あなたに最適なインターネット回線は?失敗しない選び方3選!

最終更新日:

「インターネット回線が多すぎて選び方が分からない」

「何を基準にインターネット回線を選ぶのが正解なの?」

光回線やモバイルWi-Fiなど、インターネット回線に関する用語をよく耳にするが、正直どこがどう違うのか?何を基準にインターネット回線を選べば良いのか?と疑問を抱いている方々も少なくないと思います。

そこで本記事では、最適なインターネット回線の選び方を3つの視点からご紹介します。

インターネット回線の選び方1.用途で選ぶ

1つ目にご紹介するインターネット回線の選び方は、用途を基準に選ぶことです。

自宅で快適に動画やオンラインゲームを楽しみたいのか、それとも大容量の通信よりもインターネットをいつでも利用出来る利便性を重視するのか…。

インターネット回線の種類から自分の用途に適した方を選びましょう。

以下では、有線通信と無線通信の特徴について以下で詳しく解説します。

有線(ネット回線)の特徴

有線通信を利用する上でのメリットは、通信速度の安定性です。特に近年有線通信の中で主流となっている光回線は、無線通信に比べて通信速度が速く、大容量のデータ通信も快適に行えます。

その一方で、有線通信には開通工事をしなければいけないというデメリットも。

光回線を例にすると、光回線を自宅で利用する為には、電柱や共有部分に引き込んだ光ファイバーから自室まで、回線を繋げなければいけないので、申し込みから開通までどうしても時間がかかってしまいます。

メリットとデメリットの両方があるものの、有線通信は自宅で大容量の通信を快適に楽しみたい方に、おすすめのインターネット回線です。

<有線通信の例>

  • 光回線
  • ADSL
  • ケーブルテレビ回線(CATV)

など

無線(ネット回線)の特徴

無線通信(モバイルWi-Fiルーター)の強みは、持ち運びが自由で有線通信と比べて対象エリアが広い場合がある点です。

※会社によって対象エリアは異なります。

光回線の様に、利用するにあたって回線を引く必要もないので、端末の契約が完了した時点ですぐにインターネットを利用する事が出来ます。

その一方で、無線通信にはデータ量の上限を設けているものが多く、使い放題のプランでも短期間でたくさん使うと通信制限がかけられることも。

これらの特徴を考えると、無線通信は外出先や仕事関係など、自宅以外の様々な場所でインターネットを使いたい方におすすめです。

ちなみに、光回線のルーターでWi-Fiを利用すれば、通信容量を気にせずにインターネットを利用出来ます。

Wi-Fiの設定方法に自信がない方は、プロバイダの設定済みWi-Fiルーターのレンタルサービスがおすすめ。

無線通信自体の通信速度も年々向上しているので、1人暮らしであればモバイルWi-Fiルーターのみでも十分なケースもあります。

インターネット回線の選び方2.月額料金で選ぶ

2つ目の選び方は、月額料金を基準に選択する方法です。

月額料金をできる限り安く抑えたい方には、月額料金の安いプロバイダや「キャリア割引」が適用される、光回線とスマホのセットなどもおすすめです。

インターネット回線の選び方3.通信速度で選ぶ

3つ目にご紹介するインターネット回線の選び方は、通信速度を基準に選択する方法です。

通信速度の速さにこだわるのであれば光回線がいいでしょう。

設備にもよりますが、光回線では最大通信速度1Gbpsほどのスピードが出るので、動画視聴などもサクサクできますよ。

※下り速度の最大1Gbpsは技術規格上の最大速度になります。

まとめ:あなたに最適なインターネット回線は?失敗しない選び方3選!

いかがでしたか?本記事ではインターネット回線の選び方として、

  • 用途や目的
  • 月額料金
  • 通信速度

の3つを重視することをおすすめしました。

特に月額料金や通信速度に関しては利用してから違っていた。という事もあるので、契約内容について十分に理解した上でインターネット回線を契約しましょう。

光回線を使うならハイスピード通信のまるっとひかりがおすすめ

ハイスピードな通信を行いたい方におすすめしたいのが「まるっとひかり」です。

「まるっとひかり」は下り通信速度最大1Gbpsの次世代通信「v6プラス」を採用しており、混雑しやすい時間帯であってもスムーズなデータ通信が可能なんです。

プロバイダ料金込みで、マンション・ファミリー(戸建て)・オフィスなど様々な料金プランが用意されています。

インターネットに詳しくない方や、初めて契約する方でも使いやすいので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

\ SNSでシェア /