家に電話を引くにはどうすればいい?

最終更新日:

フリーランスや自営業の方など、家でお仕事をする人が増えてきました。その時にまず考えるのは固定電話を引くことではないでしょうか。

事業の連絡先が携帯電話では、なんとなく不安な印象を与えてしまいます。固定電話を取得しておけば、お客さまの信頼を得られるだけでなく、タウンページに無料掲載できるメリットもあります。

またご家庭でも固定電話を引いておけば、学校や受験などで有利になることが多いです。ですが「家に固定電話を引くためにはどうすればよいのかわからない」という声も多くあります。家に電話を引く方法、料金やどのくらいの期間がかかるのかも気になりますね。

この記事では家に電話を引く方法と、初期費用やかかる期間も解説します。電話を引くための工事費用を抑える方法も紹介するのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

家に電話を引くにはどうすればいい?

固定電話を引くなら、NTTのひかり電話サービスがおすすめです。

通信会社はたくさんありますが、やはり日本最大手で実績のあるNTTを使うのが一番安心で確実な方法になります。

NTTでは従来のアナログ回線の加入電話と、光回線を使うひかり電話があります。固定電話といえば設置負担金(加入権料)を払って契約する加入電話を思い浮かべる人も多いでしょう。

ですが時代の流れで加入電話の契約数は減り、2024年に廃止予定とされています。現在一般的になったのはひかり電話で、契約者数は急激に増えました。

ひかり電話は光ファイバーの通信回線を使うため、今まで通り品質の良い通話ができます。一般のインターネット回線を使うIP電話・ライン通話とは違い、ノイズや途切れなどはありませんのでご安心ください。

品質が良いだけでなく、ひかり電話がおすすめの理由は4つあります。

その地域の電話番号が使える

加入電話では、東京なら「03」大阪なら「06」のように、その地域に合う電話番号が取得できていましたが、ひかり電話でも同様にその地域の電話番号が取得できます。

IP電話など「050」から始まるタイプの電話もありますが、やはりビジネスで使うには不向きです。ひかり電話なら信頼してもらいやすい電話番号を取得できるので、お仕事でもご家庭でも使いやすくなっています。

固定電話の設置負担金がかからない

加入電話は初期費用として施設設置負担金が39,600円(税込)必要になります。設置負担金は加入権料とも呼ばれ、昔に比べて安くなったとは言えなかなかの高額です。

ひかり電話なら高額の設置負担金は必要なく、加入電話より簡単に導入ができます。初期費用が安いのは、ひかり電話の大きなメリットと言えるでしょう。

通話料金が安い

ひかり電話は初期費用だけでなく、加入電話と比べて通話料も安くなっています。

加入電話は相手の距離と時間で通話料が違い、通話料は3分当たり9.3~88円と差が大きいです。加入電話の通話料は近くの相手に夜電話をすれば安く、遠く離れた相手に昼間かければ高い仕組みになっています。

この仕組みでは通話料をどれだけ使ったか把握しにくく、遠く離れた人にかけにくいのも難点でした。

その点ひかり電話は、相手が固定電話なら通話料は一律となっています。

【固定電話にかけた時】
距離 通話料
相手の距離時間帯に
関わらず一律(国内)
8.8円(3分当たり)

※料金は税込

3分当たり8.8円と割安な通話料なので、遠く離れた相手にも気軽にかけられます。相手が国内ならどこでも8.8円なので、通話料が把握しやすいのもメリットです。

固定電話から携帯電話にかける機会も多いですが、加入電話からひかり電話にかけた時の料金比較は以下になります。

【携帯電話にかけた時の比較(3分当たり)】
携帯会社 加入電話 ひかり電話
ドコモ 60.6円 52.8円
au 60.6円 57.75円
ソフトバンク 60.6円 57.75円

※料金はすべて税込

ひかり電話から携帯電話にかけた時は、相手がドコモなら52.8円、au・ソフトバンクなら57.75円となっています。固定電話にかけたときほどは安くはないですが、加入電話に比べると少し安くなっています。

一つの契約で複数の番号が使える

お仕事で固定電話を使う際は、部署ごとに番号を分けることやFAXを使うため、複数の電話番号を使うことが多いです。

加入電話なら2つの番号それぞれ契約を分けて契約する必要がありますが、ひかり電話ならオプションを追加することで簡単に複数の番号を持つ事ができます。

【番号追加オプション】

オプション名 用途 料金
マイナンバー 番号を一つ追加 110円
ダブルチャネル 2回線同時に通話ができる 220円

※料金は税込

一つの契約に対しマイナンバーオプションを一つ付けると、契約した番号に加えてもう一つ番号が追加できます。マイナンバーは4つまでつけられるため、最大で5つ番号を持つことができます。

ダブルチャネルは2回線同時に通話ができるオプションです。マイナンバーと一緒に加入すれば、FAXを受けながら通話をする、違う部署で同時に電話を使うといった使い方ができます。

2世帯住宅のご家庭でもマイナンバー・ダブルチャネルを活用できるため、ひかり電話はお仕事でもご家庭でもおすすめできる電話です。

家に固定電話を引く場合の初期費用

初めて固定電話を引く時は、費用も気になる点ではないでしょうか。

ご自宅や事務所にひかり電話を引く場合、工事費などの初期費用は以下のようになります。

ひかり電話の初期費用は、以下をご覧ください。

契約料 880円
初期工事費用 16,500円(戸建てなら19,800円)
事務登録手数料 3,300円
合計 20,680円(戸建てなら23,980円)

※価格は全て税込

加入電話の設置負担金が39,600円(税込)でさらに工事費もかかることを考えると、初期費用2万円台のひかり電話は導入しやすいと言えるでしょう。

でも加入電話より安いとは言っても、やはり高額なことには変わりありません。そこで、工事費を無料にしてくれるキャンペーンを使うのがおすすめです。

工事費用が実質無料で申し込める窓口があるので、下記サイトをご参考に

ひかり電話は加入電話に比べると安いですが、それでも工事費や事務登録手数料は必要になります。ひかり電話を申し込む時はNTTに直接申し込んでも良いのですが、キャンペーンがない場合が多く、工事費などの初期費用は自己負担となります。

初期費用を抑えるためには、工事費などをサポートしてくれる代理店で申し込みがおすすめです。

ですが中には良くない代理店があることも事実です。キャッシュバックの条件として、高額のオプション加入を進めてくる場合もあります。キャッシュバックの条件はあるか、料金はどのようなプランになるのか、契約する前にしっかり確認するようにしましょう。

もし電話だけを使いたくてネットは必要ない人は、プロバイダの契約は必要ありません。にも関わらず「プロバイダに入らないとひかり電話は使えない」などの説明をされたら間違いです。その代理店は選ばないようにしてください。

以下のサイトも参考に、初期費用がかかるかどうかも同時にチェックしてみてください。

インターネットも使う事ができる

先ほど解説しましたが、ひかり電話の固定のみ契約の場合はプロバイダは必要ありません。

ですがインターネットを現在使っている、または使う予定がある人は、ひかり電話にプロバイダを追加するだけでインターネットを使うことができます。

加入電話はアナログ回線を使うため、インターネットを使いたい人は別で契約する必要がありました。固定電話とインターネットの基本料金を支払うとなると、月々の利用料金の負担も大きくなります。

その点ひかり電話はインターネットと電話を一緒に持つことが可能です。光ファイバーのインターネット回線を使う電話なので、プロバイダを契約するだけですぐに高速のインターネットが使えます。

最近ではお仕事でネットを使わないことのほうが珍しくなりましたが、お仕事の電話とネットを一緒に管理することで、経費を安く抑えることが可能です。

ご自宅でもひかり電話とインターネットを一緒にするほうがお得です。ルーターを繋げばWi-Fiも使えるので、ご家族のスマホ代を安くするのにも役立ちます。

個人の方も事業をしている人も、インターネットはひかり電話とセットがおすすめです。

契約してから利用できるまでどれくらいかかるの?

電話がいつから使えるのかも気になる店の一つですが、ひかり電話を契約したらどのくらいで使えるようになるのでしょうか。

電話番号は最短で当日取得!

ひかり電話は電話番号の取得は早く、最短で当日取得も可能です。番号がすぐわかるので、電話が開通する前にご家族や知人に番号を教えることも可能です。

お仕事をしている人は広告や名刺の印刷も早くできるため助かりますね。

工事をして開通するまでには1ヶ月程度見ておこう

電話番号を取得した後工事日の予約をして、実際に工事が行われます。工事が終わったその日から開通するのですが、早ければ2週間から1ヶ月程度で使えるようになります。

工事は予約制となっているため、引っ越しシーズンなどの混雑する時期は、時間がかかることも考えられます。また建物の状況によっては何度か訪問する必要があり、長いと2~3ヶ月かかることもあります。

そのため固定電話の設置が決まったら、早めに申し込みが良いでしょう。まだ決まらなくても、代理店に問い合わせの電話をするだけでも大丈夫です。

契約自体は面倒なし

固定電話は携帯電話より契約が難しいと思われがちですが、実際は契約自体は簡単にできます。

字が小さな書類をたくさん記入する、というようなことはありません。面倒な書類の手続きはなく、電話一本で申込みが可能です。

申込みは簡単ですが、だからこそ契約内容や料金をしっかり確認して申し込みをしましょう。

家に電話を引くにはどうすればいいかまとめ

ひかり電話は従来の加入電話に比べ、初期費用も通話料も安く抑えられます。そのためどんどん契約数を伸ばし、最近では加入電話よりもひかり電話が一般的になりつつあります。

インターネットも必須の時代なので、インターネットと電話を一緒にできて料金も安いひかり電話は、さらに普及することが考えられます。地域に合う電話番号を取得できて、品質も良いひかり電話はご家庭でもお仕事でも活用できます。

電話番号の取得は早いですが、実際に使えるようになるまでには最短で2週間~1ヶ月かかるので注意しましょう。工事が予約制のため、地域やタイミングによってはさらに時間がかかることもあります。

いざとい言う時使えないでは困るので、早めのお問い合わせがおすすめです。

導入には工事費など初期費用がかかりますが、工事代相当のキャッシュバックをしてくれる代理店もあります。以下のサイトを参考に、良い代理店を探してみてくださいね。

\ SNSでシェア /