インターネット回線の短期契約がしたい!解約金なしで光回線が利用できちゃう?

最終更新日:

住宅展示場や現場事務所用に「短期契約できるインターネットはあるのだろうか」「できれば光回線がいいんだけど」と悩む担当者は多いです。

短期の利用ならすぐに利用開始できるモバイルWi-Fiが手軽なのですが「スタッフみんなでインターネットを使うなら容量不足」という可能性も大。

インターネットの通信速度が安定するのは光回線なので「できれば光回線を使いたい」と考える人も多いのではないでしょうか。

しかし「光回線を短期契約すると解約金がかかるのがイタイ」「法人名義でインターネットの短期契約ができるかわからない」などの理由で、光回線の短期契約を迷う担当者が多数。

でも大丈夫。

ある簡単なコツで「法人シェアNo.1」のNTTのフレッツ光を、解約金負担なしで法人名義で短期契約できるんです。

現場事務所や住宅展示場へのインターネット導入の悩みがまるごと解決します。

インターネット短期契約インターネット短期契約

短期契約できるインターネットなんてあるの?

インターネット短期契約

インターネットの短期契約は可能です。光回線でもWi-Fiでも同様です。

利用予定期間が1ヶ月以上か1ヶ月未満かによって、光回線とモバイルWi-Fiのどちらがおすすめかは異なります。詳しく説明しましょう。

1ヶ月以上利用するなら光回線

「インターネットを利用したい期間は2~3ヶ月」「半年くらいは使う」といった場合や、利用開始希望日までに工事ができる場合には、光回線を強くおすすめします

光回線は光ファイバーケーブルを事務所や展示場の中までひいてくるので、通信が安定しています。

データ通信の容量は無制限なので、インターネットを利用する人が複数いる場合でも快適です。

いまはインターネットが遅いと仕事に支障がでる時代。仕事がスムーズに進まないと、スタッフのイライラも募るでしょう。

仕事で使うインターネット回線は安定させておくべきですから「急ぎでどうしても間に合わない」というケース以外では、短期利用であっても光回線を導入するのが企業の間で常識になっています。

1ヶ月未満の利用ならモバイルWi-Fi

「利用期間は1ヶ月未満になる予定。しかも利用開始希望日が迫っており、急ぎでインターネット回線をひきたい」という現場なら、光回線の導入は難しいです。

そのため、モバイルWi-Fiを使うしかないでしょう。モバイルWi-Fiなら、当日・翌日からインターネットを利用開始可能できます。

光回線は、申し込みから利用開始までに2週間~1カ月かかってしまいます。利用開始には工事が必要で、その工事がすぐにはできないからです。

そのため急ぎでインターネットを導入したい職場では、光回線だと利用開始希望日に間に合わない可能性が高いのです。

モバイルWi-Fiは業務利用に不向き?

インターネット短期契約

さきほど「インターネットの利用期間が1ヶ月未満で急ぎなら、光回線は間に合わない可能性が高いので、モバイルWi-Fiがいいですよ」とお伝えしました。しかしモバイルWi-Fiの利用にあたっては、知っておきたい注意点があります。

それはモバイルWi-Fiでは「インターネットの通信速度が遅い」「容量不足」といった問題が起こりがちだということです。

モバイルWi-Fiの容量制限とは

モバイルWi-Fiのデータ通信容量には、「月間7G(ギガ)まで」などの上限が設けられていることがほとんどです。

「月間のデータ容量無制限」「ギガ放題」プランでも、「3日で10Gを超えたら、速度制限がかかる」といった但し書きがついています。

有名モバイルWi-Fiサービスの容量制限をまとめました。

モバイルWi-Fi 容量の上限・速度制限
Broad WiMAX(ライトプラン) 7GB/月
Mugen WiFi 100GB/月
大容量通信をおこなうと通信停止・速度低下措置
UQ WiMAX(ギガ放題プラン) 10GB/3日を超えると速度制限

容量制限のせいで起こること

容量制限に達した場合には、通信速度が制限されて遅くなります。

自宅のモバイルWi-Fiで「月末になると動画が頻繁にとまる」「オンラインゲームがサクサク動かない」という経験をした人もいるかもしれません。

あれが職場のパソコンで起こると考えたら、ゾッとしませんか?

とくに「ビデオありで本社とオンライン会議をする」「動画マニュアルをよく見る」「スタッフの数が多い」など、データ通信量が増えがちな職場では、仕事に支障をきたしやすいでしょう。

工事現場や選挙事務所などでは短期間だけインターネットが必要な場合が

インターネット短期契約

「インターネット回線を短期間だけ利用したい」という職場の例を挙げてみます。

  • 建設・工事現場の現場事務所
  • ハウスメーカー・工務店の住宅展示場
  • 選挙事務所
  • 仮設住宅
  • 仮店舗

建設・工事の現場や、ハウスメーカーや工務店の住宅展示場・モデルハウスなど、短期契約のインターネットを探しているところは多数。

これらの現場では「短期間でも光回線を契約する」のがスタンダードになってきています。その理由をご紹介しましょう。

光回線なら通信容量を気にせず使える

光回線は「今月の通信量、増えすぎてないかな」なんて気にしなくてよいのがメリット。

「複数人でネット回線を使用する」「オンライン会議ツールを頻繁に使う」といった職場では、「容量無制限で、通信データ量を気にしなくてもいい」というインターネット環境は必須でしょう。

ほとんどのモバイルWi-Fiはネットを使いすぎて通信量が「3日で10GB」などになると、速度制限がかかります。

これでは業務に支障がでかねないため、業務用のインターネット回線としては光回線を選ぶ企業が多いのです。

光回線は通信サクサクで快適

業務用回線として光回線が支持される理由のふたつめは、通信速度の速さと安定性です。

通信速度を強化しているモバイルWi-Fiもあるにはあるのですが、安定して高速で通信できるのは光回線です。モバイルWi-Fiとは違って光ファイバーケーブルを現場までひくため、安定したインターネット環境が整備できます。

「工事が面倒」と思うかもしれませんが、工事するだけのメリットがあるのです。

違約金なしで固定回線を短期契約するには?

インターネット短期契約

短期契約できる固定回線(光回線)はあります。しかし一般的に「光回線はインフラ整備費などがかかるため、長期契約が基本」とされています。

光回線サービスの公式サイトで「契約は2年ごとに自動更新」とか「最低利用期間内の解約or契約更新月以外の解約には、解約手数料が必要です」と記載されているのを読んだことがある方も多いでしょう。

解約金は1万円前後かかってしまうこともあるので、できることなら支払いを避けたいですよね?少しでもコストを削減したい人に知ってほしい「損しない申し込み方法」を紹介します。

光回線の契約期間と解約金

光回線サービスの公式サイトをよくよく見ていると、2年や3年などの「契約期間のしばり(最低契約期間)」が設定されていることに気づくと思います。

会社によっては、最低契約期間を守るという条件で「月額利用料金の割引」「開通工事費のキャッシュバック」といったお得なサービスをおこなっています。

一方で契約更新月以外に解約することになった」「会社の都合で、契約期間内に解約することがわかっている」という人は、費用負担が増えてしまいます。

どれくらいの負担になるのか、調べて表にしました。

光回線 最低利用期間 解約金
フレッツ光 にねん割(NTT東日本エリア) 2年間 1,650~10,450円(税込)
NURO光 2年間 10,450円(税込)
So-net 光 プラス 36ヶ月 20,000円(不課税)

解約タイミングによりますが、短期解約だと1万円程度の解約金・解約手数料がかかることが多いとわかります。

光回線を解約金負担なしで短期契約するには

短期契約時の解約金・解約手数料の支払いで損しない・無駄なコストをかけないコツは、実は驚くほどシンプル。

以下の窓口から申し込むだけ

インターネットの契約をサポートしてくれる会社が解約金を肩代わりしてくれる仕組みになっており、解約手数料という無駄なコストを負担する必要はなし。

フレッツ光を解約金なしで短期契約できちゃいます。

便利なオプションも短期契約できる

解約金なしでフレッツ光が導入できるのが以下の窓口ならではの最大のメリットなのですが、ほかにもご紹介したいメリットがあります。

それはプロバイダーやWi-Fiも、解約金という無駄なコストを負担することなく導入できるということ。

フレッツ光には以下のようなオプションがあります。現場事務所など必要な設備が揃っているのではないでしょうか。

  • ひかり電話
  • Wi-Fi
  • 防犯カメラ

事務所や展示場に設置すべきものがワンストップで揃うので、「手間を省きたい」という人にぜひおすすめ。

解約金を負担せずに短期契約できるフレッツ光の窓口はこちらです。

解約金なしのフレッツ光契約は本当にお得?

フレッツ光の導入時には、開通工事費などの初期費用がかかります。

そのため光回線についてよく調べている人だと「ちょっと待てよ。解約金を負担してでも、工事費無料キャンペーンなどをやっている光コラボ事業者のほうがお得になるのでは」と考えるかもしれません。

そこで「解約金ありで開通工事費が無料の契約」と「解約金なしで開通工事費負担ありの契約」のトータルコストをそれぞれ計算しました。

すると「解約金なしで開通工事費負担ありの契約」のほうがお得だという結果に。計算・比較しているコラムはこちらです。

法人でも解約金なしで契約できる光回線は?

なぜなら申し込みから解約までを窓口担当者がサポートしてくれるから。「インターネット関係にはうとい」という人も安心ですよ。

多くの企業が利用している窓口なので、初めての人でも安心して利用できるのではないでしょうか。

法人契約ならNTTの光回線がおすすめ

インターネット短期契約

紹介した窓口経由の「フレッツ光」以外では、解約金なしで利用できる光回線はないの?と聞かれたら、実は「あります」。

例えば「en光」など一部のコラボ事業者。コラボ事業者とは、NTT東日本・NTT西日本からフレッツ光を提供してもらい、独自サービスを組み合わせてサービスを提供しているインターネット業者です。

コラボ事業者でもフレッツ光回線を利用できることに変わりはないのですが、実際に使う回線は同じでも、法人のインターネットにおすすめなのは断然「NTTのフレッツ光」なんです。

フレッツ光は法人に選ばれる光回線

法人のインターネット契約にNTT「フレッツ光」を選びたい理由は、「法人向けシェアNo.1は、NTTのフレッツ光」だから。サポートもきちんとしていて安心です。

またフレッツ光なら、法人からのニーズが高いオプションサービスも充実しています。

  • ひかり電話(ナンバーディスプレイ、転送電話サービス)
  • 防犯カメラ
  • Wi-Fi

ひかり電話は光回線を利用した電話のことです。使い勝手や音質は一般の固定電話とほぼ変わらず、FAXも使えます。「インターネットはいらないから、電話のみ使いたい」という申し込みもできます。

またWi-Fiは複数スタッフでインターネットを共通して使うなら必須なので、オプションでまとめて導入できるのはラクですよね。

以下のページの電話番号かフォームから、オプションについてもまとめて申し込みや問い合わせができますよ。

利用期間1ヶ月未満ならモバイルWi-Fiを検討して

前述したとおり「インターネット利用期間が1ヶ月未満」かつ「利用開始希望日が迫っている」という状況なら、光回線よりもモバイルWi-Fiを選択するのがおすすめです。

光回線だと、たいていの場合は開通工事までに2週間~1ヶ月かかってしまうのに対し、モバイルWi-Fiなら工事が不要なのですぐに使えてスピーディだからです。

ただしモバイルWi-Fiはメリットの一方、注意点もあります。

モバイルWi-Fiのメリット

モバイルWi-Fiはルーターが届いたら、自分でルーターを設置して、すぐインターネットを利用開始できます。

工事どころかプロバイダー選びや契約も不要なので、待ち時間なく手軽で利用できるのが最大のメリットといえます。

「短期間なら通信速度が不安定でも許すか」「通信容量がかなり少ない」という職場ならば、光回線の工事を待つ間の「とりあえずのインターネット」として利用することも可能です。

モバイルWi-Fi契約時の注意点

容量や速度制限以外の注意点は、「契約期間のしばりや解約金があるモバイルWi-Fi」「法人契約不可のモバイルWi-Fi」も多いということ。

いくつかのモバイルWi-Fiの契約期間(最低利用期間)や解約金・解約事務手数料を調べた結果、以下のようになりました。

モバイルWi-Fi 契約期間の縛り・最低利用期間 解約金・解約事務手数料(税込)
THE WiFi 24ヶ月間 10,780円(25ヶ月目以降は0円)
GMOとくとくBBWiMAX2+ 36ヶ月間 10,450~20,900円
ZEUS Wi-Fi なし なし

ZEUS Wi-Fiは法人契約が可能で、最低利用期間も解約金もありません。しかしZEUS Wi-Fi公式サイトには「大量のデータ通信をする場合は固定回線がおすすめ」との記載がありましたので、職場により業務利用には適さない可能性もあります。

モバイルWi-Fiを検討するときには「速度制限」「契約期間のしばりと解約金」、そして「法人契約の可否」を確認しましょう。

まとめ:法人がインターネットを短期契約する方法

「短い期間だけ光回線を利用したい」という法人には、以下の窓口をぜひおすすめします。

NTT東日本・西日本の公式サイトなどからフレッツ光を申し込んだ場合、短期で解約する際に解約金を負担しなくてはいけません。

以下の窓口なら解約金なしで短期契約できるので、無駄なコストを削減することができますよ。また以下の窓口からなら、プロバイダーや、現場事務所・住宅展示場からのニーズが高いオプションについても、解約金負担がなくなります。

担当者がサポートしてくれるため、「あまりインターネットの知識がないから、契約手続きがうまくできるか心配」「業務用の回線の契約を担当するのは初めて」という人にもおすすめです。

月間5,000件以上の対応実績があり、窓口担当者も経験が豊富なので、安心して利用できるのではないでしょうか。

なお光回線を導入するための工事は予約制で行われ、申し込みから工事までは通常2週間~1ヶ月ほどの時間がかかります。そのため早めの申し込みや相談がマスト。

「まだ利用予定期間が正確にはわからない」という状態でも相談可能です。「法人契約でインターネットを短期契約したい」「解約金なしでフレッツ光が利用できるならぜひ申し込みたい」という人は、早めに電話かフォームで問い合わせてみてはいかがでしょう。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /