都市ガス供給エリア(区域)はどう調べればいいの?

最終更新日:

現在、ほとんどの住宅地ではガスが供給されています。

供給されるガスには、都市ガスとプロパンガスの2種類があり、これらはエリアによって決められています。

そこで、本記事では都市ガスの供給エリアについて解説していきます。

都市ガスのあるエリアとないエリア

経済産業省の平成26年度末の調査によると、日本の都市ガス普及率は約46%です。東京や大阪などの都市部エリアでは都市ガスの割合が高い傾向にありますが、地方や郊外エリアでは都市ガスの割合は低くなっています。
都市ガスのないエリアでは、プロパンガスが使用されているか、オール電化に対応していることがほとんどです。

都市ガスのあるエリアの特徴

都市ガスは液化天然ガスが主成分であり、天然ガスの基地を起点として地中のガス管を通じて供給されます。

日本では都市ガスはガス灯としての利用に伴って整備・普及してきた歴史があるため、ガス管の整備も都市エリアから始まった背景があります。

よって、都市ガス管は都市エリアに集中している傾向がありますが、都市ガス管は現在も需要に応じて整備が進んでおり、都市ガスが利用できるエリアは日々拡大しています。

都市ガスの普及しないエリアの理由

一方、都市ガスが普及しないエリアは依然として多く存在しています。その最大の原因は導入費用の高さです。都市ガスの管を地中に張り巡らせる莫大な費用に対して、容易に設置できるプロパンガスやオール電化を選択する家主は多く存在します。

 

そのほか、プロパンガスから都市ガスへの変更には使用機器の改造や調整が必要であり、手間と費用がかかることも都市ガスへ切り替えるハードルとなっています。加えて、導入エリアの地質的な問題や住民の掘削許可が下りないことなども、都市ガスが普及しない理由となっています。

都市ガスの供給エリアの検索方法

都市ガスが利用できるエリアを調べるには、「一般社団法人 日本ガス協会」のガス事業者検索のページ(https://www.gas.or.jp/jigyosya/)から探すことができます。首都圏にお住いの方は東京ガスの都市ガス供給エリア地図も有用です。(https://home.tokyo-gas.co.jp/gas/userguide/kyoukyuu_area.html

都市ガスのないエリアで都市ガスを使いたいとき

都市ガスのないエリアで都市ガスを使いたいときは、まず都市ガス会社に都市ガス切替工事について問い合わせてみましょう。問い合わせるガス会社は上記で検索した一般ガス導管事業者がおすすめです。

検索結果が複数ある場合は、各一般ガス導管事業者のサイトを見て、自分の居住エリアに最も近い事業者に問い合わせてみましょう。ガス本管延長工事についての見積りや、既存の設備の調整について調べてもらえます。

都市ガスエリアなら契約を見直すだけでガス代が割引に

都市ガス提供エリアにお住まいなら契約するガス会社を見直すだけで地域の都市ガスよりも毎月のガス料金を節約することができるのをご存知ですか?

例えば東京ガス・京葉ガス・京和ガスの提供エリアにお住まいの場合、ニチガスへのお切り替えでガス代が各地域の都市ガスと比較して約3〜6%程度も割引に!

大阪ガスの提供エリアにお住まいであれば、関西電力のガスプランへのお切り替えで大阪ガスと比較して約5%割引になります!

都市ガスですでにご利用の場合は、切り替えの工事や立会いなどもなく毎月のガス代が割引になるなんてお得ですよね。
お引越し先で新しくお使いになる場合は、ガスの開栓時のお立会いは必要になります。

ニチガスや関西電力ガスの削減額はガスのご利用量などによって変動する場合があるので、「うちは一体どれくらいお得になるの?」と気になったら下のバナーからお問い合わせください!コンシェルジュがご案内いたします。

お問い合わせいただく際に、備考欄に”ニチガスに切り替えた時の削減額を知りたい”など、お問い合わせ内容をご記載いただくとよりスムーズです!

\ SNSでシェア /