ビジネスフォンに接続できる回線は光電話?利用方法を解説します

NTT西日本・東日本が提供するひかり(光)電話回線を契約して、オフィスなどにビジネスフォンを導入しようと考えている方の中には、「ビジネスフォンにひかり(光)電話回線を繋ぐことができるの?」という疑問を抱いている方が数多くいます。

調べれば分かることではありますが、日々の業務の忙しさから調べる時間が取れず、ひかり(光)電話を利用したいと考えていても契約できずにいる経営者の方も少なくありません。上記のような疑問を抱く理由は様々ですが、ひかり(光)電話は、一般的な家庭用電話機器に繋ぐというイメージを持っていることが原因です。

では、NTTが提供する「ひかり(光)電話」回線をビジネスフォンに繋げることができるのでしょうか?

結論から言うと、ビジネスフォンに「ひかり(光)電話」回線を繋げることができます。
ただし、ビジネスフォンに繋げることを目的に「ひかり(光)電話」を契約する際は、事前に「ビジネスフォンで同時に何台通話するのか」を決めたうえで、利用目的に合った料金プランを選ぶことが必要です。

そこで、今回は「ビジネスフォンにひかり(光)電話を繋げる際の利用方法」や「ひかり(光)電話をビジネスフォンに繋げる際に適した料金プラン」について、「ビジネフォンとひかり(光)電話回線を同時に契約・導入できるおすすめの窓口」を含めて詳しく解説していきます。オフィスなどで使用するビジネスフォンにひかり(光)電話を繋げたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ビジネスフォンに繋ぐ回線は光電話がおすすめ

ビジネスフォンに繋ぐ電話回線の選定に迷っているなら、NTT西日本などが提供する「ひかり(光)電話」を契約するのがおすすめです。

「ひかり(光)電話」は、NTT西日本や東日本が提供する「フレッツ光というインターネット回線サービスを利用して通話できる光IP電話サービス」で、国内のほとんどの地域に対応しているうえに、高品質な通話環境が用意されているため、どなたでもストレスフリーで通話することができます。

もちろん、一般用の家庭用電話機器だけでなくビジネスフォンにも繋ぐことが可能です。

そんな、NTTが提供する「ひかり(光)電話」の主な特徴は、下記をチェックしてください。

・業務に役立つ13種類のオプションサービスが用意されている
・全国一律8.8円/3分と低価格な料金設定がなされている
・基本的にどのビジネスフォンにも繋ぐことができるため、光電話専用の電話機に買い替える必要がない
・施設設置負担金(加入権)が不要
・現在利用している電話番号をそのまま引き継ぐことができる
・「G3」規格のFAXやFAX複合機であれば、買い替え不要でそのまま利用できる
・「03」や「06」などから始まる市外局番を使用することができる
・加入数2,100万回線を突破しており、シェア1位を獲得している
・大手企業をはじめ様々な業種の企業で採用されている

上記のように、NTT西日本や東日本が提供している「ひかり(光)電話」は、低価格な料金設定がなされているうえに、品質の高いサービスや通話環境が用意されています。
このため、ドコモやソフトバンクなど数多くの通信会社が提供する光電話の中でも、法人や個人を問わずに高い評価を得ている光電話サービスです。

どの企業の方でも通話によるコミュニケーションにストレスを感じることなく、満足してご利用いただくことができるので、ぜひ検討してみてください。

ひかり(光)電話オフィスタイプで複数チャネルが使える

オフィスなどで使用するビジネスフォンに繋ぐ電話回線を選ぶ際に、NTTが提供する「ひかり(光)電話」の契約がおすすめだと述べた理由は、上記の内容だけではありません。

ビジネスフォンのように「複数チャネル・複数の番号にも対応できる」という点も「ひかり(光)電話」がおすすめだと言えるポイントです。

具体的には、「ひかり(光)電話」では、「ひかり電話オフィスタイプ」と呼ばれる料金プランが設けられており、「最大8チャネルまで同時に通話することができるうえに、最大32番号まで利用することができる」ため、事業の拡大や業務効率化を図るなどの目的や用途に合わせて利用することができます。

ちなみに、上記のように複数のチャネル・複数の番号に対応できるのは、さまざまな光電話の種類の中でも「ひかり電話オフィスタイプ」と呼ばれる回線のみです。
一般的にオフィスなどでビジネスフォンを利用する場合、会社の規模に合わせて複数のチャネル・番号を用意する必要があるため、このように目的や用途に合わせて増やせるのは非常に魅力的だと言えます。

ビジネスフォンに繋げる光電話以外の回線は何がある?

ビジネスフォンに繋げる電話回線を検討している方の中には、「光電話以外の回線の特もを把握したうえで、契約するかを検討したい」と考える方も少なくありません。
事前に各電話回線の特徴や違いを把握しておくことで、「やっぱりこっちの電話回線を契約すれば良かった」などと不満を抱くリスクを軽減できるため当然です。

では、光回線以外の電話回線とは、どのような回線があるのでしょうか?

具体的に、光電話回線以外の電話回線は、以下の2点です。

・アナログ回線
・ISDN回線

ビジネスフォンに繋げられる光電話以外の電話回線について解説していくので、ひかり(光)電話の契約を検討する際の参考にしてみてください。

アナログ回線

アナログ回線とは、「アナログ信号を受信して通話をする電話回線」のことです。
光回線が普及する以前までは、法人や一般家庭問わずに主流になっていた固定電話サービスでした。

電話機をメタル線と呼ばれる「動線」に繋ぐことで、遠くにいる相手と通話できるのが特徴です。

ちなみに、アナログ回線には「ダイヤル回線」と「プッシュ回線」と呼ばれる2種類の回線があります。

それぞれ紹介していきましょう。

「ダイヤル回線」とは、「ダイヤルを回転時に発生するスイッチの遮断音によって電話番号を認識して通話を開始する電話回線」のことです。
黒電話と言うダイヤル式の電話機を対象にしている電話回線になっているため、現在普及されているプッシュボタン式のビジネスフォンには不向きな電話回線サービスになります。

一方で、「プッシュ回線」とは、「プッシュオンを押した時に発する音を認識して通話を開始する電話サービス」のことです。
現在主流になっているビシネスフォンに繋ぐことができます。

このため、ビジネスフォンに繋ぐことを目的にアナログ回線を利用するのであれば、「プッシュ回線」の契約を検討した方が良いでしょう。

とはいえ、アナログ回線は基本的に一般家庭で利用することを目的とした電話回線になっているため、ビジネスフォンに繋ぐのはあまり向きません。

例えば、固定電話用の電話番号とFAX用の電話番号を分けたい場合、それぞれの回線を別々に契約する必要があり、手間や費用がかさみやすいため、ランニングコストによる負担が重くのしかかる可能性があります。

このため、ビジネスフォンに繋ぐことを目的にアナログ回線の利用を検討している方は、事前に「アナログ回線の特徴」を把握したうえで、「目的や利用用途に適しているのか」を見極めてから契約を締結するようにしてください。

ISDN回線

ISDN回線とは、別名「デジタル回線」と呼ばれる「デジタル信号を利用して通話を行う電話回線」のことです。
アナログ回線と同様に昔から普及している電話回線でありながら、光回線と同様に「複数のチャネルを利用できる」のが特徴になります。

具体的には、ISDN回線は「1つの電話番号で2回線分利用できる固定電話サービス」になっており、1つの契約回線で電話やFAXを同時に利用することができるため、オフィスなどのニーズに合わせてビジネスフォンに繋げることが可能です。

ただし、注意しなければならない点もあります。
それは、「ISDN回線は2024年に提供が終了」になるという点です。

ひかり(光)電話が普及したことで、ISDN回線の需要が減少し提供が終了されることが決まりました。
このため、これからビジネスフォンに繋ぐことを目的に電話回線を契約するのであれば、ひかり(光)電話回線を契約した方が賢明です。

ビジネスフォンで何台同時通話を使うか?

NTTが提供する「ひかり(光)電話」を契約する際は、事前に「ビシネスフォンで何台同時に通話を行うのか」を明確にしておく必要があります。
必要なチャネル数(同時通話する台数のこと)によって、契約するべき料金プランが異なるためです。

例えば、電話1台・電話1台・FAX1台などの3台同時に利用する場合、「ひかり電話オフィスタイプ」がおすすめになります。
この料金プランは、上記でも紹介した通り、「最大8チャネルまで同時に利用できる料金プラン」になっているため、複数台の通信機器を同時に使用することが可能です。

オフィスや事務所などでビジネスフォンを利用する場合、会社の規模によっては、複数の電話機を同時に使用する必要があるため、最大8チャネルまで同時利用できるのは非常に大きなメリットだと言えます。

一方で、電話1台・電話1台・FAXなしの2台以下の利用の場合は、通常のひかり電話の料金プランになる「フレッツ光ライトファミリープラン」と呼ばれる低価格な料金設定がなされているプランでも問題ないでしょう。

通常のひかり電話の料金プランは、「最大2チャネル5番号まで」利用することができるため、「8チャネルも利用する必要はないが、2つの電話番号を持ちたい」と考えている方に最適だと言えます。

光電話オフィスタイプは何台まで同時通話できる?

「ひかり電話オフィスタイプ」の料金プランを契約した場合、オプションサービスを追加することで、最大8台まで同時に通話することが可能です。

基本契約は、「ひかり電話オフィスタイプ」を契約した場合も、基本的に「3チャネル1番号」までですが、「複数チャネル」と言うオプションサービスを利用することで最大8チャネルまでビジネスフォンを使用して同時に通話を行えるようになります。

例えば、電話1台・電話1台・電話1台・FAX1台の合計4台を同時に利用したいのであれば、基本契約に1チャネルを追加することで、自社に必要な分の台数を確保が可能です。

このため、「必要な台数分だけ契約したい」と考えている方に最適と言えます。

なお、「複数チャネル」は「1番号440円」とリーズナブルな価格で基本契約(基本料金:月額1,430円(税込))に追加すること可能なので、大きな負担にはなりません。(複数チャネルの価格は、2022年4月19日時点の料金です。)

このように、あなたが経営する会社に必要な分だけのチャネルを追加することができるため、無駄なコストをかけずに済むのは嬉しいポイントです。

通常のプランは何台まで同時通話できる?

通常のNTTが提供する「ひかり(光)電話」の「フレッツ光ライトファイミリータイプ」という料金プランを契約した場合、「最大2チャネル」まで同時に通話することが可能です。

「ひかり電話オフィスタイプ」と同様に、「複数チャネル」を契約することで、1回線で最大2つの電話通信機器を発着信させることが可能になります。
このため、通常のひかり(光)電話の料金プランは、同時に使用するビジネスフォンの台数が2台以下の場合なら最適です。

ちなみに、通常の料金プランを契約した場合、基本料金となる月額3,080円(税込)に「1チャネルあたり月々220円(税込)」で追加することができます。

「ひかり電話オフィスタイプ」の「複数チャネル」に設定されている価格より安い金額設定がなされていますが、基本料金は通常の料金プランの方が高めな設定です。

このため、オフィスなどで使用するビジネスフォンに繋ぐのであれば、オフィスタイプの料金プランを契約した方が良いでしょう。

ビジネスフォンと回線を同時に申込手配はできる?

ここまで解説してきた通り、NTTが提供する「ひかり(光)電話」は、ビジネスフォンに接続できるうえに、「ひかりオフィスタイプ」と言う料金プランを契約することで「最大8チャネル・最大32番号まで」利用することができるため、オフィスや事務所などで使用するのに最適な固定電話サービスです。

しかし、ひかり(光)電話の契約を検討している方の中には、「NTTの申し込み窓口にながなが繋がらないと聞いたので、ひかり(光)電話回線の申し込み手続きが面倒なのでは?」と不安を抱く方も少なくありません。

実際に、NTTの「116番」の申し込み窓口は、ひかり(光)電話が高い人気を得ていることで、繋がりにくくなっているため、スムーズに契約・導入を進められず不満を抱いた方も数多くいます。

このため、できるだけ早く「ひかり(光)電話」を契約・導入したいと考えているのであれば、下記のページにある「ひかり(光)電話の手配やサポートを行なっている専門の窓口」から申し込みを行うのがおすすめです。
こちらの窓口では、「ひかり(光)電話回線の契約や開通工事などの手配」や「開通前や開通後のサポート」を行なっているため、この窓口を利用することで手間をかけずにスムーズに電話回線を導入することができます。

しかも、下記の専門窓口では、「どのようなビジネスフォンを選べばいいのか」などの相談を行うことも可能です。
一口にビジネスフォンと言っても数多くのメーカーから様々な機種が発売されており、それぞれの特徴を把握したうえで自社に適した機器を選ぶのは困難であるため、このようにあなたが経営する会社に適したビジネスフォンの電話機の種類を教えてもらえるのは非常に大きなメリット言えます。

業務に支障をきたさずにひかり(光)電話の申し込みを行いたいと考えている方や自社に適したビジネスフォンが分からずに困っている方は、ぜひ下記のページからお気軽にお問い合わせください。

開通納期はどれくらい?

ひかり(光)電話を導入する場合、NTTの混雑状況や時期によって異なりますが、通常「開通まで1〜2ヶ月程度」かかります。
そのため、できるだけ早く電話回線を導入したいと考えている方は、スケジュールに余裕を持って申し込み手配を済ませておくことが重要です。

ビジネスフォンにひかり(光)電話を繋ぐ場合、NTTのひかり電話の工事を請け負う業者とビジネスフォンの業者とで工事日を合わせる必要があるため、場合によっては、希望する日に工事を行えない可能性があります。

このため、希望日にひかり(光)電話をビジネスフォンに繋ぎたいのであれば、できるだけ早い時期に「ひかり(光)電話の手配やサポートを行なっている専門の窓口」に相談をするようにしてください。

まとめ:ビジネスフォンに繋げる回線はひかり(光)電話がおすすめ!

オフィスなどで使用するビジネスフォンに繋ぐ電話回線を選ぶ際は、「光電話」を契約するのがおすすめです。
光電話と呼ばれる電話回線を導入することで、全国どこにかけても一律の料金で電話をかけることができるうえに、選んだ通信会社によっては、複数のチェネル・複数の番号を追加することができるため、事業拡大や業務の効率化を図ることに活用できます。

このため、この記事では、法人向けのサービスを展開しており、ビジネスフォンの利用やオフィスでの電話の利用に適しているNTTが提供する「ひかり(光)電話」をご紹介しました。

NTTの「ひかり(光)電話」では、「ひかり電話オフィスタイプ」という「最大8チャネル・最大32番号まで追加できる」料金プランが用意されており、低価格な料金設定がなされているため、コストを抑えながら業務や事業拡大に活かすことが可能です。

とはいえ、ビジネスフォンの利用環境によっては、上記の料金プランが適さない場合もあります。

例えば、同時に利用する電話通信機器が2台以下の場合などです。
こういったケースは、通常のひかり(光)電話の料金プランの方が適している場合があるため、事前に見極めてから契約を行うようにしてください。

仮に、自社に適している料金プランが分からなかったり、ビジネスフォンの利用環境を明確に判断できない場合は、下記のページから「ひかり(光)電話の手配やサポートを行なっている専門の窓口」に相談することを検討してみてください。

こちらの窓口では、あなたが経営する会社の利用環境などを精査したうえで、どの料金プランが適しているのかを見極めてくれるため、希望に合った契約内容でひかり(光)電話を導入することができます。

さらに、下記の「ひかり(光)電話の手配やサポートを行なっている専門の窓口」を早めに利用することで、あなたが希望する利用希望日に電話回線を導入できるようにサポートも行なってもらえます。

通常、NTTの正規窓口から申し込みを行なった場合、オペレーターに繋ぐまでに時間がかかってしまい、申し込み自体がスムーズに進まないケースがあるため、このようにできる限り希望日に合わせて導入できるように動いてもらえるのは非常に大きなメリットです。

できる限り早くひかり(光)電話を導入したいと考えている方やどの料金プランが適しているのか分からず困っている方は、ぜひ下記のページからお気軽にお問い合わせください。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /