【NTT西日本/東日本】 固定電話の契約と再開方法とは?

「今使用していないNTT西日本の固定電話を再開するにはどうしたら良いの?」
「NTT西日本の固定電話を再開した場合、以前と同じ番号を使用できるの?」

NTT西日本で契約した固定電話を休止・解約した方の中には、上記のような悩みを抱く方は少なくありません。
上記のように悩んでしまう理由はさまざまですが、例えば「今まで固定電話を使用する必要がなかったが、急遽固定電話回線が必要になったため再開したい」などの理由により、固定電話サービスの再開を検討される方が多いです。

では、以前使用していたNTT西日本の固定電話回線を再開させることは出来るのでしょうか?

結論から言うと、以前使用していたNTTの固定電話番号を再開させることができる可能性はあります。

ただし、必ずしも全ての方がNTT西日本の固定電話回線を再開できる訳ではありません。
前回NTT西日本の電話回線の使用をやめた際の手続き方法によっては、再開できないケースもあるため、「どのようなケースなら再度使用を開始できるのか」を把握したうえで、自身のケースだと再開ができるのかを見極めることが重要です。

そのため、この記事では「NTT西日本の固定電話回線を再開させる方法」や「NTT西日本の固定電話回線を再開できるケース」について、「NTT西日本の固定電話回線を再開できない場合の対処方法」を含めて詳しく解説していきます。

NTT西日本の固定電話回線を再開したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

NTT西日本/東日本固定電話の再開方法とは?

冒頭でも述べた通り、「今は使用していないけど、以前使用していたNTT東日本・西日本の固定電話番号を再度使いたい」と考える場合、「固定電話番号を再開できるケース」と「再開できないケース」があります。

例えば、以前使用していたNTT西日本・東日本の固定電話の「解約手続き」を行なった場合、回線自体を解約してしまっているため、「再度同じ電話番号を使用したい」などと思っても、復活させることができません。

一方で、以前使用していたNTTの固定電話サービスを「一時中断」手続きにより中断していた場合は、再開手続きを行うことで同じ電話番号を使用することが可能です。

このように、以前使用していた電話番号を「どのような手続き方法で中断したのか」によって、再開の可否が異なるため、まずは「NTT西日本・東日本の固定電話サービスの利用中断の手続き方法の特徴」を把握しておく必要があります。

ここでは、「NTT西日本・東日本の固定電話回線の使用をやめた際の手続き方法」について、「再開できるのか・できないのか」も含めて詳しく解説していくので、固定電話回線を再開できるのか見極める際の参考にしてください。

「利用休止」「一時中断」「解約」について

NTT西日本・東日本の固定電話回線の使用をやめる際の手続き方法は、以下の3点です。

・利用休止
・一時中断
・解約

上記3つのうち、どの方法を利用したのかによって、以前使用していた電話番号を再開できるのか・できないのかが異なります。

ここでは、「それぞれの手続き方法の概要」や「固定電話番号の再開の可否」について、詳しく解説していきますので、「自身のケースだと再開できるのか」を判断する際の参考にしてください。

■利用休止

「利用休止」とは、「固定電話サービスの利用をやめても加入権を残しておくことができる中断方法」のことです。

通常、NTT西日本・東日本の「アナログ電話」を契約する際は、電話回線の利用時に必要な「加入権(別名:施設設置負担金)」を購入しなければならないため、この権利を取得するために39,600円を支払わなければなりません。(加入権の価格は、2022年5月12日時点の金額です。)

しかし、「利用休止」の手続きを行い中断しておくことで、NTT西日本・東日本に最大10年間この権利を預けておくことができるため、NTT西日本・東日本の固定電話サービスを再開した際に、再度「電話加入権の費用(加入権)」を支払わずに固定電話番号を取得することができます。

このため、「再度利用する際に加入権を購入したくない」、「固定電話を使用しなくなったから一度利用をやめたいが、再度使用するかもしれないため休止しておきたい」という場合は、この方法を選択してNTT西日本・東日本の固定電話サービスの使用を中断される方が多いです。

このように、「利用休止」はメリットしかないように思われがちですが、デメリットも存在します。

「利用休止の手続きを行なった後に再開する場合、以前使用していた電話番号を再度使用することができない」という点です。

この方法により固定電話サービスの利用を中断した場合、その際に使用していた電話番号を保持できない仕組みになっているため、再度利用を開始する際は、「新しい電話番号で利用を再開する」必要があることを知っておく必要があります。

■一時中断

「一時中断」とは、その名の通り「一定期間だけNTT西日本・東日本の固定電話サービスの利用を中断する方法」のことを指します。
一時的に固定電話サービスの利用を停止する方法になっているため、再開した際に中断前に使用していた電話番号をそのまま使用できるのが特徴です。

ただし、「一時中断」を利用した場合、利用休止と異なり「毎月の固定電話の基本料金はそのまま継続的に発生する」ため、月々の利用料による負担を負わなければなりません。
このため、「長期の出張や自宅のリフォームなどにより数ヶ月間仮住まいに住む必要がある」という方に適している中断方法だと言えます。

■解約

「解約」とは、その名の通り「NTT西日本・東日本の固定電話サービスの契約を解除する方法」のことです。
契約自体を無くす方法になっており、解約の手続き完了と同時に「電話の加入権」や「電話番号」を手放すことになるため、「解約」の手続きを利用する際は、「名義人が死亡してしまった場合」や「今後固定電話サービスを一切利用しない場合」に適している方法になります。

ちなみに、「解約」の手続き方法によりNTT西日本・東日本の固定電話サービスの利用を中断した方が、改めて固定電話を使用するためには、「新規で申し込み・契約の手続き」を行うことが必要になることを覚えておいてください。

「利用休止」「一時中断」「解約」それぞれの手続きなどにかかる費用

NTT西日本・東日本の固定電話サービスを停止させる際は、それぞれの手続き方法によってかかる費用が異なります。

具体的に、「利用休止」・「一時中断」・「解約」の手続きにかかる費用は、以下の表をご確認ください。
こちらの表は、「NTT西日本・東日本の固定電話を止める際に毎月の利用料金などの費用がかかるのか」や「再開時に同じ電話番号のまま再開できるのか」などをまとめた表になります。

一時中断 利用休止 解約
月額料金 かかる かからない かからない
電話番号の再開
(同じ番号のまま再開できるのか)

できる できない できない
固定電話サービスを止めるための費用 2,200〜11,000円 2,200円 0円
再開するための費用 2,200〜11,000円 2,200〜11,000円 0円

※上記の価格は、2022年5月12日時点の料金になります。

上記の表のように、NTT西日本・東日本の固定電話サービスを中断する際に選んだ手続き方法によって、停止時や再開時に発生する費用が異なります。

例えば、「一時中断」の手続き方法を選んだ場合、設置場所の状況などによって金額が異なりますが、「一時的に回線を中断するための工事」と「利用を再開するための工事」を行う必要があるため、中断時と再開時にそれぞれ2,200〜11,000円程度の費用に支払いが必要です。

一方、「利用再開」の手続き方法を選択した場合も、「一時中断」の手続き方法と同様に「利用開始するための工事」を行う必要がありますが、基本的にはどの世帯も2,200円と、「一時中断」よりも安い金額で固定電話サービスの利用を休止することができます。

このように、固定電話サービスの中断をする際に選んだ方法によって、かかる費用が異なるため、「もしかしたら再開後にまた休止させるかもしれない」という方は、事前に「それぞれの手続き方法を行なった際にかかる費用」を正確に把握したうえで、自身に合う方法で手続きを行うようにしてください。

ちなみに、「解約」を選んだ場合は、工事内容によって工事費がかかる場合もありますが、基本的には費用の負担なしでNTT西日本・東日本の固定電話サービスの利用をやめることができます。


ただし、「解約」をしてしまうと、電話の加入権や電話番号を放棄することになるため、「いずれ同じ番号を使用する機会があるかもしれない」と言う方は、「一時中断」か「利用休止」を選んだ方が安心です。

NTT西日本・東日本の回線サービスを再開する際の流れ

NTT西日本・東日本が提供する固定電話サービスを再開する際は、以前使用していた電話回線を停止する際、「一時中断」か「利用休止」のどちらを選んだのかによって、再開時の流れが異なります。

以前使用していた電話回線を「一時中断」により使用をやめた場合、NTTの窓口である「116番」に問い合わせを行い、オペレーターに再開したい旨を伝えることで「電話番号を変えずに固定電話回線の利用を開始する」ことが可能です。

一方で、「利用休止」を選択して以前使用していた電話回線の使用をやめた場合は、「一時中断」と同様にNTTの窓口に問い合わせることで回線自体を再開することはできますが、今まで使用していた電話番号を再度使用することができません。

このため、再度NTT西日本・東日本の固定電話回線の使用を再開する際は、「新しい番号を取得するための手続きなどを行う必要がある」ことを覚えておいてください。

また、補足ですが、現在あなたが利用をやめたNTT西日本・東日本の固定電話回線が「一時中断」なのか、「利用休止」なのか分からない場合は、「現在毎月の固定電話の基本料金が発生しているのか」で確認することが可能です。

仮に、現在固定電話の基本料金を支払っているのであれば、「一時休止の手続き方法によりNTT西日本・東日本の固定電話回線サービスの利用を中断している」ことが分かります。

NTT西日本/東日本の電話回線を再開したいなら、加入権の負担がない光電話がおすすめ!

上記で解説した通り、NTT西日本・東日本の固定電話サービスは、以前利用を中断した方法によっては、使用していた電話番号を復活させることができません。
そのため、「一時中断」以外の方法によりNTTの固定電話回線の利用をやめた方は、「アナログ回線の新規契約を行う」か「利用を再開して新規の電話番号を取得する」必要があります。

しかし、再度NTT西日本・東日本の固定電話サービスを利用するためには、もう一度高額な金額が設定されている加入権を購入する必要があるため、「費用の負担が大きくて気軽に再開することができない」などと悩んでしまう方も多いです。
中には、「同じ番号を使用できないのに高い費用をかけて再開したくない」などの考えにより、NTT西日本・東日本の固定電話サービスを再開できずにいる方も少なくありません。

では、無駄な費用をかけずにNTT西日本・東日本が提供する固定電話サービスの利用を再開する方法はないのでしょうか?

「費用の負担をなくしてNTT西日本・東日本の固定電話回線を再開させたい」などと考えている方は、同通信会社が提供する「ひかり電話(光電話)」の契約・利用を検討することをおすすめします。
「ひかり電話」とは、「光ファイバー(インターネット回線)を使用して通話を行う光IP電話サービス」のことで、「加入権の購入が不要」になっているため、無駄な費用をかけずに固定電話サービスの利用を再開することが可能です。

NTT西日本・東日本が提供する固定電話サービスの利用を再開する場合、新しく電話番号を取得しなければならないため、このように無駄な費用をかけずに再度同通信会社の固定電話回線を利用できるのは非常に魅力的だと言えます。

ちなみに、下記の窓口では、「ひかり電話」の申し込みを行うことが可能です。
こちらの窓口は、「ひかり電話に関するサポート窓口」になっているため、簡単な受付を行うことで、導入時の申し込みなどの手続きを代行してもらうことができます。

手間をかけずに「ひかり電話」の申し込みを行い方は、ぜひ下記のページからお問い合わせください。

固定電話(アナログ)と光電話の料金の比較

NTT西日本・東日本の固定電話サービスを再開する際に、「ひかり電話」の契約をおすすめする理由は「加入権の購入が不要になっている」という点だけではありません。

「ひかり電話」は、「通常の固定電話回線(アナログ回線)よりも、安い月額料金で利用できる」という点もおすすめだと言えるポイントです。

具体的に、「ひかり電話」と「アナログ電話」に設定されている料金の違いは、下記の表をチェックしてください。
こちらは、「ひかり電話」の「フレッツ光ライトファミリー|フレッツ光ライトマンション」という料金プランと、「事業用のアナログ電話」・「家庭用のアナログ電話」に設けられている「月額利用料」や「工事費用」などの費用を表にまとめたものです。

契約名 ひかり電話
(フレッツ光ライトファミリー)

ひかり電話
(フレッツ光ライトマンション)

事業用アナログ回線
家庭用アナログ回線
月額基本料金 3,630〜7,700円
(プロバイダサービス込み)

2,750〜5,775円
(プロバイダサービス込み)
2,640〜3,025円 1,595〜2,145円
通話料金 7.92/3分 7.92/3分 8.5〜80円
/(時間帯や距離などによって時間・料金が異なる)
8.5〜80円
/(時間帯や距離などによって時間・料金が異なる)
電話加入権 不要 不要 39,600 39,600
工事費用 20,680円
(工事費+契約料)
17,380円
(工事費+契約料)
不要
(施設設置負担金:39,600円が必要)

不要
(施設設置負担金:39,600円が必要)
事務手数料 3,300円 3,300円 不要 不要
電話オプション 110〜1,430円
(オプションサービスによって異なる)

110〜1,430円
(オプションサービスによって異なる)
660〜
(オプションサービスの内容や加入電話取扱所によって異なる)
220〜
(オプションサービスの内容や加入電話取扱所によって異なる)

※上記の価格は、全て税込価格になります。
※上記の価格は、2022年5月12日時点の料金です。

上記のように、「ひかり電話」と「アナログ電話」に設定されている料金は異なります。

例えば、「ひかり電話」は、「事務用のアナログ電話」の基本料金はほぼ同じですが、ひかり電話の方が「通話料」や「オプションサービスの利用料金」が安く設定されているため、月々の電話代にかかるコストを軽減することが可能です。

また、「ひかり電話」の方が「初期費用が安い」という点も魅力的なポイントと言えます。

アナログ回線は契約時に「電話の加入権」の購入費39,600円を支払う必要がありますが、ひかり電話は工事費20,680円と、アナログ電話よりも安価な支払いで導入することができるため、ランニングコストだけでなく導入時にかかる費用の負担も減らすことが可能です。

このように、「ひかり電話」は「アナログ電話」よりも安い金額が設定されているため、「月々の固定電話にかかる費用を抑えたい」という方にもおすすめだと言えます。

事業用で利用することを目的に再開を検討している方は光電話がおすすめ

事業用で使用することを目的にNTT西日本・東日本の固定電話サービスを再開したいと考えている方は、「ひかり電話」の利用を検討するのがおすすめです。

「ひかり電話」の「フレッツ光ライトファミリー|フレッツ光ライトマンション」という料金プランを利用することで、全国どこにかけても一律「7.92/3分」で通話することができるため、毎月の電話代にかかる経費を節約することができます。

一方で、「アナログ電話」は、県内や県外、距離などに応じて通話料金を設定しているため、事業用として利用するのはあまりおすすめできません。
遠方の取引先に何度も電話をかけた場合、高額な費用を請求されてしまい、経営自体に悪影響を及ぼす危険性があります。

このため、事業用で使用することを目的にNTT西日本・東日本の固定電話サービスを再開したいと考えている方は、「ひかり電話」の「フレッツ光ライトファミリー|フレッツ光ライトマンション」の契約を検討してみてください。
上記の料金プランを契約することで、月々の電話代を節約することができるため、無駄な経費による負担を大幅に減らせることを期待できます。

個人で固定電話のみ利用する場合

個人の方がNTTが提供する「アナログ加入電話」を契約する場合、「NTT西日本または東日本の窓口に問い合わせる」ことで新規契約を行うことが可能です。

具体的には、あなたが住む地域が属するどちらかのNTTの会社の窓口に問い合わせを行い、オペレーターに「新規契約を行いたい」旨を伝えて、申し込みや加入権39,600円の支払いなどを行うことで「新しい電話番号の取得」や「新規契約の手続き」を完了することができます。

なお、NTT西日本・東日本のどちらに問い合わせを行えば良いのか分からない方は、「NTTのホームページで対応エリア」を確認してみてください。
自身が属する地域が対応エリアになっている方に問い合わせを行うことで、スムーズに新規契約の申し込みを行うことができます。

引越先でも現在使用中の固定番号をそのまま使いたい

現在NTT西日本・東日本を契約中の方が引っ越す予定がある方の中には、「引っ越し先でも同じ電話番号を使いたい」と考えている方が少なくありません。

では、引っ越し先で同じ番号を使うことは可能なのでしょうか?


「NTTの局社内の引越しであれば、同じ番号をそのまま使用する」ことができます。

注意しなければならないのは、「新居が同じ市区町村だからと言って、必ずしも同じ電話番号が使えるとは限らない」点です。

基本的に、NTT西日本・東日本の固定電話は、同一市内であっても収容局が変わってしまうと管轄する局が異なるため、電話番号を変更する必要があります。

引越し先が近隣であっても、収容局の管轄外になってしまう可能性は十分にあり、電話番号を変更しなければならないといった事態に陥るかもしれません。

したがって、現在NTT西日本・東日本を契約中で、引越す予定がある方は、事前にNTTに「引越し先でも現在使用している番号を使用できるのか」確認を行うようにしてください。
事前に確認を取っておくことで、万が一新居で同じ電話番号を使用できなかった場合、引っ越す前に新しい電話番号取得の手続きを行うことができるうえに、知り合いなどに電話番号変更のお知らせを行うことができるため、引っ越し先でも問題なく固定電話を利用できます。

ちなみに、下記の窓口では、「固定電話の引越しに伴う移転手続きや新規電話番号の取得に関するサポート」を行うことが可能です。
通常、NTTの固定電話の移転手続きを行う場合、NTT西日本・東日本の「116番」の窓口に問い合わせる必要がありますが、営業時間が9時から17時と限られているうえに、オペレーターに繋がるまでに時間がかかるケースが多いため、こちらの代理店窓口を利用することでスピーディーに手続きを完了することができます。

できるだけ早く固定電話の引越しに伴う移転手続きや新規電話番号の取得を済ませたい方は、ぜひ下記のページからお問い合わせください。

NTT西日本・東日本の加入権について

上記でNTTの固定電話サービスを利用する際に、「加入権の購入が必要」だと解説しました。

しかし、NTTの固定電話の再開・新規契約を検討している方の中には、「そもそも加入権とはどのようなものなの?」と疑問を抱いている方は少なくありません。
たしかに、最近は加入権の購入が不要となる「ひかり電話」が主流になっていることで、あまり馴染みがない方も増えているため、このような疑問を抱くのも理解できます。

では、固定電話に必要な加入権とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

電話加入権とは、別名「施設設置負担金」とも呼ばれており、上記で解説した通り「固定電話回線(加入電話・アナログ電話)を使用する際に必要な権利」のことです。

戦後復興時に、NTTはアナログ回線の普及に必要な「電線」や「電柱」などのインフラを整備するための資金を調達することができませんでした。
このため、インフラ整備に必要な資金を調達するために、「施設設置負担金」の制度を導入し、この権利を購入してくれた方に見返りとして「電話を引く権利を付与していた」のが加入権購入の始まりになります。

以前は、加入権の金額が72,000円と現代よりも高額な金額が設定されており、加入権自体に資産価値があったため、多くの方が加入権を購入することを目的に固定電話回線を引いており、「加入権の買い取り業者」も数多く存在していました。

しかし、今は「ひかり電話」が主流になりつつあることで、加入権の価値自体が低くなっており、現在加入権の買い取り業者はほとんど存在していません。
それどころか「現在加入権に価値はない」と考える方も増えつつあるため、今から取得しても資産価値として活用しにくいのが現状です。

したがって、これから固定電話の契約を行う方は、「加入権が必要なアナログ電話」の利用を避けることをおすすめします。
せっかく高いお金を出して加入権を購入しても、買い取り業者もほとんど存在していない状態では不要になった際に売ることもできず、無駄な費用をかけるだけになってしまう危険性が高いためです。

その点、「ひかり電話」は加入権を購入する必要がなく、初期費用やランニングコストによる負担を軽減できるため、「せっかく高い費用を出したのに意味がない」などの不満を抱かずにNTT西日本・東日本の固定電話サービスを利用し続けることができます。

まとめ::NTT西日本・東日本の固定通話回線サービスを再開できないなら新規で契約をするのがおすすめ!

NTT西日本・東日本の固定電話サービスを再開したいと考えている方は、「ひかり電話」の契約・利用を検討することをおすすめします。

「ひかり電話」を契約することで、加入権購入による費用の負担をなくすことができるうえに、アナログ電話よりも安い「通話料」や「オプションサービス利用料」が設定されているため、初期費用や固定電話にかかるコストを大幅に削減することが可能です。

アナログ電話を再開・契約した場合、同じ番号を使用できず再度加入権を購入しないとならない事態に陥ったり、県外の方に通話を行なってしまうと高額な通話料金が発生してしまう可能性が高いため、このように加入権不要で、低価格な料金が設定されているのは非常に嬉しいポイントだと言えます。

NTT西日本・東日本の固定電話サービスを再開したいと考えている方は、ぜひ「ひかり電話」の利用を検討してみてください。

なお、下記の「ひかり電話に関するサポート窓口」では、「新規契約や移転などに関する手続きのサポート」を行なっているため、この窓口に依頼することで手間をかけずにスムーズに「ひかり電話」の申し込み手続きを進めることができます。

手間をかけずに「ひかり電話」を導入したいと考えている方は、ぜひ下記のページからお気軽にお問い合わせください。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /