に店舗で起こっている犯罪を知っておくことは、適切な防犯対策を講じるのに役立つためです。

実際、あなたが経営する店舗の適した防犯対策を講じることができれば、空き巣や万引きなどによる被害に遭うリスクを大幅に軽減することができます。

では、実際に飲食店や小売業などの店舗では、どのような犯罪が起こっているのでしょうか?

具体的に、店舗や事務所などで起こっている代表的な犯罪行為は、下記の通りです。

・侵入窃盗(空き巣など)
・強盗(暴行や脅迫を用いて金品を盗む行為)
・暴行や障害
・備品などの器物破損
・車上荒らし
・異物混入

上記のように、店舗や事務所は様々な犯罪行為による被害に遭うリスクが存在するため、被害を最小限に抑えられるような対策を講じておく必要があります。

例えば、あなたが経営する店舗に強盗犯が侵入してきた際に、すぐに異変に気づけるような対策を講じるなどです。
こういった対策を講じておくことで、警察や警備会社に通報できるため、商品や金品はともかく、従業員や来店中のお客様の命も守ることができます。

このため、店舗の防犯対策を講じる際は、事前にどのような犯罪行為に巻き込まれてもすぐに異変に気づき、迅速に対処できるような対策を講じておくようにしましょう。

侵入窃盗犯罪の5分の1が店舗・事務所

上記で店舗や事務所で起こり得る代表的な犯罪を解説しましたが、中でも最も多いのが先ほど紹介した「侵入窃盗」と呼ばれる犯罪行為です。

警視庁が公表している「住まいる110番」の資料によると、侵入窃盗による被害件数が最も多い住宅の次に、店舗や事務所に該当する「一般事務所・商店」が、空き巣などの犯罪行為が発生しやすい場所になっています。
実に、国内で発生している侵入窃盗犯罪の約5分の1が店舗や事務所で発生しているのです。

では、なぜ店舗や事務所が侵入窃盗による被害に遭いやすい場所になっているのでしょうか?

店舗や事務所が侵入窃盗を犯そうとする犯罪者に狙われやすい主な理由は、以下の通りです。

・住宅に比べて無人になる時間帯が長い
・店舗や事務所内に人が居ないことを外から分かりやすい
・店舗や事務所がある場所が夜間になると人通りが少なくなる
・GWや年末年始などは店舗内に大金を置いているケースが多く狙われやすい
・価値の高い商品を取り扱っている
・ATMを設置していることで、ATM内の現金を狙っている

店舗や事務所は、上記の理由により侵入窃盗を犯そうとする犯罪者に狙われやすい傾向にあります。

ですが、店舗経営者の方の中には、こういったリスクが存在していることを詳細に把握せず、ただ闇雲に防犯グッズを取り付けるなどの対策をして満足してしまっている方は少なくありません。
中には、店舗や事務所などの侵入窃盗被害が年々減少傾向にあることで、積極的に効果的な防犯対策を行わない経営者の方もいます。

しかし、適切な防犯対策を講じなかった場合、空き巣などを行おうと考える者に狙われやすくなってしまい、経営難に陥る危険性も十分に高いため、注意が必要です。

最近の侵入窃盗を行う犯罪者は巧妙な手口で店内に侵入・犯行に及ぶ者もいるため、しっかりとあなたが経営する店舗に効果的な防犯対策を講じておくようにしましょう。

店舗や事務所(オフィス)における防犯対策のポイント

店舗や事務所(オフィス)に防犯対策を講じる際は、以下の4つのポイントに注視してみてください。

・戸締りをしっかりと行う
・防犯性能の高いガラスを使用する
・鍵の保管場所やパスワードなどを定期的に変更する
・侵入検知センサーなどを導入する

それぞれについて、詳しく解説していきます。

戸締まりをしっかりと行う

店舗や事務所に不法侵入しようとする者を防止するためには、当然ですが「戸締りをしっかりと行う」必要があります。
金品や機密情報などを盗もうと考えて店舗や事務所に侵入してくる者は、簡単に侵入できる場所を狙って犯行に及ぶ傾向にあるためです。

このため、常に戸締りをしっかりと行うように従業員に意識付けされるなどの対策を講じておくようにしてください。
例えば、最後に店舗から退出する従業員に対するオペレーションを作成して周知するなどです。
事前にオペレーションを作成しておくことで、従業員がどの場所を確認すれば良いのかを明確化することができ、戸締りをしっかりと行なってから退出してくれるようになります。

防犯性能の高いガラスを使用する

先ほども記述した通り、店舗や事務所の防犯対策を講じる際は、「防犯性能の高いガラス」を採用することをおすすめします。
最近の店舗や事務所における侵入窃盗罪は、ガラス破りと呼ばれる手口で侵入されるケースが多く、防犯性の高いガラスを採用することで、店内に不法侵入されてしまうリスクを軽減することができるためです。

ただし、防犯性能の高いガラスを採用する際は、事前にそれぞれのガラスの特徴を把握しておくことが重要になります。
一言に防犯ガラスといっても様々な性能のガラスがあり、中には簡単にガラスを破壊されてしまうものも存在するためです。

このため、防犯対策を目的に「防犯性能の高いガラス」を店舗や事務所に設置する場合は、「そのガラスにCPマークが付いているのか」を確認するようにしましょう。
「CPマーク」は、「様々なケースの侵入に対して5分以上防御できることを認められた防犯建物物品」を証明するマークのことで、このマークに注視して採用するガラスを選ぶことで、防犯性能の高いガラスを設置することができます。

鍵の保管場所やパスワード等を定期的に変更する

店舗や事務所の鍵を所定の場所に保管している場合やパスワード式の鍵を採用している場合は、定期的に保管場所やパスコードを変更するようにしてください。
長期間同じ場所に保管していたり、同じパスワードを使用したままでいると、外部から覗き見された時に場所やパスコードがバレてしまい、簡単に店内や事務所内に侵入されてしまう危険性が高くなるためです。

店舗や事務所内に侵入して窃盗しようと考える者の中には、事前に鍵の保管場所やパスワードを入念に調べたうえで、犯行に及ぶ者も存在します。
このため、3ヶ月や半年など定期的に置き場やパスコードを変更するようにしましょう。

侵入検知センサー等を導入する

店舗や事務所に効果的な防犯対策を講じたいと考えている方は、「侵入検知センサーを導入する」のがおすすめです。
「侵入検知センサー」とは、「店舗や事務所内に人が侵入した際に、センサーが検知して対象物を識別したりする機能」のことで、万が一あなたが経営する店舗・事務所に不法侵入された際に、すぐに異変に気づくことができます。

とはいえ、一言に「侵入検知センサー」と言っても「ライトや音声を使用して犯人を威嚇するもの」や「サイレン音を鳴らすもの」など、様々な機能が搭載されているため、「どれを選べば良いのか分からない」と悩んでしまう方は少なくありません。

そう言った方が「侵入検知センサー」を導入する際は、「対象物を検知した際にすぐに自動録画し、異変を知らせてくれる機能」が搭載された防犯機器を選ぶことをおすすめします。
具体的には、「人感センサー」と呼ばれる人の動きや声をセンサーが検知する「動体検知機能」や「音声検知機能」が搭載された「防犯・監視カメラ」の導入がおすすめです。

これらの機能が搭載された「防犯・監視カメラ」導入することで、すぐに異変に気づき警察に通報するなどの対処を施せるうえに、犯行の一部始終を記録できるため、証拠としても活用することができます。

店舗や事務所に不法侵入された場合、警察が到着する前に犯人が逃げられてしまう可能性があるため、すぐに異変を察知できるだけで証拠を残しておけるのは非常に魅力的です。

防犯性の高い防犯対策を講じるならNTTが提供するギガらくカメラがおすすめ!

店舗や事務所(オフィス)に防犯性の高い防犯対策を講じたいと考えている方は、NTTが提供する「ギガらくカメラ」と呼ばれる防犯・監視カメラを導入するのがおすすめです。
NTTの「ギガらくカメラ」が用意している防犯カメラは、設置場所に侵入した者を検知してすぐに自動で録画を開始したり、あなたの手持ちのスマホに異常を知らせてくれる「動体検知機能」や「音声検知機能」が搭載されているため、万が一不法侵入されても迅速に適切な対処を施すことができます。

また、NTTの「ギガらくカメラ」が用意している防犯カメラは、全て「マルチデバイス対応」になっているのも魅力的なポイントです。
「マルチデバイス対応」とは、「防犯カメラで記録した映像をスマホやパソコンなどの通信機器で試聴できる機能」のことで、店舗や事務所内にいなくても、いつでも設置場所の状況を確認することができるうえに、万が一カメラ自体を破壊されてしまっても、録画データを守ることができます。

従来のアナログ式の防犯カメラを設置した場合、わざわざ店舗に戻って映像を確認する手間が生じたり、カメラを破壊されてしまうと証拠として活用できなくなってしまう可能性が高いため、このように遠隔から試聴でき大切なデータを守れるのは非常に大きなメリットです。

店舗や事務所の防犯対策にギガらくカメラが適していると言える理由

具体的に、店舗や事務所の防犯対策にギガらくカメラが適していると言える主な理由は、下記の通りです。

・360度広範囲を監視できる「ズーム機能」や夜間や暗闇でも鮮明に状況を確認できる「赤外線照明機能」など、防犯対策に効果的な機能が豊富に搭載されている
NTT東日本や西日本の専門スタッフによる手厚いサポートを1年中受けることができる
・インターネット(WiFi)やモバイル回線に接続することで、いつでもどこでも録画や現在の映像を確認できる
・「ハイビジョン画質」が採用されているため、スマホやパソコンで見てもなめらかな映像で視聴できる
・事前に難しい初期設定を行なってくれるため、簡単な設定を行うことですぐに運用を開始できる
・業務に活かせるオプションサービスが用意されている
・月々低価格な料金で運用することができるため、ランニングコストによる負担を軽減できる
・「バレット型」や「小型の置き型」など様々な形状のカメラが用意されているため、店舗や事務所内の雰囲気を壊さずに性能に優れたカメラを設置できる

中でも、「NTT東日本や西日本の専門スタッフによる手厚いサポート」を受けられるのは非常に魅力的な点です。
「NTTの専門スタッフによるサポート窓口」では、「どのような場所にカメラを設置すれば効果的なのか」などの相談を行うことができ、あなたが経営する店舗に適した場所にカメラを設置することができるため、侵入窃盗による被害を大幅に軽減することができます。

防犯対策を目的に防犯カメラを導入する方の中には、適していない場所にカメラと取り付けてしまう方も少なくないため、プロのスタッフに効果的な設置場所を助言してもらえるのは非常に嬉しいポイントです。

ギガらくカメラの月額費用

店舗や事務所の防犯対策を目的にギガらくカメラが用意している防犯カメラを導入する場合、初期費用0円で月々低価格な料金で運用することが可能です。

具体的には、ギガらくカメラの料金プランは以下の2つのプランが設けられており、録画データの保存期間毎に定められた月額料金の中から好きなプランを選んで、防犯性に優れたカメラを運用することができます。

・端末セットプラン:防犯性に優れた機能が豊富に搭載されている防犯カメラがセットになっている料金プラン
・クラウドプラン:契約店が指定された防犯カメラを購入して、カメラの運用を開始する料金プラン

なお、上記2つの料金プランに定められている月額料金は、下記の通りです。
下記の価格は、全て防犯カメラ1台分の料金になります。

録画映像データ保存期間 端末セットプラン
クラウドプラン
7日間 3,300円 1,870円
14日間 3,850円 2,420円
30日間 4,180円 2,750円
60日間 5,170円 3,740円
90日間 6,160円 4,730円
180日間 8,470円 7,040円

※上記の価格は、2022年4月12日時点の料金になります。
※上記の価格は、全て税込価格です。
※「端末セットプラン」は、24ヶ月の最低利用期間が設けられており、期間内に解約をすると解約金として5,500円(税込)が発生します。

上記のように、どちらの料金プランも低価格な料金が設定されているため、ランニングコストによる負担を軽減しながら効果的な防犯対策を講じることができます。

まとめ:効果的な防犯対策を講じるならNTTが提供するギガらくカメラの導入がおすすめ!

店舗や事務所(オフィス)に効果的な防犯対策を講じたいのであれば、「人感センサーが搭載されている監視カメラ」を設置するのがおすすめです。
人感センサーと呼ばれる「動体検知機能」や「音声検知機能」が搭載された防犯カメラを設置することで、選んだカメラの形状によっては犯罪行為を犯そうとする者を牽制できるうえに、万が一店舗や事務所に金品などを盗もうと考える者が侵入しても、すぐに気づくことができるため、被害が拡大する前に適切な対処を講じることができます。

このため、今回は店舗や事務所の防犯性を高められるNTTが提供している「ギガらくカメラ」をご紹介しました。
NTTの「ギガらくカメラ」が用意している防犯カメラは、全て「人感センサー」が付いているうえに、すぐにあなたの手元にあるスマホやパソコンに異常を知らせてくれる機能が搭載されているため、犯罪行為による被害に遭うリスクを大幅に減らすことができます。

店舗や事務所に効果的な防犯対策を講じたいと考えている経営者の方は、ぜひ「ギガらくカメラ」の導入を検討してみてください。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

あなたにオススメ

\ みんなに知らせる! /