引越しに関わる手続きの連絡を一括で出来る【引越れんらく帳】ってどんなサービス?実際に登録してみた!

引越し準備をする際に、東京電力や水道局などのライフラインの引越し手続き(連絡)を忘れてしまう方は少なくありません。ライフライン関連の引越し手続きの連絡を行う場合、各事業所(会社)にwebや電話などで連絡する必要があるため、後回しにしてしまうことで結果的に連絡をし忘れていたことが主な原因です。

そのため、最近では電力や水道、インターネットなど様々な「ライフラインに関する手続き連絡をインターネット上で一括にできるサービス」が注目されています。その中でも「引越れんらく帳」と呼ばれるサービスは、2020年に内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室が行った引越しをする方や各事業者の引越し手続き(連絡)に伴う負担を軽減することを目的とした「引越しワンストップサービス」のプラットフォーム事業者に選出されたこともあり、話題にのぼることが多いです。

しかし、「引越れんらく帳」で引越し手続きの連絡を行うことを検討している方の中には、「引越れんらく帳は、引越し手続き(連絡)をきちんとやってくれるのだろうか?」、「引越しれんらく帳は、信頼できるサービスなのか?」などの疑問を抱いている方も少なくありません。このため、中には「引越しれんらく帳の使い方が間違っていて、各会社に引越し手続き(連絡)ができていないかもしれない」などの不安を抱いている方もいます。

そのため、この記事では「引越れんらく帳」とはどのようなサービスなのかや、「引越れんらく帳」の使い方について、実際に「引越れんらく帳」に登録してみて感じた個人的な感想も含めて解説していきます。「引越れんらく帳」の利用を検討している方や引越しに伴うライフライン関係の引越し手続きの連絡を一括できるサービスを探している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

引越しに伴う手続きを一括で出来る「引越れんらく帳」ってどんなサービス?

「引越れんらく帳」は、TEPCO i-フロンティアズ株式会社(東京電力エナジーパートナーのサービス企画や開発会社)が運営する「引越しに伴うライフラインの手続き(連絡)を一括でできるサービス」です。「引越れんらく帳」では、同サービスに登録するだけで、電気や水道、インターネットなどのライフライン関係の引越し手続きを一括で行うことが出来ます。

引越れんらく帳で引越し手続きを完了できる主な手続き先は、以下の通りです。

・電気:東京電力エナジーパートナー、中部電力 他
・ガス:東京ガス、京葉ガス、大多喜ガス 他
・水道:東京都水道局、神奈川県営水道、さいたま市水道局 他
・電話、通信、放送:NTT東日本・西日本、NHK 他

引越れんらく帳を利用した場合、上記以外に「新聞」や「クレジットカード」、ソフトバンク光やドコモ光などの「インターネット」などの手続きも行うことが可能です。1度だけ必要な情報を入力すればめんどうなライフラインの引越し手続きを完了することができるため、非常に便利なサービスだと言えます。

ただし、全ての地域の方が利用できるとは限りません。引越れんらく帳が対応しているエリアには限りがあるため、注意が必要です。このため、引越れんらく帳の利用を検討している方は、まず同サイトで自身が属する地域に対応しているのか確認するようにして下さい。

引越れんらく帳の使い方

引越れんらく帳の使い方は、「新規登録」や「引越し先などの利用者情報」など必要な情報を入力・登録後、ユーザー画面から電気や水道などの各事業者別に残りの必要情報を入力するだけの簡単な仕様になっています。

また、引越し手続き以外には、下記の4つの機能を利用することが可能です。

・引越し先などの住所に基づいた手続き先(事業者)の選別
・引越し手続き期限などを知らせてくれるアラート機能
・入力情報を一部保存する機能
・電気やガスのセット手続き

例えば、「引越し手続き期限などを知らせてくれるアラート機能」は、「登録したメールアドレスに引越し予定日から逆算して各ライフラインの手続き期限を知らせてくれる機能」です。

各手続きの期限となる2日前にあなたが登録したメールアドレス宛に通知してくれる機能となっているため、「手続きが間に合わなかった」などの事態に陥るリスクを軽減することが出来ます。引越し準備中はやることが多く、ライフラインの引越し手続きの期限後に連絡していないことに気づく方もいるため、このような機能があるのは非常に魅力的です。

しかし、安易に利用を決断することはおすすめ出来ません。たしかに引越れんらく帳は便利なサービスですが、全ての人が利用するのに適しているわけではないためです。このため、引越れんらく帳を利用する前に、他の引越し手続きを一括で行うサービスと見比べてから利用を検討するようにして下さい。ライフラインの代行サービスは引越れんらく帳以外にも数多くあり、それぞれの特徴が異なるため、見比べることで自身に合う合わないを判断することが出来ます。

なお、ライフラインの引越し手続きの代行サービスや手続きについて、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみて下さい。

実際に一括で手続き連絡をしてくれるサービスに登録してみた!

引越れんらく帳のサイトには、登録手続きに関する手順が掲載されていますが、「新規登録情報」や「利用者情報」、「手続き先の情報」など複数の項目に分かれて説明されているため、「登録手続きをするだけで手間がかかるのでは?」と疑問を抱いている方は少なくありません。

このため、引越れんらく帳は登録から完了までの一連の流れを行う際に手間に感じるのか、実際に同サイトに登録して確認してみたので、登録手続きのやり方と併せて使ってみた個人的な感想を解説していきます。

まずは、引越れんらく帳の公式サイトの右上にある「新規登録」のボタンをクリックして、登録を開始する流れです。

引越れんらく帳_1

上記の赤枠にあるボタンをクリックしたあと、下記の画像のページが表示されるため、メールアドレスの登録を行います。

引越れんらく帳_2” class=

メールアドレスを登録する際は、「GmailやYahooメールの利用者」は該当するボタンをクリック、「その他のメールアドレスを使用している方」は手入力で登録とやり方が異なります。
GmailやYahooメールを利用している方であれば、ボタンクリック後、すぐに別画面に映る仕組みになっているため、便利です。

しかし、キャリアメールを利用していたため、「メールアドレスを入力するのは面倒だな」と感じてしまいました。

つぎに、メールアドレスの登録完了後、下記の画像のページで「ライフラインの手続きの開始・停止の選択」を行います。

引越れんらく帳_3” class=

上記のように、「引越し元(現在の住まい)の停止手続き」と「引越し先の開始手続き」に分けられており、自身が希望する方にチェックを入れるだけの仕様になっているため、「分かりやすく簡単だ」と感じました。

なお、ライフラインの開始・停止を選択後、下記の「基本情報」を入力するページに移ります。

引越れんらく帳_4” class=

上記のページでは、「氏名」や「生年月日」、「電話番号」や「連絡先の種別」を入力・選択するだけとなっているため、特に分かりづらいとは感じませんでした。

上記の手順が完了後、「引越し元」と「引越し先」住所の入力を行います。

引越れんらく帳_5” class=

まずは「今のお住まい」のページで現住所を入力し「つぎへ」のボタンをクリックした後に、「新しいお住まい」の入力画面に自動的に移動する流れです。郵便番号の入力後、選択した「都道府県」や「市区町村」、「地域名」や「字丁目」が各項目に自動的に反映される仕組みになっています。

利用者の入力する手間を考えて配慮された仕様になっていると良い印象を受けた反面、ここまで進めるのにページ数が多かったためか、正直少し手間に感じてきました。

つぎに、現住所と新居の住所入力が完了後、引越し予定日の入力に進みます。

引越れんらく帳_6” class=

上記の画像のようにカレンダーが表示されるため、自身の引越し予定日を選択して「つぎへ」のボタンをクリックする流れです。
ちなみに、引越れんらく帳は引越し予定日の30日前からとなります。

引越し予定日を選択後、手続きを行いたいライフラインを選択します。

引越れんらく帳_7” class=

例えば、「電気」や「ガス」の手続きを希望する方は、上記の画像のように該当する項目を選択し「つぎへ」をクリックする流れです。

引越し手続きを希望する項目が全て表示されており、選択するだけの仕組みになっているため、非常に分かりやすく感じました。

手続きを希望するライフラインの選択後、下記のページに移動します。

引越れんらく帳_8” class=

例えば、電気会社の手続きを行う場合、現在使用している電気会社を選択し新居で契約したい電力会社を選ぶ仕様になっています。

全ての手続き先を選択した後、下記のページが表示されれば「引越れんらく帳」の新規登録手続きは完了です。

引越れんらく帳_9” class=

実際に「引越れんらく帳」を登録して感じた感想

実際に「引越れんらく帳」の登録を行なってみて、1つ1つのページが分かりやすく利用者に配慮された仕様になっていると感じた反面、入力する項目が多く、正直少し面倒になりました。

また、新規登録完了後に選択したライフラインの利用開始・停止の手続きを行う流れとなっているのですが、「本当に手続きの連絡が完了しているのか」、「選択したエリアは間違っていないか」と不安に感じることもありました。

とはいえ、あくまでも個人的な感想なので、「インターネット上で手続きを完了させたい方」や「必要情報の入力を苦に感じない方」には、非常に便利なサイトだと思います。

ただし、「電話で気軽に確認を取りたい方」や「できるかぎり入力の手間を省きたいと感じる方」は、手間に感じるかもしれません。

仮にこういった手間をかけず登録不要で電話でも気軽に教えてもらえる代行サービスを利用したい方は、下記のサイトの利用を検討してみて下さい。こちらの代行サービスは、登録不要で電話1本で依頼することができ、気になることや疑問などを担当者が電話で教えてくれる会社となっているため、気軽に安心して利用することが出来ます。

引越れんらく帳のメリット・デメリット

ここでは、引越れんらく帳を利用するメリットとデメリットを解説していきます。

引越れんらく帳を利用するメリット

引越れんらく帳を利用するメリットは、「ライフライン以外に新聞やクレジットカードなどの引越し手続きができる」点です。例えば、新聞の引越し手続きを行う場合、朝日新聞や読売新聞、毎日新聞の3社の手続きを行うことができるため、販売店の番号を調べるなどの手間を省くことが出来ます。

ライフライン以外の手続きの代行サービスを行っている会社はそう多くはないため、電気や水道以外もまとめて手続きして欲しいと考えている方にとって非常に大きなメリットです。

引越れんらく帳を利用するデメリット

引越れんらく帳を利用するデメリットは、「対応可能なエリアが限られている」点です。引越れんらく帳は、関東エリアを中心に引越し手続きの代行サービスを行っているため、他の地域の方は利用できない可能性があります。

また、電気会社の引越し手続きを行う場合、「東京電力」と「中部電力」、「ソフトバンクでんき」の事業者しか選択することができないため、関西電力や東北電力などの手続きを行う必要のある方は利用できないのが実情です。

とはいえ、ガスや水道などのライフラインは、数多くの事業者への手続きを行っているため、便利なサイトであることは間違いありません。

引越し連絡をまとめて出来る、オススメのライフライン一括代行サービス

「引越れんらく帳」は、非常に分かりやすくライフライン以外の引越し手続きを行える便利なサイトとなっている一方で、新規登録時に引越し先などの情報を入力する必要があるため、少し面倒だと感じる方は少なくありません。

また、引越れんらく帳では、関東エリアを中心に引越し手続きの代行サービスを行っているため、「引越し先が対象外で利用出来ず、結局自身で各事業所に連絡するしかない」と引越し手続き代行サービスの利用を諦めた方もいます。

仮に引越れんらく帳の対応エリア対象外だったり、私のように登録手続きの方法が面倒だと感じる方は、別の引越し代行サービスの利用を検討することをおすすめします。具体的には、「まるっと!一括引越し」がおすすめです。「まるっと!一括引越し」は、電話1本で電気や水道、インターネットなどのライフラインの引越し手続きを行なってくれるため、手間をかけずに代行サービスを利用することが出来ます。

しかも、「まるっと!一括引越し」は全国に対応している引越し手続き代行サービスとなっているのも嬉しいポイントです。一部ガスや水道の対応ができない地域もありますが、連絡先などを教えてくれるため、どのエリアの方でもご利用いただくことが出来ます。

手間をかけずに利用できる引越し手続きの代行サービスを探している方は、ぜひ「まるっと!一括引越し」の利用を検討してみてください。

まとめ:東京電力や水道などの手続き連絡を一括で行うのであれば、まるっと!一括引越し窓口がおすすめ

近年、引越しをする際に「ライフライン関連の引越し手続きを一括で行なってくれるサービス」を利用する方が増加しています。通常、ライフライン関連の引越し手続きを自身で行う場合、各事業所に電話やwebなどで問い合わせ必要があるため、手続きが漏れてしまうことを懸念して代行サービスを利用する方が多いです。そんな中、大手電力会社が運営する「引越れんらく帳」は、国が行っている事業に選出されたこともあり、多くの方から注目を集めています。

しかし、ネット上には「引越れんらく帳」に関するリアルな情報や信憑性の高い口コミが少ないため、「本当に一括で引越し手続きを行なってくれるの?」と疑問を抱いている方は少なくありません。

このため、この記事では実際に「引越れんらく帳」に登録した感想や使い方、メリットやデメリットについて解説してきました。実際に登録してみて「引越れんらく帳」は、ライフライン以外の引越し手続きの代行も行っているうえに、登録方法も分かりやすい仕様になっており、非常に便利なサービスであることは間違いありません。

しかし、必要な情報の入力が多く、これで終わりだろうと思ったらまた入力する画面が出てきたりしたため、「面倒くさがりな私には向いていないな」と感じたのも事実です。

そのため、上記で解説した同サービスの登録方法を読んで「私と同じように手間に感じるかもしれない」と思った方は、登録不要でライフラインの引越し手続きを依頼できる「まるっと!一括引越し」の利用を検討してみてください。「まるっと!一括引越し」は、電話1本で電気や水道、インターネットの引越し手続きを依頼することができるため、必要情報などを入力する手間を省くことが出来ます。

また、「まるっと!一括引越し」は全国対象となっているうえに、新電力会社・新ガス会社への移転手続きにも対応しているため、引越しを機に電力自由化の利用を検討している方にもおすすめの代行サービスです。

手間をかけずに引越し手続きを一括で行なってくれる代行サービスを探している方や引越しを機に新電力会社などに切り替えたいと考えている方は、ぜひ「まるっと!一括引越し」の利用を検討してみてください。

\ SNSでシェア /