再来店してもらう為のアイデア。効率よく集客する方法とは?

事業を営む上で誰もが悩む壁の一つに集客があります。特に再来店を促すアイデアについては、新規顧客の獲得以上に悩む点ではないでしょうか。

マーケティングを考えた時、よく言われる「1:5の法則」があります。

これは“既存顧客を維持するのに対し、新規顧客の獲得は5倍のコストがかかる”という意味で、いかにリピーター対策が重要かを表す法則です。

「サービスには自信があるのに、再来店率が伸びない・・・」
「効率よく再来店率を上げたい・・・」
「再来店率を上げるアイデアが出てこない・・・」

考えられるアイデアはやり尽くしたつもりではいるけど、再来店率が上がらなく、集客アイデアに悩んでいる経営者も多いはずです。

この記事では再来店してもらえない基本的な原因と、解消するためのアイデアを解説いたします。

お客様が再来店しない本当の理由

お客様はどうして再来店してくれないのか、その理由を考えた時、多くの人は「お店に満足できなかったから」だと思いがちです。

再来店されない理由を以下のように考えたことはないでしょうか。

・品揃えが悪かったから
・センスが好みではなかったから
・接客が悪かったから
・商品の価格が高かったから

再来店されない原因は自分にあると考えて、再来店に繋がる接客を心がけている方はとても多くいます。

もちろん「このお店は接客やサービスが悪い!もう二度と行かない」と思われるようなお店もありますが、サービスを改善しようとしない人はいないでしょう。

実はお客様が再来店しない理由は「お店に満足できない」でなく他にあります。

お店に不満があるわけでもないのにリピートしない理由は以下の2つです。

・お店のことを忘れている
・お店に行くきっかけがない

一度行ったお店にもう一度行かない理由は「お店のことを忘れている」「お店に行くきっかけがない」という単純なものです。

こんな簡単なことなの?と驚かれる人も多いのではないでしょうか。一つずつ詳しく解説します。

お店のことを忘れている

お客様が再来店しない理由として一番多いのは、単純に「お店のことを忘れている」というものです。

「一度行ったお店なのにそんなすぐに忘れないでしょ?」と思われがちですが、では昨日の夕食は何だったかすぐに思い出せるでしょうか?2日前・3日前ではどうでしょうか?すぐに思い出せる人の方が少ないはずです。

お客様も同じで一度行っただけのお店は、ほとんどの人は次の日には忘れてしまうのです。ましてや今現在、同業他社は星の数ほどいます。日々の生活に追われているうちに、一度行ったお店のことなど忘れてしまっても何も不思議はありません。

もう一度来店して欲しくても、忘れてしまっていては来店することはまず無いでしょう。

リピーターになってもらうためには、まずお店のことを思い出してもらうことが、何より大切なのです。

お店に行くきっかけがない

お店のことを忘れているから再来店しないと解説しましたが、仮に思い出したとしてもすぐに来店することはありません。

わざわざあなたのお店を利用しなくても、他に似たようなサービスはたくさんあります。同じ店に行かなくても、お客様の生活は十分に成り立つからです。

一度行ったお店にもう一度来店してもらうには、そのお店に行くためのきっかけが必要です。

お客様が一度来店したお店に再来店するきっかけとして、以下のような例が挙げられます。

・アフターフォローが良かったのでまた利用したくなった
・特別セールで安くサービスを利用できた
・ポイント2倍デーだった
・イベントを開催していた

このようなきっかけを作るため、お客様にとってメリットのある情報を、お店から定期的に発信する事が効果的です。

そうすればお客様がメリットを感じて、「あのお店に行けば良いことがある」と思い再来店したい気持ちに誘導できます。

一度施策を実施して、もし反応がなくても諦めないでください。その時にたまたまタイミングが合わなかった可能性もありますし、定期的にきっかけ作りを続けると信頼を重ねる事もできます。

再来店率を上げるアイディアと施策事例

再来店を促すためには、まずお店のことを思い出してもらい、お店に行くきっかけを提供し続ける必要があります。

お店のことを思い出してもらうアイデア例ときっかけを作るアイデア例、それぞれ具体的な方法を見ていきましょう。

お店のことを思い出してもらうアイデア例

再来店の対策の中で、お店のことを思い出してもらうためのアイデア3つを紹介します。

しっかりとアフターフォローをする

リピーター対策として、一番大切と言えるのがアフターフォローです。

定期的なアフターフォローをすれば、お店のことを思い出してもらえると同時に、顧客とのコミュニケーションが増え信頼を築くのにも効果的です。

アフターフォローでは以下のアイデアが出せます。

・サンキューレター
・バースデーレター
・新商品・新サービスの情報をお届けする
・商品・サービスの保証をつける

美容や整体などのサービス業の場合、サンキューレターやバースデーレターがお店のことを思い出すきっかけになります。

できれば印刷された定型文では無く、一筆だけでも手書きで添えるようにしましょう。デジタルが発達した現代ですが、手書きの手紙に温かみを感じる人は多いです。

再来店を促す言葉を付け加えるとさらに効果的です。

飲食店や雑貨屋など商品を提供している店舗では、商品の最新情報を定期的にお届けする、保証を付けると言った方法があります。

提供している商品やサービスにより、最適な方法は違います。自社に合う方法を探してみてください。

広告を出す

広告は新規獲得の効果がありますが、一度来店した人が見ればお店を思い出す効果も望めます。

通信技術が発達した現代では、紙に印刷した広告の他にWebを使った広告を使う選択肢もあります。

広告のアイデアは主に以下のものがあります。

ローカル雑誌
折り込み広告
ポスティング
バナー広告
SNS広告
リスティング広告

広告媒体はたくさんありますが、闇雲に手当り次第手を出すことは避けてください。

飽くまで顧客目線を心がけ、お店のターゲット層が見そうな媒体を選びましょう。

SNSアカウントを作る

SNSアカウントも新規顧客にアプローチすると同時に、一度来店したお客様がお店を思い出す効果も望める方法です。

一言にSNSと言っても、その種類は豊富にあります。

Instagram
Facebook
Twitter
LINE
YouTube
Tik Tok

SNSの種類はたくさんあり何からやればよいのか迷いがちですが、最初からすべてに手を出すのはやめてください。

更新し続けなければ逆効果で、「やる気がない」「閉店したお店」と思われてしまいます。まずは一つ決めて、フォロワーを増やすことから始めましょう。

定番のInstagramやFacebookの他に、最近ではYouTube・Tik Tokなど動画を使った集客方法も注目されています。

どの方法が一番合うかは業種やターゲット層によって違います。まずは自社のターゲットはどんなSNSを使っていそうか、考えてみてください。

お店に行くきっかけを作るアイデア例

お店を思い出してもらったら、お店に来店するきっかけ作りをしましょう。

きっかけ作りのアイデアは、クーポンやキャンペーンなどお客様が得をするものがメインです。お客様があなたのお店に来店するメリットを感じ「今行かないと損をする!」と思えば、再来店に繋がります。

再来店を促進するアイデア例は、以下のものが挙げられます。

クーポン

お店に行きたくなるきっかけの一つに、クーポンがあります。

最近では消費者の節約意識が高まり、クーポンに対し“ケチくさい”というネガティブな印象はなく、“賢い”“お得”のようにポジティブな印象を持つ事が多くなりました。

クーポンは紙に印刷する方法を始め、スマホを使ったデジタルクーポンもよく使われています。ターゲット層に合う方法でクーポンを配信すると良いでしょう。

注意点として、クーポンは定番化しないことをおすすめします。いつでもクーポンがもらえると思えば、わざわざ今お店に行く必要は無くなってしまいます。

たまにしか配信されない特別感を演出することで、お店に行くきっかけになり再来店促進に繋がります。

キャンペーン・イベント

一度行ったお店がキャンペーンを開催していることを知り、自然に行きたい気持ちになったことはないでしょうか。キャンペーンやイベントも、再来店を促すアイデアとして有効です。

現在リピーター対策として、いろいろな業種で様々なイベントやキャンペーンが開催されています。

・店内全品割引キャンペーン
・年賀状の番号で割引されるキャンペーン
・ハロウィンにコスプレしてきたら割引されるイベント
・商品をまとめ買いすると、割引されるイベント

季節に合わせてお店に会うイベントのアイデアを出してみましょう。

定期的に開催し、お客様にイベントを覚えてもらえれば成功と言えます。広告やSNSでたくさんの人に知らせることも忘れないでください。

ポイントカード

ポイントカードはリピーター獲得に効果的で、再来店促進のためよく取り入れられる手段の一つです。来店時や商品の購入時にポイントが貯まり、ポイントが貯まったら特典がもらえるというおなじみのものです。

「ポイントが付くからあのお店に行こう」という気持ちになり、再来店されるお客様も多いでしょう。ポイントカードを発行することにより、お客様の情報取得や再来店促進、顧客を囲い込む効果も望めます。

よくある簡単なシステムのように思えますが実は奥が深く、「何をすればどんな特典があるか」をしっかりと考える必要があります。

ポイントが貯まるまでの購入金額が多すぎると、再来店には逆効果です。顧客は疲れてポイントを貯めるのをやめてしまいます。ですが少ない購入金額で特典をつけすぎると、自社の利益を圧迫し経営が成り立ちません。

長く顧客に使ってもらうため、特典までの間に小さな特典を付けるお店も見かけます。例えばラーメン屋さんなら、「スタンプ5つごとにチャーシュープレゼント、20個貯ればラーメン1杯無料」といった感じです。

またポイントが貯まったら会員ランクが上がる、ランク制度を取り入れる店舗もあります。

どんな特典があれば嬉しいか、お客様の視点に立ち考えてみましょう。

ターゲット層と手段のミスマッチに注意

再来店のアイデアを出す際、注意してほしいのはターゲット層と手段のミスマッチです。

集客方法を考える時、来てほしいお客様に会う方法を選ぶ必要があります。集客したいターゲットに合わない手段を選んだら、どんなに施策が良くても気づいてもらえず、再来店には繋がりません。

様々な集客手段の中で、ターゲットを間違えると再来店を促す効果が半減してしまう方法を3つほど解説します。

折り込み広告

新聞に折り込んで各家庭に届ける折り込み広告は、信頼性が高くデジタルが発達した現代でも効果的な方法です。知っているお店のチラシがあれば、再来店したくなる人は多いでしょう。

特に新聞の購読率が高い高齢者層、ファミリー層へアプローチが可能です。即効性が高いため、セールなどのイベントに合わせて配布をおすすめします。

また地域を絞って集中的に集客できる点、保存性があり家族で回し読みできるのもメリットです。

信頼性と即効性の高い折り込み広告ですが、注意点として新聞を取っていない家庭にはアプローチできない点、デジタルの発達により新聞の購読率自体が減っている点が挙げられます。

新聞の購読率は60代以上では約80%と多いものの、30代では約30%と若い世代では購読率が下がる傾向にあります。

ファミリー層や高齢者には効果がある一方で、独身や若い層には今ひとつ十分な効果が得られない可能性もあるでしょう。

集客したいターゲットが独身や若い層である場合、折り込み広告を選択する場合は十分に注意してください。

Instagram

Instagramは国内では2016年頃から利用者が急増し、「インスタ映え」という言葉もできるほど勢いのあるSNSです。きっとたくさんの人が使っているに違いないと思っている方も多いでしょう。

ですが実際には月間アクティブユーザーは3300万人となっており、Twitterの4500万人よりも少ない人数になっています。(2021年12月)また利用者層にも偏りがあり、ユーザーの多くは20代~30代の女性、次いで20代~30代の男性であり若年層が中心です。

40代以降からだんだんと利用者は減り、60代以降でInstagramを使っている人はかなり少なくなります。

そのため化粧品やアパレル関連など、取り扱っている製品が20代~30代の女性向きであれば、Instagramで発信すればターゲットに届きやすくなります。

しかし自社のターゲット層が中高年の男性である場合、Instagramのメインユーザー層とずれるため、発信してもターゲットに上手く届かない可能性があります。

手段とターゲット層のミスマッチを防ぐため、流行っているSNSを適用に選ぶのではなく、お客様がどんなSNSを使っているか考えてみると良いでしょう。

メルマガ

メルマガは少し前までは、デジタルを使った再来店の集客手段としてよく使われていました。

しかし2021年現在、LINEの登場によりメールを使う人は減少傾向にあります。特に若い世代のメール離れは進んでおり、ターゲット層が若い人であれば、メルマガを配信しても読んでもらえない可能性が高くなります。

加えてメールはアドレスの登録に手間がかかり、迷惑メールに振り分けられる場合もあります。昔に比べデジタルの最適な手段とは言えなくなりました。

メルマガを使う場合はターゲット層がメールを使っている層かどうか、よく確認して始めることをおすすめします。

リピーター獲得に最適なツールとは?

再来店してもらうアイデアはたくさんありますが、手段がターゲット層に合わなければ効果が半減してしまいます。

ではどんな客層にも合う、再来店促進に最適なツールは無いのでしょうか。

当コラムでは再来店を促すのに最適なツールとして、LINE公式アカウントをおすすめしています。

LINE公式アカウントとは

LINE公式アカウントは、コミュニケーションツールであるLINEの事業用のアカウントです。

個人の連絡手段として使われるLINEですが、集客ツールとしてもたくさんの企業に使われています。一度来店したお客様に登録してもらい定期的に配信すれば、再来店対策として効果的です。

気になる導入コストですが、LINE公式アカウントは初期費用は必要なく、事業主であれば最初は無料で始められるようになっています。

他のSNSはたくさんありますが、なぜ再来店対策にLINEを選ぶ必要があるのでしょうか。

なぜLINEがおすすめなの?

なぜ再来店促進のアイデアとしてLINE公式アカウントがおすすめなのか、理由は7つあります。

・LINEの利用者が多い
・LINEの使う人の年齢層が幅広い
・メッセージが直接ユーザーに届く仕様になっている
・開封率が高い
・友だち登録が簡単にできる
・集客に利用できるツールが揃っている
・すべての機能を最初は無料で使える

利用者数が国内No.1なので、様々な世代に幅広く対応できる

LINEはSNSツールだけでなく、LINEMOやLINE PayなどSNS以外のサービスも展開する大手の企業です。

コミュニケーションアプリのLINEは月間8,900万人以上が利用しており、SNS以外のアプリを含めても国内利用率No.1となっています。

LINEの利用者は若年層では90%にも上り、60代で74%、70代でも62%以上と年代問わずたくさんの人に使われています。中高年をターゲットとする職種でも幅広く対応可能です。

こちらも読まれています

LINEで集客は可能か

ユーザーに直接届くため読まれやすい

御存知の通りLINEは、メッセージが届くと通知音が鳴りすぐに読める仕組みになっています。

メールのようにメールボックスから件名を確認して開封する一手間はなく、スマホを一回タップするだけで直接メッセージにたどり着きます。

この仕様により開封率が高く、読まれる確率が格段に高いです。「配信しても読んでもらえない」という悩みもほぼありません。

LINEの開封率はメールに比べ6倍とも言われており、読まれる確率が高いため即効性のある広告効果が期待できます。

集客に最適な機能が最初は無料で使える

LINE公式アカウントではメッセージ配信を始め、クーポンの製作・配信、お店の位置情報など集客に必要な機能が揃っています。特に再来店を促すための機能が多く、お店を思い出してもらうことやお店に行くきっかけ作りの対策に最適です。

導入にコストはかからず、すべての機能が最初は無料で使えることもメリットです。アカウント登録するだけですぐに使えるため、誰でも気兼ねなく始められます。

最近では忙しい事業者に変わり、LINE公式アカウントの運用を代行する会社もいくつか登場しています。中でもLinks(リンクス)ではLINEを使った集客だけでなく、運用結果報告や成功事例の共有も行っています。

事業に集中したい人や、いろいろな施策をしたものの今ひとつ効果が出ない人は、LINE公式アカウントのサポート会社もチェックしてみてください。

LINEを使った施策のアイデア例

LINEでは集客ツールに最適で、多くの機能が初期費用不要で使えます。

その中で再来店してもらう対策として、LINEを使った施策のアイデア例を3つ紹介します。

トークを使ってアフターフォロー

LINE公式アカウントはユーザーにメッセージの一斉配信の他、1対1でのトークも可能です。これを利用し商品やサービスを利用したお客様のアフターフォローが行えます。

電話などでアフターフォローする場合、時間を使うため他の仕事に手が回らなくなりがちです。LINEなら空いた時間に返信ができるため、他の仕事を圧迫すること無く対応できます。

また文字で履歴が残るため「言った言わない」のトラブルにならず、時間が経っても履歴を見れば確認できるためお客様も便利です。

ただし顧客数が増えると対応できなくなるため、AI応答メッセージの利用も検討しましょう。

LINEクーポン配信でお店に行くきっかけを作る

クーポンは再来店したくなるきっかけとして大変有効です。LINE公式アカウントでは、LINEクーポンを製作・配信しリピーター対策ができます。

LINEクーポンは飲食店や美容など様々な業種で使われており、使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

クーポンの種類は「割引」「無料」「プレゼント」「キャッシュバック」「その他」から選べ、利用条件や使い方も自由に設定できます。作ったクーポンはトーク配信やリッチメニューに設置も可能です。

送る人を選んで配信する「絞り込み配信」も可能で、お客様に合うクーポンをカスタマイズして配信できます。常連の方や新規登録したばかりの方、ごぶさたのお客様など、その人に合ったクーポンを送れるようアイデアを出してみましょう。

ポイントが貯まるショップカードもLINEで配布可能

ショップカードは紙のポイントカードのLINE版と言ったツールです。紙だと落としたり無くしたりと言った心配がありますが、LINEならその必要はありません。

デザインや特典内容、何ポイントで特典がもらえるかも自由に設定できます。

紙にはないデジタルならではのメリットもあり、データの分析も可能です。発行したショップカードの枚数や配布したポイントの合計を見て、リピート率の改善に役立てましょう。

発行したものの利用が思わしくないなら、特典に魅力がないか特典までが遠すぎる可能性もあります。改善するアイデアを出し対策しましょう。

参考リンク→LINE公式アカウントの作り方を詳しく解説!ラインで集客や予約受付ができる!

再来店のアイデアまとめ

再来店のアイデアはいくつかありますが、いろいろなアイデアを実行に移せるツールとしてLINE公式アカウントがおすすめです。

LINE公式アカウントは機能が豊富で、今回紹介した以外にも様々な使い方ができます。

当コラムでは他にもLINE公式アカウントの使い方の記事を掲載しているので、読みながらぜひLINE公式アカウントを始めてみてください。

最初からすべての機能をフルに使い集客対策したい場合は、LINE集客の運用代行会社を使うのも良い方法です。プロに委託してLINE運用すれば、自分だけで運用するよりもはるかに効率よく集客できます。

本来ならなかなか知る機会のない他社の成功事例も参考にできるため、自身のスキルアップにも効果的です。

お店のリピーター対策をお考えの人は、こちらのリンクも参考にアイデアを考えてみてください。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /