プロパンガスの保証金とは?いつ返金されるの?

最終更新日:

賃貸物件を借りる際に必要となるプロパンガスの保証金。

「なぜ保証金を預ける必要があるのか?」「預けた保証金は一体いつ手元に返って来るのか?」と疑問に思われている方もいるのではないでしょうか?

 

そこで本記事では、

  • なぜプロパンガスを利用する際に保証金を支払わねばならないのか?
  • 預けた保証金はいつ返金されるのか?

といった疑問にお答えします。


  • LINEで送る

プロパンガスにおける保証金とは?

では早速、プロパンガスを利用する際に必要となる保証金について詳しく見てみましょう。

なぜ保証金が必要なのか?

なぜプロパンガス会社が、入居者に対して保証金を預ける様に要求するのか?

それは、入居者が退去する際に発生するガス代の未納分を、補てんする為です。

そしてこの「保証金」という制度が生まれた背景には、賃貸物件の特性が大きく影響しています。

 

アパートタイプやマンションタイプの賃貸物件は、一軒家(持ち家・賃貸)と異なり、引っ越しが手軽に行えます。

しかしその手軽さから、ガス料金の支払いを終えずに転居してしまう住人が続出し、プロパンガス会社がガス代を回収しきれないといった事態に陥ったのです。

 

そしてこの出来事を教訓として、プロパンガス会社の間で、契約開始時に入居者から保証金を預かる取り決めが、浸透していきました。

持ち家や一戸建ての賃貸物件を契約する際に、保証金の支払いを要求されるケースが少ないのは、これらの物件に住んでいる方が早々に転居する事で、ガス代が回収不可能となるリスクが低いからです。

保証金の金額

プロパンガスを利用する際に必要となる保証金の金額は、「通常使用するガス代の2~3ヶ月分、若しくは1万円程度」に設定されているケースが殆どです。

 

具体的な金額に関しては各プロパンガス会社が自由に定めているので、気になる方はプロパンガス会社に問い合わせてみる事をおススメします。

保証金の支払いは法的義務ではない

「保証金の預け入れ」は各プロパンガス会社が独自に定めているルールであり、法的義務ではありません。

ただし先ほど挙げた様な理由から、ほとんどのプロパンガス会社では保証金の預け入れ規定が設けられています。

預けた保証金は退去時に返金される

プロパンガス会社に預けた保証金は、利用期間中にガス代の滞納等を起こしていない場合、預かり証と引き換えに退去時に全額返金されます。

 

ただし、この時点では最後のガス代の清算がまだ完了していないため、未払い分のガス代を差し引いた額の保証金が返金されるケースもあります。

まとめ:プロパンガスの保証金とは?いつ返金されるの?

いかがでしたか?本記事の内容をまとめると、

  • プロパンガスを利用する際に預ける保証金は、プロパンガス会社が退去時における未払い分のガス代を補てんするためのものである
  • 保証金の額は通常ガス料金の2~3ヶ月分、または1万円前後としているケースが多い
  • 預けた保証金は退去時に返金される

という事でした。

 

保証金が必要となるか否かはガス会社によるので、預ける際には不公平に感じるかも知れません。

しかし、プロパンガス会社とのトラブルを避けるためにも、保証金は必要なシステムであると言えます。

 

保証金を預けた際に渡される預かり証は、退去時に保証金を返金してもらう際に必要となるので、大切に保管しておく様にしましょう。

「まるっとシリーズ」や「まるっとガス」で毎月の生活費を節約!

「まるっとシリーズ」は、株式会社ラストワンマイルが提供するライフラインサービスの総称です。

本記事で取り上げたガスに関するサービスである「まるっとガス」の他、電気・光回線など、生活する上で必要となる様々なサービスを網羅しています。

 

さらに、「まるっとシリーズ」では複数のサービスと契約する事で割引制度や様々な会員特典を受けることが可能です。

「月々の生活費をもっと抑えたい」「ライフラインサービスの支払いを一括管理したい」といった希望をお持ちの方は、ぜひ「まるっとシリーズ」のご利用を検討してみてはいかがでしょうか?

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る